ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「BPEL」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

XMLベースのワークフロー記述言語。複数のWebサービスを連携させることで、複雑なプロセスフローを定義することができる。
BPEL − @IT情報マネジメント用語事典

最速UNIXサーバでも遅い! それを解決したのがOracle Database専用マシン:
PR:北九州市は95万市民へのサービスを支える統合データベース基盤をOracle Exadataで刷新。性能の飛躍的向上により住民サービスの円滑な提供を実現
北九州市は、行政システムを集約した大規模なプライベートクラウドの中核となる統合データベース基盤に「Oracle Exadata」を採用。住民サービスの円滑な提供を妨げていた夜間バッチ処理やオンライン処理の遅延という課題を一掃した。(2017/11/20)

The Rational Edge:
トランザクション管理の複雑性を克服する(パート1)
The Rational Edgeより:サービス指向のインフラの中で発生するビジネストランザクションは非常に複雑だ。それは、サービスが非同時的で、さまざまな形態を取り、分散し、不透明な場合が多いためだ。本稿は、トランザクション・コーディネーションサービスがこの複雑性をどのように調整し、管理するかについて説明する。(2012/12/6)

特集:企業システムを柔軟に統合する Part.3:
BPMでシステムインフラを作り変える
システム開発・実行環境だったWebアプリケーションサーバが、BPM機能を取り込んできた。これがどのようなメリットに結び付くのかを押さえよう。(2012/10/22)

レッドハット、複数データベース・データソースの仮想化を実現する新たな基盤ソフトを投入
レッドハットは基盤ソフトウェア「JBoss Enterprise Data Services Platform 5.2」を発表した。複数データベース・データソースから仮想化されたデータモデルをオンデマンドに構築できるという。(2011/11/24)

企業システムの常識をJBossで身につける(終):
急速なビジネスの変化に対応できる「BRMS」の常識
企業向けアプリケーションのさまざまな“常識”をJavaのオープンソース・フレームワーク群である「JBoss」から学んでいきましょう。企業システムを構築するうえでの基礎となる知識をリファレンス感覚で説明していきます。初心者から中堅、ベテランまで大歓迎!(2010/11/18)

Oracle OpenWorld 2010 Report:
Sunとの融合がOracleの本格的なクラウドビジネス参入を加速する
「Oracle OpenWorld 2010」4日目は、再びラリー・エリソン氏が登場して、Oracleのクラウドの優位性と、Sun Microsystemsと融合したことによる効果を力説した。(2010/9/24)

企業システムの常識をJBossで身につける(11):
「全体を見る」ためのビジネスプロセス・BPMの常識
企業向けアプリケーションのさまざまな“常識”をJavaのオープンソース・フレームワーク群である「JBoss」から学んでいきましょう。企業システムを構築するうえでの基礎となる知識をリファレンス感覚で説明していきます。初心者から中堅、ベテランまで大歓迎!(2010/9/2)

Oracle、ソーシャル機能搭載製品を精力的にリリース
「Oracle Business Process Management Suite 11g」や「Agile Customer Needs Management」など、Oracleの最近のソフトウェア製品では、ソーシャルネットワーキングツールを製品機能に連係することが必須のようだ。(2010/6/22)

NEWS
日立、SOA基盤製品の機能強化で仮想サーバの構築時間を10分の1に
日立製作所は、統合システム構築基盤「Cosminexus V8」に新機能を追加。仮想化対応の強化、システム開発生産性の向上を図り、迅速なシステム構築が可能になるという。(2010/1/29)

日立、「Cosminexus V8.5」を発表――仮想環境の開発運用性&Full GCレス機能を強化
日立はSOA基盤の新版「Cosminexus V8.5」を発表した。仮想環境における開発運用性やFull GCの抑止機能を強化。またSAPやSalesforceとの連携を強化するアダプタを提供する。(2010/1/27)

