ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TOC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

専門家のイロメガネ:
経営者必見 新型コロナ対策で税金が「戻ってくる・少なくなる・待ってもらえる」
新型コロナの感染拡大、緊急事態宣言による外出自粛などの影響を少しでも緩和するため、打ち出された緊急経済対策の中には、税制の特例も含まれている。税金の制度は、経営者として事業を守るため積極的に使っていくべきだが、名称からして分かりにくいものが多い。自身が対象となるか分からない事業者も多いだろう。そこで事業者向けに新型コロナ緊急経済対策の税制について簡単に紹介したい。(2020/5/12)

楽天モバイルはどう? Xiaomiスマホをなぜ採用? 「au 5G発表会」質疑応答まとめ
auが3月26日に5G通信サービスを開始する。OPPO(オッポ)やXiaomi(シャオミ)のスマートフォンが注目を集めがちだが、見るべきポイントは他にもある。この記事では、報道関係者向けに行われた発表内容に関する質疑応答をまとめる。(2020/3/24)

MAツール活用最前線:
CRMやMAと外部サービスを連携させて集客からクロージングまで一気通貫で――ROBOT PAYMENT
クラウド型請求管理サービス「請求管理ロボ」や決済代行サービス「サブスクリプションペイメント」などを展開するROBOT PAYMENTのMA活用について聞いた。(2020/3/3)

「EDI 2024年問題」からDXの障壁を考える:
商流や新ビジネス設計の場から「存在ごと消える」可能性も? 迫る「つながる社会」への取り組み開始のデッドラインはいつか
5G通信普及を目前に、社会インフラをはじめ、多くの「実社会を構成する要素」がデータでつながる未来が予測されている。これらをどう自社の成長に結びつけられるかが今後の企業のデジタル戦略の核となると目されるが、こうした動きに隠れてデータ化から取り残されかねないと危惧される領域がある。対策着手のデッドラインが迫る。(2020/1/28)

医療ITはいまだ2000年代を生きている:
PR:クラウド活用で医療は劇的に変わる――社会に大きなインパクト生み出すDXを主導する2020年の新しいエンジニア像
医療従事者の慢性的な人材不足、いまだに紙ベースでの運用が主流の非効率な情報管理、連携不足で個別最適な情報システム――医療業界の「負」をテクノロジーで解決するために、本気のエンジニアたちが集結した。(2019/12/26)

KubeCon+CloudNativeCon North America 2019報告(1):
「クラウドネイティブは、新たな段階に入った」、その意味は
2019年11月にCloud Native Computing Foundation(CNCF)が米サンディエゴで開催した「KubeCon+CloudNativeCon North America 2019」は、約1万2000人を集めた。今回のイベントのテーマは何なのか。CNCFのCTO(最高技術責任者)であるクリス・アニズィック氏に聞いた。(2019/11/27)

草間一人×青山真也 クラウドネイティブ対談(1):
「クラウドネイティブ」はどう誤解されているか
「クラウドネイティブ」とは、結局何なのだろうか。具体的には何をすることなのだろうか。草間一人氏と青山真也氏がクラウドネイティブについてじっくり話す本連載の第1回として、「クラウドネイティブはどう誤解されているか」をお届けする。(2019/11/4)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが糖尿病の「不都合な真実」をホラー映画で訴える理由
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は堀江氏などが現在製作中の映画「糖尿病の不都合な真実」(仮)について。(2019/9/21)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが「ピロリ菌検査」と「HPVワクチン」を推進し続ける真意
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は「ピロリ菌検査」と、子宮頸がんを予防するための「HPVワクチン」を推進し続ける真意について。(2019/9/20)

見事な調和 英国ジャガーとローリング・ストーンズが共演、「ベロマークのジャガー」披露
5月6日まで開催、ザ・ローリング・ストーンズ展で見ましょう。(2019/3/20)

CIOへの道【フジテックCIO 友岡氏×クックパッド情シス部長 中野氏スペシャル対談】:
日本企業は「GAFAのまねをせずに」グローバルで勝てるのか 組織、システム設計から考える「日本ならではの戦い方」
平成元年、日本企業は世界時価総額ランキングに7社が名を連ねていたが、平成30年には1社もランク入りできないという事態に陥っている。日本企業は今後、“日本らしさ”を生かした戦略で勝つことができるのか、それとも勝ち組北米企業のやり方をトレースするしかないのか……。(2019/2/14)

