ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「保険金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「保険金」に関する情報が集まったページです。

製品動向:
NTTドコモとSAPジャパン、中小建設業者向け経営情報の一元化システムの開発に着手
NTTドコモとSAPジャパンは、中小建設企業向けのクラウド統合基幹業務システム「ランドログERP」の共同検討を進めている。今後は、現場での検証に協力してもらえる試験導入企業と、金融や人事など他のシステムも統合するためパートナー企業を募り、2020年度下期の提供開始を目指す。(2020/4/6)

デジタル時代も顧客とのつながり大切に 三井ダイレクト損害保険社長のスマホ活用
三井ダイレクト損害保険は、メガ損保「MS&ADグループ」の中で唯一、顧客との直接的な接点を持つという特徴を持った企業だ。同社は顧客とのつながりを重視し、スマートフォンを活用した顧客アプローチを今も積極的に行っている。(2020/4/6)

結婚式にもコロナの影 「キャンセル料」訴訟も激増か
新型コロナウイルス感染の影響で、カップルが挙式を行うかどうかでもめた末に結婚自体が破談になる“コロナ離婚”が起きていることが分かった。(2020/4/4)

自動車事故の責任割合、AIがドラレコから自動判定――東京海上日動が導入
東京海上日動火災保険は、事故対応などをサポートする自動車保険の特約サービスに、ドライブレコーダーの映像などを基にAIが自動車事故の責任割合を自動判定する「事故状況再現システム」を導入する。事故の迅速な解決と保険金の支払いにつなげられるという。(2020/3/18)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
円安・株安はなぜ起きた? 日本はもはや「スタグフレーション入り」したのか
「円安になると株価は上がる――」。この法則がいまや崩れようとしている。景気が後退しているにも関わらず物価が上昇する状態を、スタグフレーションという。通常、景気が悪い中で物価が上がる場面は限定的であるが、今回においては消費税の増税による半ば強制的な物価の押上げが、これを現実のものにするかもしれない。(2020/2/28)

「サイバーセキュリティ保険」を賢く契約する【後編】
「サイバーセキュリティ保険」の落とし穴と、契約時の8大チェック項目とは?
「サイバーセキュリティ保険」を選定、契約する際に確認すべきこととは何か。契約時に頭に入れておくべき“落とし穴”とは。簡潔に紹介する。(2020/2/28)

イベント中止保険、新型肺炎は補償外 主催者泣き寝入りか
新型肺炎の流行で、多くのイベントが中止に追い込まれる中、「興行中止保険」に注目が集まっている。しかし、感染症の場合は保険が適用されない。事前に補償内容に感染症を含めるなどの対策が必要だ。(2020/2/26)

ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
2019年は「比較的平和な一年」……では今年は? 産業制御システムのセキュリティを見通す
産業制御システムへのサイバー攻撃について、JPCERT/CCの宮地利雄氏は「2019年は比較的平和な一年だった」と振り返る。しかし20年も平穏とは限らない。同氏が「制御システムセキュリティカンファレンス 2020」で、今後の変化を見通すヒントを紹介した。(2020/2/26)

「サイバーセキュリティ保険」を賢く契約する【前編】
いまさら聞けない「サイバーセキュリティ保険」とは? メリットと課題を解説
「サイバー攻撃は経営に直結する重大なリスクだ」という認識が広がりつつある中、にわかに注目を高めているのが「サイバーセキュリティ保険」だ。どのような保健なのか。契約前に確認すべき注意点とは。(2020/2/13)

がんになった人の保険金を加入者が分担 P2P保険の「わりかん保険」が開始
インシュアテック事業を営むjustInCaseが、1月28日からP2P保険の「わりかん保険」の提供を開始した。これは、保険加入者の中からガンになった人が出たら、保険金を渡し、その費用を加入者全員で割って支払うという仕組みの保険だ。(2020/1/28)

古田拓也「今更聞けない金融ビジネスの基礎」:
かんぽ事件で揺れる保険業界 復活のカギはLINEの「贈るほけん」にあり
かんぽ問題で浮き彫りになった保険ビジネスの課題と、保険ビジネスの成長に関して開拓が期待される新しい市場とは何か。人口減少と価格競争が激化する日本の保険市場では、保健事業を伸ばすのは難しい。そこでダイレクトに保険事業に参入するのではなく、贈答マーケットを狙うのがLINEほけんだ。(2020/1/10)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIが瞬時に株取引、為替暴落の危険も 金融業界で進むAIの取り組み
他業界に比べてAI導入が進む金融業界。自動株取引や不正検知など、実際のAI活用事例を紹介する。(2019/12/13)

