ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「個人消費」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「個人消費」に関する情報が集まったページです。

増収増益は6社のみ:
2024年3月期通期 国内半導体商社 業績まとめ
半導体や電子部品、電子機器などを扱う主要な国内半導体/エレクトロニクス商社(集計対象:21社)の2024年3月期(2023年度)通期業績は、集計対象の21社中、増収増益は6社のみだった。(2024/6/13)

今年の“猛暑商戦”はどうなる? 景気にどんな影響を与えるか、注意が必要
今年の夏も平年より気温が上昇する見込みとなり、猛暑による熱中症が懸念されている。4月から続いた夏日に牽引され、エアコンなどの家電製品や清涼感を得られる衣類、食品、飲料などの販売は昨年を上回っており、“猛暑商戦”が一足早く始まった形だ。(2024/6/7)

WSTS春季予測:
2024年世界半導体市場は前年比16%増、AI需要がけん引
WSTS(世界半導体市場統計)によると、2024年の世界半導体市場規模は2023年に比べ16.0%増の6112億3100万米ドルとなり、再拡大すると予測した。多くの製品がマイナス成長となる中で、メモリや一部のロジック製品などAI(人工知能)関連の需要が急拡大する。(2024/6/6)

製造マネジメントニュース:
レゾナックの2024年12月期第1四半期は増収増益、半導体/電子材料事業がけん引
レゾナック・ホールディングスは2024年12月期第1四半期の売上高が前年同期比7.5%増の3214億円で営業利益は89億円となり、増収増益となったことを発表した。(2024/5/17)

スピン経済の歩き方:
「外国人嫌いの国は経済が停滞する」は本当か いや、日本には当てはまらないシンプルな理由
米国バイデン大統領が「日本は外国人嫌いで移民を望んでいない」などと発言したが、日本の移民受け入れ状況は実際のところどうなのか。経済との関連性を見ると……。(2024/5/8)

調査レポート:
建設業の24%で「2024年度は減収減益」の見通し 下振れ材料は人手不足の深刻化
帝国データバンクは、2024年度の業績見通しに関する企業の意識調査の結果を公表し、業界別では、建設業の24.2%が減収減益を見込んでおり、増収増益の見通しの22.5%を上回ることが分かった。(2024/5/1)

再び暗黒期に戻る金融政策の転換だけは避けよ 日経平均が34年ぶりに史上最高値更新
日経平均株価がバブル期の1989年12月29日の取引時間中に記録した3万8957円44銭を終値で上回り、史上最高値を記録した。(2024/2/29)

GDP発表で見える「本当の問題点」は何か
内閣府が2023年10〜12月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価の変動を調整した実質ベースの成長率は前期比年率で0.4%減と2四半期連続のマイナス成長となった。(2024/2/22)

株価一時最高値も「好景気」実感できず、なぜ?
22日午前の東京株式市場で日経平均株価が平成元(1989)年12月の史上最高値(終値ベース)を一時、更新した。だが、バブル景気に沸いた34年前のような好景気の実感はない。(2024/2/22)

スピン経済の歩き方:
「株価がバブル超え!」と騒いでいるうちは、日本経済が上向かないワケ
株価上昇や春闘でベア獲得など、「大企業」「上場企業」に焦点を当てた報道が目立っている。しかし、このままでは残念ながら日本経済が上向くことはない。残る利益アップの道は……。(2024/2/21)

本来は減税が有効策:
株価はバブル肉薄! 専門家「ますます消費は悪化する」
16日の東京株式市場は米株高を好感して買われ、日経平均株価は午前9時7分現在、前日終値比701円63銭高の3万8859円57銭と大幅続伸して取引された。(2024/2/17)

上場企業の決算発表がピーク 製造業が好調、理由は?
上場企業の令和5年4〜12月期連結決算の発表が9日、ピークを迎えた。円安などを追い風に好調な製造業が牽引し、最終利益の合計は同期で過去最高を更新する見通しだ。ただ今後は不動産市況の低迷などに伴う中国経済の減速が足かせとなる懸念が残る。(2024/2/9)

