ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人材サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人材サービス」に関する情報が集まったページです。

「能力適合型社会」から「能力発見型社会」へ:
「ブランク」や「ドロップアウト」は無意味ではない いま見直すべき、「採用の常識」とは?
就職や転職の際に、多くの企業が重視するのが、その人材が社会や企業の求める能力や規範に合致しているかどうかという点だ。そのため、規範から外れていたり、「ブランク」や「ドロップアウト」の経験があったりする人が生きづらさを感じることも少なくない。ビースタイルホールディングスの調査機関「しゅふJOB総研」の所長を務め、「人材サービスの公益的発展を考える会」を主催する川上敬太郎氏は、こうした社会を「能力適合型社会」とし、一人一人の能力の方へ着目する「能力発見型社会」への移行を提唱する。(2020/5/14)

連載・「人材サービス」が滅ぶ日は来るのか?:
「人材サービス」に潜む危うさと罪 今後も社会に必要な存在であるために求められるものとは
2019年、就活サイトの内定辞退率問題で注目を集めた「人材サービス」だが、今その公益性が問われている。しかしながら、ひとくちに「人材サービス」といっても、その実態はなかなか分かりづらいのが現状だ。今回は、連載の最終回。「人材サービスの公益的発展を考える会」を主催し、「人材サービス」に詳しい川上敬太郎氏が「人材サービス」が今後も生き残るためのカギを解説する。(2020/4/17)

Qiita Jobs、ユーザーの興味関心を事前に告知せず企業へ提供 運営元が謝罪
転職支援サービス「Qiita Jobs」で、利用企業がユーザーの興味関心などを閲覧できる機能が、ユーザーに事前に知らされないまま実装されていた。運営元は同機能を停止し、「個人情報保護法上、不十分な対応でした」と不備を認めて謝罪した。(2020/4/1)

連載・「人材サービス」が滅ぶ日は来るのか?:
「人材派遣」は“不遇な働き方”は本当か? データと資料が解き明かす、知られざる実態と課題
2019年、就活サイトの内定辞退率問題で注目を集めた「人材サービス」だが、今その公益性が問われている。しかしながら、ひとくちに「人材サービス」といっても、その実態はなかなか分かりづらいのが現状だ。今回は、誤解の多い人材派遣について「人材サービスの公益的発展を考える会」を主催し、「人材サービス」に詳しい川上敬太郎氏が解説する。(2020/4/1)

年間労働時間の上限を設定:
人材サービス業界の「ホワイト度が高い企業ランキング」、他社を引き離して1位を獲得したのは
人材サービス業界の“ホワイト度が高い企業”ランキング。2位「パーソルテンプスタッフ」、3位「パソナ」、4位「スタッフサービス」、5位「パーソルキャリア」と続いた。1位は?(2020/3/5)

連載・「人材サービス」が滅ぶ日は来るのか?:
新卒向けサービスが多様化してもなぜ、「3年以内離職率」はずっと3割なのか
2019年、就活サイトの内定辞退率問題で注目を集めた「人材サービス」だが、今その公益性が問われている。しかしながら、ひとくちに「人材サービス」といっても、その実態はなかなか分かりづらいのが現状だ。「人材サービスの公益的発展を考える会」を主催し、「人材サービス」に詳しい川上敬太郎氏が新卒に関するサービスを解説する。(2020/3/2)

連載・「人材サービス」が滅ぶ日は来るのか?:
活況の“転職市場”を支える「人材サービス」 企業が知るべきことと事業者が心掛けるべきこと
2019年、就活サイトの内定辞退率問題で注目を集めた「人材サービス」だが、今その公益性が問われている。しかしながら、ひとくちに「人材サービス」といっても、その実態はなかなか分かりづらいのが現状だ。「人材サービスの公益的発展を考える会」を主催し、「人材サービス」に詳しい川上敬太郎氏が転職に関するサービスを解説する。(2020/2/10)

