ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「知事」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「知事」に関する情報が集まったページです。

吉村知事「チャレンジの後押しに」 スーパーシティ政令決定に
政府は「スーパーシティ」に茨城県つくば市と大阪市を指定するため、国家戦略特区を定める政令改正を閣議決定した。政府は今後、それぞれの特区について自治体首長らが参加する国家戦略特区会議を設置し、区域計画案を作成する。(2022/4/13)

小池都知事のTwitterアカが乗っ取り被害に? 「おう。。」「予算委員会での質問なのだ」など口調に変化
東京都の小池百合子知事のTwitterアカウントの口調が変わり、「口調が違う」「乗っ取りか?」と話題になっている。(2022/4/7)

東京・八重洲:
東京駅前の再開発 2025年に新たな複合施設が誕生
東京建物が進めてきた「東京駅前八重洲一丁目東A地区市街地再開発事業」について、東京都知事より組合設立の認可を受け「市街地再開発組合」を設立したと発表した。(2022/3/4)

富山県知事のTwitterが一時“鍵アカ”に ウイルスバスターのおすすめ設定で
富山県の新田八朗知事のTwitterアカウントが、2日間にわたり非公開になっていた。スマートフォンに「ウイルスバスターモバイル」をインストールしたところ、意図せずTwitterの設定が変更されたという。(2022/3/2)

「バーチャル大阪」本格稼働へ 吉村知事のアバターも登場
大阪府は、「メタバース」を活用して2025年大阪・関西万博の機運醸成を図る専用サイト「バーチャル大阪」を本格稼働させる。大阪市内の名所を凝縮した「新市街」エリアをオープンする。(2022/2/25)

初代『ゴジラ』のボードゲームが上陸! 怪獣として東京をぶっ壊すか知事として人々を避難させるか
「ワードウルフ」などを手掛けたボードゲームデザイナーの川崎晋さんと怪獣災害戦略ボードゲームシリーズ「Kaiju on the Earth」のスタッフによって制作。(2022/2/19)

プロジェクト:
「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」で組合設立
八重洲二丁目中地区市街地再開発組合と、鹿島建設、住友不動産、都市再生機構、阪急阪神不動産、ヒューリック、三井不動産の6社は、東京都知事の認可を受け、同市街地再開発組合を、2021年10月25日に設立した。同事業は東京駅前八重洲エリアに位置し、都内最大級との敷地に超高層大規模複合ビルを建設する再開発事業で、着工は2024年度、建物完工は2028年を予定している。(2022/2/1)

「国から一斉に出ているのかと」 黒岩知事、緊急速報メール問題の経緯を説明
神奈川県の黒岩祐治知事は16日に発生した緊急速報メールの件を改めて説明した。最初は国が一斉に配信しているものと考えていたという。(2022/1/18)

神奈川県、1晩で626件もの緊急速報メール 原因はプログラムのミス
神奈川県で1晩のうちに626件に及ぶ緊急速報メールが配信された件について、神奈川県知事が「委託業者が誤ったプログラムを設定していた」と説明し謝罪した。(2022/1/17)

神奈川県、設定ミスで緊急速報メール626件送信 県知事が謝罪「ホントに申し訳ございませんでした」「私自身も寝不足です」
神奈川県で合計626件(地域別では最大20件)送信されていました。(2022/1/16)

トヨタもEV投資に本腰:
猪瀬直樹が日本の自動車産業に警鐘 「テスラとではガラケーとスマホくらい違う」
2050年までのエネルギー革命について「もはや選択の余地はない」と語るのは、作家であり元東京都知事である猪瀬直樹氏だ。「今の日本の自動車と、テスラとではガラケーとスマホくらい違う」と話す同氏に、EV(電気自動車)を巡る日本の自動車産業の構造的課題と、エネルギー政策の展望を聞いた。(2021/12/16)

因果関係は:
富士急ハイランドの主力コースター、知事が停止要請
山梨県の長崎幸太郎知事は1日に臨時記者会見を開き、富士急ハイランドに対し、主力コースターの運行停止を要請したことを明らかにした。(2021/12/1)

