ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「インディーゲーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インディーゲーム」に関する情報が集まったページです。

Steamのウィンターセールで「デススト」が半額の3795円に 「Among Us」「Fall Guys」など話題作も対象
年末年始に新たな積みゲーを積む。(2020/12/23)

【随時更新】任天堂も新春セール開催へ Steam、PS4、Switchなど冬の大型セール情報まとめ
やるぞ〜!(更新日:12月28日)(2020/12/28)

1億DLされたインディーゲーム「Among Us」、Switch版発売 日本語対応
ゲーム開発企業の米Innerslothが、インディーゲーム「Among Us」のNintendo Switch版を発売。価格は520円(税込)で、日本語にも対応する。(2020/12/16)

宇宙人狼ゲーム「Among Us」のNintendo Switch版がいきなり発表に 520円で本日配信開始
いきなり来た!(2020/12/16)

Switchのインディーゲームが最大50%オフ 「UNDERTALE」やガチョウで暴れまわるゲームもセールに
Nintendo Switchで遊べるインディーゲームのセール。(2020/12/15)

令和の米騒動こと「天穂のサクナヒメ」、累計出荷50万本突破 ガチな稲作パートが人気で一時は品薄も
卵焼きをだし巻きにできる神アプデも到来。(2020/11/25)

唯一無二のケースとハイレゾ対応サウンドカードが光る! コナミアミューズメントのゲーミングPC「ARESPEAR C300/C700+」を試す
音楽ゲームを始めとするアミューズメント施設向けのゲームを手がけるコナミアミューズメントが、ゲーミングデスクトップPCを開発した。その実態はどうなのか、レビューを通してチェックしていこう。(2020/11/13)

「INDIE Live Expo Awards」受賞作品が決定 大賞は「Hades」、キャラクター賞に「Helltaker」など
悪魔っ子はやはり正義……!(2020/11/7)

GeForce RTX 3080搭載:
2〜3年間は最前線で戦えるスペック マウスコンピューターの超ハイエンドゲーミングPC「G-Tune EP-Z」を試す
マウスコンピューターが「G-Tune」ブランドからGeForce RTX 30シリーズを搭載するゲーミングデスクトップPCを発売した。今回は、その中でもハイエンドに位置する「G-Tune EP-Z」を全力でレビューする。(2020/10/16)

PlayStation 5体験取材から考える、PS5の「狙い」と「課題」
PlayStation 5実機を試遊した西田宗千佳さんが、SIEが新ゲームコンソールをこの仕様にした理由を推測する。(2020/10/8)

「ふざけてやってたら立って焦った」 道具たちが絶妙なバランスで組体操する奇跡の1枚
狙ってやってもそうそう立たないよ!(2020/10/3)

講談社がインディーゲームクリエイターの支援プロジェクト立ち上げ 年間で最大1000万円を支給
創作欲に満ちたインディーゲーム開発者を講談社がバックアップ。(2020/9/14)

「名刺交換するマッチョ」から「異世界から召喚されしマッチョ」まで マッチョ専門フリー素材サイト「マッスルプラス」がキレッキレ
運営はマッスルパフォーマンスチーム「筋肉紳士集団ALLOUT」。さすがのクオリティ。(2020/9/8)

EpicとAppleの対決で改めて考える「配信プラットフォームの役割」
モバイル配信プラットフォームに突然反旗を翻したEpicの行動はどう考えるべきなのか。西田宗千佳さんが解説する。(2020/8/27)

「うちの犬、合成画像感がつよい」 とある飼い主さんの写真が話題に 庭の日常がまるでゲーム画面
動画でも背景から浮いているのが面白い。(2020/8/6)

最低5ドルの寄付でインディーゲーム1000タイトルを遊べるキャンペーンが開始 反人種差別運動の一環として
神ゲーもいっぱい!(2020/6/10)

「INDIE Live Expo 2020」発表タイトルまとめ 隠し玉枠は「クラフトピア」? 「中国版子育てゲーム」も面白そう
新情報があれば随時追加予定です。【追記】(2020/6/6)

「INDIE Live Expo 2020」初回放送内容が判明 紹介作品は150本以上、「UNDERTALE」「東方Project」のスペシャルライブも
6月6日19時50分から23時まで、約3時間超の放送を予定。(2020/6/5)