Oracle GRID Centerで検証:
日本オラクルと富士通、運用管理ソフトの相互連携を確認
日本オラクルと富士通の共同検証により、SystemwalkerとOracle Enterprise Managerの連携が確認された。その結果Oracle Enterprise Managerは、Systemwalker Enabled認定を取得したという。(2009/9/16)

グローバル化の要:
ビジネスインテグレーションの独SEEBURGER社、 日本法人を設立
ビジネスインテグレーションソリューションを提供する独SEEBURGER社は、日本法人Seeburger Japanを設立し、アジア・パシフィックにおける販売・サポート体制を強化したことを発表した。(2009/9/14)

業務フローリファクタリング(前編):
業務フローリファクタリングで見える化を実現
ビジネスプロセスを見える化する「ビジネスプロセスモデリング」が注目されている。ビジネスプロセスモデリングを実現する方法として、業務フローリファクタリングが有効だ。今回は、業務フローリファクタリングの具体的な方法を実例を交えて解説する。(2009/8/31)

5つの特徴:
真のコストダウンを目指す――日本オラクルがFusion Middleware 11gを発表
日本オラクルはミドルウェア製品群「Fusion Middleware 11g」の提供を日本市場でも開始する。(2009/7/22)

医療システムをSOAで:
帝京大学医学部附属病院、医療情報の連携基盤を構築
帝京大学医学部附属病院は、オラクルのミドルウェア製品群を活用し、医療情報の連携基盤を構築した。(2009/6/19)

SOAアーキテクト塾(1):
SOA普及を困難にしている要因を探る
「サイロ化したシステム群を統合しよう」という掛け声はよく聞かれるが、実際にそれを推進しようとするとさまざまな問題に直面する。システム統合プロジェクトに求められる情報システム部門の役割やスキルから考えてみよう。(2009/4/22)

NEWS
NEC、アビーム、日本オラクルの3社がBPMソリューションを共同開発
3社は、顧客企業の業務コンサルティングからシステム構築、製品サポートまでを一貫して支援するサービスを共同で開発、提供を開始した。(2009/3/31)

SRA、OSSのSOA実行基盤「ASIMA」をメジャーバージョンアップ
SRAはオープンソースで構成されたSOA実行基盤「ASIMA」の最新バージョンとなる「ASIMA 3.0」をリリースした。(2009/2/3)

業績好調のSofware AG、webMethods買収の成功が奏功
Software AGの業績が好調だ。カールハインツ・シュトレイビッチCEOは「SOAおよびBPM市場におけるリーダーになった」と話す。(2008/12/4)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
成功企業に学ぶ、“変化”への対応の鍵は「プロセス/フロー」の視点にあり
サブプライムローン問題からも分かるとおり、経営環境の変化はより激しくなっている。この“変化”に対応するために求められるのが、業務プロセス/フローの見直しの迅速化だ。この課題に対応することができれば、企業は他社に対する競争優位を確立することも可能になる。(2008/10/21)

Cosminexus V8 Review:
ユーザー側からの業務カイゼンを促がすSOA基盤
Cosminexus(コズミネクサス)とは日立が提供するWebアプリケーションサーバやSOA基盤を総称するブランド名だ。先日発表されたV8で強化されたポイントを詳解する。(2008/10/14)

Oracle OpenWorld San Francisco 2008 Report:
Oracle、Outlookをパワフルにする「Beehive」を発表
Oracleは米国時間の9月22日、「Oracle OpenWorld San Francisco 2008」でセキュアなコラボプラットフォーム、「Oracle Beehive」を発表した。「人」と「コンテント」を上手くコーディネーションし、Microsoft Outlookもさらにパワフルにしてくれるという。(2008/9/24)

企業がOSSに理解示す:
Eclipseを通じてオープンソースを利用する企業ユーザー
企業はオープンソースソフトウェアを利用することでメリットを享受しているだけでなく、Eclipseモデルを通じてオープンソースに貢献するという形でもメリットを得ている。(2008/9/2)

