ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「金利」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「金利」に関する情報が集まったページです。

都内のマンションは:
海外で不動産価格が下落しているが、日本はどうなる?
世界的に金融引き締めの季節に入ったようだ。先頭を行くのは米国。日本との金利差は開くばかりだ。それにつられて、韓国も渋々ながら利上げに踏み切っている。EUも11年ぶりに金利を引き上げた。(2022/8/8)

ドコモ、個人向けに「dスマホローン」を提供 最大年率3.0%の金利優遇
NTTドコモは、個人向けローンサービス「dスマホローン」を提供開始。dカードや対象の回線契約など、同社が提供するサービスの利用状況に応じて最大年率3.0%の金利優遇を受けられる。(2022/7/20)

金利が上がれば価格は下落 日本の都心マンションもいまや「夜明け前」か
 ウクライナ戦争を主因とするエネルギー価格の高騰は、ほとんどすべての工業製品の製造コストを上昇させた。その結果、世界的なインフレを招いている。(2022/6/28)

円安加速、136円台に 背後に日本国債ショートの投資家の影
6月14日〜15日に米FRBが決定したFOMCでの0.75%利上げに続き、スイス、英国も利上げを決定。かたや日銀は超低金利政策を維持。ここにきて日本国債売り(ショート)を仕掛ける投資家も。日銀頼みの悪い円安加速への金融政策は通用しきれるか。(2022/6/27)

新生銀行、定期預金金利を0.2%に 金利アップで口座数拡大目指す
新生銀行は6月1日に、個人向けの定期預金金利の引き上げを行った。1カ月ものの円定期で0.20%と業界最高水準をうたう。4月末の金利は0.01%だったが、その後0.10%に引き上げた。今回、さらにその2倍の水準とする。(2022/6/2)

au じぶん銀行、「住宅ローン金利引下げキャンペーン」を実施
 au じぶん銀行は6月1日より、「全期間引下げプラン 変動金利」と「当初期間引下げプラン 固定35年」の金利引下幅を拡大する「住宅ローン金利引下げキャンペーン」を実施する。(2022/6/2)

野村とLINE証券、利率2.5%の個人向けデジタル社債 狙いは若年層向けマーティング
野村證券とLINE証券は5月31日、個人向けの公募引受型デジタル債を手掛けると発表した。投資運用会社のスパークス・グループが発行した社債を、野村證券が引き受けBOOTRYのブロックチェーンプラットフォームibetを用いてデジタル化。LINE証券が、個人投資家向けに販売する。(2022/5/31)

みんなの銀行、金利0.10%に引上げ プレミアムユーザーには0.30%
みんなの銀行は5月23日、貯蓄預金の基準金利を従来の0.03%から0.10%に引き上げると発表した。さらに有料のプレミアムサービス利用者には、0.20%を上乗せして0.30%とする。(2022/5/23)

産業動向:
住宅ローンは変動金利型が7割、前年度から6.9ポイント増加
国土交通省が行った令和3年度の民間住宅ローンの供給状況の実態調査によると、個人向け住宅ローン新規貸出額の金利タイプ別割合は、「変動金利型」が前年度より6.9ポイント増の70%と最も多かった。(2022/5/19)

5大銀の最終利益3割増、2兆6467億円
5大銀行グループの令和4年3月期の決算が16日、出そろった。5社合計の連結最終利益は前期より3割多い2兆6467億円と4期ぶりの高水準となった。三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)が45.5%増の1兆1308億円と過去最高を更新するなど4社が増益を確保した。ただ、ロシアのウクライナ侵攻や米国の金利上昇(債券価格の下落)などのリスクが顕在化しており、各社は金融環境の急変に身構える。(2022/5/17)

住宅ローンはゆっくり完済したい派が多数:
金利は上昇見通しも、変動金利が依然人気
オンライン住宅ローン比較サービス「モゲチェック」を運営するMFS(東京都千代田区)は、住宅ローンの返済不安や金利見通しに関するアンケートを実施し、変動金利が3年以内に上昇すると考えている人は64%となった。(2022/5/12)

