ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ゲーミフィケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゲーミフィケーション」に関する情報が集まったページです。

3つの主要な能力が今後どうなるか:
2022年以降の重要な展望をGartnerが発表、IT部門とユーザーに影響大
Gartnerは、2022年以降に向けた重要な戦略的展望を発表した。企業とITリーダーが近年学んだ教訓のうち、「人間中心志向」「レジリエンスの獲得競争」「期待を上回る結果を出す能力」という3つの側面を考慮に入れている。(2021/10/21)

事前エントリー5万人超 冒険しながら学べるポイント運用「STOCKPOINT for MUFG」提供開始
 株価などの金融商品連動型ポイント運用サービスを提供するSTOCK POINT(東京都港区)は、10月1日より、三菱UFJ銀行をスポンサーとした新たなポイント運用サービス「STOCKPOINT for MUFG」の提供を開始したと発表した。(2021/10/4)

興隆するHRテック市場で、採用テックがなぜ今注目なのか?(後編)
海外では採用テックは採用のバリューチェーン(流れ)に沿って、CRM、ATS、オンボーディングという区分でさらに細分化されており、そこで製品もすみ分けがなされている。(2021/10/4)

マイクロラーニングを成功に導くヒント【後編】
「マイクロラーニング」はゲーミフィケーション、AI、モバイルでどう進化するか
マイクロラーニングは学習時間を短くすることで、研修の取り組みやすさや特定トピックの覚えやすさを高めている。L&D部門の取り組み方によっては効果をさらに高めることができる。その方法は。(2021/9/29)

「デジタル研修」を生かすヒント【後編】
従業員が研修を進んで受けたくなる「ゲーミフィケーション」「VR」の可能性
良質な研修用教材を用意しても、従業員の学習が続かなければ成長はない。意欲的に学習を続けてもらうために、企業はどうすればよいか。有効な手段となり得るのが「ゲーミフィケーション」「VR」の活用だ。(2021/8/26)

急場しのぎのツールを使い続けていないか
「ハイブリッドワーク」導入前に見直したいネットワークセキュリティ 5つのポイント
テレワークとオフィスワークを組み合わせた勤務形態「ハイブリッドワーク」の導入が企業の間で広がりつつある。ハイブリッドワーク導入時に確認したいセキュリティ関係のポイントを5つ紹介する。(2021/8/24)

MUFGのポイント運用、RPGゲーム感覚で 事前会員登録開始
 株価連動型ポイント運用システムを提供するSTOCK POINT(東京都港区)は、8月18日より今秋サービス開始予定の新たなポイント運用サービス「STOCKPOINT for MUFG」の事前会員登録を開始したと発表した。(2021/8/18)

社会人になってから学ぶって、難しい:
日本マイクロソフトだって悩んでいた 一筋縄ではいかぬデジタル人材育成をパーソルと協業で乗り切る!
今は、デジタルシフトに対応できる人材が不足していることもあり、「リスキリングでデジタル人材を育成したい」と考える企業は少なくない。デジタライゼーションが急務とされる中で、企業はどのように社員のリスキリングに対するモチベーションを高め、デジタル人材を育成すればいいのだろうか。日本マイクロソフトとパーソルイノベーションの協業から、リスキリングの課題と解決策を探る。(2021/8/2)

「ゲーミフィケーション」って何? 生活改善・人材育成にゲーム要素
ゲーム開発に生かされてきた人を楽しませるノウハウを生活習慣の改善などに役立てる「ゲーミフィケーション」の取り組みが本格化している。得点や記録といったゲームに不可欠な要素で継続することが難しい運動などの楽しみを向上させる仕組みで、企業の人材育成などにも活用されている。(2021/7/16)

「Salesforce Loyalty Management」提供開始:
セールスフォースが業界別クラウドにロイヤルティープログラム運営ブランド向けツールを提供
セールスフォース・ドットコムは近年、業界別の課題解決に注力し、「Salesforce Industry Cloud」シリーズを展開している。その戦略の全容と最新ソリューションについて紹介する。(2021/5/26)

IT革命2.0〜製造業DXのいま(2):
PR:既存工場を生かして実践する中堅・中小製造業DXアプローチは「まず休暇を増やせ!」
DXを推進したい企業がまず実践すべきは「従業員の休暇を増やすこと」――。製造業のDXを指南する人物はなぜそう指摘するのでしょうか。真意を取材しました。(2021/4/30)

セキュリティに心理学を応用する【後編】
“想定外”に動じない心の準備「コグニティブレディネス」 測定の必要性は?
セキュリティにおける想定外の事態に対処できるようにする心の準備「コグニティブレディネス」。その習熟度測定に意味はあるのか。セキュリティ対策にもたらす影響とは。心理学者が解説する。(2021/3/27)