働く女性は「よくばり」? 広島県の女性応援冊子に批判殺到→県知事「名称それ自体に問題はない」
Twitterで厳しい声が上がった『働く女性応援よくばりハンドブック』。(2021/12/1)

金融拠点の形成も:
東京・日本橋川沿いに大規模複合ビル 駅周辺の地下歩行者ネットワークを強化
東京建物は「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」について、東京都知事から「市街地再開発組合」の設立が認可されたと発表した。(2021/12/1)

山本知事が改めて問題視:
魅力度ランキング44位に対して「法的措置」発言、その後
群馬県を44位とした都道府県魅力度ランキングに対し「法的措置も含め検討」と発言した山本一太知事は29日、「いじめの構造に近い」と述べ、改めてランキングを問題視する考えを示した。(2021/11/29)

ワクチン義務化で離職を恐れる米国企業【前編】
「ワクチン接種義務化」が医療従事者の離職を招く?
米国ニューヨーク州は医療従事者へのワクチン接種を義務化した。ニューヨーク州知事は、医療人材不足をしのぐ施策の一つに移民活用を挙げるが、効果を疑問視する専門家もいる。(2021/11/23)

28年竣工予定:
東京駅前に高さ226メートルの“超高層複合ビル” 商業施設や劇場などを整備
三井不動産や都市再生機構などは、「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」において、都知事の認可を受け組合を設立したと発表した。(2021/10/27)

スピン経済の歩き方:
魅力度ランキングに群馬県知事が激怒! 「ランキング商法」の背景に、何があるのか
ブランド総合研究所が発表している都道府県魅力度ランキングが「炎上」した。群馬県の山本一太知事が「信頼度が低く、ずさん」と批判し、法的措置も検討するとぶちまけたからだ。それにしても、なぜ日本人はランキングが好きなのか。背景に何があるのかというと……。(2021/10/19)

石田ゆり子、52歳バースデーに渡辺真起子と2ショット 「TOKYO MER」を思い出すファン「わー! 赤白コンビ」「白金大臣の面影がない」
赤塚都知事と白金大臣!(2021/10/11)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「世界一の現場力」を犠牲にする、無責任トップの罪
「工夫してほしいですね、現場で」──というのは、若者向けワクチン接種センターの混乱ぶりを見た小池都知事の言葉だ。現場が必要なリソースにアクセスする権利も、意思決定できる裁量権も与えることなく、現場に責任のみを押し付け犠牲にするような動きが、いたるところで起きている。そんな中、リーダーが自覚すべきこととは──?(2021/9/10)

“密フェス”3組の参加アーティストが寄付 愛知・大村知事が感謝伝える「医療従事者の方々のために役立てて参ります」
CIMBAさん、Awichさん、マルチユニット「CREAM」の3組。(2021/9/8)

主催者の説明「事実と異なる」──愛知県の大村知事がTwitterで指摘 音楽フェス「NAMIMONOGATARI 2021」巡り
愛知県の大村秀章知事は31日、観客が密集するなどして問題になっている野外音楽フェス「NAMIMONOGATARI 2021」について、主催者の説明文に事実と異なる部分があると自身のTwitterアカウントで指摘した。(2021/8/31)

千葉県、パラ学校観戦を中止 教員の感染判明で「保護者の不安の高まり」受け
千葉県の熊谷俊人知事は30日、自身のTwitterアカウントで「東京2020パラリンピック」の学校連携観戦を中止すると明らかにした。(2021/8/30)

滋賀の「イナズマロック フェス」中止 「地元の応援が一番大事」と主催の西川貴教さん
滋賀県の琵琶湖畔で9月に開催予定だった野外音楽イベント「イナズマロック フェス2021」がコロナ禍の影響で中止に。主催者でアーティストの西川貴教さんは22日、滋賀県の三日月大造知事と一緒に会見を行い、イベントに対する思いを語った。(2021/8/23)

