ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「国内旅行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

京都観光の現実から読み解く:
日本のインバウンドは「死ぬ」のか――コロナ後の観光生き残り策、観光社会学者に聞く
コロナで深刻な打撃を受けた観光業界。特に消滅したインバウンド需要はどうなるのか。京都在住の観光社会学者に聞く。(2020/10/30)

小説は累計100万部突破:
「ラーメン山岡家」の次は『ホテルローヤル』の部屋! 札幌エクセルホテル東急の試みがユニーク
札幌市の札幌エクセルホテル東急が11月1日から販売する映画とコラボした宿泊プラン「ホテルローヤルルーム」。同ホテルは7月にも「ラーメン山岡家」とコラボした宿泊プラン「山岡家部屋(やまおかやべや)」を販売。担当者に狙いを聞いた。(2020/10/27)

東京ステーションホテルとメズム東京、両ホテルに泊まれる連泊プランが1日で完売
日本ホテルは、「東京ステーションホテル」と「メズム東京、オートグラフ コレクション」、両ホテルの宿泊をセットにした連泊プラン「Times in Tokyo 〜東京の非日常〜」を発売した。(2020/10/26)

ホテルニューオータニ東京、実質0円の女子旅プラン 「GoTo」と「もっとTokyo」の併用で
ホテルニューオータニは、女性3人の宿泊で実質0円となる新プラン「もっとTokyo! Motto女子旅」を発表した。10月23日に予約を開始し、24日泊分より販売する。(2020/10/23)

ハルカス300の割引特典も:
近鉄、平日も全線乗り放題の「3日間フリーきっぷ」発売 国内旅行需要の取り込み目指す
近畿日本鉄道は、期間限定で「近鉄全線3日間フリーきっぷ」を発売する。発売額は大人3000円、子ども1500円。利用期間は20年11月5日〜21年3月1日までで、21年2月27日乗車開始分まで発売する。(2020/10/19)

「Go To トラベル」で旅行支出は増えている 10月1日の「東京解禁」でどのような影響が?
「Go To トラベル」で旅行への支出は回復傾向に。(2020/10/10)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
6億人が旅行の中国「国慶節連休」、それでも売れる「巣籠もり家電」
中国で「国慶節」の8連休が10月1日に始まった。昨年の同連休では、旅行者数がのべ7億8200人、国内観光収入が6497億1000万元(約10兆円)だったが、コロナ後初となる今回の大型連休で、旅行と消費の動向が注目される。また家電セールも好調だ。(2020/10/8)

「テクテクライフ」10月1日正式リリース 地図塗りゲー「テクテクテクテク」が1年4カ月ぶりに復活
涼しくて歩きやすい季節になりました。(2020/9/30)

ハウステンボスは入場者4割減:
H.I.S.の今期、最終赤字318億円に転落へ 「レジャー需要回復は限定的」
エイチ・アイ・エスが2020年10月期(19年11月〜20年10月)連結業績予想を発表。最終損益が318億円の赤字に転落する見通し。(2020/9/25)

タイムアウト東京のオススメ:
観光客のいない東京で、今こそ行くべき人気スポット
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/8/21)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
他県ナンバーが殺到!? 「Go To」除外の東京、集客の最前線を探る
「Go To トラベル」キャンペーンの対象から除外された東京都。集客のために観光地や施設は知恵を絞っている。一方で他県ナンバーのクルマが異常に増えた場所もあるという。(2020/8/18)

今日のリサーチ:
観光業のWebサイト訪問者数に見る「Go To トラベル」キャンペーンの影響――WACUL調査
追い風は観光業を救えているのでしょうか。(2020/8/14)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国でも評価割れる日本のGo To キャンペーン、「第2波の中で無謀」「観光業救う苦肉の策」
日本政府のGO To キャンペーンを中国メディアが報じたが、評価が割れている。キャンペーンの背景にある観光業界救済へ理解を示しつつも、コロナ感染対策の側面では無謀ともしている。一方中国はコロナ感染をほぼ収束させ、北京市は7月20日に市内の観光施設などの入場制限を緩和し、同市をまたぐ団体・パック旅行の販売を解禁した。中国では、感染ルート特定が行動の抑止力になっている。(2020/7/30)