セキュリティに心理学を応用する【中編】
燃え尽き症候群のセキュリティ管理者を救う「コグニティブレディネス」への期待
さまざまな課題に直面するセキュリティ管理者の心の健康をどう維持するか。その有力な手段となり得るのが「コグニティブレディネス」だという。コグニティブレディネスの効果と身に付け方を心理学者に聞いた。(2021/3/20)

セキュリティに心理学を応用する【前編】
セキュリティの“想定外”に動じない心の準備「コグニティブレディネス」とは?
セキュリティ対策に役立つ心理学的な要素に「コグニティブレディネス」がある。なぜ有用なのか。セキュリティに詳しい心理学者に話を聞いた。(2021/3/13)

Microsoft Focus:
MSの「顧客の内製化」路線は、パートナーと並走する――クラウド戦略が示す新しい“協業”の形
クラウドネイティブな開発を掲げるMSが、顧客支援で新たな戦略を打ち出した。そのキーワードは顧客企業による「内製化」と、パートナーによる支援を続ける「並走」だ。この2つをどう両立させるのか。新たな協業の形を聞いた。(2021/2/12)

「簡単」「楽しい」「続けたくなる」:
そこまでやるか!? 本気すぎる“タニタ式”健康経営 社員証と活動量計を一体化
ヘルスメーターで有名なタニタは、自社の健康経営にも熱心。例えば、社員証と一体化した活動量計を全社員に持たせていて、身に付けないで出勤した社員は社屋に入れない。そこまで徹底するのはなぜか。(2020/12/4)

在宅前提のセキュリティを考える【後編】
「クラウドデータ衛生」「SaaS衛生」とは? 在宅勤務時の公私混同をなくす
クラウドサービスを使って在宅勤務などのテレワークを安全に進めるために、企業は何をすればよいのか。それを考えるヒントが「クラウドデータ衛生」と「SaaS衛生」だ。それぞれの基本をまとめた。(2020/10/22)

決済時にピカッと点滅 緑に光る“ゲーミングVisaプリペイドカード” Razerが発表
米Razerが、決済時にカードに記されたロゴが緑に光るVisaプリペイドカード「Razer Card」を発表した。(2020/10/7)

スマホと連携するケースも?:
リモートワークでPC市場に変化の兆し
PCのメモリ需要は、再び拡大しているのだろうか。5G(第5世代移動通信)対応スマートフォンは、リモートワーカーにとって頼りになるデバイスになるのだろうか。(2020/10/2)

CRMに学ぶ「戦略的データ管理」のヒント【後編】:
効果の高い「リモート営業」「リモート保守」をどう実現する? 新ニーズを支えるCRM“3つの進化”とは
PCやモバイルデバイス、クラウドを使った働き方が進むさなか、新型コロナウイルスの衝撃は、それまで「オプションの1つ」だったリモート対応に、さらなる高度化や利便性といった課題を突き付けた。その解決のヒントになるのが「データ管理、共有」ツールとして始まったCRMだ。その大手であるSalesforce.comに、リモートで営業から顧客先の保守まで網羅するという機能を支える「3つの進化」を聞いた。(2020/8/19)

LTV増大の先へ:
NTTドコモ×エーザイ×カゴメ コロナ禍で重要になる「これからのCRM」
新型コロナの影響で売り上げが減少し、広告予算が削減された企業も少なくないだろう。新規獲得が困難になっている分、マーケターの関心は既存顧客からの収益増へシフトしている。CRMを重視するEC先進企業3社の実践例から、今何をすべきかを学ぶ。(2020/7/14)

よくわかる人工知能の基礎知識:
米軍の教育でもAIが活躍 「アダプティブ・ラーニング」の可能性
現在、教育現場ではどのようなAI活用がされているのか。国内外の事例を紹介する。(2020/2/20)

新連載・フィンテックの今:
フィンテックは日本の個人投資の起爆剤に? Fintech協会理事の神田潤一氏インタビュー
日本の個人金融資産は1800兆円に上るものの、依然として現預金が占める割合が高く、十分な資金が投資には回っていない。個人の資産形成が十分に進まない現状を、フィンテックがどう変えるのか。Fintech協会理事の神田潤一氏に聞いた。(2020/2/20)

青山学院大学 次世代ウェルビーイングプロジェクト:
PR:ウェアラブルが進化させる生活環境 最新研究のその先を見る
「すべての人々が身体的・精神的・社会的に良好な状態で生活できる社会的な枠組み」、これを次世代Well-beingと呼ぶ。青山学院大学では理工学部を中心に複数の学科と研究室が共同でこの研究を進めている。中心的な役割の一翼を担っている同学 理工学部 情報テクノロジー学科 ロペズ・ギヨーム准教授が率いる「ウェアラブル環境情報システム研究室」で、具体的な研究内容を聞いた。環境情報を取得するだけではなく、「溶け込む」ように、環境に働きかけたり、本人に行動を促したりすることがポイントだという。(2020/2/12)