バブル期の史上最高株価、年内に超える可能性
10日の東京株式市場で日経平均株価の終値は、前日比678円54銭高の3万4441円72銭だった。バブル経済崩壊後の最高値を2日連続で更新した。専門家の間では、年内にも日経平均がバブル期の史上最高値(3万8915円)を更新するとの観測も広がっている。(2024/1/10)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
「職人に優しくない」ECサイトが傾くワケーー米大手で社員11%レイオフ騒動
ハンドメイドやクラフト商品の作り手と、消費者が直接売買できる大手マーケットプレース「Etsy(エッツィー)」が11%の従業員をレイオフすることを発表し、話題になっている。業績不調の原因と、これから生き残る術とは。(2023/12/25)

製造マネジメントニュース:
福島原発のALPS処理水放出の影響を調査、「影響ある」企業は2.9%
東京商工リサーチは、東京電力が2023年8月に福島第一原子力発電所のALPS処理水を海に放出したことで、中国など一部の国や地域が日本の水産物の輸入規制を強化した影響に関する調査結果を発表した。(2023/12/18)

小売・流通アナリストの視点:
本当の「消費」といえるのか? 大手百貨店の増収増益を手放しで賞賛できないワケ
物価上昇に多くの消費者が苦労している一方、好調を報じられているのが百貨店業界だ。長年、売り上げの右肩下がりが続き、構造不況業種ともいわれていた上に、コロナ禍で甚大なダメージを受けた百貨店業界。本当に回復期を迎えているのか、その現状を見てみよう。(2023/12/13)

Microsoft、「Windows 10」の一般ユーザーにもESUを3年提供へ
Microsoftは、2025年10月14日にサポート終了予定の「Windows 10」に、セキュリティ更新のみ提供を続ける有償の「拡張セキュリティ更新プログラム」(ESU)を提供すると発表した。最長3年間はセキュリティ更新のみ提供する。(2023/12/6)

WSTS秋季予想:
24年の世界半導体市場規模、13.1%増で過去最高の5883億米ドルに
WSTS(世界半導体市場統計)は2023年11月28日、2023年秋季の半導体市場予測を発表した。それによると、2024年の世界半導体市場規模は、前年比13.1%増の5883億6400万米ドルと、過去最高を更新する見込みだ。(2023/12/6)

2024年の注目キーワード 3位「人手不足」、2位「物価」、1位は?
企業が2024年に注目しているキーワードは1位「ロシア・ウクライナ情勢」(73.2%)で、2位「物価(インフレ)」(64.7%)、3位「人手不足・人材確保」(63.6%)だった。(2023/11/22)

3Qからは回復の見込み:
23年2Qの世界ファウンドリー市場、上位10社は1.1%減
台湾の市場調査会社TrendForceは2023年第2四半期の半導体ファウンドリー市場調査結果を発表した。それによると、上位10社の売上高は前四半期比1.1%減のマイナス成長となったが、第3四半期からは回復に向かう見込みだという。(2023/9/12)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
解約したけど、たぶんまたそのうち再開するサブスク
自動車でもそんなサブスクが増えてほしい。(2023/9/6)

「プレミアムフライデー」のサイトが閉鎖 6月の閉鎖から2カ月を経て公式発表
情報発信は今後も経産省のサイトで継続していくとのこと。(2023/8/10)

“プレミアムフライデー”は実質終了? 公式サイトは閉鎖済み、ドメイン有効期限切れ間近 経産省の対応は?
毎月末の金曜日は午後3時に仕事を終えるよう奨励する「プレミアムフライデー」。そのWebサイト「premium-friday.com」が23年6月1日に閉鎖していたことが分かった。ドメインの有効期限は8月13日までであるため、経産省に今後の対応について聞いた。(2023/8/2)

データセンターへの投資が活発に:
「ChatGPT」の躍進、半導体市場の次なるけん引役に
OMDIA シニアコンサルティングディレクターの南川明氏は、半導体市場やマクロ経済が今後、各国のグリーン関連投資や生成系AIの普及に伴うサーバ投資などにより、右肩上がりに成長すると予測した。(2023/7/4)

4年ぶりのマイナス成長に:
2023年世界半導体市場は前年比10.3%減、WSTS予測
WSTS(World Semiconductor Trade Statistics/世界半導体市場統計)は2023年6月6日、2023年春季の世界半導体市場予測を発表した。それによると、2023年の世界半導体市場規模は2022年比10.3%減の5150億9500万米ドルで、2019年以来4年ぶりのマイナス成長になる見込みだ。(2023/6/8)

