ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ゲーミフィケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゲーミフィケーション」に関する情報が集まったページです。

「継続的な学習」を普及させる12のヒント【後編】
こんな社内制度で「スター社員」ばかりに? やる気が出る理由とは?
スキルの向上に努力を惜しまない従業員には末永く働いてもらいたい――そのために企業が構築すべき「継続的な学習」の制度とは。(2024/1/23)

フィッシング詐欺の標的となった重役は47%:
「企業の重役」こそセキュリティ対策が不十分? 経営幹部を狙うサイバー攻撃を防ぐ5つの対策法 ESET
企業内で大きな権限を持つ経営幹部は、セキュリティ攻撃者の標的となることも多い。ESETは、経営幹部にセキュリティ対策の重要性や取り組みを強化してもらうための5つの対策法を解説した。(2023/12/20)

ベテラン外科医の視点を学生に共有
英国医療機関がライブ手術 外科医がこだわった「HMD」の要件は?
英国医療機関の外傷・整形外科が、学生向け「ライブ手術」の指導システムの一環としてRealWearのヘッドマウントディスプレイ(HMD)を導入した。外科医が語る、ライブ手術に適したHMDの要件とは。(2023/12/5)

営業DXへの心理学的アプローチ(前編):
セールステックを導入したのに逆に生産性が低下、なぜ? 実態と対策を解説
営業現場では「セールステックを導入したのに、逆に生産性が下がっている」という声をよく聞きます。なぜそのような事態が起こるのか、そのワケを読み解き、心理学的アプローチを考えてみましょう。(2023/10/24)

Google Cloud、生成AIを無料で学べる「The Arcade」公開 ゲーム感覚でポイントを稼ぎ、賞品も獲得可能
米Google Cloudが、Google Cloudの生成AI関連ツールについて学べる無料の学習教材「The Arcade」を公開した。(2023/10/11)

コクヨの子供見守りIoTは家族コミュニケーション活性化に着目 スマホと連携する画面付き卓上型デバイスも登場
保護者のスマートフォンに音声やメッセージなどを送信できる子供向けのIoTデバイス「はろもに」「はろぽち」の2製品をコクヨが発表した。(2023/9/12)

グロービスが解説! 事例から読み解くマーケ最前線:
ナイキの成功事例から学ぶ 「顧客体験価値」を最大化するための3つのポイント
(2023/8/29)

睡眠とゲームを連動:
「ポケモンスリープ」人気の裏で――健康管理アプリにひそむ2つのリスクとは?
ポケモンが発表した睡眠ゲームアプリ「ポケモンスリープ」は、睡眠をテーマにしたゲーミフィケーションの取り組みとして注目を集めている。健康管理アプリは数多く存在し、ユーザーが健康増進に役立てる動きとして普及しつつある。だが、アプリの利用にはリスクも伴うことをご存じだろうか。(2023/8/22)

NFT×ゲーミフィケーション×CDP:
「J-WAVE LISTEN+」が目指すラジオのデジタルイノベーションとは?
J-WAVEが2023年5月から提供する「J-WAVE LISTEN+」が話題だ。NFT、ゲーミフィケーション、そしてCDPなど、最新のテクノロジーに支えられたラジオ局の顧客(リスナー)向け施策が目指すものとは何か。担当者に話を聞いた。(2023/8/21)

Qualcommが目指すXRの未来【後編】
クアルコムのXR用「新SDK」で充実 使えるヘッドマウントディスプレイは?
Qualcomm Technologiesは、XR技術を活用するためのSDK「Snapdragon Spaces」を強化した。Snapdragon Spacesが利用可能なHMDとして、どのような製品が登場する見込みなのか。(2023/7/19)

IT予算確保のための「5つのステップ」【中編】
「そのIT製品って買う必要あるか?」のきつい質問に答える“3つの要点”
企業のIT部門の責任者を悩ませるのが予算確保だ。経営層に予算の打診をし、スムーズな協議に持ち込むために重視すべきポイントとは何か。(2023/7/14)

Qualcommが目指すXRの未来【前編】
クアルコムのXR用SDK「Snapdragon Space」新機能でスマホアプリが進化する?
Qualcomm Technologiesが手掛ける、XR技術活用のためのSDK「Snapdragon Spaces」が進化を遂げた。これにより、スマートフォン向けアプリケーションでのAR体験を強化できるようになるという。その詳細は。(2023/7/11)

満足度の高いSaaSツール:
満足度の高い「eラーニング・LMS」ツール グローバルで使われる双方向学習サービスが高スコアで1位に【2023年3月版】
ユーザーの満足度が高いeラーニング・LMSツールとは? IT製品レビューサイト「ITreview」に寄せられたレビューをもとに、ランキング形式でまとめた。(2023/3/16)

