ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「部活」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「部活」に関する情報が集まったページです。

猛暑到来で加入件数増 PayPayほけん「熱中症お見舞い金」、前週土日比で約6倍に
 Zホールディングスのグループ会社である、PayPay保険サービスとPayPayは6月27日、「PayPayほけん(1dayほけん)」で提供する「熱中症お見舞い金」の6月25日、26日の加入件数が、前週と比較して約6倍となったことを発表した。(2022/6/28)

PayPayほけんの「熱中症お見舞い金」加入者が急増 6月25日は1000件超に
PayPayのミニアプリから加入できる「PayPayほけん」で実施している「熱中症お見舞い金」の加入件数が急増。最高気温30度以上の真夏日を記録した6月25日〜26日は前週土日比で約6倍になり、6月25日は過去最高の1000件超となった。(2022/6/27)

猛暑で「熱中症お見舞い金」加入者急増 前週の6倍に PayPayほけん
猛暑の土日。「PayPayほけん」で、熱中症に特化した保険「熱中症お見舞い金」の25、26日の加入件数が、前の土日の6倍に急増した。(2022/6/27)

小寺信良のIT大作戦:
すぐ投票で決めたがる子供たちと、議論を敬遠し人に深入りしない時代
議論をせずに、すぐに多数決で物事を決めたがる。世の中がそんな傾向にあると感じたことはないだろうか?(2022/6/27)

「時は金なり」を立体化したら?:
アート作品「時間を買える貯金箱」が話題 ダイソー時計と“ラズパイ”を活用 制作者の思いを聞いた
「時間を金で買う行為を立体化した」とするアート作品がTwitterで注目を集めている。制作者に作品に込めた思いを聞いた。(2022/6/23)

人生29年でいまさら「新世紀エヴァンゲリオン(TVアニメ版)」を見たらラスト2話で絶句した話 ……え?
何を見せられているんだ……。(2022/6/17)

プロジェクト:
熊谷市でスポーツ施設と地域のにぎわいを創出する仕組みを構築、パナソニック
パナソニック エレクトリックワークス社とパナソニック スポーツは、埼玉県熊谷市の「熊谷スポーツ文化公園」内で開発した多機能スポーツ施設「さくらオーバルフォート」で、スポーツ施設と周辺地域のにぎわい創出を実現するリカーリングビジネスを展開している。(2022/6/14)

200人に聞いた:
子どもにスマホを持たせた時期 2位「小学校5〜6年生」、1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子どもにスマートフォンを持たせた時期を調査した。(2022/6/10)

日本トレンドリサーチが1200人に調査:
部活動の指導、7割が「外部委託」に賛成 教師の負担を心配する声多く
日本トレンドリサーチは「中学校の部活動に関するアンケート」を実施した。休日の部活指導を「民間業者」に委ねることに賛成を示す声が7割を超えた。(2022/5/29)

学校の「中退」1000人以上増、なぜ?
学校を中退する学生が、前年に比べ1000人以上増加した。なぜ、中退者は増えているのか。ジェイックがアンケートを行ったところ、留年や新型コロナウイルスとの関係性が見えてきた。(2022/5/26)

「早く対処しなければ『漫画村』のような問題に」──東映、KADOKAWAなど13社が「ファスト映画」制作者に損害賠償請求 損害額は20億円と算定
東映、KADOKAWAなど13社が、「ファスト映画」の制作者3人に損害賠償請求を求めて提訴した。損害額は20億円と算定。最低限の損害回復として、このうち5億円の支払いを求めている。(2022/5/19)

元TBSアナ大集合! 堀井美香アナの送別会に枡田絵理奈、宇垣美里ら5人が駆け付ける
なかなか見られない6ショット!(2022/5/11)

家庭用プリンタの世界がなかなかの荒れ具合な件
今、家庭用プリンタを買おうとするとちょっと大変かもしれない。(2022/4/29)

店舗の人材教育:
10人に1人が半年で辞める時代に、「スタバ」「マック」の姿勢から学ぶべきこと
日本では、パート・アルバイトの10人に1人が半年で辞める。定着率を上げるとともに、顧客に高い価値を提供するにはどうすべきか。筆者は「スタバ」「マック」の姿勢から学ぶべきだと主張する。(2022/4/28)

