ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「eMachines」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「eMachines」に関する情報が集まったページです。

熊本地震による各PCメーカーの特別修理サービスまとめ
4月14日に発生した熊本地震に伴い、各PCメーカーは被災者に対して特別な修理サービスを開始しています。(2016/4/18)

「eMachines」開発終了 Acerに統合
格安PCとして知られた「eMachines」が開発終了。Acerブランドに統合される。(2013/2/4)

エイサー、“eMachines”ブランド製品の開発を終了
日本エイサーは、「eMachines」ブランド製品の開発終了を発表。Acerブランドへの統合を行う。(2013/2/4)

eMachines、実売7万円前後の20型ワイド液晶一体型ボードPC
日本エイサーは、20型ワイド液晶ディスプレイを内蔵した一体型デスクトップPC「EZ1800-N34D/F」を発売する。(2011/7/21)

eMachines、実売約6万円の20型ワイド液晶付きスリムデスクトップ「EL1870」など4製品
日本エイサーは、2011年夏モデルとなるeMachinesブランドモデルのデスクトップPC計4製品を発表した。(2011/6/20)

エイサー、実売約4万円のAthlon II X2搭載スリムデスクトップ
日本エイサーは、eMachinesブランドモデルとなるスリム筐体採用デスクトップPC「EL1352-F22C」を発売する。(2011/2/18)

2011年PC春モデル:
eMachines、実売4万円台からのバリューノート「eME732」
日本エイサーは、eMachinesブランドモデルとなるスタンダードノートPC「eME732」シリーズ計3製品を発売する。(2011/1/25)

エイサー、実売約5万円のCore i3搭載ミニタワーデスクトップPC
日本エイサーは、eMachinesブランドモデルとなるCore i3搭載デスクトップPC「ET1862-F32D」を発表した。(2011/1/19)

eMachines、実売4万円台からのエントリーデスクトップ「EL」シリーズ3製品
日本エイサーは、eMachinesブランドモデルとなるデスクトップPC「EL」シリーズ計3製品を発表した。(2010/10/18)

エイサー、実売約5万円のPentium搭載ノート「eME732Z-A12B」
日本エイサーは、15.6型ワイド液晶/Pentium P6100を搭載したハイコストパフォーマンスノートPC「eME732Z-A12B」を発売する。(2010/9/29)

eMachines、薄型コンパクト筐体採用のAthlon II Neo搭載デスクトップ「ER1401-N12B」
日本エイサーは、CPUとしてAthlon II Neoを採用したコンパクトデスクトップPC「ER1401-N12B」を発売する。(2010/9/3)

こちらが先の“VISION”だからね:
「AMD VISION」は着実に増えつづける
AMDが「プロセッサやスペックについて語るのはやめて」始めたAMD VISIONブランド。2010年の夏モデルで登場した“VISION”なPCが集合した。(2010/6/22)

日本エイサー、実売約6万円のAthlon II搭載ノート「eME640-H22B」
日本エイサーは、eMachinesブランドモデルとなるAthlon II搭載ミニノートPC「eME640-H22B」を発売する。(2010/5/17)

エイサー、eMachinesブランドのAthlon II X2搭載スリムデスクトップPC「EL1352-H22C」
日本エイサーは、eMachinesブランドモデルとなるスリム筐体採用の低価格デスクトップPC「EL1352-H22C」を発売する。(2010/4/16)

元日本AMD、土居氏は今:
“兄貴”のロングバケーション――土居氏と兄貴とikinaとアキバ
アキバの“兄貴”こと土居憲太郎氏が昨年末に日本AMDを退社した。それからおよそ1カ月後、長い休暇を楽しむ同氏の現状と今後について、ビールを飲みながらまったりと聞いた。(2010/2/12)

エイサー、“eMachines”ブランドのスタンダードノート/デスクトップ計3製品
日本エイサーは、eMachinesブランドモデルとなるスタンダードノートPC「eME525-11」およびデスクトップ「EL1332-E12」「EL1832-E13」の計3製品を発売する。(2010/1/22)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年1月4日〜1月10日):
そろそろ新機種? 売れ筋PCには安価・お得モデルも
今回の販売ランキングは休暇明け1回目の集計。商戦期はやや過ぎたが、従来の売れ筋モデルに混じって実売6万円前後と手頃な価格のPCもじわじわ順位を上げている。(2010/1/15)