RPG要素を取り入れた「ジャパン・メタバース経済圏」 金融機関やIT企業など10社が参加
金融各社や損害保険ジャパン、富士通などがBtoBオープン・メタバース基盤「リュウグウコク(仮)」の構築と「ジャパン・メタバース経済圏」の創出に向けて基本合意書を締結した。(2023/2/27)

「ジャパン・メタバース経済圏」誕生へ メガバンや三菱商事など10社が合意 “異世界RPG風”で
メガバン3社や三菱商事、凸版印刷、富士通など10社が、「ジャパン・メタバース経済圏」創出に向けた基本合意書を締結した。オンライン異世界RPG風のメタバース基盤「リュウグウコク(仮)」でさまざまなサービスを展開する。(2023/2/27)

Gartner Insights Pickup(287):
Gartnerのハイプサイクルに見るデジタルガバメントサービスの今後の動向(後編)
デジタルガバメント技術およびプラクティスは、市民サービスの提供方法に変革をもたらし続けている。後編では、開発のための洞察や支援技術の普及、その他の技術について紹介する。(2023/1/20)

スマートシティー:
金沢工大、ゲーミフィケーション教材としてデータサイエンスゲームを開発
金沢工業大学は、デジタル人材育成に向けたゲーミフィケーション教材 「データサイエンスゲーム スマートシティ版」を開発し、無償ダウンロードを開始した。4つの理想社会を達成することを目標としたものとなっている。(2023/1/18)

テレワーク拡大に伴う制限を見直す時期に:
危機意識の高い企業が陥る「セキュリティ疲れ」の症状とは? ESETが対処法を解説
セキュリティ企業のESETは公式ブログで、サイバーセキュリティ対策が進んでいる企業などでその副作用として発生する場合がある「セキュリティ疲れ」の問題を解説した。(2022/11/25)

海外医療技術トレンド(87):
オーストラリアのデジタルメンタルヘルスを支えるゲーミフィケーション
本連載第31回で、オーストラリアのデジタルヘルス施策を取り上げたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)緊急対応期を経て、メンタルヘルス領域のデジタルイノベーションが活発化している。(2022/9/16)

金融ディスラプション:
最新ゴールドカードのトレンドを網羅 セゾンゴールドプレミアムが狙う日常のお得化とは?
楽天カードとは違った観点でお得をうたうカードが、このところ次々と登場してきている。そしてその中心は、年会無料の一般カードではなく、1万円前後の年会費のゴールドカードだ。クレディセゾンが8月に発行を始めた「セゾンゴールドプレミアム」もその一つだ。(2022/8/30)

ゲーミフィケーションをビジネスに組み込むこつ【第5回】
GartnerとBioNTechは「ゲーミフィケーション」をこう使う
「ゲーミフィケーション」の手法は、アイデア次第でさまざまなビジネスシーンに応用できる。調査会社Gartnerと、医薬品企業BioNTechのゲーミフィケーション活用事例を紹介する。(2022/8/22)

ゲーミフィケーションをビジネスに組み込むこつ【第4回】
失敗しない「ゲーミフィケーションアプリ」がもたらす“あの体験”とは?
ゲーミフィケーションアプリケーションの設計には行動心理学の知見が求められ、開発の手間も小さくない。それでも専門家は、可能な限り“ある体験”をもたらすように設計することが大切だと主張する。(2022/8/15)

ゲーミフィケーションをビジネスに組み込むこつ【第3回】
DevOpsでの「プロダクトマネジャー」と「アプリケーションアーキテクト」の違いは
DevOpsにおいて、プロダクトマネジャーとアプリケーションアーキテクトの役割は異なる。専門家の見解を基に、それぞれの違いと、両者が協力できるポイントを考察する。(2022/8/8)

「ディープフェイク」にだまされないためには【後編】
捏造動画「ディープフェイク」を見抜けるようになる3つのヒント
ディープフェイク攻撃の被害を防ぐには、セキュリティツールに依存するのではなく、適切な行動を理解して実践することが大切だ。脅威に備えるためのヒントを集めた。(2022/8/5)

ゲーミフィケーションをビジネスに組み込むこつ【第2回】
「ゲーミフィケーション=楽しい」は幻想? アプリ開発の“泥臭い現実”とは
「ゲーミフィケーションアプリは楽しいもの」というきらびやかなイメージが先行しがちだ。だが専門家は「開発の裏側には“ありふれた苦労”が存在する」と警告する。(2022/8/1)

ゲーミフィケーションをビジネスに組み込むこつ【第1回】
ブームが過ぎたはずの「ゲーミフィケーション」が再び活性化の“謎”
アプリケーションをより魅力的にするために、CIOは「ゲーミフィケーション」の手法に関心を寄せている。ゲーミフィケーションを取り巻く市場動向は。(2022/7/25)