男女500人に調査:
「20代で演技力が高いと思う俳優」ランキング 1位は「菅田将暉」、上位はどんな顔ぶれ?
gooランキングは、ドラマや映画で活躍する20代の俳優をテーマに「演技力が高いと思うのはどの俳優か」について調査した。演技力が高い20代俳優1位は「菅田将暉」だった。(2022/4/26)

JFMA調査研究部会のFM探訪記(6):
ファシリティ品質を時代に即して考える「品質評価手法研究部会」の研究内容
本連載では、日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) 専務理事 成田一郎氏が「JFMA調査研究部会のFM探訪記」と題し、JFMA傘下で、マネジメントや施設事例、BIM×FMなどの固有技術をテーマにした合計18の研究部会から成る「調査研究部会」での研究内容を順に紹介していく。第6回は、JFMA内の18から成る調査研究部会の1つ、ファシリティ品質を時代の要請に応じてどう捉えるかを研究している「品質評価手法研究部会」の活動内容を採り上げます。(2022/4/26)

車がない人にも知ってほしい「車持ち特有の悩み」 高速料金・ガソリン代の負担が曖昧、洗車で休みがつぶれる……
車“の持ち主”が便利に使われてしまう問題。(2022/4/26)

女子高校生の4人に1人が「子どもを産みたいと思わない」 ガールスカウト日本連盟がジェンダーに関する調査結果を公開
自分の体についての知識がまだまだ足りない現状。(2022/4/25)

天井に挟まったマッチョにボールを当ててたたき落とせ! 「体育館の天井に挟まったマッチョを助けるゲーム」が始動
あるあるネタのボールをマッチョに代えるだけでこの破壊力。(2022/4/21)

Meta(旧Facebook)、WhatsAppの新機能「Communities」のテストを開始
Meta(旧Facebook)傘下のWhatsAppは、新機能「Communities」を発表した。Communityの下に複数のチャットグループを置き、まとめて管理できるようにする。学校や非営利団体などでの使用を見込む。(2022/4/15)

成長の仕方は十人十色:
「虹のコンキスタドール」の生みの親 もふくちゃんに聞くマーケティングとマネジメント
企業においてダイバーシティー&インクルージョンやSDGsの概念が広がる中、アイドルグループの「虹のコンキスタドール」は「食と農」という社会貢献と、アイドル活動の融合を違和感なく進めている。インタビューの後編では、音楽プロデューサー福嶋麻衣子さんに「虹のコンキスタドール」をどのようなコンセプトでプロデュースし、マネジメントしてきたかを聞く。(2022/4/14)

Go AbekawaのGo Global!〜Monika Weissmann(前):
全部知りたい、全部やりたい 欲張りモニカは大好きを1つに絞り切れない
ITが好き、言語も好き、広告もブランディングも好き。だから、1つのキャリアではなく、スキルに集中することにした。(2022/3/22)

聖徳学園の校内SNS活用【中編】
聖徳学園が校内SNSで解消 紙連絡の「読まれているかどうか分からない」問題
聖徳学園は生徒や保護者との情報共有に「Talknote」を採用している。聖徳学園はTalknoteをどう活用しているのか。保護者との情報共有の手段を紙からTalknoteに移行させたことで得られた効果とは。(2022/3/30)

「仮面ライダーリバイス」前田拳太郎、“普通の大学生”からヒーローへ “新型コロナ”がくれたきっかけ
「仮面ライダーリバイス」五十嵐一輝役として俳優デビューを飾った前田。(2022/3/27)

始めから“100点”を求めないことがポイント――茨城県守谷市が全小中学校のオンライン授業をいち早く実現できた理由(後編)
東京のベッドタウンとしても知られる茨城県守谷市が、2021年8月25日から9月12日にかけて全ての市立町中学校において完全オンライン授業を実施した。オンライン授業を実際に行った際の様子と、そこから見えた課題を担当者に聞いた。(2022/3/23)