新連載・「人材サービス」が滅ぶ日は来るのか?:
「人材サービス」が“社会の敵”にならないために 運営側、企業側、求職者全てが知っておくべき基本事項
2019年、就活サイトの内定辞退率問題で注目を集めた「人材サービス」だが、今その公益性が問われている。しかしながら、ひとくちに「人材サービス」といっても、その実態はなかなか分かりづらいのが現状だ。「人材サービスの公益的発展を考える会」を主催し、「人材サービス」に詳しい川上敬太郎氏が分かりやすく「そもそも」を解説する。(2020/2/10)

休日出勤や深夜労働時間を削減:
人材サービス業界の「休日の満足度が高い企業ランキング」 3位マイナビ、2位パーソルテンプスタッフ……1位は?
「休日の満足度」評価の平均値が高い順にランキングした「人材サービス業界の“休日の満足度が高い企業”ランキング」。2位「パーソルテンプスタッフ」、3位「マイナビ」、4位「スタッフサービス」、5位「パーソルキャリア」と続いた。1位は?(2020/1/23)

ボーナスの高さも魅力:
人材サービス業界の「給与の満足度が高い企業ランキング」 4位パソナ、2位マイナビ……1位は?
「給与の満足度」評価の平均値が高い順にランキングした「人材サービス業界の“給与の満足度が高い企業”ランキング」。2位「マイナビ」、3位「アデコ」、4位「パソナ」、5位「パーソルキャリア」と続いた。1位は?(2020/1/22)

キャリアニュース:
「2020年の国内転職市場における10大トレンド」を発表
外資系人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが「2020年の国内転職市場における10大トレンド」を発表。2020年に求人増加が見込まれる職種トップ3は「Web、モバイル開発者」「AI技術者」「物流担当者」だった。(2019/12/26)

中小企業の冬のボーナス、「増額予定」は22% 増えそうな業種は?
人材サービス会社のエン・ジャパンが、中小企業の冬のボーナスに関する調査結果を発表した。(2019/12/11)

9割の企業が利用する媒体は?:
Web/IT系企業への転職にはどの求人媒体が有効か groovesが調査結果発表
groovesは、ITエンジニアの採用活動をした企業に対して、採用決定経路や採用率を調査した。その結果から推定すると、求人サイトを通じて転職したITエンジニアは4割以上。社員や人材紹介会社など人づても4割を超えた。(2019/12/10)

PR:テレワークのためのノートPC選び 現場が求めるリアルな条件は?
総合人材サービス大手のパーソルグループでテレワーク導入支援の企業コンサルティングに携わる“テレワークのプロ”こと有田武人氏に、導入・運用のコツやデバイス選びのヒントを聞く。(2019/12/9)

就職支援サービスも登場:
芸能人にも「セカンドキャリア」を “事務所圧力”に公取委が見解 「転職支援サービス」も
SMAPや「のん」さんの件で話題となった事務所の圧力。公取委も問題視し、新たな策をまとめ始めた。また、活動を続ける場合だけでなく、引退後の「セカンドキャリア構築」も課題になっている。そんな中、新たに登場した“エージェント”サービスも。(2019/11/29)

多様化するキャリア設計:
「転職が前提」ではないキャリア相談、パーソルキャリアが開始 B2Cでもコーチングは広がるか
総合人材サービスを手掛けるパーソルキャリアは10月31日、展開しているハイクラス人材向けプラットフォーム「iX」において、キャリア相談に関するサービス「クラウドキャリアコーチ」を開始した。1回30分程度の電話によるコーチングを4回、1万9800円(税別)で提供する。「転職」を前提とせずにコーチングすることで、キャリアに関する幅広い選択肢をユーザーに提供する狙いがある。(2019/10/31)

