ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デジタルネイティブ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デジタルネイティブ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

キャリアニュース:
管理職と新入社員の意識比較調査、意識のズレから生じたギャップ
ラーニングエージェンシーが「管理職と新入社員の意識比較調査」の結果を発表した。新入社員時代のうちに身につけたいスキルや理想の上司像について尋ねたところ、いずれも管理職と新入社員との回答に大きなギャップがあった。(2020/7/2)

親子の会話から学ぶクラウドセキュリティ(1):
ルートユーザーって使っちゃダメなの?――クラウドを始める前に覚えておきたいセキュリティの基礎知識
親子の会話で出てくるような素朴な疑問点から、クラウド環境における情報セキュリティの技術を学習する連載。初回は、クラウドを始める前に覚えておきたいセキュリティの基礎知識について。(2020/7/2)

DX化推進のキーパーソンは「ミドル層のコア人材」:
PR:実業務の課題解決から始める人材育成、DXに必要な思考プロセスとは
世界中でビジネスがデジタル化する中、DXに乗り遅れる日本企業は多い。DXの本質は企業文化の変革にあり、その成功を左右するのは、企業風土を象徴する人材が変革を主導できるかにある。自社のキーパーソンをDX人材として育成する方法とは。(2020/6/26)

デジタルツールだけじゃない:
コロナ禍こそのアナログ回帰!? 「デジタルネイティブ世代獲得」に挑む画材・コピック製造会社の「希少性」戦略
コピックは1987年にトゥーマーカープロダクツが開発し、現在358色にも及ぶ色数が展開されている画材だ。同社開催の「コピックアワード」は2019年はコシノジュンコ氏や20年は漫画家の小畑健氏などが審査員を務めている。アワード開催の意図やデジタルとの融合戦略などを聞いた。(2020/6/25)

理想の上司像:
社会人1年目に身につけてほしいスキルは? 管理職と新入社員の意識にズレ
社会人1年目に身につけたい、身につけてほしいスキルとは? 管理職と新入社員に聞いたところ、最もギャップが大きかったのは……? ラーニングエージェンシー調べ。(2020/6/22)

協働ロボット:
協働ロボットに満を持して参入した三菱電機、カギはシステムとしての使い勝手
三菱電機は新たに同社初となる協働ロボット「MELFA ASSISTA(メルファアシスタ)」の発売を発表した。協働ロボットとしては後発となる三菱電機だが、その強みや勝算をどう描くのだろうか。大塚氏と三菱電機 名古屋製作所 ロボットテクニカルセンター長の荒井高志氏に話を聞いた。(2020/6/11)

企業アプリケーションに関する2020年の展望、ガートナーが3〜5年後の動向を予測
ガートナー ジャパンは企業のアプリケーションに関する2020年の展望を発表した。これからは社内向けアプリケーションであっても顧客に提供するビジネス価値を考慮する必要があるが、多くの企業でその認識が希薄で、スキルやリソース不足への対処も不十分だと指摘する。(2020/3/30)

「信頼」は“じわじわ”と紡がれる:
PR:「高菜めんたいこ」と「スパゲティ」を混ぜ合わせた日本はDXが得意、「○○ネイティブ」にはDXの本質が見える――DX時代に求められるセキュリティの姿とは
デジタルトランスフォーメーション(DX)の時代において、企業には、多様なシステムを組み合わせながら、これまでにない新たな価値を生み出すことが求められる。同時に重要になるのは「ビジネスの基盤となっているITシステムの『セキュリティ』をどのように確保し、社会や消費者からの信頼を得ていくか」という問題だ。この難題について、NEC サイバーセキュリティ戦略本部 セキュリティ技術センターのセンター長である淵上真一氏と、WHITE MOTION CEOの蔵本雄一氏が対談を行った。(2020/3/30)

企業側は不安拭い去れるか:
新型コロナで就活生に立ち込める暗雲――8割が不安、9割は影響懸念
新型コロナ報道の中で就活生の8割が「不安」。新卒就活支援サービスが調査した。Web面接・説明会には6割が「抵抗無く」の結果に(2020/3/5)