国家公務員の“Go To出張”はダメ! 政府が各省などに通知
 政府が、国家公務員らが公費で出張する際に、観光支援事業「Go To トラベル」の旅費の割引を利用しないよう求めていたことが28日、分かった。観光庁長官が17日、各府省庁官房長と衆参両院や最高裁、会計検査院、人事院の各事務総長に通知した。(2020/7/29)

移動を楽しむ:
予約件数は3月比1500%! 新型コロナ時代に「キャンピングカー」がブームの兆し
新型コロナの感染拡大を受けて、ニッチな旅が流行の兆しをみせている。キャンピングカーだ。米国では利用者が急増していて、日本でも同じように……。(2020/7/24)

リサーチ会社調査:
GoToキャンペーン初の4連休でも「外出しない」6割――調査で判明
間もなくGoTo期間初の4連休。しかし「外出する予定は無い」人が約6割。リサーチ会社調査で判明。(2020/7/22)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
「GoTo東京除外」でハシゴ外されたJAL、ANA 大手の破綻相次ぐ航空業界の悲鳴
世界で経営が行き詰まる航空会社が相次いでいる。欧州の「ルフトハンザ」や、「エールフランスKLM」はすでに政府が資本注入することで合意。「GoTo東京除外」でハシゴを外されたJAL、ANAは?(2020/7/22)

「Go To トラベルキャンペーン」東京都の除外に伴うキャンセル料を補償
対象はキャンペーン発表から東京都除外までの1週間。(2020/7/21)

今日のリサーチ:
夏休みの帰省や旅行、半数近くは未定 子育て世帯はクルマ移動を意識――PIAZZA調査
PIAZZAは、地域SNS「ピアッザ」ユーザーを対象に、夏休みの行動に関する意識調査を実施しています。(2020/7/17)

「Go Toキャンペーン」ってどんなもの? Q&A
 22日から政府が始める国内旅行の支援事業「Go To トラベル」キャンペーンの概要や注意点などをまとめた。(2020/7/14)

【更新】10月1日から東京発/東京着の旅行も対象に 「Go To トラベル キャンペーン」って何?
何が安くなるの? どうやって申し込むの? いつから始まるの? 旅好き、乗り鉄さん、ドライブ好きの人はぜひチェックを。【更新】7月22日から一部開始。【更新】再度一時見直し、東京は対象外に。【更新】高齢者/若者の団体旅行も対象外に。【更新】10月1日から東京発/東京着の旅行も対象に。「地域共通クーポン」も利用可能に。【更新】割引額「減額」騒動が発生、一転「10月14日」元通りに(2020/7/8)

「Uber Taxi」東京でもスタート 通勤需要見込む
タクシー配車サービス「Uber Taxi」が東京でスタート。タクシー会社3社と提携し、緊急事態宣言の解除によって増え始めた通勤での利用を見込む。(2020/7/3)

アフターコロナの旅行需要はどうなる?:
コロナ直撃で「稼働率83.5%減」の衝撃 ホテル業界の経営者に求められる対策とは?
新型コロナの影響によって深刻なダメージを負ったホテル業界。PwCコンサルティングは、影響をまとめたレポート「COVID19:ホテル業界への影響」を6月にまとめた。今後の業界見通しと、経営者に求められる施策とは?(2020/7/6)

東京商工リサーチ調べ:
新型コロナ関連の経営破綻、300件突破――小川カントリークラブ、民事再生法適用を申請
新型コロナ関連の経営破綻が300件突破。飲食、宿泊、アパレル関連で顕著。東京商工リサーチ調査。(2020/7/2)

団体旅行やイベントの代替策として:
従業員に「個人旅行」をプレゼント JTBが法人向けギフト商品を発売
JTBは、企業が従業員や取引先に感謝を伝えるために活用できる旅行商品を発売した。企業の社内イベントなどの多くが中止されていることから、新たな形の福利厚生に活用してもらう。感染対策に配慮した約90施設の宿泊プランを用意した。(2020/7/1)

「混んでたら、今はやめて、後からゆっくり」:
HISは中間赤字に 9割以上減った旅行需要、回復のカギは「新しい国内の旅」
新型コロナウイルスの感染拡大によって、旅行各社は大幅な収益の減少に直面している。夏の旅行シーズンを前に、都道府県をまたぐ移動制限が緩和されたことから、まずは国内旅行で「新しい生活様式」を意識した需要喚起が活発になっている。(2020/6/25)