エン・ジャパン調べ:
転勤に関する調査 64%が「転勤は退職のきっかけになる」と回答 「実際に退職した」人の割合は?
「転勤は退職のきっかけになる」――。転職支援サービス「エン転職」を展開するエン・ジャパン(東京都新宿区)が行った調査で、およそ6割の人がこのように回答した。一方で、「これまでに転勤を理由に退職したことがある」と回答したのは全体の5%にとどまった。調査結果は10月24日、発表された。(2019/10/25)

ソフトブレーン・フィールド調査:
「レシート」116万枚からスーパーを分析 何が見えてきた?
3年連続でマイナス成長のスーパー業界。コンサルティングや人材派遣を手掛けるソフトブレーン・フィールドがレシート約116万枚から売り上げ状況を分析。首都圏以外では、地元スーパーの検討が目立った。大手チェーンでは、オーケーが強さを見せた。(2019/9/17)

2極化するハイクラス層:
年収800万円以上の人は転職に積極的か? 調査で判明
終身雇用が薄らいできた昨今。年収800万円以上のハイクラス層は転職に積極的なのか。人材サービス会社が調査した。(2019/6/26)

背景に年金制度への不安?:
年収1000万円プレーヤーに聞いた、夏ボーナスの使い道トップは?
年収1000万円プレーヤーはどうお金を使う?。夏ボーナスの使い道を人材サービス会社が調査。ちょっと意外な結果が。(2019/6/17)

産業動向:
有料の「人材紹介」を利用して転職する建設技術者は年々大幅増
ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2019年4月分のマンスリーレポートをリリースした。今回はトピックスとして、建設業に特化した人材関連のさまざまな情報、最新の雇用関連データをまとめている。(2019/5/1)

エンジニア転職サイト「Qiita Jobs」公開 開発チームが直接求人、利用技術や開発フローなど掲載
エンジニア転職支援サービス「Qiita Jobs」がオープン。企業単位での求人ではなく、開発チームが直接求人を掲載する仕組みで、ミスマッチを防ぐ。(2019/4/25)

1000人に聞いた:
GWの10連休は「うれしくない」? 働く主婦の本音
主婦向け人材サービス「しゅふJOB」がゴールデンウイークの10連休について、働く主婦1000人にアンケート調査を実施した。その結果は?(2019/4/12)

ニーズに合わせて選定:
急な幹部の退職、どう対応する? デロイトトーマツが「プロフェッショナル人材派遣」に本腰
デロイトトーマツタレントプラットフォームが、企業のニーズに合わせて専門的なスキルを持つ人材を派遣する人材派遣事業を始める。(2019/4/2)

エンジニア向け転職支援サービス「Qiita Jobs」 開発チームと求職者をマッチング
エンジニア向けの転職支援サービス「Qiita Jobs」が今春リリースされる。(2019/3/5)

昇給率は日本が最低:
中国では年収6200万円以上のCEOも アジア5カ国の給与水準調査
中国の製薬会社で働くカントリーマネジャーは年収6200万円超え――。人材紹介会社のヘイズがこんな調査結果を発表した。(2019/2/8)

積極的に取り組んでいる企業は14%:
7割が「ダイバーシティ」の意味を知らない エン・ジャパン調査
転職支援のエン・ジャパンが行った調査によると、7割がダイバーシティの意味を知らなかった。意味を説明すると95%が重要だと回答したが、積極的に取り組んでいる企業は14%。その内容も、女性の採用・活躍支援が多かった。(2019/1/9)

リブセンス調べ:
年収を上げたいエンジニアが習得しておきたいプログラミング言語は?
いま転職を考えているエンジニアが習得しておきたいプログラミング言語は? 人材サービスなどを提供するリブセンスがプログラミング言語別の市場動向を発表した。(2018/12/26)

公的機関に速やかに相談しよう:
上司からの恫喝、報酬カット、退職届の受け取り拒否も こんなにある「悪質な引き留め」
退職時に引き留めされた経験は? 30〜40代のミドル世代の転職支援サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンが転職コンサルタントを対象に調査を実施。その結果は……(2018/11/29)