調査で判明:
高額な買い物はリボ払い派多数も 利息の計算はしている?
お金に関するメディア「お金を借りる即日融資ガイド110番」を運営するタンタカ(東京都江東区)は、リボ払いに関するアンケートを実施し、リボ払いをする前に支払う利息や手数料を、74.3%の人が計算しないまま利用していることが分かった。(2022/5/9)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
金利ショックで膨れ上がる債務コストー最大の影響は日本ー
金融引き締め政策はすでに膨れ上がった債務返済コストを一段と増やす恐れがあり、インフレとの戦いのために利上げを実施しようとしている中央銀行が巻き添えを食ってしまう危険性があります。(2022/4/28)

利上げに動けぬ日銀 口先介入も円売り加速
20日の外国為替市場で円相場が一時1ドル=129円台に下落した。円安抑制に動けない日本銀行の足元を投機筋に見透かされているためだ。急激な為替変動の悪影響を意識しながらも、景気の腰折れと政府の利払い費増加を招く金利上昇は認められない。利回りを指定して国債を無制限で買い入れる「指し値オペ」で金利を抑え込めば、日米の金利差拡大で円安はさらに進みかねず、ジレンマが日銀を苦しめる。(2022/4/21)

返済額が上がって:
パワーカップルは大丈夫なのか? 住宅ローン金利の落とし穴
日本銀行の金融政策が、世界的に見てかなり異質である。日銀は3月の29日から3日間、「連続指値オペ」と呼ばれる措置に踏み切った。これは「何が何でも金利を上昇させないぞ」というシグナル。それもあって、一時約20年ぶりに1ドル=126円台まで値下がりした。(2022/4/18)

530に聞いた:
ネット銀行の総合満足度ランキング、2位は「PayPay銀行」 1位は?
女性を対象にインターネット銀行に関する調査を実施した。インターネット銀行を利用際に重視するポイントは「金利」「ポイント」など。総合満足度が最も高かったネット銀行は?(2022/4/16)

ふくおかFGの五島新社長インタビュー「客本位、収益上げ続ける」デジタル化軸に変革
マイナス金利政策の長期化など金融機関にとって厳しい経営環境が続く中、持続的な成長に向けて「顧客本位を徹底し、収益を上げ続ける」などと抱負を語った。(2022/4/7)

値上げの条件がそろっているのに:
なぜ焼肉の和民は「値下げ」戦略をとるのか
世界的なインフレ傾向は続くだろう。背景にコロナ禍の財政支出による通貨の供給過剰や、ロシアのウクライナ侵攻でエネルギー価格の上昇がある。さらに日米の政策金利差と、日本の経常収支の赤字で円安危機も加速するだろう。外食産業は、値上げの条件がすべてそろっているのが現実だ。(2022/3/30)

期日続々:
なお迫る“巨額返済Xデー”ロシア、国債利払いでデフォルトひとまず回避も
16日に利払い期限を迎えたドル建てロシア国債について、保有者がドルで利子を受け取ったことが17日、分かった。欧米の金融制裁の影響でロシア政府が利払いができずに債務不履行(デフォルト)に陥る事態はいったん回避されたが、今後も利払いや元本など巨額返済の期限が次々に迫り、デフォルト危機は続く。(2022/3/19)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
日本にも“金利上昇”到来で、住宅ローン契約者の4人に1人が破たん予備軍に?
金利市場は日銀の利上げをやや織り込みはじめている。住宅ローンをはじめとしたさまざまな「金利」のベースラインが上がるイベントである「利上げ」。これが日本で実現する日がくれば、主に住宅ローンを組んでいる国民にとって大きな痛手となり得る。(2022/3/18)

10年固定住宅ローン、11年目以降の金利が1番安い銀行は?
 MFS(東京都千代田区)の運営するオンライン住宅ローン比較サービス「モゲチェック」は、10年固定の住宅ローンにおける11年目以降の金利の調査を実施した。その結果、11年目以降の金利が一番低い銀行は、「みずほ銀行」であることが分かった。(2022/3/14)

