ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「文化財」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「文化財」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

部屋の入口が落とし穴? 文化財の旧邸宅がトリッキーな構造で「忍者屋敷」「酔っ払ったら出られない」と話題
添えられた板を橋代わりに渡るすごい構造。(2024/2/7)

PR:温泉、うなぎ、文化財! 熊本県は冬でもアツアツ→手作りの「KUMA-ATSU METER」で温度を測ってきた
第2弾は「人吉球磨」を旅します!(2024/2/2)

ルーブルで名画「モナリザ」にスープをバシャー! “食料の供給”訴える活動家の矛盾に非難の声「無駄にしたってこと?」「誰かを助けられたかも」
作品は無事だとのこと。(2024/1/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「真冬の5合目に電車で行ける」 富士登山鉄道に賛否両論
2013年に世界文化遺産に登録された富士山。登録時に指摘された課題の解決策のひとつとして、山梨県はLRT方式による「富士登山鉄道構想」を推進している。対して富士吉田市は電気バスを推している。それぞれのメリット・デメリット、そして観光地として、世界遺産としての富士山について考えてみたい。(2024/1/27)

NEWS Weekly Top10:
AIは予想より“ポンコツ”だった? 共通テストの数学、ChatGPTでも平均点未満という結果に驚く
大学入試共通テストが行われた先週、生成AIに試験問題を解かせてみた、というブログ(note)を紹介した記事がアクセス7位に入った。点数を競ったのは、米OpenAIの「ChatGPT」(GPT-4)、米Googleの「Bard」、米Anthropicの「Claude2」の3つの文章生成AIだ。(2024/1/22)

岩礁を削った塩水プールが「完全に干上がる」 能登半島地震による海岸隆起を東大地震研が報告
人の背丈以上海面より上位に移動。(2024/1/17)

文化遺産の屋外プール、完全に干上がる──能登半島地震の“海岸隆起”で 東大地震研が現地写真を公開
東京大学地震研究所は、令和6年能登半島地震で生じた海岸の地殻変動の調査結果を公開した。岩礁を切り下げて作った屋外プール「鴨ヶ浦塩水プール」が存在したが、地面が隆起し、完全に干上がった様子を確認したという。(2024/1/17)

タイムアウト東京のオススメ:
一般は非公開の文化財「九段ハウス」で観て買えるアートイベントが初開催
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2024/1/16)

雪でラグや衣類を洗う“フィンランドあるある”が話題に マイナス20度以下の日に行うダニ退治に驚きの声
「雪で洗う」という発想……!(2024/1/15)

沖縄県の住み続けたい街 1位「嘉手納町」、2位以下は?
大東建託(東京都港区)は、沖縄県版「住み続けたい街ランキング2023」を発表した。1位は初ランクインとなった「嘉手納町」だった。2位以下は?(2024/1/13)

1泊110万円で「城泊」 持続可能な観光地「世界1位」に選ばれた街
江戸時代からの歴史的な街並みで「伊予の小京都」とも呼ばれる愛媛県大洲市が今年度、持続可能な観光地を表彰する「グリーンデスティネーションズ ストーリー アワード」の文化・伝統保全部門で国内で初めて世界1位を獲得した。(2024/1/6)

新建材:
“たたら製鉄法”の和鉄を現代技術で再現 竹中工務店と日鉄テクノが太宰府天満宮に初適用
竹中工務店と日鉄テクノロジーは、たたら製鉄法でしか製造できず、100年錆びないともいわれる“和鉄”を現代技術で再現した鋼材「REI-和-TETSU」を開発した。(2023/12/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
人口も観光資源も十分なのになぜ? 大阪・金剛バスが路線廃止になった根深すぎる理由
苦境が取り沙汰されることの多い路線バス。最近では、大阪を拠点とする金剛バスの件が話題になった。大都市圏から近く、観光資源もあるのに、なぜこのような結果を招いたのか。(2023/12/21)

プロジェクト:
熊本地震で全倒壊した「阿蘇神社楼門」 清水建設の施工で7年8カ月ぶりに蘇る
熊本地震で全倒壊した「阿蘇神社楼門」が清水建設の施工で、7年8カ月ぶりに往時の姿を完全に取り戻した。修復工事では、震度7に耐える耐震鉄骨を組み込む際、部材加工を最小限に留め、再利用することで、文化財としての価値を損なわずに修復を果たした。(2023/12/18)

クルマ、家だけではなく「人」もシェアリング 高齢化進む地方創生のカギになるか
民泊やカーシェアなど、モノやスペース、資産を個人間で共同利用、共有するサービス「シェアリングエコノミー」。地方では、「人口減や高齢化といった社会的課題の解決に役立つのでは」と注目されている。(2023/12/14)