欧米と日本の“いいとこ取り”でIT化を加速 ライフネット生命のCIOが取り組む、システム内製化への道
急速なビジネス環境の変化に追いつけるシステムを――。そんなミッションのもと、ライフネット生命のCIOに就任した馬場靖介氏。外資系企業での経験を生かした、欧米と日本の“いいとこ取り”で進めるトランスフォーメーションとはどのようなものなのか。(2019/12/13)

【経済インサイド】かんぽ生命、販売減でも増益 企業決算「上方修正」の不思議
 保険商品の不適切販売問題を受け、営業を自粛しているはずのかんぽ生命保険が、令和2年3月期の連結最終利益予想を従来の930億円から1340億円に上方修正した。新規の契約件数は当然、大幅に減少する見込みだが、逆に利益が予想より増える不思議な現象だ。どのようなカラクリがあるのだろうか−。(2019/11/25)

日本生命、PCやスマホから給付金請求できるように 電子化で1億5000万円のコスト削減
日本生命保険は給付金請求をパソコンやスマートフォンから申し込めるようにする。電子化で年間約1億5千万円のコストが削減できるという。(2019/11/25)

インテリジェントプロセスオートメーション入門【後編】
次世代RPA「インテリジェントプロセスオートメーション」の3大用途と導入方法
RPAよりも高度な作業を自動化できる「インテリジェントプロセスオートメーション」には、どのような用途があるのか。カスタマーサービスと保険金請求処理、コンプライアンスの3つの用途を説明する。(2019/11/20)

スマホで撮影、AIが約30秒で自動車修理費を自動見積もり――損保ジャパン、自動車保険の補償額見積もりサービスを開始
損害保険ジャパン日本興亜は、自動車保険契約者向けの事故対応サービスとして、スマホで撮影した事故車両の画像からAIが概算修理金額を見積もりする「SOMPO AI修理見積」を公式LINEアカウント内で開始した。約30秒で修理金額が分かり、保険金支払い手続きも30分程度に短縮できる。(2019/11/11)

自動車のキズ、へこみをAIが解析 30秒で修理費用を見積もるサービス開始
損保ジャパン日本興亜とイードリーマーが、損傷を受けた自動車の画像をAIが解析して修理費用を見積もるサービス「SOMPO AI修理見積」始めた。キズやへこみの画像をAIで解析し、30秒で修理費用を自動見積もりする。(2019/11/8)

データで保険金詐欺と戦え 日本損害保険協会の挑戦
全国の損害保険データを集約し、厳格に管理しながら、不正な保険金請求の防止にどう活用するか――。そんな課題に向き合う日本損害保険協会の担当者に話を聞いた。(2019/10/28)

281人を容疑者として逮捕
ランサムウェアを超える勢いの「ビジネスメール詐欺」(BEC) FBIの推奨策は
2016年6月から2019年7月にかけて、世界のビジネスメール詐欺(BEC)の被害総額が260億ドルに達したことを米連邦捜査局(FBI)が明らかにした。さらに、BECに関わった容疑のある281人を逮捕したという。(2019/10/21)

この頃、セキュリティ界隈で:
身代金5億円要求も 増長するランサムウェア、被害止まらず
データを人質にされるランサムウェアの対策は?(2019/10/17)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが斬る! “予防”というインセンティブなき「国民皆保険の欠陥」
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は堀江氏の国民皆保険への見解についてお届けするとともに、糖尿病予防につながるインセンティブの可能性を探る。(2019/10/12)

第一生命、「Azure×IBMメインフレーム」のハイブリッドクラウド導入 データ保護と拡張性を両立
第一生命保険が、「Microsoft Azure」と日本IBMのメインフレームなどで構成されるハイブリッドクラウド基盤を構築し、運用を始めた。個人情報を保護しつつ、システムの拡張や運用を効率化する狙い。API連携を通じて、子会社などとの外部連携を強化する目的もある。(2019/10/10)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが課題だらけの医療業界を斬る! 「大学の医学部で経営も教えるべき」
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は医療業界の課題を指摘するとともに、一般の人が気付いていない糖尿病の怖さについて語った。(2019/10/11)