ヤマダデンキ、Mac・iPadの残価設定ローン開始 初回は半額で提供
 ヤマタテンキは3月7日、MacおよびiPad購入時の新プラン「ヤマダの無金利分割+選べる購入」の提供を、3月11日より全国338店舗において開始すると発表した。購入日から24カ月以内の製品返却により、最終回支払分の支払いが不要となる。(2022/3/9)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
金利ショックで膨れ上がる債務コスト、最大の影響は日本
金融引き締め政策はすでに膨れ上がった債務返済コストを一段と増やす恐れがあり、インフレとの戦いのために利上げを実施しようとしている中央銀行が巻き添えを食ってしまう危険性があります。(2022/3/7)

楽天証券「いちにち信用」の金額制限撤廃 SBIに追随
楽天証券は3月14日約定分から、一般信用取引における「いちにち信用」の買方金利と貸株料を無料化すると発表した。(2022/3/1)

少額でも金利ゼロ SBI証券、日計り信用の金額制限を撤廃
SBI証券は3月1日から、一般信用取引における「日計り信用」の買方金利および貸株料を無料化すると発表した。従来から取引手数料は無料となっており、今回の施策により基本的にコストなく取引が可能になる。(2022/2/28)

住信SBIネット銀行、銀証連携強化 SBI証券にNEOBANKサービス提供
住信SBIネット銀行とSBI証券が、銀行と証券口座を連携させたサービス(銀証連携)の強化に乗り出す。これまでも、SBIハイブリッド預金という形で、口座間自動送金や優遇金利などのサービスを提供してきた。1月28日からは、「SBI証券NEOBANK」サービスを開始する。(2022/1/28)

金利が上がっても株価は下がらない? 「今の株価は下がりすぎ」
日米ともに株式相場が下落している。しかし日興アセットマネジメントの神山直樹チーフ・ストラテジストは、「金利が上がると株価が下がる類いの話は、さほど重要ではない」と話す。本来は、政策金利の引き上げは株価には影響しないというのだ。(2022/1/26)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
FOMCの動きに注目 金融政策の前倒しが意識【動画】
先週公表されたFOMC議事要旨では想定より早いBSの縮小が議論され、金融政策の前倒しが意識され米長期金利は連日大きく上昇、ハイテク株は売られナスダックは連日下落しました。(2022/1/12)

アプリは431万ダウンロードを突破:
りそなホールディングス南昌宏社長が語る コロナ禍でも業績好調の理由
りそなホールディングスは2022年3月期の中間決算を発表。銀行本来の業務からの利益である「資金利益」「フィー収益」「その他業務利益」の合計である業務粗利益は、前年同期比58億円増の3231億円で、親会社株式に帰属する中間純利益は同244億円増の808億円だった。同社の南昌宏社長にコロナ禍でも好業績の理由や今後の戦略を聞いた。(2022/1/8)

楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジ、優遇金利を0.04%に縮小
楽天銀行は、楽天証券との口座連携サービス「マネーブリッジ」において、従来一律0.1%としていた普通預金金利を、2022年4月から引き下げる。300万円を超える残高について、0.04%に縮小する。(2021/12/29)

メガバンクに金利1%でお金を貸せる Fundsが「Money Canvasファンド」
貸付型クラウドファンディングを行うFundsを運営するファンズ(東京都港区)は12月24日、三菱UFJ銀行を借り手とする「Money Canvasファンド#1」を公開した。金利は年率で1%、期間は11カ月。1億円ずつ2月上旬まで、計3億円を募集する。(2021/12/24)

住信SBIネット 円定期預金1カ月もの、年20%特別金利キャンペーン実施
 住信SBIネット銀行は11月8日より、「円定期預金特別金利20%キャンペーン」を実施すると発表した。パートナー企業と提供している提携NEOBANKサービスの幅広い認知を目指す。(2021/11/9)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“画期的”楽天ポイント利息、原資はポイントの改悪分?
楽天グループは18日、預けるだけで預金金利のように楽天ポイントが増える「楽天ポイント利息」の提供開始をアナウンスした。一度で最大50万ポイントまでポイントを預けることができ、月利にして0.009%、年0.108%ずつポイントが増えていくサービスである。楽天ポイント利息は「元本保証で、減少することはありません」と明記されている点で画期的である。(2021/10/22)