堀江貴文が語る「予防医療」【前編】:
ホリエモンがRIZAP社長に聞く――顧客の意識を変えてきた戦略の秘密とは?
ホリエモンこと堀江貴文氏と、RIZAPグループの瀬戸健社長の対談の模様を前後編にわたってお届けする。前編ではRIZAPがダイエットビジネスで顧客の意識を変えてきた秘密に迫り、後編ではRIZAPとして新たに取り組む糖尿病予防ビジネスの戦略を聞く。(2019/12/27)

ハマる人続出の「リングフィットアドベンチャー」 運動不足の漫画家が1週間遊び続けた結果
Nintendo Switchでフィットネス体験ができる「リングフィットアドベンチャー」を、ゲーム好きで運動不足のサダタロー氏にやらせてみるとどうなるのか? 今回はそんなレビュー漫画をお送りします。(2019/12/11)

RPAの業務選定や開発の高過ぎる壁を越える:
PR:「RPA、簡単に作れる」は神話ではない――導入初期でつまずかないための3つの対策
「RPAの業務選定が難しい」「現場でのヒアリングに労力が割かれる」「誰でも簡単に開発できるわけではないらしい」――。プロジェクトの初期で、多くの企業の出はなをくじく課題を一掃する製品が登場した。従業員の、従業員による、従業員のためのRPAを夢物語から現実に。(2019/12/17)

これからのAIの話をしよう(産業政策編):
「まずは正しく失敗したい」 経産省が“AI人材育成”に挑戦する理由
経済産業省がAI人材の育成事業「AI Quest」を立ち上げ、9月末から実証実験を始めている。なぜ、経産省がスクール事業を行うのか。担当者に聞いた。(2019/11/29)

製造マネジメントニュース:
ジェイテクトが高耐熱リチウムイオンキャパシターを量産へ、新規事業展開も着々
ジェイテクトは2019年11月19日、東京都内で会見を開き、2019年度上期業績や通期の見込み、自動車業界で注目を集めるCASEへの対応、新規事業の進捗状況について説明した。(2019/11/20)

絵を描くと経験値や賛辞がもらえるソフトが絵描きクラスタに好評 モチベを上げて楽しく描こう!
レベルが上がるとごとに、「あなたの絵ずっと前から好きでした」「俺ちょっとファボリツしてきます!!」などの賛辞が出てきます。(2019/10/22)

「5A」活用によるロイヤルマーケティング戦略【後編】:
マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産性をどう評価するのか。そして、結局のところロイヤルマーケティングの神髄とは。(2019/10/10)

「時間割引率」と作業時間の関係性も調査:
ゲーミフィケーション導入でソフトウェア開発効率向上 近畿大学の研究グループ
近畿大学の研究グループは、ゲーミフィケーションを導入することでソフトウェア開発の作業効率が高まることを明らかにした。プログラムの作成時間が平均で約20%短縮した。(2019/9/20)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが「ピロリ菌検査」と「HPVワクチン」を推進し続ける真意
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は「ピロリ菌検査」と、子宮頸がんを予防するための「HPVワクチン」を推進し続ける真意について。(2019/9/20)

禁煙や野菜料理で「社内コイン」を獲得 健康経営を支援する社内通貨システム――富士通総研、実証サービスを開始
富士通総研は、健康経営を支援する社内通貨システムの実証サービスを2019年10月から開始する。社内コインの獲得にゲーム性を取り入れ、楽しみながら健康増進に取り組める。獲得した社内コインは、社食や近隣施設で利用可能。データの集約・管理にはブロックチェーンを活用する。(2019/9/10)

セキュリティに「必勝法」はない!:
PR:システムを堅牢化するのは何のため? エンジニアがHardeningから持ち帰れる「学び」とは
脆弱(ぜいじゃく)なECサイトを攻撃から守る体験を通して、システムを堅牢(けんろう)化し、“セキュリティをビジネスに活かす”という本質を理解する「Hardening(ハードニング)」が注目を集めている。Hardeningの妙味とは何か、そこからはどのような「学び」「気付き」が得られるのだろうか。(2019/7/31)

「Minecraft」を教育に取り入れるための事例集【後編】
「マイクラならでは」を先生も子どもも意識 小中学校の「Minecraft」導入事例
ゲーム「Minecraft」を学習教材とした教育活動にまつわる課題や不安を解消するためのヒントとして、足代小学校と千葉大学教育学部附属小学校の事例を紹介する。(2019/7/29)

「ゲーミフィケーション」の悪影響を防止:
学習者が「自分で課題を組み立てる」新しい学習支援システム いろはソフトが無償提供
いろはソフトは自律型学習支援システム「iroha Compass」を無償で提供する。教師主体の教材配信型である既存のeラーニングシステムと異なり、iroha Compassは学習者が主体の新しい形態で、アクティブラーニングや研究活動などに活用できる。(2019/7/26)