マシーナリーともコラム:
ヘールテイク! ヘールテイク! 突如人間界で流行しはじめた、悪魔ッ娘ハーレム倉庫番「Helltaker」って何?
君も今日から地獄に落ちよう。(2020/5/29)

「DELTARUNE」最新情報来るか!? インディーゲーム開発者らによるオンラインイベント「INDIE Live Expo」開催決定
インディーゲーム版「Nintendo Direct」みたいな感じ?(※追記あり)(2020/5/13)

ゲームの国際戦で高校生が海を越え、時に人力でTASを超え ひたすら最速クリアを目指す“RTA(リアルタイムアタック)の歩き方”
国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」の主催者・もかさんに、RTAの楽しみ方を伺いました。(2020/2/14)

みんな大好き「棒人間バトル」を自分で動かせるPCゲームが開発中 「めっちゃ楽しそう」と話題に → 作者に開発の背景聞いた
「小小作品」や「うごメモ」で夢中になったスタイリッシュな戦いを自分の手で。(2019/12/23)

女子高生と鰭脚類の学園生活……! アザラシと本気で恋愛する女性向けゲーム「あざ恋」登場
今度は鰭脚類(ききゃくるい)との恋愛へ。(2019/11/15)

【Amazon.co.jp】Nintendo Switchでインディーゲームを買うとスタンプがもらえるキャンペーン 最大550円分の割引クーポンに
インディーゲームの面白さを知ってくれ!(2019/11/14)

ぶっちゃけ、電ファミって利益出てました? 「電ファミニコゲーマー」編集長・TAITAI氏に聞く、独立の裏側、これからの野望
2016年のオープンから3年、大きな転機を迎えた電ファミは今後どうなる?(2019/10/22)

勤務先がつぶれた“30代無職”が、インディーゲーム開発で成功をつかむまで
ゲーム開発者の佐藤大悟さんは、勤務先だったゲーム会社がつぶれ、30代で無職に。「自分がやりたいことは何か」を考え直し、モバイル向けインディーゲーム開発者として生きる道を選んだ。(2019/9/5)

国内ゲーム市場規模は家庭用・スマホ用ともに縮小 『2019CESAゲーム白書』発刊
海外の家庭用ゲーム市場規模は3兆363億円で、前年から約1割増加。(2019/7/22)

任天堂、Switchは「依然として成長フェーズ」 中国市場にも期待
「Nintendo Switchのビジネスは依然として成長フェーズにある」「前期を上回るペースで普及が進むことを期待している」――任天堂の古川社長はそのように説明する。発売から3年目に突入したSwitchの販売戦略は。(2019/4/26)

ゲームROMファイルを作成可能:
「ゲームボーイ」用ゲームをドラッグ&ドロップで作成、「GB Studio」が登場
「ゲームボーイ」用のレトロアドベンチャーゲームを作成できる「GB Studio」がオープンソースソフトウェア(OSS)として公開された。(2019/4/24)

「くにおくん」新作は女性主人公に? 米WayForwardが新作開発について発表
“くにお”が女性キャラ化されるのか、あるいは新キャラか。(2019/4/21)

「フォント=プロデザイナー向けという概念を覆したい」 商用フォントが1書体100円ほどで使える「mojimo」はなぜ生まれたか
同人活動向けに36書体3600円など、ハードルの低いフォントサービスとして話題を呼んでいるフォンワークス「mojimo」シリーズ。誕生経緯や目指すものを取材した。(2019/4/12)

リンクが踊りゼルダが歌う「ゼルダの伝説」新作が発表  人気インディー「クリプト・オブ・ネクロダンサー」とのコラボ
タイトルは「ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説」。(2019/3/21)

マリオの屍を超えてゆけッ 自分の死体を踏み台にゴールを目指すアクションゲームが面白くも考えさせられる
「マリオが常に大量の死を含んでいるゲームであることを可視化してみせている」。(2019/3/7)

ゲーマー漫画家がNintendo Switchでハマったゲームを勝手に格付け
2018年は年末進行に苦しんだ漫画家のサダタロー氏。ゲーム好きな彼は、止まらないインディーゲーム愛を編集担当K氏にぶつけていく。ゲーマー漫画家が選ぶお薦めゲームは?(2019/1/22)

ネコはなんでも知ってますニャ ストーブと人間の関係を完全にわかってるネコちゃんの理解力がスゴイ!
ストーブをつけるために必要なこと、全部わかってます。(2018/12/20)

