ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「インフルエンサーマーケティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インフルエンサーマーケティング」に関する情報が集まったページです。

日本のマーケティング最前線:
“勝ち手法”だった「インフルエンサーマーケ」 急激に失速した2つの要因
D2Cの“勝ち手法”だった「インフルエンサーマーケティング」が急激に失速した。「D2C」を取り巻く市場は厳しい中、企業は従来の「インフルエンサーマーケティング」の認識をアップデートする必要がある。(2024/4/23)

Marketing Dive:
「プライバシーファースト」と「シグナルロス」が広告費の内訳を変える
CTV、リテールメディア、ソーシャルメディアなど、ファーストパーティーデータを活用するチャネルは、データ環境の進化とともに利益を得ている。(2024/4/8)

戦略策定・立案から施策の実行・運用まで:
グリーとADKが新会社「ADKソーシャルメディア・マーケティング」を設立
グリーとADKクリエイティブ・ワンがSNS・インフルエンサーマーケティング領域に関する合弁会社を設立した。(2024/3/25)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2024/3/19)

インフルエンサー施策をより効率的かつ効果的に:
生成AIがインフルエンサーマーケティングの人選と効果分析 DACが新サービスを提供
DACは、生成AIを活用してインフルエンサーの選定から広告効果の分析まで支援するサービスを提供開始した。(2024/3/8)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
万能薬は存在しない。マーケティングの「こんなはずじゃなかった」を撲滅するには
この世に「どんな病気も治せる万能薬」がないように、「あらゆるマーケティング課題を一発で解決してくれる万能施策」もない。これらは、自身の病気に合った薬を飲んでいないことに原因がある。(2024/2/29)

データ×制作力:
ホットリンクが厳選クリエイターとのタッグで新サービス「HottoLink Creator Marke(ホックリ)」を開始
ホットリンクのデータ分析力とクリエイターの制作力を掛け合わせ、成果につながるインフルエンサーマーケティングを実現する。(2024/2/15)

今日のリサーチ:
キャリア3年以内のマーケターに聞いたマーケティング用語の理解度
「CPA」「CTR」「SEO」他、マーケティング用語はどれだけ理解されているのでしょうか。(2024/1/28)

ITmedia マーケティング用語集:
【用語解説】ステマ規制
2023年10月1日に施行されたステマ(ステルスマーケティング)規制について。(2023/11/20)

約4年ぶりに新作:
家庭用の売り上げが5倍に! カプセル式コーヒーマシン「キューリグ」の強みと弱み
米国で高いシェアを誇るカプセル式コーヒー&ティーマシンメーカー「キューリグ」は、約4年ぶりとなる新モデルを発売した。他社との差別化を目的にマルチブランド化を図り、40種類以上のカプセルを展開している。同事業を展開するカップス社に、新モデルの特徴と日本戦略を聞いた。(2023/11/16)

AIに目的のコンテンツを生成させるには:
Microsoft、生成AIの可能性を引き出す25種類の効果的なプロンプトの作成方法を紹介
Microsoftは公式ブログで、効果的なプロンプトを作成し、生成AIの可能性を引き出す25のヒントを紹介した。(2023/10/27)

トライバルメディアハウスのマーケ戦略塾:
マーケ施策の効果測定前に「失敗が確定」なぜ起こる? 効果測定の罠を知る
マーケティングの現場ではさまざまな問題が発生します。今回は、マーケティング施策の効果測定前にすでに「失敗が確定」してしまっている実情について、そのワケを解説していきます。(2023/10/25)

注意:
「知らなかった」では済まされない 新・ステマ規制のリスク
消費者庁は10月1日、景品表示法違反の「不当表示」の新たな形態として「ステルスマーケティング(ステマ)」を追加する新たな規制を施行した。発注企業、広告代理店、インフルエンサー、消費者はそれぞれ、どこに気を付けたら良いか。(2023/10/17)

Metaは「2ケタ増収増益」:
「実際、スレッズってどう思ってます?」 フェイスブック ジャパン代表に聞いた
Facebook Japanの味澤将宏代表に、スレッズを始めとしたSNSの未来や日本市場での戦い方を聞いた。(2023/9/15)

