ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キャリアプラン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

RPA失敗の構図――あなたの会社にも潜む引き継ぎという名の魔物
RPAは、「人生100年時代」にワークライフバランスややりがいを求める従業員と、1日48時間分の労働生産性を必要とする企業の要望をかなえ、双方のギャップを埋める良薬だ。しかし、多くの企業はRPAを生かすためのたった1つの視点を見落としている。それは一体何か。日本RPA協会の理事による新連載がスタート。(2019/7/1)

10個のヒントとは?:
「気に入らないコード」をレビューする際にRed Hatのエンジニアはどうしているのか
プロジェクトメンテナーの立場にあるとき、提出されたコードが何らかの理由で気に入らない場合はどうしたらよいだろうか。Red Hatのソフトウェアエンジニアが、コードレビューを行うに当たって念頭に置くべき10のヒントを解説した。(2019/7/10)

モノづくり業界転職トレンド(10):
コンサルティングファームがエンジニアを求めている
今、エンジニア出身者のコンサルタントのニーズが高まっている。新たなキャリアパスとしてのコンサルタントという仕事、エンジニアが求められる背景などを転職コンサルタントに聞いた。(2019/7/8)

昭和な制度が変わらないワケ:
「エライ人=管理職」をやめようとして大失敗した話
変化の時代に実務を知らないマネジャーは使いものにならない――というのは昨今の定説だが、その問題を解消するのは非常に難しいようで……。(2019/7/4)

スピン経済の歩き方:
「闇営業」の原因は、日本の芸能ビジネスの「中抜き構造」にある
ワイドショーなどで連日のように、芸人の「闇営業」問題を取り上げている。「最初に発覚したときにうそをついたことがいけなかった」などとコメントしている人が多いが、問題の本質はそこにあるのか。筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしていて……。(2019/7/2)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:現状に不満はない! でも、もっと新しいことをやりたい!――こんな転職理由じゃダメですか?
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2019/7/1)

ロボット掃除機「ルンバ」にサブスクプラン 月額1200円から 8日スタート
アイロボットジャパンがルンバの月額利用サービス「Robot Smart Plan」を提供開始すると発表した。(2019/6/4)

キャリアニュース:
「IT企業の求人は女性からの応募を想定していない」と半数が回答
ブッキング・ドットコム・ジャパンが世界10カ国6898人を対象とした「IT業界で働く女性に関する調査」の結果を発表。IT業界で働く女性の47%が「就職活動時のジェンダーバイアスが女性のIT業界進出を難しくしている」と考えていることが分かった。(2019/5/30)

経団連・トヨタのトップが示唆:
終身雇用の“終わり”で「ジョブ無しおじさん」は生き残れるか 城繁幸氏に直撃
財界トップが相次ぎ終身雇用の見直しに言及。年功序列から職務給への移行で「ジョブ無しおじさん」は生き残れるか。人事コンサルタントの城繁幸さんに直撃。(2019/5/24)

専門家のイロメガネ:
トヨタ社長が「終身雇用は難しい」と言っても、やっぱり「終身雇用」が必要な理由
トヨタ自動車豊田章男社長の「終身雇用は難しい」発言が大きな波紋を呼んでいる。企業側の厳しい環境はわかるが、終身雇用の維持は日本企業の責任ではないのか? そう考える4つの理由をまとめる。(2019/5/21)

なぜ数日で採用に至らないのか:
IT分野の「非正規社員」採用意欲高める日本企業、ヘイズ・ジャパンが調査
ヘイズ・ジャパンの業界動向レポート「インサイドストーリー」によると、日本企業はIT分野の非正規社員採用について意欲的だ。正社員の採用では必要なスキルを持つ人材を確保できないことに気付き始めているためだが、採用決定に長い期間を必要としており、効率が低い。(2019/5/14)

「ITmedia マーケティング」月刊ヘッドラインレビュー:
超イケメンなブランディング論が教えるサブスクリプションビジネスの本質
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。(2019/4/12)

NTTコム「人材流出防止に押しかけラグビー」報道に波紋 実際に行われているのか聞いてみた
デマではないものの、いろいろと誤解を含んだまま広まってしまったようです。(2019/3/28)

何がキャリアを脅かすのか
CIOが解雇される5大要因、自分の身を守るためにできることとは
CIOは自分のキャリアパスの守りを固めた方がいい。CIOが解雇される5つの理由、そしてそれを避ける方法について解説する。(2019/3/28)

おかんマーケターの働き方革命:
営業からマーケターへのキャリアパス、全力でやってきたことは必ず次につながる
おかんマーケターとしてデビューして1年半でB2Bマーケターのアワードを受賞した筆者。そのノウハウの一部を紹介しつつ、これからマーケティングの道を歩む人へのメッセージも。(2019/3/20)