イノベーター列伝:
研究開発の原点は、未来の理想像を描き、そこから逆算すること――マクロミル 原 申氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2019/1/17)

調理時間を大幅に短縮:
「からあげクンロボ」はローソンを救う“最終兵器”になるか
ローソンが「できたてからあげクンロボ」を試験的に運用する。ロボットを使えば約1分で揚げたてをお客に提供できる。ロボットに使われている技術がローソンを救うかもしれない。(2018/12/11)

ウワサの「からあげクンロボ」を体験してきた メカの中からできたてのからあげクンが降臨!
かわいくておいしいからあげクンロボ。(2018/12/10)

ローソンに「からあげクン」無人調理ロボ あすからテスト
ローソンが「からあげクン」を自動調理するロボットを都内1店舗で試験運用する。(2018/12/10)

「からあげクンロボ」爆誕! 通常の5倍のスピードで「からあげクン」を調理
GO! からあげクンロボ!(2018/12/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
常識を「非常識」に徹底するマツダの働き方改革
マツダの働き方改革について書きたいと思う。あらかじめ断っておくが、マツダの働き方改革は、いわゆる総務・人事の領域の話ではない。それは徹底的にクルマづくりの話なのだ。(2018/10/22)

レジ待ちのない「ローソンスマホペイ」、18年度中に100店舗へ導入
ローソンが、客がスマートフォンを使ってセルフ決済できる「ローソンスマホペイ」を2018年度内に100店舗へ導入すると発表した。大都市圏を中心に9月以降順次展開予定。(2018/8/24)

日本マイクロソフトCTOがサプライズゲストとして登場:
日本拠点設立から3年でユーザー250%増 「GitHub Satellite」の基調講演で語られたGitHubの思い
2018年6月12〜13日、GitHub JapanはTOC五反田メッセで「GitHub Satellite 2018」を開催。2018年で10周年を迎えるGitHubが設立した日本法人「GitHub Japan」やソフトウェア開発の未来、GitHubの今後について語った。(2018/6/18)

朝も昼も夜もトマトを食べて:
コンビニの蛇口からトマトジュースと牛乳が!? ローソンが「トマト尽くし」戦略
ローソンがトマトを多く使った新商品を相次ぎ発売する。朝昼夜の全シーンに対応した食べ方を提案し、健康に特化した商品戦略を打ち出す。(2018/6/8)

三菱電機 MELIPC:
三菱電機の産業用PCに「Edgecross」対応モデル、最上位機はWin10とVxWorksを搭載
三菱電機が産業用PC「MELIPC」シリーズに新製品3機種を追加した。いずれもEdgecrossの基本ソフトを搭載し、最上位機種の「MI5000」はWindows 10とVxWorks 7のデュアルOS構成としている。(2018/5/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ももクロも愛する「山田うどん」が埼玉の県民食になった理由
“ダウドン”“ヤマウ”の名称で愛される「山田うどん」。埼玉の県民食としての地位を確立しただけでなく、人気アイドルグループにも愛される理由とは?(2018/3/27)

【完訳】CNCF Serverless Whitepaper v1.0(5):
サーバレスに関するレコメンデーション
本連載では、サーバレスコンピューティング(以下、サーバレス)を解説したCloud Native Computing Foundation(CNCF)のServerless Working Groupによるホワイトペーパー、「CNCF Serverless Whitepaper v1.0」を完訳してお届けしている。今回は最終回として、CNCF Serverless Working Groupとしてのレコメンデーションに関する部分をお届けする。(2018/3/14)

CNCFは16のプロジェクトをホスト:
「CNCFがKubernetesを最初の『卒業』プロジェクトに認定」の意味
クラウドネイティブアプリケーション開発・運用関連のオープンソースプロジェクトをホストするなどの活動を行っているCloud Native Computing Foundation(CNCF)は2018年03月6日(米国時間)、Kubernetesを最初の「卒業プロジェクト(Graduated Project)」に認定したと発表した。同プロジェクトはこれまでIncubating Projectのステータスにあった。(2018/3/7)

【完訳】CNCF Serverless Whitepaper v1.0(1):
サーバレスコンピューティングとは何か、その典型的ユースケースとは
注目が集まるサーバレスコンピューティング。本連載では、その概要とユースケース、コンテナオーケストレーションやPaaSとの使い分け方などを分かりやすく解説した、Cloud Native Computing Foundationのホワイトペーパーを完訳してお届けする。第1回は、「サーバレス」の意味と典型的なユースケースに関する部分を掲載する。(2018/2/28)