運動部で身に付いたと思う「強み」 3位は「上下関係の理解」、2位と1位は?
マイナビは大学スポーツ協会と共同で、運動部学生を対象に、「運動部学生の就職に関する意識調査」を実施した。運動部学生に運動部の活動を通じて身についた強みを聞いたところ、1位は「礼儀・あいさつ」(81.0%)だった。(2022/3/22)

“日の丸アーチェリー”復活:
従業員10人の町工場が手掛けた「下町アーチェリー」 東京・江戸川区からパリ五輪へ
かつて世界に誇るアーチェリー専門ブランドがあった日本。バブル崩壊後の不景気や少子化などで事業撤退を余儀なくされ、“日の丸アーチェリー”は2000年代初頭までに事実上、消滅したが、約20年の時を経て、昭和感が残る下町の小さな町工場がそのDNAを引き継いだ。いかにして、国産アーチェリーは復活を遂げたのか。その舞台裏を取材した。(2022/3/19)

最高のアニメ映画「アイの歌声を聴かせて」の魅力を全力紹介 見たら幸せになれる20の理由
3月11日から期間限定先行レンタル配信がスタート!(2022/3/11)

沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
井の中の蛙「コロナ感染、菓子折りで謝罪せよ」――日本のおかしな組織文化
新型コロナウイルスによる隔離後、職場で菓子折りを配らなかったら上司や同僚から指摘を受けた――そんな内容のニュースがネット上で話題となった。なぜ、こうしたウェットな組織文化が生まれてしまうのか。350以上の企業や自治体、官公庁などでの組織や業務の改革支援を行ってきた沢渡あまね氏が、解説する。(2022/3/10)

凸版印刷 部活動からeスポーツ参入 社会人対象のeスポーツリーグを2020年に開始
長引くコロナ禍で「eスポーツ」が注目されている。遠隔で対戦もでき、社内外のコミュニケーション強化の一環として導入する企業が急増。凸版印刷でも2020年に社会人のeスポーツプレイヤーを対象としたeスポーツリーグが立ち上がった。(2022/3/4)

家庭や部活、放課後もデジタル化浸透 授業連携で利点、3月にも配布端末の持ち帰り指針公表
児童生徒に1人1台配布された端末だが、平常時は持ち帰りを禁止する学校も多い。文科省は3月にも家庭での利用を認めるガイドラインを公表。家庭学習や部活動向けの新サービスも生まれており、授業外のデータが教育のデジタル化の鍵を握っている。(2022/3/3)

「警察官になる道も考えた」榎木淳弥が振り返る青春時代 空の美しさ魅せる劇場アニメ「ブルーサーマル」インタビュー
「こんなにまぶしい青春を経験していなかった」と榎木さん。(2022/3/7)

eスポーツ先進都市目指せ 中学での部活も推奨 大阪・大東市が本腰
大阪府大東市がeスポーツの拠点都市を目指している。活動拠点となるジムを公民連携で開設・運営し、中学校でのeスポーツ部設立も視野に入れる。市は「eスポーツを通して子供たちが世界基準に触れ、市民が恩恵を受けられるデジタル先進都市を目指したい」としている。(2022/3/2)

2021年、小学生のスマホ所有率がキッズケータイを上回る ドコモの調査
NTTドコモのモバイル社会研究所が「2021年親と子の調査」の結果を発表。子どもが自分の専用のスマホを所有している割合が上昇傾向にあり、調査開始以来初めて小学生のキッズケータイを上回った。(2022/2/28)

聖徳学園の校内SNS活用【後編】
聖徳学園は「保護者に使ってもらえるIT」「生徒の安全なSNS利用」をどう実現したのか
聖徳学園は生徒や保護者との情報共有に「Talknote」を採用している。保護者にTalknoteをはじめとするITツールを使ってもらうためにした工夫と、生徒が安全にITツールを利用できるようにするための秘策は。(2022/3/31)

ビジネス向け「LINE WORKS」、NPOなどに無償提供 終了時期は未定
ワークスモバイルジャパンが、ビジネス向けグループウェア「LINE WORKS」を非営利団体などに期間限定で無償提供するキャンペーンを始めた。期間限定としているが、無償期間の具体的な終了時期は未定。(2022/2/22)