プロジェクト:
老朽化木造住宅が目立つ西新宿5丁目で複合的な土地活用プロジェクト
三井不動産レジデンシャルが地権者と進める「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」が、2021年6月16日に権利変換計画について東京都知事の認可を受けた。住宅・商業・業務・子育て支援施設のミクストユースの街づくりにより、多様化するライフスタイルに応える。(2021/7/19)

9月開催イナズマロック有観客で、地元説明会経て発表 西川貴教「皆さまのご来場を心よりお待ちしております」
滋賀県知事、地元市長も全面協力。(2021/7/9)

問われる企業のモラル:
愛知県知事リコール署名の不正はなぜ防げなかったのか? 受託者側から見る、問題の病巣
問題となっている愛知県知事リコール。不正の責任は受託者側にもあると筆者は指摘する。(2021/5/13)

ゲーム規制条例、東京都は追随せず 小池都知事「科学的根拠に基づかない制限は行わない」
香川県には追随しない姿勢を明確化しました。(2021/2/24)

“リコール署名偽造バイト”求人載せた可能性 バイトアプリ「タイミー」が謝罪
大村知事のリコール運動に賛成する偽の署名を書くアルバイトの求人が、バイト募集アプリ「タイミー」に掲載されていたのではと指摘。タイミーが事実を認めて謝罪した。(2021/2/18)

SNSで指摘:
“署名偽造”バイトの求人を掲載か スキマバイトアプリ「タイミー」運営会社が声明を発表
愛知県知事のリコール運動で集められた署名の中に、偽造が疑われるものがあったと報道されている。また、スキマバイトアプリ「タイミー」に、署名を偽造するバイトの求人が掲載されていたとの指摘がある。運営会社がこうした報道や指摘を受けて声明を発表した。(2021/2/17)

ハウルの城は高さ16メートル:
「ジブリパーク」、愛知県に2022年秋開業 トトロやラピュタの世界観を再現
愛知県は2月3日、2021年度の整備内容を発表。大村知事が会見で解説した。(2021/2/4)

鬼滅の刃やフワちゃんも:
流行語大賞に「3密」 「アベノマスク」や「GoToキャンペーン」などコロナ関連がトップテン入り
自由国民社とユーキャン新語・流行語大賞事務局は「2020ユーキャン新語・流行語大賞」を発表。東京都の小池都知事らが呼び掛けた「3密」が年間大賞に選ばれた。(2020/12/1)

東京都、「デジタル局」設置を正式表明 平井デジタル相「デジタル庁と連携していきたい」
小池百合子知事が都庁内のDX(デジタルトランスフォーメーション)化に向けて「デジタル局(仮称)」を設置すると都議会で表明した。平井卓也デジタル改革担当相は「歓迎したい」としている。(2020/12/1)

10月にデータカタログサイトをオープン:
PR:DX先進県・広島県の湯崎知事に聞く いま、本当にDXのために必要なもの
「デジタルトランスフォーメーション(DX)」が一種のバズワードとして広がりを見せ、アフターコロナを見据えた競争力維持のために、今やあらゆる業種業界の垣根を超え、避けて通れないものとなっている。いま、DXのために必要なものとは何だろうか。自治体として早くからデジタル活用・DX推進に取り組み、10月にはオープンデータなどを提供する「データカタログサイト」をオープンした広島県の湯崎英彦知事にインタビューした。(2020/12/1)

行政インフラの第一印象は「1995年のインターネット」:
東京都副知事・宮坂学氏がプロダクト視点で語る「行政サービスのDX」とは
元ヤフー社長で現在は東京都副知事として活躍する宮坂学氏が、2020年10月27日に開かれた「プロダクトマネージャー2020」に登壇。プロダクトマネジャーという観点で東京都のデジタル化に向けた取り組みを解説した。(2020/11/30)

会食時の感染防止に「5つの小(こ)」を―― 小池都知事、「3密」に続く新たなキーワードを提唱
読み方は「しょう」ではなく「こ」です。(2020/11/19)