自動化でミスを防ぐ効果も
医療機関こそ「自然言語処理」(NLP)を生かすべき理由と事例
医療機関で生まれるデータは、活用しにくい非構造化データであることが少なくない。自然言語処理(NLP)技術を利用すれば、この未開拓の情報源から、診療に関する有益な洞察が引き出せる可能性がある。(2019/9/24)

ライドシェアのユーザー向け、スマホで加入できる保険サービス開始
ライドシェアサービス「nori-naマップ」を運営するZERO TO ONEは、ライドシェア同乗中の事故やトラブルに備えた短期レジャー保険サービスを開始する。(2019/8/19)

第一生命、スマホで完結できる保険 チャットで契約、電子マネーで保険料支払いと給付金受取にも対応へ
チャット形式で保険の加入や保険金の請求手続きが行えるWebアプリを第一生命保険が開発。8月15日から提供を始める。(2019/8/14)

日本の映像業界への危機感 ドラマ「スカム」原祐樹に聞く“クリエイティブとビジネスの溝”
「企画プロデュース」「脚本原案」「監督」を務めた原さんに聞きました。(2019/8/14)

車両から得られるデータを活用して事故処理を自動化 あいおいニッセイ同和損保
あいおいニッセイ同和損保は、「テレマティクス損害サービスシステム」を開発した。車両が受けた衝撃からAIが事故を検知し、保険会社から顧客に能動的に連絡して事故処理を進める。(2019/8/13)

モビリティサービス:
事故発生を自動検知し周辺状況も把握する自動車保険、支払いまでの期間も半減へ
あいおいニッセイ同和損保は、テレマティクス技術を活用した新たな事故対応サービス「テレマティクス損害サービスシステム」を開発した。システム導入による効果として、これまで対物賠償保険金の支払いまでにかかっていた時間を約50%短縮できるという。(2019/8/13)

スピン経済の歩き方:
かんぽ不正を「過剰なノルマ」で、片付けてはいけない理由
詐欺的販売手法が明るみに出たことを受け、日本郵便はかんぽ生保の営業目標やノルマを廃止するという。このようなニュースを聞くと、日本郵便が「利益市場主義」に陥っていた印象を受けるが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違った見方をしていて……。(2019/7/30)

19年「自動車保険の契約者満足度」ランキング ダイレクト系1位は2年連続でソニー損保
価格志向が強まっているとのこと。(2019/7/10)

「フリーランス」は老後をどう設計するべきか
ITライターの小寺信良さんは55歳。老後をどう設計するのか。(2019/7/10)

収益サイクル管理やIoTで成果
医療機関が「RPA」を導入すべき用途とは? 医療事務の専門家に聞く
ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、医療を含めたさまざまな業界で活躍し始めている。本稿は医療分野におけるRPAの用途について、医療事務の専門家が説明する。(2019/7/3)

日本法人設立のThoughtSpot、他社のセルフサービスBIツールとの決定的な違いは?
データ分析プラットフォームのThoughtSpotは、これまでになかったセルフサービスBI製品だという。本当にそうなのだろうか。他のセルフサービスBI製品との違いを、独自の視点で探ってみた。(2019/6/27)

長谷川京子×水野美紀×玄理×大政絢 金10「ミストレス 女たちの秘密」男性陣が怖すぎる、距離感が狂ってる
女4人の関係は浅くもないが深くもない。(2019/4/26)

“対話のコツ”を学習したAIが保険金サービスの電話応対をガイド――損保ジャパン日本興亜、NTT Comと共同開発
損保ジャパン日本興亜は、NTTコミュニケーションズのAI技術を活用し、保険金サービス拠点の電話応対を支援する「電話応対ガイドAI」を開発する。対話品質が高いオペレーターの“対話のコツ”を学習したAIが、通話中の顧客の感情をリアルタイムで分析し、次にかけるべき言葉など、適切な対応をガイドする。(2019/4/18)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
テレワークでの情報漏えいやデータ消失リスクを回避する「保険付きPC」とは?
働き方改革の一環としてテレワークが普及する一方、持ち出しPCのデータ消失や情報漏えいといったセキュリティリスクはいまだ課題として残っている。その回避手段として注目されるのが、「テレワーク保険」が付帯されたノートPCだ。(2019/3/27)