Marketing Dive:
ステマの闇に落ちないために日本のマーケターも知っておきたい米FTCの「エンドースメント」新指針
米FTCが「エンドースメントガイド」の最新版を発表した。この新たな指針には、企業のマーケティング担当者やソーシャルメディアのインフルエンサーにとって注意すべき点が幾つかあると専門家は指摘する。(2023/9/14)

フリークアウト、UUUMにTOB実施へ 連結子会社目指す 創業者も買い付けに応募
広告・マーケティング事業などを手掛けるフリークアウト・ホールディングスは8月10日、YouTuberなどのマネジメント業務を手掛けるUUUMに対し、株式公開買い付け(TOB)を実施。連結子会社化を目指すという。(2023/8/10)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
「TikTok使って何かやって」と偉い人に言われたらどうすればよい? ChatGPTに助けを求めたら……
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「TikTokはB2Bのマーケティングに使えるか」です。(2023/7/29)

廣瀬涼「エンタメビジネス研究所」:
YouTube激変で赤字転落「UUUM」 背景に「損したくない」Z世代の感情?
UUUMが過去最高の赤字を計上した。減収の要因の一つは、短尺のYouTubeショートの再生回数増に伴い、長尺の動画の再生回数が当初の想定を下回ったことだ。短尺動画が支持される背景には、Z世代特有の感情があるようだ。(2023/7/29)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
いまさら聞けないインフルエンサーマーケティング 「注目人物は?」「B2Bでもできる?」 GPT-4の答えは
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「いまさら聞けないインフルエンサー活用」です。(2023/7/8)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
アットコスメ、過去最高売上を更新 口コミが“オワコン”の時代に、なぜ絶好調なのか
化粧品の口コミ情報サイト「アットコスメ」を運営するアイスタイル(東京都港区)の業績が絶好調だ。クックパッドの業績不振や、アマゾンレビューなどの信ぴょう性低下から口コミサービスを「オワコン」と評する向きもあるが、なぜ快進撃を続けられるのか。(2023/6/30)

今日のリサーチ:
Z世代の割引キャンペーン利用、3分の2が「月1回以上」――THECOO調査
Z世代の割引キャンペーン利用状況に関する調査結果です。(2023/3/12)

元乃木坂46・和田まあや、会社設立&代表就任にファン仰天 「マジすげえ」「採用情報見たい」
和田さん「私なりに一生懸命頑張っていこうと思っています」(2023/3/2)

今後より重要になるインフルエンサーマーケティングを支援:
AIインフルエンサーマーケティングプラットフォーム「KOL Radar」 最新版を発表
インフルエンサーのスクリーニング、データ追跡、パフォーマンス評価の機能をワンストップで提供。市場ニーズの把握と、ターゲットとなる購買層へのリーチが、低コストでより簡単かつ正確に実施できるようになる。(2023/2/23)

今日のリサーチ:
インフルエンサーが強化したいこと、「企画・分析力」と「クリエイティブ制作力」が上位に――LIDDELL調査
調査結果から見えた愛される企業アカウント作りの重要項目とは?(2023/2/18)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
TikTokの新戦略と、抗戦するアマゾン 奪い合う「動画を見て衝動買い」の市場
米TikTokが、ブランドやインフルエンサーの動画からすぐに商品を購入できるソーシャルコマースに参入した。米国内で物流や倉庫関連の求人を拡大し、本格的にこの事業に取り組む姿勢が見える。これに対抗するのがアマゾンだ。アプリ内でTikTokのように短編動画や写真をフィードできる機能を開発し、導入を進めている。両社がシェア拡大を狙うソーシャルコマース市場の魅力と展望とは?(2022/12/20)

「KOL Radar」が日本で本格展開:
D2Cの越境ビジネスを支えるインフルエンサーマーケティング、科学的に進めるには?
台湾のスタートアップ企業iKalaは、AI技術で企業のインフルエンサーマーケティングを支援するプラットフォーム「KOL Radar」を提供する。(2022/11/17)