「杉本昌隆八段と対局」「河崎実監督がオリジナルSF映画を製作」 日本橋三越の「抽選で当たる福袋」が夢のプランすぎる
抽選で「お買い上げ権利」をゲットした人だけが購入できます。(2023/12/16)

館内イベントも:
日本橋三越本店の福袋は「最大495万円」、内容は?
日本橋三越本店は2024年1月2〜4日、初売り「新春祭」を開催。話題のダンスチームによる特別パフォーマンスや箱根駅伝の特別トークショーのほか、「とっておきの体験」を提供する福袋を販売する。(2023/12/11)

夏目漱石「坊っちゃん」の舞台、再開発へ 2028年度竣工を目指す
NTT都市開発、NTT アーバンソリューションズ、西日本電信電話四国支店はこのほど、「NTT松山一番町プロジェクト」として複合開発事業を実施すると発表した。同プロジェクトの対象となる敷地は、夏目漱石ゆかりの地である旧制松山中学校の跡地だ。(2023/12/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの凄さと嫌われる理由
トヨタ車は、信頼性が高く実用的で、社会適合性が高く、かつオーナーの欲望がむき出しにならないクルマだ。だから役に立たないスポーツカー選びではなく、現実に取材のアシとして、あるいは別の趣味としての自転車を積んで出かけようという話になった場合、トヨタの製品は俄然候補に上がってくるわけだ。(2023/11/27)

「おててムチムチ最強」「クリームパン増量!」 ふわモフに育った猫の前足の成長ビフォーアフターが拝みたいかわいさ
指定ムチムチ文化財。(2023/11/8)

サステナブル設計とデジタルモノづくり(5):
3Dスキャナーを活用したサステナブルなモノづくりとは
地球環境に配慮したモノづくりの実践はあらゆる企業に課せられた重要なテーマの1つだ。本連載では、サステナブル設計の実現に欠かせないデジタルモノづくりにフォーカスし、活用の方向性や必要な考え方などについて伝授する。連載第5回のテーマは、サステナブルなモノづくりと3Dスキャナー活用の関係性についてだ。(2023/11/6)

幸福度の高い東海地方の街 3位「みよし市」、2位「日進市」、1位は?
大東建託は「街の幸福度&住み続けたい街ランキング(東海版)」を発表した。東海地方在住の人にとって、幸福度の高い街のトップは……。(2023/11/6)

科博クラファン、目標の8倍以上の支援集め成功も…… SNSでは「なぜ国が支援しないのか?」の疑問多数 文化庁と科博に聞く
間もなく終了する国立科学博物館のクラウドファンディング。SNSで多く寄せられている疑問について聞きました。(2023/11/3)

オーストラリアの人気都市ランキング 3位「ケアンズ」、2位「メルボルン」、1位は?
オンライン旅行サイト「エクスペディア」は、今冬の旅行検索データに基づいた「オーストラリアの人気都市ランキング」を発表した。(2023/11/1)

世界最古? 日本列島に古墳時代からチャバネゴキブリが存在 奈良の纒向遺跡から破片発見
もしかしたらチャバネゴキブリは日本原産かもしれません。(2023/10/12)

文具女子をとらえたマスキングテープ 創業100年「ハエ取り紙会社」の華麗なる進化
文具・雑貨用マスキングテープ「mt」シリーズが人気のカモ井加工紙が今年、創業100周年を迎え、さまざまな記念企画やイベントを開催している。(2023/10/10)

街の魅力度ランキングの1位は「福岡県」、北関東の結果は?
大東建託は「街の魅力度ランキング(都道府県版)」を発表した。街の魅力度ランキング1位は……。(2023/10/5)

チーム作りの極意:
フランス料理の巨匠アラン・デュカスに聞く人材育成術 「三つ星シェフ」はこう育てろ
フランス料理界の巨匠アラン・デュカス氏に、後進の育成方法やマネジメント術を聞いた。(2023/9/23)

「旧奈良監獄」を活用したホテルが誕生 星野リゾートが2026年春に
星野リゾートは、国の重要文化財に指定されている「旧奈良監獄」を活用したホテル「星のや奈良監獄」を26年春にオープンすることを発表した。(2023/9/15)

「富裕層」を狙え! 観光最前線:
1泊1室66万円! 長崎県の平戸城で、どんな“体験”を提供しているのか
豪華な“城泊”体験に、外国人富裕層が多く訪れている。2021年4月にオープンした長崎県平戸市の「平戸城 CASTLE STAY 懐柔櫓」は、かつて倉庫として使われていた平戸城の懐柔櫓を宿泊施設化。1日1組限定、1組66万円(税込・サービス料別・食事別)で提供している。どんな体験ができるのか。(2023/9/14)

プロジェクト:
「京急品川駅」地上化に伴う再開発 28階建て駅ビル2棟など、延べ37万m2で2025年度に着工
京急電鉄とJR東日本は、京急線「品川」駅の地上化に伴い、高層駅ビルなど3棟に建て替える計画を進めている。(2023/9/11)