ヒルクライム、DJ KATSUの逮捕を受けて活動停止を発表 TOCはソロ活動へ
「私自身はKATSUと会話が出来る状況ではありません」とTOCさん。(2017/12/4)

プロトラブズ:
量産の垂直立ち上げを支援、射出成形サービスの追加成形の生産キャパをアップ
プロトラブズは、同社の「射出成形サービス」における追加成形の金型当たりの月産数を、上限1万個まで対応可能にした。(2017/9/22)

CNCFのトップ2人に聞いた:
コンテナストレージの共通仕様にも着手、あらためて、CNCFは何をどうしようとしているのか
CNCFは、クラウドネイティブアプリケーションの世界のデファクト標準を作り上げたいのか、それともコンポーネントベースでCloud Foundryの競合勢力を構築したいのかが、分かりにくい部分がある。そこでCNCFのエグゼクティブディレクターであるダン・コーン氏と、COOであるクリス・アニズィック氏に、あらためて同組織のやろうとしていることを聞いた。(2017/7/24)

3D設計推進者の眼(22):
コンカレントエンジニアリングは“逃げ”なのかい?
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は、とにかく時間に追われる設計現場だからこそ必要なコンカレントエンジニアリングと、TPD(Total Product Design)について考えてみました。(2017/7/12)

ESEC2017&IoT/M2M展:
三菱電機が自社で取り組むスマートファクトリーの現在地
「第6回 IoT/M2M展 春」の専門セミナーとして、三菱電機 名古屋製作所 オープンプラットフォーム・リードアーキテクトの楠和弘氏が登壇。三菱電機が考えるIoTを活用したモノづくりの姿を紹介した。(2017/6/1)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(13):
機械の稼働率より人の作業の効率化、優秀な人材は国外からもどんどん呼べ
東大阪市にある町工場で、ミャンマー、ベトナム、タイ、ネパールなど8カ国の外国人が働いている。1929年(昭和4年)に給湯器メーカーとして東大阪で創業した三共製作所だ。3代目社長の松本輝雅氏は、中量多品種の製造を効率よく行う独自の工夫と営業力で安定経営を続けている。今回は同社 松本社長の経営哲学を取材した。(2017/5/30)

立ちどまるよふりむくよ:
ぼくのMZ-80が小さくなって帰ってくる! 「PasocomMini MZ-80C」とは何なのか
KORG MS-20 mini、NINTENDOクラシックミニに続いてオールドタイマーを熱くさせるレトロ復刻ガジェットが登場した。(2017/5/11)

店内調理を強みに:
できたて提供 ローソン「まちかど厨房」開発に込めた思い
ローソンが全国3500店舗に展開する「まちかど厨房」。店内調理の弁当やサンドイッチなどが好評だ。まちかど厨房担当部長の鷲頭裕子さんに、店内厨房に取り組んだ経緯や込められた思いについて聞いた。(2017/4/10)

DockerとCoreOS、コンテナランタイムをCNCFに寄贈へ
DockerとCoreOSは2017年3月15日(米国時間)、それぞれのコンテナランタイムをCloud Native Computing Foundation(CNCF)へ寄贈するためのプロセスを進めていることを明らかにした。(2017/3/17)

リオ五輪、セキュリティの舞台裏(1):
リオ五輪のサイバーセキュリティ、対策はどう行われたのか
2016年8月に開催されたリオデジャネイロオリンピック。205カ国のアスリート1万1303人が参加、チケットは610万枚以上を販売したという。この全世界的スポーツイベントにおけるサイバーセキュリティ対策についての、現地担当者たちの講演の前編をお届けする。(2017/2/15)

Chris Aniszczyk氏インタビュー:
CNCFのCOOに聞いた、CNCFとOCI、Docker、Kubernetes、Cloud Foundryとの関係
コンテナの世界はダイナミックに動いている。Cloud Native Computing Foundation(CNCF)はこれにどのような影響をもたらそうとしているのか。同ファウンデーションCOOのChris Aniszczyk氏に、KubernetesのCRI-OプロジェクトからCloud Foundryとの関係まであらためて聞いた。(2016/12/22)