8割は「年下上司・女性上司」経験あり:
ミドル世代、上司が年下や女性でやりにくかった理由の1位は「上司の実力不足」
30〜40代のミドル世代の転職支援サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンはこのほど、「年下上司・女性上司」について実施した調査結果を発表。ミドル世代で「上司が年下や女性だった経験がある」人は8割いた。(2018/11/20)

仕事の話は争いの種になる場合も:
働く主婦の7割は夫に「仕事の話をしたい」 一方で「話すな」「辞めれば」と言われて相談できない人も
夫婦で仕事について話したい? 主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」を運営するビースタイルが働く主婦を対象に夫婦の会話に関する調査を行った結果は……(2018/11/19)

解決方法は?:
転職活動での悩みは? 「アピールポイントが分からない」「退職交渉が難航」などの声も
転職支援サービス「エン転職」を運営するエン・ジャパンは11月8日、転職活動についての調査結果を発表。多くの人が自分のアピールポイントや適性などが分からずに悩んでいることが分かった。回答者からは寄せられた具体的なエピソードでは……(2018/11/9)

年々深刻化:
ハイスキル人材不足、日本は世界33カ国中「最悪」 技術進化に追いつけず
外資系人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンはこのほど、世界33カ国を対象としたハイスキル労働市場に関する調査結果を発表。日本はハイスキル人材不足問題において33カ国中「最悪」であることが分かった。(2018/11/7)

全体の6割:
専業主婦であることに「罪悪感」? 「何の存在意義もないと感じる」「夫にばかり経済的負担が」……
主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」を運営するビースタイルがこのほど、「専業主婦であることに対する罪悪感」についての調査結果を発表。専業主婦・主夫であることに罪悪感を覚えたことがあった人は全体で56.6%いることが分かった。(2018/11/2)

半数以上は「転職後に年収上がった」:
年収アップ経験者の3割は「100〜149万円」上がったと回答 「ミドル」の転職事情 
30〜40代のミドル世代の転職支援サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンが35歳以上の転職経験者を対象に転職後の年収について調査を実施。52%が転職後に「年収が上がった」ことが分かったという。(2018/10/31)

営業職へのインセンティブが手厚い:
人材業界の平均年収ランキング、リクルートVS.マイナビの差は……
人材サービス業界の中で平均年収が最も高い企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位はマイナビで507万円だった。1位は……(2018/10/29)

「成功体験リセット」などがポイント:
転職コンサルタントが指摘 転職先で活躍できない「ミドル」の特徴は……?
転職先で活躍できない「ミドル」の特徴は? 30〜40代のミドル世代の転職支援サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパンが転職コンサルタントを対象に調査を行ったところ、活躍できないミドルの特徴として最多だったのが……(2018/10/29)

男性上司を求める傾向:
社会人と平成最後の内定者に聞いた「理想の上司」は?
人材サービスを手掛けるランスタッドがビジネスパーソンと2019年新卒入社予定の「平成最後の内定者」を対象に、理想の上司などについて調査を実施。働く現場の現実を知るビジネスパーソンとそうでない内定者が抱く理想には差があるようだ。(2018/10/2)

キャリアニュース:
前職と比べて賃金が1割以上増加した転職決定者は30.1%
リクルートキャリアは、転職支援サービス「リクルートエージェント」における同年4〜6月期の「転職時の賃金変動状況」を発表した。「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者数の割合」は30.1%で、前年同期に比べ2.0ポイント上昇していた。(2018/8/29)

“RPAロボの開発・運用×RPA人材派遣”で企業のRPA活用を支援――RPAテクノロジーズとパソナテック、2018年10月に提携サービス開始
RPAテクノロジーズとパソナテックは、RPAプラットフォーム「BizRobo! DX Cloud」上でニーズに合わせたRPAソリューションを開発、提供するサービスを開始する。第1弾として、人事労務・会計監査分野の業務を学習させ、実務能力を備えたデジタルレイバー(ソフトウェアロボット)を提供する。(2018/8/23)