世界・日本の7社を紹介:
金融テクノロジーで個人の「環境意識」は変わるのか? グリーンフィンテック企業の可能性と課題
環境に良い行動に繋げたいと考える消費者を、金融テクノロジーでサポートする「グリーンフィンテック」が注目を集めています。国内外の7社を例に、グリーンフィンテックの可能性と課題について考えてみます。(2023/5/9)

ストレージ市場“激変”の末路【第2回】
「SSD」と「フラッシュメモリ」に大異変? “売れない”市場に嘆くベンダー
2022年後半から、SSD関連ベンダーの業績が急激に悪化し、SSDの市場に異変が生じている状況が明らかになった。何が理由でベンダー各社は悲惨な事態に陥ったのか。(2023/5/1)

Retail Dive:
eコマースが直面する3つの課題 “破産”と“生き残り”の分岐点は?
eコマースに主軸を置く企業は、小売業界を“破壊”する存在になるはずだった。しかし、コロナ禍の影響が収まりつつある中で破産する企業も出ている。eコマースが直面する3つの課題と、生き残れるか否かを分ける分岐点とは。(2023/4/13)

Microsoftの人員削減はIT業界に何をもたらすのか【第4回】
Microsoft「1万人削減」の裏にある“あの事業の呪縛”と“次に目指す場所”とは
Microsoftが1万人の人員削減を決行する。その裏には“足を引っ張る”事業と、同社が描く将来の展望がある。それはどのようなものなのか。(2023/3/30)

引き上げ額は過去最高:
「すき家」「なか卯」のゼンショーHD、平均9.5%の賃上げ 初任給は25万円に
「すき家」「なか卯」など、外食チェーンを中心に事業展開するゼンショーホールディングス(東京都港区)は、4月1日から正社員1210人を対象に平均9.5%の給与引き上げと、新卒初任給の引き上げを実施すると発表した。(2023/3/15)

大企業で相次ぐ「インフレ手当」が皮肉にも、貧しいニッポンを象徴しているワケ
大企業を中心に、インフレ手当を支給する企業が増えている。戦後、インフレは何度もあったが、多くの企業がインフレ手当を支給するのは終戦直後ぶりだ。なぜ、今インフラ手当なのか。その理由とを探ると、日本の現状が見えてくる──。(2022/12/28)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
テスラ株暴落前の時価総額が驚異的過ぎた件 2022年の下落分だけで自動車大手12社に相当
2022年最後の「ほぼ週刊インフォグラフィックス」は、世界を賑わせるイーロン・マスク氏が創業者兼CEOを務めるTeslaの時価総額を取り上げます。(2022/12/27)

フリーウェイジャパン調べ:
中小企業・個人事業主の6割が「防衛増税に反対」 ビジネスへの影響は?
中小企業、零細企業の経営者・従業員、個人事業主1334人を対象にした「防衛増税に関する実態調査」。防衛増税に反対の人は61.4%で、賛成の18.9%を大きく上回る結果に。(2022/12/31)

Marketing Dive:
ブラックフライデーの「勝ち組」と「負け組」(2022年版)
前回に引き続き、2022年のブラックフライデーを振り返る。(2022/12/21)

Marketing Dive:
2022年「ブラックフライデー」大反省会 BNPL(後払い決済)の躍進は朗報なのか?
ホリデーショッピングの時期に小売業者が実際にどのような結果を残したか、2回にわたって紹介する。(2022/12/19)

Payments Dive:
サッカーワールドカップは"決済技術"の世界大会でもある
FIFAワールドカップと提携したVisaは、今回のワールドカップが同社の決済技術を普及させる「絶好の機会」になると見ているようだ。非接触型決済端末や顔認証決済の導入でこれまでにない顧客体験を提供すると意気込んでいる。(2022/12/15)

メモリ市場は23年、16.2%減に:
世界半導体市場、2023年は3.6%減のマイナス成長へ
米国の調査会社Gartnerは2022年11月28日(米国時間)、世界半導体市場予測を発表した。同社は、2023年の世界半導体売上高が、前年比3.6%減の5960億米ドルになると予測している。(2022/11/29)

1973年は13万円:
沖縄の平均実収入は33万円 50年で2.6倍だが、家計圧迫の要因も
りゅうぎん総合研究所は、調査レポート「本土復帰後の50年における県内個人消費の動向」を発表した。2020年の県民の月平均実収入は1973年比2.6倍の33万2355円だった。(2022/11/15)