ウォルピスカーターが初著書『自分の声をチカラにする』 “高音出したい系男子”が歌い続けるためのポリシーとは
「歌うことに関して他では感じられないくらいの喜びや楽しみを見つけてしまって」(2022/2/7)

コロナ禍での大学生活:
学生時代頑張ったこと 2位「部活、クラブ、ボランティア活動」、3位「サークル活動」、1位は?
2023年卒の就活生に「学生時代頑張ったこと」を聞いたところ「アルバイト」と回答したのは全体の25%だった。コロナ禍を受け、大学生活以前の話をする学生が増加。(2022/2/2)

学校施設をネットで貸し出し スポーツ振興で杉並区がモデル事業
東京都杉並区が、区内の学校施設を教育活動で使われていない時間帯で、インターネットの予約システムを使って一般向けに貸し出すモデル事業を始める。期間は3月から2023年3月まで。施設の利用拡大を通じて、地域のスポーツ振興を図る狙いがある。(2022/2/1)

「特別なものよりも記憶に残る」と言ってもらえたプレゼント いつも食べていたお菓子の思い出漫画がステキ
ヨーグレットでつながる絆。(2022/1/14)

コロナ禍で入学した大学生の8割が「後悔」 アルバイト、遊びを抑えた1位は?
IDEATECHは、首都圏在住の大学1年生に「2021年の後悔と2022年の意気込み」を聞いた。21年に後悔することがあった学生は82.0%に上った。コロナ禍に入学した学生は何に後悔したのか?(2022/1/7)

子どもとスマホの付き合い方:
子どもにいつからスマホを持たせるべき? 「アナログ」と「デジタル」の両輪で考えよう
「みんなスマホ持ってるから私にも買って」と、お子さんにスマホの購入をねだられて、悩んでいる親は多いでしょう。スマホから広がる楽しい世界を知っているからこそ、早く自分のスマホが欲しいと考えます。では実際に、スマホを初めて持つ年齢は何歳が多いのでしょうか。(2022/1/6)

「大人になると友達ができなくなる」はどこまで本当なのか “人それぞれの現実”を聞いてみた
たまに聞くけど、実際どうなんです?(2022/1/24)

きらら史に残るラスボス「日常系部活ものに呪われた卒業生」が生まれた理由 『ステラのまほう』完結記念くろば・Uインタビュー
「日常系」の青春が終わったあとの物語。(2021/12/25)

Go AbekawaのGo Global!〜Adrian Zulnedi編(前):
あの子が「できる」といったから、僕は“モノづくり”に目覚めた
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はプラゴのAdrian Zulnedi(アドリアン・ズルネディ)氏にお話を伺う。インドネシアで30人もの親戚に囲まれて育ったズルネディ氏。同氏が小学校のときに経験した「一生モノの出会い」とは。(2021/12/24)

PR:「それもまた青春」なんて割り切れない コロナ禍でステージに立てなかった生徒たちのパフォーマンスをつなげた動画に胸が熱くなる
発表の場がなくなってしまった生徒たちにお披露目の機会を。(2021/12/23)

保護者に聞いた:
小中学生が余暇にすること 2位は「YouTubeなどの動画を見る」、1位は?
光村図書出版は、全国の小・中学校に通う児童・生徒の保護者に、子どもの「好き」に関するアンケート調査を行った。教科に関することや、余暇の過ごし方を聞いた。(2021/12/22)

「身長が追い付くまでいじめられた」「自分だけ自動車免許が取れなかった」 人それぞれに違う“早生まれのツラさは何歳まで続くのか”
「早生まれのツラさ」「何歳まで続いたか」など聞いてみました。(2022/1/25)

死のうとしたときに頭に浮かんだのはかつての親友 離れていてもずっと友達な2人の漫画が感動を呼ぶ
会えなくなっても友達は友達。(2021/12/13)

名倉潤、長男の14歳バースデーに“ママそっくり”な赤ちゃん時代の写真公開 「満里奈ちゃんにすごく似てる」「イケメン」
お誕生日おめでとうございます。(2021/12/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。