「都道府県魅力度ランキング」茨城県が8年ぶりに最下位脱出 県知事も公式サイトで反応
魅力ある県だと思いますけど……。(2020/10/14)

都庁も原則はんこレスに ペーパーレスやキャッシュレス化など「5つのレス」推進
東京都の小池百合子知事は、行政手続きの原則はんこレス化などを盛り込んだ都庁のDX(デジタルトランスフォーメーション)の方針を発表した。(2020/10/9)

東京都、23区の時短営業要請を15日に解除 小池知事「withコロナにはハンマー&ダンス重要」
時短営業の要請は15日まで。(2020/9/10)

「デジタル空間にもう一つの都庁を」宮坂副知事が表明
「物理都庁に加えデジタル空間にもう一つの都庁をつくる」――元ヤフー社長で、現在は東京都副知事を務める宮坂学さんが8月28日、Twitterにこう表明した。まず紙をデジタル化する、といったことから地道に着手していくようだ。(2020/8/31)

第41回国土幹線道路部会:
路面異状の記録を効率化する新システムや監視カメラ画像のAI解析による交通量算出
国土交通省は、高速道路の更新計画や維持管理方法などを議論する場として、社会資本整備審議会 道路分科会 国土幹線道路部会を定期的に開催している。2020年8月21日に開いた第41回の部会では、国土交通省の担当者がITを活用した路面管理の手法を紹介し、また宮城県知事の村井嘉浩氏が、新型コロナウイルスが県内の交通量に与えた影響などに触れ、料金所での接触を減らすETC設備の増設や観光業を支援する道路ネットワークの強化を国に求めた。(2020/8/27)

「『うがい薬』推奨は科学的でない」 専門家の批判に対し大阪府知事「コロナに効くとは薬事法上言えません」
冷静な判断を。(2020/8/5)

小池都知事「ガイドライン守らない店は利用しないで」 酒類を提供する飲食店に営業短縮要請、協力金20万円を支給
順守する事業者には一律20万円を支給。(2020/7/30)

「都民は4連休外出はできるだけ控えて」小池都知事が会見で呼びかけ
事業者には感染症対策の実施とステッカーの掲示を強く呼びかけています。(2020/7/22)

吉村知事と安倍総理が会談〜「Go To」はやめるべきか
世論も大きく割れています。(2020/7/16)

小池都知事、新型コロナ警戒レベル引き上げ 「感染が拡大していると思われる」
都知事は「感染拡大警報」を発すべき状況としています。(2020/7/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“すれ違い”が注目されたリニアトップ面談「それでも悲観しない」理由
リニア工事を巡るJR東海社長と静岡県知事によるトップ面談は和やかに終わったが、ヤード工事の認識ですれ違いが生じ、県側は再開を認めなかった。それでも悲観する結果ではない。報道や世論で対立を煽るのではなく、トップ同士が意思確認する場を作れたことをまずは評価しては。(2020/7/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
認識のズレはどこで起きた? JR東海社長と静岡県知事の「リニアトップ面談」にツッコミを入れる【後編】
静岡県庁で行われたJR東海社長と静岡県知事の面談。進行に沿って解説する記事の後編。後半は「工事許可の手続き」と「川勝知事の同意のような返事」に注目すると、和やかに終わった面談後に、知事が「不誠実」と発言した背景も見えてくる。(2020/7/4)

ニコ生で都知事選の開票特番 ひろゆきさんや舛添元都知事など出演
ドワンゴは、5日に行われる東京都知事選挙の投開票に合わせた開票特番をニコニコ生放送で行う。放送予定時間は5日午後7時45分から午後10時30分まで。(2020/7/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“悪者扱い”の誤解解く発言も JR東海社長と静岡県知事の「リニアトップ面談」にツッコミを入れる【前編】
リニアの静岡工区に関して、JR東海社長と静岡県知事による面談が行われた。この内容を把握するために、進行に沿ってツッコミを入れていきたい。今回は前編。注目は「静岡工区が悪者にされた」という誤解を解く発言と、東海道新幹線「ひかり」への言及だ。(2020/7/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。