今日のリサーチ:
2023年のソーシャルメディアマーケティング市場は1兆899億円、前年比117%の見通し――サイバー・バズ調査
サイバー・バズはデジタルインファクトと共同で、企業によるソーシャルメディアを活用したマーケティング目的の年間支出額を推計、予測しました。(2022/11/2)

Marketing Dive:
InstagramとTikTokをインフルエンサー目線で比較、勝者は?
2022年もInstagramがインフルエンサーマーケティングの王者となる見込みだ。TikTokとの競争が激化する中でInstagramをはじめとする各社はどのような施策を打つのか予測する。(2022/10/18)

なぜ中国ではないのか:
台湾の有力スタートアップがいま、日本を目指す3つの理由
台湾の有力なスタートアップが近年、相次いで日本進出を果たしている。今夏、新興30社超が東京に集い、台湾政府が後援する日台スタートアップ交流イベントも催された。なぜこのタイミングなのか。そして、巨大なマーケットを持つ中国ではなく、日本を目指す理由は何なのか。(2022/9/11)

1億超の楽天IDを活用した新たなデータソリューションの研究・開発:
楽天と博報堂DYホールディングスが新会社「楽天データソリューションズ」を設立
両社のデータと知見を活用し、新たなデータソリューションを研究・開発する。(2022/9/1)

楽天Gと博報堂、データビジネスで協業 新会社「楽天データソリューションズ」設立
楽天グループは博報堂DYホールディングスとデータビジネスを手掛ける新会社「楽天データソリューションズ」を設立したと発表した。(2022/9/1)

メタバース就活フェスってどんな感じ? 企業とユーザーをつなぐ「METANAVI」に参加してみた
メタバースに多くの企業・自治体が参加する昨今、企業活動の中でも重要な人材獲得をVRで行う試みが増えてきています。(2022/7/26)

GM、McDonald's、Targetのデジタルマーケティング戦略【中編】
マクドナルドがBTSとコラボした“深い理由”
デジタルチャネルの充実は、企業のマーケティング方針を大きく変え始めている。McDonald'sが進めたアーティストとのコラボレーションも、こうした変化を意識した取り組みだという。どういうことなのか。(2022/6/22)

SDGsへの興味関心の高まりを感じさせるワードも:
今後伸びるビジネスは「音声SNS」「空飛ぶ車」「人生100年時代」など 日経BP調べ
日経BPは「トレンドマップ 2022上半期」を発表した。2022年はどんなキーワードが注目されるのだろうか。今後伸びるビジネスは「音声SNS」「空飛ぶ車」「人生100年時代」など。(2022/5/6)

Marketing Dive:
脱インフルエンサー依存 ショート動画で売り上げを生む方法――TikTokとInstagramの“二刀流”入門【後編】
クリエイターエコノミーは拡大する。マーケターはフォロワー数頼みのインフルエンサーマーケティングだけでなく、より一般人に近いクリエイターが生み出す一口サイズのカジュアルな動画の活用に注目すべきかもしれない。(2022/4/4)

Marketing Dive:
イケてないブランドでも成功をつかむには?――TikTokとInstagramの“二刀流”入門【前編】
TikTokの人気が高まっている。ブランドはこのプラットフォームの良さを認識するとともに、マーケティング戦略に組み込む方法を知る必要がある。それはB2CだけでなくB2Bであってもだ。(2022/4/1)

賭博疑惑には明言避ける:
ライバーの飯田祐基会長、違法賭博疑惑で辞任 提携先のUUUM「違法行為関知してなかった」
ライブ配信事業などを手掛けるライバーは創業者の飯田祐基会長が辞任したと発表した。飯田会長に浮上していた違法賭博疑惑を受けての対応とみられる。同社は一連の疑惑について「一切の関与をしておらず、関知もしていない」としている。(2022/2/22)

コネクテッドTV(CTV)、ポッドキャスト、スーパーアプリ他:
マーケターなら知っておきたい2022年モバイル市場における5つの予測
2022年のモバイルアプリ市場はどうなるのか。Adjust日本法人のゼネラルマネージャーとAdjust本社の各リーダーが解説する。(2021/12/17)