ゲーム制作で12書体が年額4800円で使える インディー&同人ゲーム開発向けのフォントサービス「mojimo-game」登場
ゲームエンジンへの組み込みや宣伝も使用OK。ゲームクリエイターには良心的すぎる……!(2018/12/6)

ひと目でわかる主従関係 理想と違った猫のいる仕事場に「あるある」「猫さまだから仕方がない」の声
椅子など最初から無かったのだ。(2018/11/20)

【木村祥朗×堀井直樹×なる×ZUN】「BLACK BIRD」爆誕祭 なぜゲーム開発者はシューティングを作りたがるのか、「原点にして究極」と語るその魅力
「moon」「Million Onion Hotel」などを手掛けてきた木村祥朗さん(Onion Games)の最新作がなぜシューティングなのか。「BLACK BIRD」開発のきっかけや、シューティングというジャンルの魅力について語ってもらいました。(2018/11/9)

PCゲーム「Undertale」公式Twitterに意味深な動き 真っ黒アイコンで「アナタニ 見セタイ モノガ アリマス」
24時間後に何かが起こる?(2018/10/30)

PR:東京ゲームショウ2018を支えたマウスコンピューターの「G-Tune」
ゲームの祭典「東京ゲームショウ(TGS)2018」。新作タイトルを体験できる各メーカーのブースでは、数多くの「G-Tune」PCを見掛けた。協賛の狙いをG-Tune担当の安田氏に聞いた。(2018/10/19)

Discordのゲームストア、日本でもβ版利用可能に
チャットサービスDiscordのゲームストア「Discord Store」(β)が日本でも利用できるようになった。Discordのチームが選んだ無料・有料ゲームをダウンロードできる。他のサービスからダウンロードしたゲームを統合するライブラリ機能もある。(2018/10/17)

幸せの“黒い鳥さん”がみんなの命を食べに来るシューティングゲーム「BLACK BIRD」 Nintendo Switchで10月18日発売決定
「Moon」や「Million Onion Hotel」を手掛けた木村祥朗さん率いる、インディーゲームチーム「Onion Games」の最新作。【追記】(2018/10/4)

背景を描けなかった人が「“あること”を諦めたら描けるようになった話」に共感集まる 「分かる!!!」「勇気付けられた」
こうして私は“楽しく世界をつくる力”を手にいれた。(2018/10/1)

アートな弾幕に目を奪われる 個人制作のミニマルなシューティングゲーム「Solid Aether」が面白そう
弾幕系シューティングゲーム初心者でもきっとプレイしたくなる。(2018/8/25)

「LA-MULANA 2」レビュー:
「LA-MULANA(ラ・ムラーナ)」というゲームのこと、1人のゲームライターの人生のこと
「LA-MULANA」と出会っていなかったら、多分今こうしてここにいることはなかったかもしれない、という話。(2018/8/17)

「穴になる」というコンセプトが酷似 人気沸騰中のゲーム「Hole.io」にインディーゲーム開発者から“アイデアを盗られた”と嘆きの声
「Donut County」と「Hole.io」のコンセプトが酷似している。(2018/6/27)

国産メトロイドヴァニアの傑作再び 「LA-MULANA 2」2018年夏にリリース決定
PLAYISM7周年を記念して発表されたニュースの1つ。その他、「殺戮の天使」Nintendo Switch版なども発表に。(2018/5/11)

好調のSwitch、注目タイトル続々 「スマブラ」に“イカ参戦”で驚きの声も
任天堂が「ニンテンドーダイレクト」でNintendo Switch向けソフトなどの情報を発表。「大乱闘スマッシュブラザーズ」のティーザー映像を公開するなどしてTwitterで話題に。(2018/3/9)

Googleが日本でインディーゲームのコンテスト 審査員にキズナアイなど
Googleが日本でインディーゲームのコンテストを開催する。バーチャルYouTuberのキズナアイなど10人がファイナルイベントで審査員を務める。(2018/3/7)

社名の由来は「あんた、バカー?」ではなく:
カラーとドワンゴが新会社「バカー」設立 庵野監督、川上氏が取締役
カラーとドワンゴが新会社「バカー」を設立。代表取締役に斉藤大地氏、取締役にカラー社長の庵野秀明氏とドワンゴ取締役CTOの川上量生氏が就任する。会社名はギリシャ語で「詰め物」を意味する言葉から。(2018/2/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。