今日のリサーチ:
「ソーシャルディスタンス」「リモートワーク」他 世界のSNSにおけるコロナ関連キーワードの話題量推移
コロナ禍でソーシャルメディア接触時間は増えているのは世界共通の現象です。世界の人々は何を話題としているのか。そこから私たちが読み解くことのできる次の潮流とは何か。(2020/6/22)

新型コロナが後押しするブロック経済体制への移行
新型コロナが落ち着いた国同士の行き来が……。(2020/6/19)

スピン経済の歩き方:
なぜ日本人は「ネガティブ思考」なのか 新型コロナと水商売の関係
東京都で、新型コロナの感染者が増えてきた。こうした事態に対して、「自分の仕事はどうなる?」「日本経済がヤバいでしょ」などと悲観的に考える人も多いのでは。なぜネガティブ思考に陥るのかというと……。(2020/6/16)

スピン経済の歩き方:
「外国人観光客はお断り」という“塩対応”が、よろしくない理由
新型コロナの感染拡大を受けて、観光産業が厳しい状況に置かれている。こうした事態を受けて、「日本人観光客を大切にしろ」という声が出ているが、筆者の窪田氏はこうした動きに懸念を示す。なぜかというと……。(2020/6/9)

東京商工リサーチ調査:
コロナ関連の経営破綻、200件超に――宿泊、飲食で影響著しく
新型コロナ関連の経営破綻が200件突破。宿泊、飲食、アパレル業界などが顕著。東京商工リサーチ調査。(2020/6/3)

物価は消費活動を映し出す鏡:
なぜ新型コロナで納豆や電子レンジの値段が上昇したのか? データで読み解く
コロナ禍による経済環境の変化に伴い、経済指標や株価、為替などの情報に注目する人が増えてきた。物価はモノやサービスの値段という認識の人が多いかもしれないが、実は家計の消費行動を推察するのに重要な経済指標ともいえる。今回は直近の物価情報に基づき、新型コロナウイルスが人々の消費行動にどのような影響を与えたかを見ていきたい。(2020/5/27)

アパレル大手「レナウン」破綻で、次の“大型倒産企業”はどこか
コロナ・ショックがついに上場企業に波及した。アパレル大手のレナウンが自力での経営再建を断念し、東京地裁から民事再生手続きの開始決定を受けた。(2020/5/18)

新型コロナ、自粛解除されても「したいことは何もない」 どんな人?
新型コロナの感染拡大が終息し、自粛が解除されたらどんなことをしたいと思っている人が多いのだろうか。全国の男女に聞いた。ブランド総合研究所調べ。(2020/5/4)

カプセルホテル経営のファーストキャビンが破産申し立て 新型コロナ禍で客足減
帝国データバンクによると、カプセルホテル経営のファーストキャビンと関係会社4社が東京地裁に自己破産を申請。負債額は5社合計で約37億円。新型コロナウイルスの影響で客数が落ち込み、資金繰りが悪化したという。(2020/4/24)

“いま”が分かるビジネス塾:
新型コロナ対策108兆円が確実に「見掛け倒し」で終わる訳
新型コロナ対策で国は108兆円の経済対策を発表。だが筆者はその「見掛け倒し」な内実を分析。給付金ですら満足に行きわたらない可能性も。(2020/4/14)

今日のリサーチ:
Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「Google トレンド」で振り返ったレポートを紹介します。(2020/4/2)

産業動向:
国内のホテル市場、強い投資意欲で2018年度は7年連続プラス成長
矢野経済研究所は、国内のホテル市場を分析したレポートを公表した。2019年度のマーケットは、レポート公表時点の2020年1月時点で、新規ホテルの開業や既存ホテルのリニューアルが相乗効果となり、2018年度と比較して5.8%増の2兆1468億円にまで広がると予測している。(2020/3/20)

コロナショック、国内ホテル業界で6社が業績下方修正 東京商工リサーチ
東京商工リサーチは3月19日、コロナショックが国内ホテル業界の業績に及ぼす影響についてレポートを公開した。それによると、主なホテル運営上場企業のうち、新型コロナウイルスによる業績影響を公開したのは9社。うち、通期業績を下方修正した企業は6社だった。(2020/3/19)