エリートほど陥りやすい?:
中高年社員を確実に待ち受ける“絶望への落とし穴”とは 調査で解明
企業でささやかれる「働かない中高年」問題。その背景には個人ではなく構造的問題が。調査から迫ったパーソル総研研究員に直撃。(2019/3/6)

AIが転職サポート、経歴と価値観で分析 スマホアプリ「VIEW」
経歴と価値観を登録すると、AIが自分に合った職業を提示する――若手人材の転職をサポートするスマートフォンアプリ「VIEW」が登場。(2019/2/27)

LinkedInとIndeedの調査から見えること
リモートワークなどの柔軟な働き方を認めれば採用への応募が増加する?
ある調査結果によると、働く場所や時間を従業員自身が自由に決められるような柔軟な業務ポリシーがある企業ほど、求職者の支持を集める可能性がある。(2019/2/26)

世界を「数字」で回してみよう(56) 働き方改革(15):
外国人就労拡大で際立つ日本の「ブラック国家ぶり」
ここ最近、連日のように報じられている「外国人労働者の受け入れ拡大」。メディアで報じられている課題はともかく、この外国人就労拡大で際立っているのが、日本の「ブラック国家ぶり」です。このブラックぶりは、驚きを通り越して、むしろすがすがしいほどなのです。(2019/2/26)

新試験の予定も明らかに:
PR:なぜCompTIA認定資格なのか、3つの理由とは?
ベンダーニュートラルな認定資格を提供するCompTIAのグローバル担当者によれば、資格取得の理由は3つあるという。1つ目はグローバルな転職や採用にも役立つこと。残りの2つのメリットも強調した。今後は、Linuxを活用するITプロフェッショナルに必要なスキルを網羅した認定資格「CompTIA Linux+日本語版試験」を2019年中に開始する他、パフォーマンスベーステストも開発中だという。(2019/2/25)

近未来の働き方を想像する:
もしも銭形警部が人工知能を使いこなしたら、警察はルパンを逮捕できるのか?
日本では「熱血型上司」が人気だという。しかし、近い将来それと対極にある存在が私たちの上司になるかもしれない。人工知能だ。そのとき、部下の動きはどのように変わっているのだろうか。「ルパン三世」の銭形警部を例に見ていこう。(2019/2/13)

働き方改革:
高砂熱学工業が“選択定年制”や“年齢給廃止”など、新人事制度を導入
高砂熱学工業は2019年4月から、60〜65歳までの選択定年制や年齢給の廃止などを盛り込んだ“新人事制度”を導入する。(2019/2/7)

「コラボレーション主導型マーケター」の時代へ:
アクセンチュアが考える新たなCMO像、マーケティングの知見で企業全体をつなぐ
これからのCMOが担うべき新たな役割とは何か。(2019/2/4)

今ダメな人は、どこに行ってもダメ:
“転職ブーム”に踊らされる人が「浅はか」である、これだけの納得理由
売り手市場が続き、企業が中途採用に躍起になる今、街やネットの至る所で求人広告を目にするようになった。それを受け、「年収が低い」「上司が嫌いだ」などの理由で転職を検討する声も多い。ただ、そんな悩みは、会社を変えることで本当に解決するのか。本当に転職すべき人と、そうでない人にはどんな差があるのか。東京・銀座の“転職バー”で多くの社会人の相談に取ってきた、マスターの鈴木康弘さんと常連客に話を聞いた。(2019/2/4)

管理職も技術職も、人生の選択に悩む
技術職もいつかは管理職になるべきなのか? 後悔しないキャリアの選び方
熟練の技術者が管理職になるケースもあれば、技術系のキャリアを貫くケースもある。しかし誰しも、本当にこの選択が正しかったのか迷う日が来るだろう。本稿では、技術職から管理職に転身した筆者が「管理職の実情」を解き明かす。(2019/2/3)

「生きがいになる」「年金が減る」などの声:
70歳までの「定年延長」に賛成? 反対? 働き盛りのビジネスパーソンはどう考えているのか
35歳以上のビジネスパーソンの83%が定年延長に「賛成」している――。人材会社エン・ジャパンの調査でこんな事実が判明。「仕事のやりがいが生きがいにつながる」などの声があったが、年金の減額を不安視する意見もあった。(2019/1/18)

残業するには許可が必要:
「販売系職種の残業」が少ない企業ランキング、「残業するとマイナス評価」という例も 1位は……?
販売系職種の残業時間が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位はオンワード樫山で月7.0時間だった。1位は……(2019/1/17)