半径300メートルのIT:
リモートワークするなら記録しよう ビデオ会議は画面録画でメモになる
国際イベントからほんの数ヶ月前倒しで、真の意味での働き方改革が進み始めました。テレワーク対応の可否が、企業の死活問題になり始めています。(2020/3/3)

誤解だらけの日韓関係を問う:
第3次韓流ブームの真相――それでも中高年が韓国に「上から目線」な訳
今の韓流ブームは「第3次」とされる。その実態と支持層について毎日新聞の外信部長が分析。ブームに反し中高年世代に「反韓」感情が強い理由とは?(2020/2/21)

ラグジュアリーカード、エントリー向け金属カードを準備中
金属製カードで発行を伸ばすラグジュアリーカードは、女性富裕層や若手経営者といったターゲットを開拓するために、20年は新カードも投入する。年会費5万円以下のエントリーレベルカードと、20万円以上のさらに上位グレードのカードだ。(2020/2/13)

新しい企業とお客の形:
丸井グループ、「売らないお店」支援のD2C新会社発表 リアル店舗出店は“広告出稿の一つ”へ?
丸井グループが子会社「D2C&Co.(ディーツーシーアンドカンパニー株式会社)」の設立を発表した。D2C関連企業へ出資や出店支援をしていくという。丸井グループは「売らないお店」への方針転換を図っており、インターネットによって変化するビジネスモデルの台風の目となりつつある。(2020/2/13)

「みんなの銀行」のIT責任者が明かす:
デジタルネイティブ世代のためのモバイル専業銀行とは、その開発方針とは
ネット銀行ではなくデジタルバンクであり、完全なスタートアップ――。ふくおかフィナンシャルグループ(以下、FFG)が2021年春の設立を目指すモバイル専業銀行、「みんなの銀行」について、設立準備会社のIT責任者である宮本昌明氏が説明した。(2020/2/4)

【最終回】デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
“フォント好き”なら絶対楽しめる台湾の旅(後編)
いよいよ連載も最終回。どこか懐かしい、台湾の旅の後編です。(2019/12/28)

「TikTok Ads Annual Marketing Event 2019」レポート:
「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads」の現状とこれからについて、「TikTok Ads Annual Marketing Event 2019」で明らかになった内容をまとめた。(2019/12/8)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
“フォント好き”なら絶対楽しめる台湾・台北の旅(前編)
新旧の文化が同居する台湾は、フォントの旅にもってこい。前編では台北で見かけた素晴らしいデザインを多数の写真で紹介する。(2019/11/29)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
工事中の駅の「フォント」を集めてみた
駅の「仮設」デザインをコレクションしている筆者が、その意図を読み解く。(2019/10/31)

「大学1・2年生が就職したいと思う企業・業種ランキング」1位は地方公務員 収入面では堅実傾向も
生活に密着した企業が人気。(2019/10/29)

デジタルシフトはゴールでなくスタートにすぎない:
「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代表取締役社長グループCEOの鉢嶺 登氏に話を聞いた。(2019/10/15)

製造マネジメント インタビュー:
CRMだけではない、“製造業に寄り添う基盤”を目指すセールスフォース
セールスフォース・ドットコムは2019年9月に製造業向けソリューション「Manufacturing Cloud」の提供を開始した。なぜセールスフォース・ドットコムは業種別ソリューションを強化するのか、製造業にとってのメリットは何か、同社 製造業・自動車業界担当バイスプレジデント&チーフソリューションズオフィサーであるアチュート・ジャジュー氏と、同ソリューションのパイロットユーザーであるMipox 代表取締役社長の渡邉淳氏に話を聞いた。(2019/10/1)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン[インタビュー特別版]:
Adobeのフォント開発者が、日本の楽しく独特なフォント使いと未来を語る
来日したAdobeのフォント開発キーパースンへのインタビュー。(2019/9/30)