先進事例に学ぶ:
PR:“惹きつけて売る”その先へ オラクル×デロイトがデザインするロイヤルティマーケティングの成功戦略
今、ロイヤルティマーケティングの機運が高まっている。新規顧客獲得だけに注力するのではなく、いかに既存顧客のエンゲージメント、ロイヤルティを高めるか――熱量の高いファンを獲得し、再購入率や継続利用率につなげることが主な狙いだ。グローバルでロイヤルティマーケティング支援に取り組むオラクルとデロイト トーマツに、今、日本企業が持つべき“価値提供”の視点について話を聞く。(2022/7/19)

「セキュリティ意識向上研修」の効果を高める方法【第5回】
ヒューマンファイアウォールとは? 従業員のセキュリティ意識が育つ思考法
研修を実施しているのにもかかわらず、従業員にセキュリティ意識が芽生えない――。そう考える企業ができる、セキュリティ意識を高めるための幾つかの手法を紹介する。(2022/7/19)

Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員研修【後編】
医療機関がゲーミフィケーションで育成目指す“今のリーダーに足りない力”とは
米国医療機関Mayo Clinicは、人材多様性の拡大と受容を重視したマネジメント能力育成を目指して、研修にゲーミフィケーション手法を取り入れた研修システムを採用する。この研修システムが目指している到達点は。(2022/5/6)

NEWS
従業員エンゲージメント向けの「Oracle ME」 人材を定着させる機能とは?
OracleはHR(人事)関連のサービス群「Oracle ME」を発表した。従業員一人一人に個別最適化した情報を提供できる点が特徴だ。組織マネジメントに有効なOracle MEの機能とは。(2022/5/2)

Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員研修【前編】
医療機関が人材育成に「ゲーミフィケーション」を採用した理由
米国医療機関のMayo Clinicは、従業員研修にゲーミフィケーションの手法を採用しようとしている。この研修システムの特徴は双方向コミュニケーションとチーム育成を重視している点だ。ユーザーの反応は。(2022/4/22)

Transport Dive:
AR/VRを研修に導入した「不人気業界」 人材採用で起きた変化とは
アメリカのトラック業界で整備技術者育成のためのAR/VRの活用が進んでいる。インタラクティブで実施的に学べるテクノロジーの導入で「汚い」(dirty)、「油っぽい」(greasy)イメージを覆すのが狙いだ。(2022/4/21)

「『予測できないものは受け入れられない』という企業文化はもったいない」:
「失敗を経験して改善することが大切」――3つのハードルを乗り越えたデンソーがクラウドネイティブに感じた「価値」
クラウドを活用した新しいサービスを外注ではなく内製で開発する――容易ではない組織風土の変革を実現してきたのがデンソーだ。アジャイルやクラウドネイティブ技術を活用するに当たって超えてきた失敗や、クラウドネイティブに感じる「価値」を同社クラウドサービス開発部SREチームの佐藤義永氏が語った。(2022/3/31)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第6回】
アンダーアーマーが実践する“売ろうとせず、買いたくさせる”CX設計
直接的に購入を促すだけでなく、さまざまなメッセージでブランドの魅力を伝えることが、結果としてより強く顧客の関心を呼ぶことがある。こうしたエンゲージメントの深化に挑むアンダーアーマーから学ぶべきことは。(2022/2/17)

Innovative Tech:
ゲームキャラに「Excuse me」 英会話で進行するRPGゲーム、関西大学が開発 文法ではなく積極性を評価
関西大学米澤研究室の研究チームは、失敗を恐れず堂々と英語を話す積極性を向上させるためのRPGゲームを開発した。(2022/2/10)

デジタル人材20万人育成へ Modisと日本マイクロソフトが協業開始
日本マイクロソフトとModisは、デジタル人材育成に向けた協業を開始する。DX推進を担うデジタル人材を2025年までに20万人育成することを目標とする。(2022/1/21)

3つの主要な能力が今後どうなるか:
2022年以降の重要な展望をGartnerが発表、IT部門とユーザーに影響大
Gartnerは、2022年以降に向けた重要な戦略的展望を発表した。企業とITリーダーが近年学んだ教訓のうち、「人間中心志向」「レジリエンスの獲得競争」「期待を上回る結果を出す能力」という3つの側面を考慮に入れている。(2021/10/21)

事前エントリー5万人超 冒険しながら学べるポイント運用「STOCKPOINT for MUFG」提供開始
 株価などの金融商品連動型ポイント運用サービスを提供するSTOCK POINT(東京都港区)は、10月1日より、三菱UFJ銀行をスポンサーとした新たなポイント運用サービス「STOCKPOINT for MUFG」の提供を開始したと発表した。(2021/10/4)