“会いに行ける縄文人”模型の「ゆきえ」さんが今にも動き出しそうなリアルさ 博物館に名前の由来などを聞いた
浅間縄文ミュージアムに取材しました。(2023/8/24)

沖縄県版「住みここちがいい街」 2位「中城村」、5年連続1位は?
沖縄県在住の人に「住みここちのいい自治体」を聞いた。1位は5年連続で……。(2023/8/13)

「そんな貴重な……」「マジかよ!?」 松浦亜弥&藤本美貴のMVが公開、懐かしの楽曲にファン大歓喜
ハロー!プロジェクトが25周年を迎えたことを記念し、過去のMVを順次公開していく企画の第2弾で公開されました。(2023/8/10)

京都・下鴨神社の「レースお守り」にうっとり 美しく透ける神紋に「御利益いただきたい」と4.9万いいね
繊細な美しさ。(2023/8/9)

東北地方の住みここちランキング 3位「仙台市青葉区」、2位「仙台市太白区」、1位は?
大東建託(東京都港区)は、東北の居住者を対象とした居住満足度調査を実施し、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2023<東北版>」「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2023<東北版>」として集計した。(2023/7/31)

こ、これはすごい……! 会津にあるお堂の構造が不思議で「行ってみたい!」「どうなってんの?」と話題 
参拝者がすれ違わない構造。(2023/7/30)

重要文化財“旧前田家本邸”でウェディングフォトを撮ったら…… 美しく重厚な写真に「絵画のよう」「雰囲気大好き」の声
ずっと見ていたくなる。(2023/7/22)

コロナ後の“逆襲”:
JR東海の“逆襲” 観光戦略のキーワードは「神様、仏様、家康様」
新型コロナが5類に移行し、反転攻勢に出たJR東海。観光戦略で見えてきたキーワードは「神様、仏様、家康様」だ。(2023/7/15)

ゾクゾクする…… 「旧奈良監獄」の廊下に明かりがつく様子が、まるで映画のワンシーンみたいと人気
雰囲気がすごくよい。(2023/7/6)

世界に広がる日本食:
日本の食文化が経済をけん引する可能性
食品機械などの製品やサービスを紹介する「FOOMA JAPAN 2023」が大きな盛り上りを見せたようだ。来場者は10万人を超え、外国人の来場も目立ったという。日本の食に対する評価の高まりを示しているようだ。(2023/7/2)

点群:
日本酒「七田」で知られる天山酒造の“酒蔵”をMatterportでデジタル化、5000m2の施設を1日で撮影完了
マーターポートは、日本酒「七田」の酒蔵製造ラインをMatterportキャプチャーサービスとPro3カメラで、デジタルツインで鮮明に3Dモデル化した。(2023/6/26)

「情報社会にうんざりしてるンゴwww」 テキストを“限界オタク”調に変える「People翻訳」が話題
情報まみれのインターネットにはうんざり……そんな人たちのためのChrome拡張「People翻訳」が話題になっている。特定のルールに従ってWebサイト上のテキストを書き換える翻訳ツールで、“限界オタク調”や猫語などに変換できる。(2023/6/19)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、6月から7月に行くべきアート展
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2023/6/14)

Building Together Japan 2022:
「Building Together Japan 2022」全体概要レポート BIMに関わる20余りのセッションを展開
グラフィソフトジャパンは、大規模オンラインイベント「Building Together Japan 2022」を開催し、「Archicad」の最新版プレゼンをはじめ、BIMに関する総計20ものセッションが繰り広げられた。(2023/6/9)

ノスタルジックな世界にどっぷり浸る企画展「大正ロマン×百段階段」開催中 着物姿でのランチ付き特別プランも
写真映えするレトロ空間にうっとり。(2023/6/1)

東京駅に仏像・空也上人が大量出現!? JR東海「そうだ 京都、行こう。」まずは東京に行きたくなるイベントが話題
口から仏像が出てるヤツ。(2023/5/24)

「宝探し動画投稿者」に埼玉県が警告 文化財として周知された土地を無許可で掘削か
埋蔵文化財は文化財保護法などに保護されており、掘る場合は法律上の手続きが必要となります。(2023/5/18)

徳島市が「燃やせるごみ」の名称を「分別頑張ったんやけど、燃やすしかないごみ」に変更 「ユーモアある」「ふざけてるのか」と賛否
統計資料の表記などはそのまま。(2023/5/16)

3Dオブジェクトを裸眼で見られる27型「空間再現ディスプレイ」 ソニーが「ELF-SR2」を投入
ソニーが2020年以来となる「空間再現ディスプレイ」の新製品を発表した。裸眼で3Dオブジェクトを確認できるディスプレイに注力することで、同社は新たな市場開拓を狙っている。(2023/5/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。