LINEで贈れるワンコイン地震保険 震度6弱以上で1万円相当のLINE Pay残高を支払い
LINE Financialと損害保険ジャパン日本興亜が、家族や友人に少額の地震保険をスマホで贈れるサービス「贈るほけん 地震のおまもり」を始めた。(2019/3/12)

セキュリティはプロセスであって、製品ではない
「AIセキュリティ製品」を万能だと思ってはいけない、これだけの理由
ITリーダーはセキュリティレベルを引き上げる手段として、AI技術に注目している。AI技術はどの程度のセキュリティを提供できるのか。AIセキュリティ製品の利点と、現状の限界について解説する。(2019/3/8)

使い方を誤れば判断ミスを増やす恐れ
期待にはまだ届かない人工知能(AI) それでもビジネスに導入するには
人工知能(AI)技術は万能薬ではない。ビジネスにAI技術を利用するのであれば、その限界を知っておく必要がある。AIを有効活用するためのシステム構築のポイントについて説明する。(2019/3/7)

宇宙関連ビジネスの基盤にも:
正式提供開始の衛星データプラットフォーム「Tellus」とは、どんなサービスか
さくらインターネットが2019年2月21日に提供を開始した、誰でも無償で衛星データを活用し、分析・開発ができるクラウドサービス「Tellus(テルース)」とはどのようなものなのか。まとめてお伝えする。(2019/2/26)

負債総額30億円:
韓国の仮想通貨取引所が破産、幹部の横領が原因? 過去には保険金詐欺の疑惑も……
韓国の仮想通貨取引所CoinbinのパクCEOは2月20日、同取引所が2600万ドルを上回る負債を抱え破産したことを発表。破産の一因は同社の複数の幹部による横領だという。CCNが報じた。(2019/2/25)

ケースマネジメントによる業務改善について解説
RPA導入に失敗する企業がやりがちなこと
RPA型botはすぐに導入でき、それでいて営業利益の改善という結果を示すことができる。しかしRPAは、新しいタイプの顧客や需要に合わせて現行プロセスを見直すことが必要なときには適していない。(2019/2/22)

何のための保険なのか:
マンションの「個人賠償責任保険」って、不思議な商品
あまり一般には馴染みがないが、マンション管理組合が加入する「個人賠償責任保険(または個人賠償責任補償特約)」という保険(または保険特約)がある。近年大幅値上げされているようだが、その商品設計は一種不可思議なものである。(2019/2/21)

PR:海外子会社のIFRS16適用を! 会計基準をグローバル統一する“最短”手法とは
ついにIFRS16の適用年度となる2019年が到来した。残された期間がわずかな中、作業が山場を迎える企業も多いことだろう。だが、たとえ対応作業を完了しても次の課題が待ち受けている。それが、海外子会社も含めた会計処理のIFRS16への統一だ。(2019/2/14)

安全システム:
事故の責任割合確定を60日から1週間に短縮、通信ドラレコとAIの自動判定で
損害保険ジャパン日本興亜は2019年2月8日、ドライブレコーダーの映像をAI(人工知能)技術で分析して、自動車事故の責任割合を自動算定するシステムを開発すると発表した。同社とドライブレコーダーの映像解析を得意とするジェネクストとの共同開発で、2019年内のリリースを予定している。2019年8月までに開発を終える計画だ。(2019/2/13)

Gartner Insights Pickup(95):
“感情AI”技術、気付きにくい13の活用法
“感情AI”は企業の顧客エクスペリエンス向上やコスト削減にどう役立つのか。さまざまな業界における、13の気付きにくい活用方法を紹介する。(2019/2/8)

つまずいた「3つの課題」も共有:
「RPAで40万時間削減」を掲げた損保ジャパン、導入後1年でどれだけ削減できたのか?
RPAの大規模導入が進む保険業界で、年間40万時間の削減を掲げた損保ジャパン。導入から1年がたち、目標としていた40万時間の削減には成功したのか? 同社が導入プロジェクトの全貌やその成果、そして乗り越えてきた課題について語った。(2019/2/6)

個人投資家列伝(5):
筋トレも投資も、効率性よりも「続けること」が重要 虫とり小僧さん
投資マニア的に、最適なアセットアロケーションを計算したり、少しでも安い信託報酬のファンドを探したりとこだわってきた虫とり小僧さんだが、あることをきっかけに手間をかけずに「続けること」を再重視するようにスタイルが変わったという。(2019/1/29)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。