エン・ジャパン調査:
女性の8割が「仕事にストレス」 その原因は?
人材サービス会社のエン・ジャパンの調査によると、働く女性の8割が仕事にストレスを感じていることが分かった。その原因とは何だろうか……?(2018/8/16)

就業者・雇用者は5カ月連続増だが人手不足は変わらず 建設業の人材市場動向7月
人材紹介事業のヒューマンタッチが運営するヒューマンタッチ総研は2018年7月26日、国内における建設業の人材市場動向をまとめた7月分のマンスリーレポートを公表した。2018年5月の雇用関連データでは、建設業の就業者数は494万人で、雇用者数は403万人。ともに5カ月連続で前年同月を上回った。(2018/7/26)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(57):
請負だって聞いていたのに、これじゃあ人材派遣じゃないですか!
作業指示はこちらが出します。成果物の責任はとってください。え、派遣と請負のいいとこどり? どこでもやってることじゃないですか――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は、契約が請負なのか派遣なのかが争点となった裁判を紹介する。(2018/7/4)

キャリアニュース:
正社員の88%が副業に興味があると回答――副業経験者は32%
転職支援サービス「エン転職」が「副業」についてのアンケート調査結果を発表。88%が副業に興味を持ちながら、副業経験があると回答したのは32%だった。「経験のある副業」は接客、販売、サービス系のアルバイトが最多で59%を占めた。(2018/5/29)

労働白書「スキル革命2.0」発表:
労働力の“自動化”が社員数にどのような影響を与えるか?
総合人材サービスのマンパワーグループは、労働白書「スキル革命2.0」を発表した。(2018/5/21)

キャリアニュース:
働き方改革の意識調査――取り組みと実態の整合性、仕事量の調整が課題
転職支援サービス「エン転職」が、働き方改革についてのアンケート調査結果を発表。会社の働き方改革に対する取り組みについて、回答者の51%が「(働き方は)変わらない」とし、その理由として半数近くが「制度が現場の実態と合っていない」を挙げた。(2018/3/27)

「YouTuber」は小学生男子に人気:
小中学生「将来の職業」人気ランキング 男女の1位は
小中学生の将来就きたい仕事は?――人材サービスのアデコが「2018年版小中学生の将来就きたい仕事」に関する調査結果を発表した。(2018/3/26)

全体の関心は低いまま:
職場のダイバーシティ、最も重視するのは20代女性
 人材派遣のランスタッドがこのほどまとめた、勤務先のダイバーシティ(人材の多様性)推進についての調査結果によると、20代女性の54.5%が「勤務先がダイバーシティ推進に取り組むこと」を「大切と考える」と回答し、全体の39.1%を大きく上回った。(2018/3/6)

求職者約780万人、国内最大級の人材サービス企業のクラウド活用とは:
PR:パーソルホールディングスはOracle Cloudをどう使い、どう評価したか?
国内最大級の人材サービス企業として、膨大な数の求職者/取引企業のニーズに応え続けているパーソルホールディングス。超ミッションクリティカルなシステムと膨大なデータを持つ同社は、他業種以上にスピードと柔軟性が求められる人材サービス業において、どのようにクラウドを使いこなしているのだろうか。Oracle Cloud導入の経緯と評価を詳しく聞いた。(2018/2/28)

キャリアニュース:
20代転職希望者の89%が、未経験の職種に「チャレンジしたい」と回答
転職支援サービス「エン転職」が「未経験職種へのチャレンジ」についてのアンケート調査結果を発表した。20代転職希望者の89%が、未経験の職種に「チャレンジしてみたい」と回答。一方で、新たな挑戦に不安を感じている20代も多かった。(2017/12/6)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。