写真と動画で見る、5万円台「Aspire Timeline」
このスペックで5万円台か……。1366×768ドットの11.6型ワイド液晶+1.3キロ+8時間駆動+CULVデュアルコアCPU+Windows 7という仕様ながら、思わずため息が出てしまう価格を実現する11.6型の新型「Aspire Timeline」を写真で見ていこう。(2009/10/14)

1366×768ドット+1.3キロ+8時間+デュアルコア+“7”搭載=5万円台:
「日本のPC、高すぎます」──これでどうだ、エイサーの5万円台「Aspire Timeline」新シリーズ
日本エイサーはacerブランドのWindows 7搭載新モデルを一挙に発表。デュアルコアCULVプロセッサ搭載で5万円台の新Aspire TimelineやフェラーリオフィシャルPC「Ferrari one」などを披露した。発売は10月22日から。(2009/10/13)

Netbook+2万円でもっと快適:
SoloかDuoか、それが問題だ――6万円台の「Aspire Timeline」を試す
“Netbookの次”の市場を狙う製品として低価格スリムノートPCが注目されているが、日本エイサーの「Aspire Timeline」にもCULVプロセッサを搭載したモデルが登場した。Core 2 Soloの実力は?(2009/8/19)

eMachines、18.5型液晶/Atom搭載で5万円を切るボードPC発売
日本エイサーは、eMachinesブランドより18.5型ワイド液晶ディスプレイ一体型の低価格デスクトップPC「EZ」シリーズを発表した。(2009/7/1)

意外と違う価格と中身:
PCメーカー各社のWindows 7 優待キャンペーンを比べてみる
マイクロソフトが明らかにしたWindows 7アップグレードキャンペーンにあわせて、多くのPCメーカーが独自の優待キャンペーンを実施する。ここでは、その内容を比べてみる。(2009/6/26)

日本エイサー、Windows 7への優待アップグレードを発表
日本エイサーは、Acer、eMachines、Gatewayの3ブランドで展開する同社製PCを対象とした「Windows 7アップグレードキャンペーン」の詳細を発表した。(2009/6/26)

ついに発売!:
Netbookを完全に超えた? 「Aspire Timeline」を徹底チェック
前回に続き、Core 2 Duo+8時間駆動で実売8万円台を実現したモバイルノートPC「Aspire Timeline」をさまざまな角度から検証する。これはいいものだ……。(2009/6/5)

Netbookの次へ:
価格破壊の第2波になる? 新世代モバイルPC「Timeline」を速攻で試す
日本エイサーが満を持して投入した「Aspire Timeline」は、Netbookに続きノートPC市場に低価格化の波を作り出すのか。さっそく13.3型ワイドの「AS3810T」をチェックした。(2009/6/3)

Core 2 Duo+8時間+8万円台で「市場に革命を起こす」──エイサーの“本命”「Aspire Timeline」発表
日本エイサーは、Acerブランドの新シリーズ「Aspire Timeline」を発表。Core 2 Duoと8時間駆動、1キロ台、2Gバイトメモリ、1366×768ドットの13.3型ワイド液晶を搭載し、8万円台という低価格を実現した。6月5日に発売する。(2009/5/22)

国内シェアトップ5へ:
第3世代「Aspire one」など新製品群を公開――日本エイサーの野望 in Tokyo
日本エイサーがこの夏に国内市場へ投入する新製品の発表会を実施した。まずは第3世代Aspire oneに位置付けられる「Aspire one D250」が登場する。(2009/4/15)

Acerの野望 in 北京:
「Aspire Timeline」はNetbookを超えるか
Acerが北京でプレスイベントを開催し、2009年に投入予定の新製品群を披露した。超低電圧版Core 2 Duoを搭載する8時間駆動の薄型2スピンドル機を“そんなに安く”売ってもいいのでしょうか。(2009/4/9)

エイサー、“eMachines”ブランドのAtom搭載スリムデスクトップPCなど計3モデル
日本エイサーは、“eMachines”ブランドモデルとなるスリムデスクトップPC「EL1600」「EL1300」「EL1800」を発表した。(2009/3/30)

不況は“追い風”?――日本エイサーの野望2009
Aspire oneの成功によって日本市場での存在感を増すエイサーが2009年の事業戦略について説明した。2008年の本格参入から「5年以内に国内PC市場でトップ5へ」は実現するのか。(2009/2/2)

今日から使えるITトリビア:
DECやパッカードベルはどこへ?――ITベンダー 栄枯盛衰
ITベンダーほど栄枯盛衰の激しい業界はない。一世を風靡した企業の中にも「今はなき――」が何と多いことか。今回はこの「一昔」の間に消えてしまった企業を懐かしんでみた。(2008/11/15)