「あなたのブランド買い取ります」 Amazon出品者を買収して海外展開するセラシオが日本上陸
Amazonなどで物販を行っている中小中堅の業者を買収して、海外展開などを行い事業を成長させる取り組みをしている企業がある。米国で急成長し、2021年から国内での活動も本格化させたセラシオだ。(2021/10/7)

拡大する影響力:
インフルエンサーの投稿を見て商品を購入した経験のある人は2割 購入する理由は?
ネオマーケティング(東京都渋谷区)は、「インフルエンサーとフォロワーの関係」についての調査を実施した。インフルエンサーの投稿を見て商品を購入する理由、何人のインフルエンサーをフォローしているのかなどを聞いた。(2021/9/13)

直近3カ月の調査:
約8割のインフルエンサー、Clubhouseを「全く利用しない」 理由は?
LIDDELLはインフルエンサーに直近3か月のSNS利用状況の変化を調査した。Clubhouseは大きく減少した。その理由はなぜか。音声SNSの今後はどうなるか。一方、利用率が伸びたSNSもあったようだが、それは?(2021/8/11)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
インフルエンサーの影響度 国別ランキングで日本が最下位
商品購入時の意思決定において、ソーシャルサークルの意見は重要な情報源です。今回は、世界の人々がインフルエンサーにどれだけ影響を受けているか(インフルエンサーがどれだけインフルエンスしているか)を、国別に見てみましょう。(2021/6/25)

SNS活用などデジタルマーケ特化の転職エージェントサービス サイバーバズが提供
企業のSNSアカウントの運用やインフルエンザ―マーケティングを手掛けるサイバーバズの子会社が、デジタルマーケティングのスキルを持った人材に特化した転職エージェントサービスを始めた。業界初だという。(2021/6/21)

「食」から見る消費:
料理系インフルエンサーが語る 「巣ごもり」で増大した自炊ニーズの先に見える消費トレンドとは?
コロナ禍で「巣ごもり」を強いられた人々の行動変化の一つが「自炊」への関心の高まりだ。料理系インフルエンサーが感じたこれまでとの違いとは何か。(2021/3/23)

今日のリサーチ:
インフルエンサーをアンフォローする理由――WOMマーケティング協議会調査
調査対象の半数以上がインフルエンサーをフォローした経験を持ち、そのうち31%が、アンフォローしたことがあると回答しています。フォローした当初とアンフォローしたころで変わった点とは何だったのでしょうか。(2021/3/22)

UUUMとAnyMind Group、業務提携に基本合意 インフルエンサー業界の再構築へ
包括的・戦略的パートナーシップによるクリエイター・インフルエンサー業界の再構築を⽬指す。(2021/3/15)

今日のリサーチ:
2020年のソーシャルメディアマーケティング市場は5519億円に――サイバー・バズ/デジタルインファクト調べ
ソーシャルメディアマーケティング市場は順調に成長しているようです。(2020/10/15)

これからの広告の定石を語る(後編):
好意度と購入意向を10倍以上にした「局所的熱狂」をどう生み出すか
成功する広告は他と何が違うのか。マーケターが押さえておくべき新しい広告戦略の定石と注目のマーケティング手法について、最新事例とともにマーケティング戦略の専門家が解説する。(2020/9/17)

日本企業も「まね」できるか:
「おじさんCEOライブ」大人気!?……日中企業、ECマーケティングで大差がついた訳
中国で活況のECマーケティング。規模に加えCEOライブなど日本に無い先進性も。日中でなぜ差がついたか、中国マーケティングの専門家に聞く。(2020/8/31)

弁護士が解説!知財戦略のイロハ(5):
こんな広告活動には要注意! 比較広告や「ステマ」に潜む法的リスクとは
本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略の構築を図るモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を基礎から解説する。今回はモノづくり企業が広告活動を展開する上で留意すべき、比較広告やステルスマーケティングなどの諸問題点について解説する。(2020/8/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。