「官民一体で大きなうねり作る」 経産省がAI人材育成に乗り出す理由
経産省を中心としたAI人材育成プログラム「AI Quest」が進められている。企業の課題を解決できる人材の育成を急ぐ。(2019/7/22)

「Minecraft」を教育に取り入れるための事例集【前編】
三鷹中等教育学校が「Minecraft」を活用 ゲームに不慣れな先生でも使える?
教育機関の間で、ゲーム「Minecraft」を教育活動に生かす動きがある。学習教材としてMinecraftを活用する際の課題や不安を解消するためのヒントとして、東京都立三鷹中等教育学校の取り組み事例を紹介する。(2019/7/25)

データドリブンの意思決定強化へ
「Tableau」を社員3万人に浸透させるためにMorgan Stanleyがやったこと
Morgan Stanleyはデータドリブンの意思決定強化のために「Tableau」を選択した。問題は3万人の従業員にどうやって浸透させるかだった。(2018/12/20)

イノベーションのレシピ:
パナソニックの次の100年を担う新規事業、それはIoT急須か自分語りする野菜か
パナソニック初の全社ユーザーイベント「CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018」では、同社のオープンイノベーションを基にした新規事業創出活動が一堂に会する「NEXT100」という展示が行われた。(2018/11/5)

IoTセキュリティの現実的な仕組みと課題(3):
想像してみよう、もしもIIoTの世界でセキュリティ対策をしなかったら?
工場や重要インフラで利用されつつある「インダストリアルIoT(IIoT)」の世界に着目し、IoTセキュリティの現実的な仕組みと課題について解説する本連載。第3回では、IIoTの世界で適切なサイバーセキュリティ対策を施さなかったらどうなるのかを想像することで、セキュリティ対策(投資)の必要性に対する理解を深めたい。(2018/10/25)

海外医療技術トレンド(39):
「Apple Watch Series 4」の心電図アプリはFDA認証をどうやって取得したのか
グローバルプラットフォーマーのウェアラブル型医療機器市場参入の裏側には、規制当局からイノベーション当局へのトランスフォーメーションをめざすFDAの政策がある。(2018/9/28)

B2Bマーケティング、今この人に聞きたい:
ウイングアーク1st深尾 茂氏が目指す「技術」「営業」に次ぐ3本目の柱としての「マーケティング」
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティング中心の経営を実践するB2B企業を訪ね、そのチャレンジについて聞く。(2018/7/3)

Facebook、「ライブ動画」を賞金付きライブクイズ番組や投票付き動画のプラットフォームに
Facebookが、動画配信サービス「ライブ動画」を、「HQ Trivia」のようなライブクイズ番組のプラットフォームとしてクリエイターに提供する。クリエイターはサブスクリプションや広告でマネタイズでき、クイズ勝者に賞金を出すこともできる。(2018/6/20)

ランサムウェアだけじゃなく、ソーシャル攻撃も広がる
Verizonの「データ漏えい・侵害調査報告書」で明らかになった最も警戒すべき脅威とは
攻撃が確認された中で最も流行している種類のマルウェアが判明した。しかし、着実に増えているその他の脅威についてもレポートは示している。(2018/6/20)

購入プロセスに入る前に検討しておきたい
人材管理(HCM)ソフトウェアに必要な機能と5つのチェックリスト
自社と共に成長する人材管理スイートはさまざまな機能を持っているが、結局のところ、必要な機能はあまり明確ではない。そこで、誇大広告にまどわされずに実情を調べることで必要な機能を特定してみよう。(2018/5/15)

「SNKRS アプリ」が日本上陸:
Nike ロン・ファリス氏が語る「マーケティングの未来」とは?
デジタルコミュニケーションで顧客の心をつかむNikeならではのやり方とは何か。Nikeニューヨーク・デジタル・スタジオ「S23NYC」ジェネラルマネージャーのロン・ファリス氏が語った。(2018/4/13)

「ユニファイドコミュニケーション」(UC)製品も有効
似たような「コミュニケーションツール」の乱立、重複を解消する方法
複数の従業員が同じ目的のために、異なる種類やバージョンのコミュニケーションツールを利用していると、コラボレーションを阻害しかねない。状況を改善する手段とは。(2018/3/21)

従業員の健康管理は重要な経営課題
次に来そうな健康増進テクノロジー7選 チャットbotやIoTは「健康経営」に効果あり
少子高齢化の時代、従業員の健康管理は企業の重要課題といえよう。チャットbotやウェアラブルデバイス、DNA検査キットなど、テクノロジー主導の健康増進プログラムについて、次に来そうなトレンドを紹介する。(2018/2/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。