PR:世界のものづくり企業を支える「ミスミ」の挑戦
メカニカル部品や金型部品を確実短納期で提供し、世界の製造業を支えているミスミは、メーカーであり、最先端のテクノロジーを活用し、製造現場で使われる商品の流通を担う商社機能を持つ企業でもある。(2019/1/15)

Go AbekawaのGo Global!〜Danielle Royston編:
“紫のリス”の大冒険――ある女性エンジニアが、テレコム業界を変革するCEOになるまで
全米屈指の経営改善のスペシャリストとして知られ、テニス選手としても活躍する、OptivaのCEO、Danielle Royston(ダニエル・ロイストン)氏。世界を飛び回る彼女は、もともと経営者になりたかったわけではなく、「エンジニア一筋」のキャリアを目指していた――そんな彼女が語る転身のきっかけと、全てのエンジニアに向けたメッセージとは?(2019/1/15)

法務は未経験者にもチャンスあり:
2019年上半期に「求人数が増える職種」は……?
パーソルキャリアが2019年上半期(1〜6月)に求人件数が伸びそうな職種の予測を発表。採用の活発化が見込まれるのは営業、人事、経理、法務の4種だという。中でも法務部門は、未経験者にもチャンスがあるとしている。(2019/1/7)

スクエニ取締役・齊藤陽介の仕事哲学【前編】:
「ドラクエ」前プロデューサーが考える組織論――切り開いた道は後進に譲り自らは荒野を歩く
「ドラクエX」と「ドラクエXI」のプロデューサーを務めたスクウェア・エニックス取締役の齊藤陽介さんは48歳の誕生日をもってオンラインゲーム「ドラクエX」のプロデューサーを引退した。なぜ「ドラクエ」のプロデューサーに若手を据え、自ら後進に道を譲ったのか。齊藤さんの組織論に迫る。(2018/12/21)

今日のリサーチ:
時代のニーズに合わない教育や企業研修システムが11兆5000億ドルの経済成長を阻む――アクセンチュア調査
スキルギャップが大きいと、新技術がもたらす恩恵を十分に享受できないかもしれません。(2018/12/7)

外の世界とのタッチポイントを増やせ!:
PR:今、最も面白い職種は「プロダクトマネジャー」だ――及川卓也氏が説く、DX時代のIT業界サヴァイブ術
Microsoft、Googleなどの時代の先端を行く米国テクノロジー企業でプロダクトマネジャーやエンジニアリングマネジャーを歴任し、現在複数の企業の顧問を務める及川卓也氏に、日本のシステム開発界隈が今度どのように変わっていくのか、そこで活躍するエンジニアに必要な資質などを聞いた。(2018/12/7)

ディルバート(583):
キャリア史上、最大の罪悪感?
幹部候補を目指そうと思い立った意欲あふれる若者を前に、ボスが語る“仕事を楽しくこなすコツ”と“過去の葛藤”とは……?(2018/12/6)

ここが変だよ、日本の「働き方改革」:
残っても地獄、辞めても地獄……多くの日本人が悩む働き方の現実
「会社を辞めるべきか、このまま続けるべきか」。そんな悩みを持つサラリーマンは多いだろう。筆者も相談をよく受けるという。しかしながら、日本の場合は「残っても地獄、辞めても地獄」ということが多々あるので、よほどの強い覚悟が必要なのだ。(2018/12/6)

人間関係に不満持つ人も多数:
26%の女性が給与の低さに不満 「総合職と同じ仕事内容だが、一般職は薄給」などの声
エン・ジャパンの調査で、働く女性の97%が仕事上の悩みを抱えていることが発覚。その内容は「給料が低い」が26%でトップ。「上司・同僚との人間関係」(11%)などの回答も多かった。(2018/12/5)

裏方に求められる資質が変わる:
「いつでもどこでも使えるITインフラ」の実現課題を指摘、Gartner
Gartnerは2018年12月3日(米国時間)、米国ラスベガスで同日開幕したカンファレンス「Gartner IT Infrastructure, Operations and Cloud Strategies Conference 2018」において、IT環境の動向と、ITインフラとオペレーションの担当リーダーが直面する課題を紹介した。(2018/12/5)

福利厚生に満足する声も:
販売系職種が「働きやすい企業」ランキング 1位は世界的なコーヒーチェーンの……
販売系職種が最も働きやすい企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが評価した結果、2位はジンズ。1位は……(2018/12/5)