オープンソースとエンタープライズの関係(3):
コンテナ運用環境を標準化? CNCFは何をやろうとしているか
Cloud Native Computing Foundationは、クラウドネイティブアプリケーション開発・運用環境に関する技術の「標準化」を推進しているという。臨時エグゼクティブディレクターに、具体的な活動内容を聞いた。(2016/8/24)

立ちどまるよふりむくよ:
コンピュータで音楽を作る時代はこうして始まった
1982年、8ビットのコンピュータとシーケンサーを使ってライブをやっていた証拠写真が見つかった。自分のだけど。(2016/6/24)

Aras Innovator:
ユタカ技研がグローバル拠点を統合するPLMを採用
Arasは、大手自動車の部品メーカーであるユタカ技研がグローバル拠点を統合するPLMとして「Aras Innovator」を採用したと発表した。(2016/4/6)

製造IT導入事例:
大手自動車の部品メーカーがグローバル拠点を統合するPLMを採用
Arasは、大手自動車の部品メーカーであるユタカ技研が、グローバル拠点における製品ライフサイクル情報の統合および一元管理を行うPLMとして「Aras Innovator」を採用したと発表した。(2016/3/24)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(10):
今の生産性で戦えるか、再確認したい現場改善の“視点と考え方”
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、今回は「強い現場体質づくり」に向けた考え方、目の付け所について解説していきます。(2016/3/8)

米国でDevOpsが浸透している「本当の理由」:
『The DevOps 逆転だ!』著者に聞く、「DevOps」や自動化よりも大切なこと
前回は国内DevOpsトレンドをけん引してきたベンダーキーパーソンによる座談会により「DevOpsとは何をすることか」を明確化した。今回はそこでの話も基に、『The DevOps 逆転だ!』の著者の一人、ジョージ・スパッフォード(George Spafford)氏に話を聞いた。(2016/3/4)

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(4):
SCMプロを証明する“免許証”「CPIM」とは
グローバルサプライチェーンを運営していく上で“世界共通言語”とも見られている「APICS」を専門家が解説していく本連載。3回目は、SCMに関するグローバルスタンダードとなるAPICS資格制度の「CPIM」について解説する。(2016/1/29)

OSSのクラウドネイティブアプリケーション運用基盤開発プロジェクト:
Cloud Native Computing Foundationに富士通やNECも参加、インテルは検証環境を準備
「クラウドネイティブなアプリケーションやサービスの構築と保全」を目指すCloud Native Computing Foundationが、新たな参加メンバーを発表。運営方針や開発の方向性も整理した。(2015/12/22)

製造マネジメントニュース:
インダストリアル向けアプリの世界初最大マーケットプレイス基盤を発表
GEは、2015年の売り上げが50億ドル超、受注額が60億ドルを達成する見込みであること、新製品および新たなパートナーシップを発表した。Predixと社内開発により、2020年までに150億ドル以上の売り上げを見込んでいるという。(2015/10/14)

シャープ復活の要へ BtoB戦略と新事業基盤「Visions」に効果アリ?
シャープグループが、法人向け事業とビジネスモデルの転換図るべく、Dynamics CRMベースの新たな事業基盤「Visions」を導入した。(2015/6/18)

全文検索Elasticsearchへの攻撃増加、脆弱性対策を
オープンソースの全文検索システム「Elasticsearch」の脆弱性を狙った不審な通信が国内で検知され始めている。(2015/3/19)

RPGで理解する生産管理(1):
RPGをクリアするまでのプロセスと生産管理
“モノを生産する”製造業にとって、生産を上手に管理し運営していく「生産管理」の手法は、非常に重要です。しかしさまざまな要素や考え方が含まれる「生産管理」は、慣れない人々にとっては理解するのが難しいものでもあります。そこで本連載では、RPG(ロールプレイングゲーム)になぞらえて生産管理を分かりやすく解説していきます。(2015/1/23)

SEMICON Japan 2014:
設置面積が小さくスループットも改善、ディスコの半自動ダイシングソー
ディスコは、「SEMICON Japan 2014」(2014年12月3〜5日)で、「世界最小のフットプリント」と同社が主張する6インチウエハー対応のセミオートマチックダイシングソー「DAD323」などのデモ展示を行った。(2014/12/5)

無償ソフトで技術計算しよう【プログラミング応用編】(1):
FreeMatで魔方陣を作ってみよう
「プログラミング応用編」では、プログラミングコンテストの問題などをFreeMatでプログラム作成していく。今回は、魔方陣を作ってみよう。(2014/10/21)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。