九十九電機が民事再生申し立て
秋葉原などにPCショップを展開する九十九電機が、民事再生法の適用を東京地裁に申請した。負債総額は約110億円。(2008/10/30)

九十九電機が民事再生法の適用を申請――負債は約110億円
PCおよびPCパーツ販売でおなじみの九十九電機が東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請した。(2008/10/30)

エイサー、“eMachines”ブランドのシンプルノートPC「E520」の取り扱いを開始
日本エイサーは、“eMachines”ブランドのシンプルノートPC「eME520-57」を発表した。(2008/10/28)

ゲートウェイ、日本向けデスクトップ/ノートPC新モデルを投入――地デジモデルも
米Gatewayは、「Gateway」「eMachines」ブランドのデスクトップ/ノートPC新製品を発表した。(2008/10/22)

PCを選ぶ理由はスペックじゃない──ACERが示す「このユーザーにはこのブランド」
Gateway、eMachines、Packard BellとPCベンダーを積極的に吸収していくACER。そこには、ただ膨張するだけではない、PC市場の変化を見据えた戦略があった。(2008/10/15)

海外ダイジェスト(10月15日)
辞書サイズの小型デスクトップPC「eMachines EL1200」が300ドルで登場、MozillaがDeveloper Tools Labを設立、など。(2008/10/15)

eMachines、地デジチューナー搭載デスクトップPCなど3製品
米Gatewayは、「eMachines」ブランドのデスクトップPC新モデル計3製品を発表した。(2008/7/23)

単体デスクトップPCの販売好調 2台目需要拡大で
ディスプレイのない単体デスクトップPCの販売が好調だ。2台目、3台目需要が拡大し、低価格機に支持が集まっているという。(2008/6/23)

ゲートウェイ、14.1インチワイド液晶搭載ノートなど春モデルを投入
米Gatewayは、日本市場向け「Gateway」「eMachines」ブランドモデルのデスクトップ/ノートPC計8製品を発表した。(2008/1/23)

“最高のデスクトップPC”を実現する鍵――「GIGABYTE EAGLES」製品担当者インタビュー
台湾GIGABYTEが開発したハイエンドデスクトップPC「GIGABYTE EAGLES」は、独自のオーバークロック技術や液体冷却システムなど見どころが多い。製品担当者に話を聞いた。(2007/11/23)

Gateway、「eMachines」ブランドの新デスクトップPC計3モデルを発表
米Gatewayは、eMachinesブランドの日本向けデスクトップPC新モデル計3製品「eMachines J3234」「同 4482」「同 4486」を発表した。(2007/10/25)

Gateway、Packard Bell買収を発表
米国のGatewayと欧州のPackard Bellが、Acerの傘下に入ることになる。(2007/10/9)

Gatewayは復活を果たせるか――Acerが買収の裏事情
1980年代半ばの設立時、Gatewayは牛柄模様が目印だった小さな会社から、PC市場にインパクトを与える巨大PCベンダーへと姿を変えた。(2007/8/30)

AcerのGateway買収で変わるPC業界の勢力図
AcerはGateway買収によりLenovoやDellに挑む立場に立つ。さらにAcerは、欧州のPCメーカーPackard Bellも吸収することになりそうだ。(2007/8/28)

Lenovo、Packard Bellの買収を検討中
欧州のPCメーカーPackard Bellは、NECの子会社だった企業。(2007/8/8)

地デジ搭載モデルも用意した「eMachines」新モデル4製品――ゲートウェイ
米ゲートウェイは、eMachinesブランドの日本向け最新モデルとなるデスクトップPC計4製品を発表した。(2007/7/26)

ゲートウェイ、Core 2 Duo搭載モデルなどデスクトップ/ノートPC計7製品を投入
米ゲートウェイは、Core 2 Duo搭載モデルなどデスクトップ/ノートPCを発表、Gatewayブランド5製品、eMachinesブランド2製品の計7モデルを発売する。(2007/4/18)

ゲートウェイ、“eMachines”ブランドよりVista搭載デスクトップPC計7製品を発表
ゲートウェイは、「eMachines」ブランドPCの新モデルとしてWindows Vista搭載モデル計7製品を発表した。(2007/1/15)

ゲートウェイ、“eMachines”ブランド新モデル3製品を発売――Vistaアップグレードに対応
ゲートウェイは、「eMachines」ブランドPCの新モデル製品3モデル「J3068」「J4442」「J6548」を発売する。いずれもVista Home Premiumへの無料アップグレードに対応する。(2006/10/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。