日本特有の業務プロセスに対応:
BPMエンジンを組み込んだWebシステム基盤ソフト、NTTデータ イントラが提供
BPMの機能を組み込んだWebシステム構築基盤製品の最新版をNTTデータ イントラマートが発表した。人が介在する日本特有の業務プロセスに対応できる。(2008/6/25)

10月にも登場か:
リーダーなき後も前進を続けるMicrosoftの「Oslo」
「Oslo」のキーストラテジストを失ったMicrosoftだが、10月には同技術のプレビューリリースを予定している。(2008/6/5)

DALと日本オラクル、流通BMSなどB2B取引を統合するSOA製品を提供
データ・アプリケーションはEDIパッケージソフトウェアと、日本オラクルのBPMソフトウェアとの接続検証が完了し、両者を組み合わせた製品を提供すると発表した。(2008/2/13)

NEWS
DAL、オラクルBPMソフトと連携する次世代EDI対応SOAソリューション
流通業における企業間取引を統合し、受注から出荷報告までのプロセスを可視化する「ACMS/Oracle BPEL Process Manager連携ソリューション」を提供開始する。(2008/2/13)

トレンドフォーカス:
日本にも訪れた業務プロセス改革の動き
業績の最大化、継続的な成長――これらを手にするため業務プロセスの視点から改善活動を行うBPM。SOAとの親和性でも注目を浴びる。日本BPM協会は、2007年12月に「SOA普及推進研究部会」を立ち上げ、SOA普及活動を通じBPMを推進するという。(2008/1/24)

85%のコスト削減が可能に?日本オラクルが提唱するSOAのフレームワーク
日本オラクルは12月20日、SOAフレームワーク「アプリケーション統合アーキテクチャ」(AIA)の取り組みについて発表した。(2007/12/21)

SAP、サービス格納DBなどNetWeaver向け新機能を発表
SAPジャパンは、アプリケーション基盤ソフトウェアのNetWeaverに新機能を加えたことを明らかにした。(2007/12/19)

Beginner's Guide:
Webサービスの基礎知識
Webサービスは、コンピュータ同士を直接結んでリモートリソースにアクセスする方法の1つである。本稿では、SOAPやWS-*規格群など、Webサービスの基礎知識をまとめた。(2007/12/15)

Oracle、「Enterprise2.0」機能をFusionに追加へ
Oracleでは、「Enterprise2.0」機能が自社のFusion Middleware製品の差別化につながると考えているようだ。(2007/11/15)

NEWS
ソフトブレーンとインフォベック、SFAとERPを連携させた内部統制対応ソリューションを提供
ソフトブレーンのSFAソリューション「eセールスマネージャー」とインフォベックのERPパッケージ「GRANDIT」を日本オラクルの「Oracle BPEL Process Manager」で連携可能に(2007/11/14)

Oracle OpenWorld 2007 San Francisco Report:
ベールを脱いだ「Oracle VM」、アプリケーションの統合基盤も2.0に
11月12日、「Oracle OpenWorld 2007 San Francisco」がダウンタウンのモスコーニセンターで本格開幕した。午前の基調講演には、フィリップス社長とロズワット執行副社長が登場し、Oracle VMをはじめとする一連の新製品群を披露した。(2007/11/13)

未来を見据えるBEAシステムズ
BEAでCTOを務めるロブ・レビー氏は、「革新にフォーカスすることがますます重要になる」と話す。(2007/9/15)

Oracle OpenWorld Asia Pacific 2007 Report:
新たな買収ソリューションで進化を続けるOracle Fusion Middleware
上海で開催されているOracle OpenWorld。3日目の基調講演では、買収によって獲得した技術を取り込み、さらに完成度を高めていくOracle Fusion Middlewareの紹介が行われた。(2007/8/2)

SRA、SOA基盤「ASIMA」の新バージョンを公開
SRAは、SOA基盤「ASIMA」の新バージョン「ASIMA 2.0」をオープンソースとして公開した。 無償でダウンロードが可能。(2007/8/2)