FABRIC TOKYO×丸井グループ:
「買うのはネット、お店は経験の場」 激動の小売業界 “売らない”戦略で売り上げアップの謎
「売らない」戦略を取ることで売り上げの伸ばす企業が出てきている。FABRIC TOKYOでは店舗スタッフに売り上げノルマを課していないが、売り上げが毎年200%成長。丸井グループも同様の戦略を推し進める。小売りとECの境界がなくなる中で、「D2C」が注目を集めている。(2019/9/27)

「雑務減らして練習増やす」「社内メール使いません」――東大アメフト部とメルカリの「Slack」活用術
チャットツール「Slack」を提供する米Slack Technologiesが、カンファレンス「Frontiers Tour Tokyo」を開催。講演には東京大学アメフト部やメルカリなど、Slackと外部ツールを連携させている顧客が登壇。業務効率化などに役立つ活用法を紹介した。(2019/9/18)

「価値づくりのレンズ」を語る:
「共創」の先にあるものとは 一橋大学大学院准教授・藤川佳則氏が講演
キーワードは 「SHIFT」「MELT」「TILT」の3つだ。(2019/9/10)

現場管理:
ウェアラブルカメラシステム「MET-EYE」、シンプルな構造で容易に使用が可能
エコモットは、人手不足や高齢化などを背景に生産性向上が急がれている建設現場の作業効率を促進するウェアラブルカメラシステムや安全性を高めるオブジェクト認識システムの開発を進めている。(2019/8/29)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
2001年Universの旅とエウレカセブンHelvetica 映画やアニメのフォントとデザイン、そして世界の街中へ
映画、アニメのカラーを決定する要素の1つがフォントだ。代表的な例をいくつか挙げてみよう。(2019/8/29)

プログラミング教育実施直前の夏休み、教員も研修中
2020年度の小学校でのプログラミング教育必修化を前に、現場に立つ教員はどのような準備をしているのか。都内の小学校で行われた研修会で当事者に話を聞いた。(2019/8/29)

デジタルネイティブバンクって何?:
ふくおかFGが2020年度にネット銀行設立へ 生き残りの一手
ふくおかフィナンシャルグループがネット銀行設立を目指す。全国地銀では初の取り組み。「デジタルネイティブバンク」を標榜し、新しい銀行の形を目指す。(2019/8/7)

ふくおかFG、地銀初のネット銀行参入 「みんなの銀行」20年度中に開業へ
ふくおかフィナンシャルグループが、2020年度中をめどにインターネット専業銀行「みんなの銀行」を開業する計画を発表。地方銀行のネット銀行参入は初めて。(2019/8/7)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
EVでのドライブはフォントとUIの近未来
この連載の旅シリーズ、鉄道、空に次いで、今回は車、それも電気自動車(EV)の旅に見るフォントとデザインがテーマだ。(2019/7/31)

今日のリサーチ:
日本版MaaSに向けた難題 「自動車がないと生活できない」が地方都市部で76.2%――デロイト トーマツ調査
新しい移動の概念であるMaaS。日本では今後どのように展開していくのでしょうか。(2019/7/10)

部下から信頼されるエグゼクティブとは:
「自己肯定感」こそが優秀な女性たちを育てるキーワード
働きやすい環境や制度、周囲の人たちの理解や協力もちろん大切だが、自己肯定感なしでは恵まれた環境もうまく作用できない。(2019/7/8)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
空へ誘う旅はフォントがいっぱい
電車の次は空。空港はどんなフォントとデザインで彩られているのか。(2019/6/27)

地殻変動:
永遠の輝きに陰り ダイヤモンド業界が衰退している
ミレニアル世代(1981年から96年に生まれた世代)の購買行動に、危機感を抱いている人たちがいる。ダイヤモンド業界だ。ミレニアル世代は結婚適齢期に差し掛かっているので、ダイヤは売れているはずだが……。(2019/6/27)

今日のリサーチ:
令和を代表する企業、1位はGoogle――ビズリーチが20代に調査
20代が期待する「令和を代表する」企業ランキングです。(2019/6/21)