グローバルの知見×先端テクノロジーを駆使する実行力:
PR:SAP S/4HANAと「顧客の業務、ニーズ」を知り抜いたエキスパートたちの挑戦
通常なら年単位かかる製品企画から市場投入までの期間を数週間に短縮したい。達成へ向け鍵となる打ち手の一つとして、グローバルに散らばるデータをリアルタイムに吸い上げるシステムを構築、導入してほしい――しかも1年強で――かつてないほどのスピード感と複雑さが求められるこの要望に“主体的”に立ち向かうチームがいる。(2018/11/28)

戦力外になった後輩に経験伝えたい:
高卒でプロ野球を戦力外 16年後に「公認会計士」になった男の逆転人生
阪神タイガースから戦力外通告を受けたものの、その後公認会計士になった元投手、奥村武博さん(39)。引退した選手が第二の人生で成功できずにトラブルを起こすケースが多い中、いかにして成功できたのか。かつての挫折と、そこから這い上がった経験を聞いた。(2018/11/18)

キャリアニュース:
世界10カ国の女性78%が「困難に感じる」と回答、テック業界への就業
ブッキング・ドットコム・ジャパンが、テック業界に従事する世界10カ国の女性を対象とした調査結果を発表。女性不足である業界の現状を好機と捉える女性が64%いる一方で、78%が「業界に加わること自体が困難だと感じる」と回答した。(2018/11/6)

大学生にとって「恋愛はクソ」? 現役早稲田生の恋愛観
早稲田に恋は難しい……?(2018/10/31)

スーパーも日曜は休み:
午後6時に退勤、学びや家族の時間を――アイコスを生み出す研究所に学ぶ、スイス式の働き方
新型「アイコス」が注目を集めるフィリップモリス。スイスに置く研究・開発拠点では、社員が残業をせず、勉強や趣味、家族との時間を持てるような働き方が定着している。日々の過ごし方を、日本人とドイツ人のスタッフに聞いた。(2018/10/26)

特集:日本型デジタルトランスフォーメーション成功への道(3):
クラウド移行に「コスト削減」ばかりを求めてはいけない理由〜経営層に贈る言葉〜
ビジネスに一層のスピードと柔軟性が求められている今、それを支えるインフラとしてクラウドを検討することはもはや当たり前になっている。既存システムのクラウド移行を支援するベンダーも複数存在し、クラウド活用のハードルも下がってきた。だが使いやすくなったことと、クラウドの効果を獲得することは、また別の話だ。ではなぜクラウド移行でメリットを享受できない例が多いのか。その真因を探った。(2018/10/24)

女性の悩みを解決:
「転職先が見つからない」「新しい会社になじめない」――こんな不安を解消するには?
「転職先が見つからないのでは」との不安を抱える女性が多いことがエン・ジャパンの調査で判明。転職できた場合でも、なじめるかなどを心配する人が多かった。こんな不安を解消するための方法は?(2018/10/15)

キャリアニュース:
グーグル1位、退職者が「辞めたけど良い会社」と評価した企業
退職者が選んだ「辞めたけど良い会社ランキング2018」をヴォーカーズが発表。退職者から高い評価を得た企業のトップ3はグーグル、P&G、マッキンゼー・アンド・カンパニーだった。(2018/10/10)

マルケト×FORCAS:
SaaSビジネスは「売って終わり」ではない そこで成長する人材の条件は?
マルケトとFORCASでセールスとカスタマーサクセス領域を担うエキスパートがSaaSビジネスとそこでのキャリア形成について語り合った。(2018/10/2)

新たな常識に向けて、ビジネス、テクノロジー、人はどう連携していくべきか:
@IT、トップページをリニューアル
あとわずかで平成も終わりを告げ、既存の常識が新しい常識にトランスフォームされつつある中で、企業とエンジニアは何を考え、何を目指し、どうアクションしていくべきなのか。@IT編集部はこれからも、皆さまと共に考え、共に歩んでいくことをお約束いたします。(2018/10/1)

人事制度の整備にも注力:
「銀行業界の年収」ランキング メガバンク3行を抑えて1位だったのは……?
銀行業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイの調査によると、2位は三菱UFJ信託銀行で694万円だった。1位は……(2018/9/27)

「優れたセキュリティ人材はめったに見つからない」は間違い:
PR:「人がいない」「予算がない」でやりたくてもやれない脆弱性検査を実施するための現実的な施策とは
脆弱性の存在を把握し、対処することが重要だとは分かっていても、肝心の脆弱性検査を実施できる人がいない――そんな状況につけ込むサイバー攻撃が増えている。脆弱性検査を行えるスキルを持った人材を育て、根本的に問題を解決するため、CompTIAでは新たな資格を設けた。(2018/9/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。