Airbnb、新型コロナ関連でのキャンセルは世界でペナルティなしに ホストへのサポートを検討中
民泊大手のAirbnbが、新型コロナのパンデミック宣言を受け、3月14日から向こう1カ月の予約キャンセルについてはペナルティなしにすると発表した。また、影響を受けるホストをサポートするツールやイニシアチブを計画中としている。(2020/3/16)

2月23日には「1日の売り上げ」最高記録を達成:
餃子の王将、「7カ月連続」で過去最高売り上げ 「増税&新型コロナ」のダブルパンチを食らっても絶好調の秘訣とは
王将フードサービスが絶好調だ。2020年2月まで、7カ月連続で「同月比過去最高売り上げ」を更新。2月23日には、今期3回目となる1日単位での「創業以来過去最高売り上げ」を達成。消費増税&新型コロナのダブルパンチにも屈さずカウンターパンチを出せている秘訣はどこにあるのか。小売・流通アナリストの中井彰人氏に聞く。(2020/3/16)

産業動向:
矢野経済研究所がホテル国内市場調査、7年連続のプラス成長へ
矢野経済研究所は2018年度のホテルの国内市場を調査し、部門別の市場規模、参入企業動向、将来展望を明らかにした。訪日外国人旅行者の急増などを追い風に、7年連続のプラス成長で過去最高の水準となった。(2020/3/6)

新型肺炎が教える中国ビジネスのリスク(2):
新型肺炎が教える中国ビジネスのリスク 情報公開が遅れる中国との付き合い方
新型肺炎の感染拡大が連日のように報道されている。報道を見れば見るほど、私たち日本人は「中国リスク」を痛感させられているのではないだろうか。本連載では中国ビジネスについての歴史的な経緯をクローズアップ。中国となんらかの関わりを持つ人が事前に知っておくべき教養と、新型肺炎がもたらすリスクについて取り上げていく。第2回目は、情報公開の遅れを生みだす中国の体質を知り、日本が付き合っていく方法に言及する。(2020/3/4)

酒好きさん寄っといで〜♪ いすみ鉄道に利き酒ができる飲んべえ列車「いすみ酒BAR列車」誕生 3月から運行
「おとな」限定。(2020/2/10)

プロジェクト:
大京の第1号ホテル「ONSEN RYOKAN 由縁 札幌」が2020年7月に開業
大京が、ソリューション事業部で2018年からスタートさせた“ホテル開発事業”が本格化している。(2020/1/22)

韓国人客の激減に振り回される地域は、どうすべきか
日韓関係の悪化などによって、韓国内では日本への旅行を自粛する動きが出ている。結果、日本を訪れる韓国人旅行者数が大きく減少し、一部の人気観光スポットは打撃を受けているという。こうした地域はどうすればいいのか……。(2019/11/28)

森永卓郎が異論! 『観光で行きたい都道府県ランキング』の“ワースト5”こそ素晴らしい
旅行で人気の都道府県ランキング。ワースト5にも魅力。(2019/11/19)

京都在住の社会学者が斬る:
京都が日本人客から訪日客に“奪われる”!? インバウンドに潜む「オーバーツーリズム」問題
高いインバウンド人気を誇る京都。しかし日本人客が多すぎる訪日客に「押し出される」などの異変が発生。この「オーバーツーリズム」問題に社会学者が迫る。(2019/11/1)

オンプレミスとAWSの「粗結合」パッケージ:
PR:JTBのIT企画担当が語る クラウド移行「オンプレ接続問題」解決の鍵
国内大手の旅行会社であるJTBは、プライベートクラウド「J-Cloud」で運用してきたアンケートシステムを、パートナーである情報基盤開発の助けを得ながらAmazon Web Services(AWS)に移行した。その狙いと、移行にまつわるポイントを尋ねた。(2019/11/6)

世界を読み解くニュース・サロン:
仕事中の「30分の昼寝」で、パフォーマンスはどれほど変わるのか
「昼寝」の重要性が見直されている。仕事のパフォーマンス向上や、勉強、長時間の運転にも効果的だとされる。睡眠時間がとにかく短い日本でも、企業などで昼寝を取り入れるケースが出てきた。導入を考えてみてはどうだろうか。(2019/8/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。