Go AbekawaのGo Global!〜John Kindervag編(後編):
「毎日岩を押し続ける」――セキュリティの一線で活躍するエンジニアが示す道筋
「ゼロトラスト」のコンセプト発案者であるPalo Alto NetworksのJohn Kindervag(ジョン・キンダーバーグ)氏。農場の仕事に比べたらITの仕事は楽と笑顔で語る同氏がセキュリティに出会い、やがてゼロトラストという考えに至ったきっかけとは何だったのか。(2019/6/18)

いよいよ日本進出:
Googleのように使えるBI「ThoughtSpot」がなぜデジタルトランスフォーメーション(DX)に必要なのか
Gartner「Magic Quadrant for Analytics and Business Intelligence Platforms」で6年ぶりに新たなリーダーとなった分析プラットフォーム「ThoughtSpot」が満を持して日本に進出。(2019/6/7)

今日のリサーチ:
女子高校生の約7割は裏アカウントを所有している――デジタルアーツ調査
デジタルアーツは、未成年の携帯電話・スマートフォンの利用状況について調査しました。(2019/5/31)

クラウドネイティブを支える運用の自動化技術
「Red Hat OpenShift 4」が提供する「企業IT、運用レス化」の衝撃
われわれはいつまでITインフラの運用に人員を割くのか。Red HatはRed Hat OpenShiftを軸に本気で日本のIT市場に運用プロセス自動化を普及させるつもりだ。Red Hat Summitを終えた今、最新技術動向を取材した。(2019/5/28)

何を達成しようとしているのか:
Google Cloud CEOのトマス・キュリアン氏に、何を考えているかをできるだけ詳しく聞いた
Google Cloudの新CEO、トマス・キュリアン氏は今、何を考えているのか。何を目標に事業をけん引しようとしているのか。他の主要パブリッククラウドとはどのように異なる戦略を描いているのか。Google Cloud Platform(GCP)大阪リージョンの発表のため、同氏が2019年5月に来日した機会を捉え、できる限り詳しく聞いた。(2019/5/23)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
東急、東武、JR東でフォントの旅を始める
東京近郊の駅、電車でフォントを見つける旅がいま始まる。(2019/5/22)

「コロコロ」が門外不出の“ビッグデータ”公開 子どもたちが興味のある職業「野球選手」は「サラリーマン」以下
令和の子どもたち。(2019/5/17)

今日のリサーチ:
シェアリングサービスの利用、若くて高収入の人ほど積極的――電通デジタルYNGpot.調査
電通デジタルの若者向けマーケティング専門チームであるYNGpot.は、シェアリングサービスの認知度、利用実態と利用意識に関する調査を実施しました。(2019/5/9)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン[特別版]:
新元号と新紙幣のフォントとデザイン
新元号「令和」と、2024年に発行予定の新デザイン紙幣、どちらもきになるのはフォントとデザインだ。急遽、この連載で取り上げることにした。(2019/4/26)

コンテクストをつかむ:
TikTokをマーケティングに活用する企業がショートムービーでユーザーの心をつかむためにやっていること
TikTokをマーケティングプラットフォームとしての可能性に注目している企業は多いだろう。TikTokにはどのような特徴があり、どう活用できるのか。運営会社の中の人が語った。(2019/4/19)

「スマスピ」おしゃべり広場:
「音声入力が恥ずかしい」と感じなくなった理由
「Hey、Siri」を日常使いする日が来るなんて。(2019/4/13)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(36):
IoT機器で得られた情報、どう使おうと勝手だと思ってませんか?
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回はIoT機器製造に携わる人向けに、IoT機器で得られる情報の取り扱いについて留意すべきポイントを解説します。(2019/4/12)

新たなテクノロジーの渦へ
21世紀のCIOはますます「戦略の人」となる
CIO(最高情報責任者)には、自社事業の可能性を引き出すために新たなテクノロジーを探ることが求められる。本稿では、CIOに求められる新たな職務について考える。(2019/4/11)

今日のリサーチ:
PwCスポーツ産業調査2018、種目別の成長期待でeスポーツがサッカーを抜いて首位に
スポーツ産業の中期的成長率予測は年間で7.0%。概ね楽観的な見通しの中で注目すべきトピックスは……。(2019/4/1)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。