Retail Dive:
ポスト・ベゾス時代のAmazonは期待外れ? 米アナリストたちの分析は
一部のアナリストは、Amazonの第3四半期決算を前に同社の売り上げや利益などの目標を引き下げた。ポスト・ベゾス時代のAmazonの方針転換について彼らはどう分析したのか。(2022/11/14)

IT機器の「再生品」市場【後編】
中古品とは一味違う「新品並みノートPC」をあえて使う魅力
中古品や廃品となったIT機器を修理して再び利用する動きが活発化している。これに伴い、同市場が抱える“ある問題”を解消する取り組みも進み始めた。専門家に話を聞いた。(2022/10/14)

世界4位だが……:
日本で本当にECは拡大しているのか? EC化率が8%台でとどまる
「Eコマースの時代」「コロナでネットショッピングが顕著に」「買い物はネットで」など、いまやインターネットでの取引なくしてビジネスは成立しないとでも言うような勢いだが、本当にそうなのだろうか。(2022/10/5)

60代で特に顕著:
深刻化する円安、高齢者ほど悪影響 値上げなどで購入を諦めた商品・サービスは?
政府・日銀が為替介入を行うなど、円安が深刻化している。特に食費や光熱費など、生活必需品に関する値上げも進んでおり、個人消費に大きな影響を与えているようだ。(2022/10/3)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
悪材料続く半導体業界、ハードランディングは不可避か?
どうにかソフトランディング(軟着陸)してほしい……!(2022/9/16)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
市場は『低迷期』に、半導体需要の現状と展望を最新データで見る
本当に先が読めなくなってきました。 (2022/8/4)

気象データが変えるこれからのデジタル広告:
ポストCookie時代のマーケターが「気象データ」に注目すべき理由
GoogleがサードパーティーCookieのサポート廃止を2024年後半に延期しましたが、猶予期間が長くなっても広告主の課題は変わりません。代替的なターゲティング手法をどうするか。選択肢の一つとして注目したいのが、気象データの活用です。(2022/8/2)

iPhone需要は堅調 アップル4-6月期としての売上高は過去最高
アップル(AAPL)は7月28日(現地時間)に第3四半期となる2022年4−6月決算を発表した。売上高は前年同期比1.9%増、純利益は同10.6%減だった。ともに、事前予想の数値は上回った。純利益は20年7-9月(第4四半期)の7.4%減益以来、7四半期ぶりの減益となった。売上高の半分近く(49%)を占めるiPhoneの需要は堅調で、前年同期比2.8%増とふんばった。他方、Macが同10.3%減、iPadが同2%減、ウェアラブル・ホーム・アクセサリーが同7.9%減とふるわなかった。(2022/7/30)

Alphabet、2四半期連続の増収減益 YouTube広告も減速
Googleを傘下に持つAlphabetの4〜6月期決算は、売上高は16%増だったが純利益は14%減だった。2四半期連続の減益だ。YouTube広告も減速した。(2022/7/27)

ものづくり白書2022を読み解く(1):
コロナ禍に続き原材料価格の高騰が新たな課題に、データが映す製造業の現状
日本のモノづくりの現状を示す「2022年版ものづくり白書」が2021年5月に公開された。本連載では3回にわたって「2022年版ものづくり白書」の内容を掘り下げる。第1回ではCOVID-19の影響を受けた製造業のサプライチェーン強靭化に向けた取り組みの現状を確認し、原材料価格の高騰という新たな課題が浮上している状況をデータで読み解く。(2022/7/20)

モノづくり最前線レポート:
半導体産業に絡む円安の思惑、日本の半導体政策に掛かる期待
インフィニオン テクノロジーズ ジャパンは2022年7月7日、オンラインとリアル会場のハイブリッドでセミナー「Infineon MCU Partner & Solution Day」を開催した。基調講演にはOmdia シニアコンサルティングディレクターの南川明氏が登壇し、「新たな成長期に入ったエレクトロニクス/半導体市況展望」と題して、今後の半導体産業に関する見通しなどを披露した。(2022/7/12)

組み込み開発ニュース:
2022年後半は半導体不足が解消し調整局面へ「それでも足りないモノは足りない」
コアスタッフが足元の半導体市況や今後の展望について説明。2020年後半から続く半導体と電子部品の厳しい供給不足が全般的には解消に向かいつつあり、今後約半年〜1年間は調整局面に入る可能性が高いという。ただし、32ビットマイコンやパワー半導体などは入手しにくい状況が続いており、これらの製品については供給不足が続く見込みだ。(2022/7/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。