興隆するHRテック市場で、採用テックがなぜ今注目なのか?(後編)
海外では採用テックは採用のバリューチェーン(流れ)に沿って、CRM、ATS、オンボーディングという区分でさらに細分化されており、そこで製品もすみ分けがなされている。(2021/10/4)

マイクロラーニングを成功に導くヒント【後編】
「マイクロラーニング」はゲーミフィケーション、AI、モバイルでどう進化するか
マイクロラーニングは学習時間を短くすることで、研修の取り組みやすさや特定トピックの覚えやすさを高めている。L&D部門の取り組み方によっては効果をさらに高めることができる。その方法は。(2021/9/29)

「デジタル研修」を生かすヒント【後編】
従業員が研修を進んで受けたくなる「ゲーミフィケーション」「VR」の可能性
良質な研修用教材を用意しても、従業員の学習が続かなければ成長はない。意欲的に学習を続けてもらうために、企業はどうすればよいか。有効な手段となり得るのが「ゲーミフィケーション」「VR」の活用だ。(2021/8/26)

急場しのぎのツールを使い続けていないか
「ハイブリッドワーク」導入前に見直したいネットワークセキュリティ 5つのポイント
テレワークとオフィスワークを組み合わせた勤務形態「ハイブリッドワーク」の導入が企業の間で広がりつつある。ハイブリッドワーク導入時に確認したいセキュリティ関係のポイントを5つ紹介する。(2021/8/24)

MUFGのポイント運用、RPGゲーム感覚で 事前会員登録開始
 株価連動型ポイント運用システムを提供するSTOCK POINT(東京都港区)は、8月18日より今秋サービス開始予定の新たなポイント運用サービス「STOCKPOINT for MUFG」の事前会員登録を開始したと発表した。(2021/8/18)

社会人になってから学ぶって、難しい:
日本マイクロソフトだって悩んでいた 一筋縄ではいかぬデジタル人材育成をパーソルと協業で乗り切る!
今は、デジタルシフトに対応できる人材が不足していることもあり、「リスキリングでデジタル人材を育成したい」と考える企業は少なくない。デジタライゼーションが急務とされる中で、企業はどのように社員のリスキリングに対するモチベーションを高め、デジタル人材を育成すればいいのだろうか。日本マイクロソフトとパーソルイノベーションの協業から、リスキリングの課題と解決策を探る。(2021/8/2)

「Salesforce Loyalty Management」提供開始:
セールスフォースが業界別クラウドにロイヤルティープログラム運営ブランド向けツールを提供
セールスフォース・ドットコムは近年、業界別の課題解決に注力し、「Salesforce Industry Cloud」シリーズを展開している。その戦略の全容と最新ソリューションについて紹介する。(2021/5/26)

IT革命2.0〜製造業DXのいま(2):
PR:既存工場を生かして実践する中堅・中小製造業DXアプローチは「まず休暇を増やせ!」
DXを推進したい企業がまず実践すべきは「従業員の休暇を増やすこと」――。製造業のDXを指南する人物はなぜそう指摘するのでしょうか。真意を取材しました。(2021/4/30)

セキュリティに心理学を応用する【後編】
“想定外”に動じない心の準備「コグニティブレディネス」 測定の必要性は?
セキュリティにおける想定外の事態に対処できるようにする心の準備「コグニティブレディネス」。その習熟度測定に意味はあるのか。セキュリティ対策にもたらす影響とは。心理学者が解説する。(2021/3/27)

セキュリティに心理学を応用する【中編】
燃え尽き症候群のセキュリティ管理者を救う「コグニティブレディネス」への期待
さまざまな課題に直面するセキュリティ管理者の心の健康をどう維持するか。その有力な手段となり得るのが「コグニティブレディネス」だという。コグニティブレディネスの効果と身に付け方を心理学者に聞いた。(2021/3/20)

セキュリティに心理学を応用する【前編】
セキュリティの“想定外”に動じない心の準備「コグニティブレディネス」とは?
セキュリティ対策に役立つ心理学的な要素に「コグニティブレディネス」がある。なぜ有用なのか。セキュリティに詳しい心理学者に話を聞いた。(2021/3/13)

Microsoft Focus:
MSの「顧客の内製化」路線は、パートナーと並走する――クラウド戦略が示す新しい“協業”の形
クラウドネイティブな開発を掲げるMSが、顧客支援で新たな戦略を打ち出した。そのキーワードは顧客企業による「内製化」と、パートナーによる支援を続ける「並走」だ。この2つをどう両立させるのか。新たな協業の形を聞いた。(2021/2/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。