業種ごとの業務プロセスに対応する「アプリケーション統合アーキテクチャー」を発表――日本オラクル
日本オラクルは「Oracle Applications」の統合基盤「アプリケーション統合アーキテクチャー」を発表した。(2007/7/20)

Oracle、SOAを利用して金融サービスパッケージを統合へ
Oracleの連携アーキテクチャは300種類にも及ぶ製品をうまく結び付けることができるのだろうか?(2007/6/27)

BPTrends(3):
BPM市場のこれからを読む
米国では、一部先進企業がBPMに力を入れ始めており、それをサポートするベンダやコンサルタントにとってもビジネスとして成り立つようになってきた。BPTrendsのセリア・ウォルフとポール・ハーマンがBPM市場のこれからを読むを読み解く。(2007/6/18)

BPTrends(1):
ビジネスプロセスの標準規格
ビジネスプロセスに関する標準規格がさまざまな団体、企業から提唱されている。それらはどのような場面で使われるものなのだろうか? BPTrends編集責任者のポール・ハーモンが解説する。(2007/6/1)

ソニック ソフトウェア、SOAによるアプリケーション統合基盤のSonic ESBをバージョンアップ
ソニック ソフトウェアは、SOAを利用したアプリケーション統合基盤「Sonic ESB 7.5」の出荷を5月30日から開始した。(2007/6/1)

内部統制を前に見直せ! ワークフロー:
第6回 内部統制へのアプローチでのポイント
実際に内部統制に取り組むには、どういうアプローチになるのだろうか。そして、それを進める上で何がポイントになるのだろうか――。(2007/5/28)

オラクルとフレームワークス、物流システムで協業
フレームワークス開発のサプライチェーン向けシステム基盤「物流プラットフォーム(仮称)」に日本オラクルの「Oracle Fusion Middleware」が採用された。両社は今後とも、製品の連携や共同セミナーの開催など、積極的に協業を行っていくという。(2007/5/22)

オラクルDBの新潮流:
ファイルサーバは危険でいっぱい──セキュアな新世代DBとは?
企業の文書共有場所として使われ続けているファイルサーバ。安価に、かつ簡単に設置、運用できる手軽さから広く普及したが、現状のままでは多くの課題がある。ところが、Oracle Databaseを利用すれば、そうしたファイルサーバの課題を容易に解決できるという。(2007/4/23)

「ソニック プレミアム・フォーラム2007」開催――SOAの今後を予測する講演など
ソニックソフトウェアは4月10日、SOAをテーマにしたセミナー「ソニック プレミアム・フォーラム2007」を開催した。(2007/4/11)

日本オラクル、「Oracle Enterprise Manager 10g Release 3」を発表
日本オラクルは4月10日、「Oracle Enterprise Manager 10g Release 3」の提供を開始すると発表した。(2007/4/11)

Microsoft、BPMのためのアライアンス結成
Microsoft Business Process Allianceは、比較的安価なBPM技術の選択肢を企業に提供することを目的とする。(2007/2/28)

MIJSが示すソリューション像、まずは現実的な製品連携から
MIJSコンソーシアムの成否の鍵を握る技術部会の梅田会長は「ただ集まって海外に行くだけではない。具体的にパッケージを連携させることを最初にやる」と力説する。(2007/2/5)

グローバルオペレーションを通じて企業の競争力向上を支援
最新のOracle E-Business Suiteがいよいよ登場
Applications Unlimited製品戦略に基づく「Oracle E-Business Suite」の新バージョンがいよいよ登場する。「グローバル ビジネス リリース」と銘打ったこの新バージョンは、一気通貫のグローバルオペレーションを通じて企業の競争力向上を支援するために、実にさまざまな機能追加、および拡張が行われた。グローバルに思考し、活動し、システムを管理する企業に向けて、「Oracle E-Business Suite 12」は最高の包括的なソリューションを提供する。(2006/12/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。