「楽天ポイント利息」スタート、年利0.108%で預金を体験 主要共通ポイントでは初
楽天グループが「楽天ポイント利息」の提供を始めた。楽天IDを持つユーザーが任意のポイントを預け入れると、月利0.009%(年利0.108%)分を還元する。(2021/10/18)

預け入れたポイントを増やせる「楽天ポイント利息」開始 利率は年0.108%
楽天グループは、預け入れたポイントに対して所定の利率に応じたポイントを増やせる「楽天ポイント利息」を提供開始。預入は100ポイント以上から1ポイント単位で可能となり、利率は年0.108%(月0.009%)。(2021/10/18)

楽天ポイントに利息付与 年率0.108% 共通ポイント初
楽天グループは10月18日、楽天ポイントを預け入れると値率0.108%の利息が付く「楽天ポイント利息」を開始した。専用ページから100ポイント以上を預け入れられ、1ポイント単位で即時引き出しもできるようにした。毎月末日時点で預け入れているポイントに、月間0.009%のポイントを、翌月5日に付与する。(2021/10/18)

円安加速114円台に 3年ぶり
10月15日、ドル円相場は114円を超え、2018年11月以来、約3年ぶりの円安水準となった。年初からは約10%下落した。インフレ懸念が強まり、米国の金利が上昇しているのが背景にある。(2021/10/15)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米長期金利は上昇、米債務上限問題や供給網の混乱が重荷。インフレの長期化も懸念事項に
債務上限問題やサプライチェーンの混乱が重荷となり、ダウは月間で昨年10月以来の下落率となりました。先週のFOMCで量的緩和縮小の前倒しが示唆されてから、1週間を通じて米長期金利の急ピッチな上昇が目立ちました。(2021/10/5)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】FOMCは無難に通過、利上げ見通しや中国恒大集団問題の不安後退など背景に米長期金利は上昇
中国恒大集団の経営不安の高まりは依然として払拭されていませんが、金融システムや中国経済への悪影響はひとまず回避できるとの見方が広がっています。(2021/9/28)

石川温のスマホ業界新聞:
auじぶん銀行が通常の200倍となる金利優遇策を発表 ――「2年縛り」を総務省に塞がれる中、金融商品での囲い込みが本格化
auじぶん銀行が、au PAYとの口座連携をすると円建ての普通預金口座の金利を0.2%(税引き前)とする優遇プログラムを開始した。総務省の政策の影響もあり、今後は金融サービスを使った「囲い込み」が増えそうな状況だ。(2021/9/3)

auじぶん銀行、円普通預金の金利を0.2%に au PAYなどの連携で優遇
auじぶん銀行が、auの金融サービスと連携することで、円普通預金の金利を0.2%とする優遇施策を9月1日に開始する。au PAYやau PAY カードなどと口座連携することが条件。au PAY 残高からauじぶん銀行に自動的に資金を移動する払出機能も提供する。(2021/8/26)

auじぶん銀行、普通預金金利200倍に 金利優遇でグループ間連携進める
auじぶん銀行が、auグループとのさらなる連携を進める。au PAY、au PAYカード、auカブコム証券とそれぞれ連携したユーザーを対象に、9月1日から普通預金金利を0.2%に優遇する。現在、一般的な普通預金金利は0.01%であり、200倍の優遇措置となる。(2021/8/26)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】労働市場の改善が示され、テーパリング圧力高まる
先週発表された雇用統計で雇用者数が予想を大きく上回り、ダウは約2週間ぶりに最高値を更新、長期金利は1.3%台まで上昇しました。力強い雇用の回復がテーパリング圧力を高めており、市場では想定よりも早い段階での量的緩和の縮小が意識されています。(2021/8/11)

メルカリの利用実績を基に融資する「メルペイスマートマネー」 売上で返済もOK
メルペイが、「メルカリ」の利用実績を基に限度額や金利を定める少額融資サービス「メルペイスマートマネー」の提供を始めた。従来の金融サービスの与信審査が通りにくい層を取り込み、メルカリや「メルぺイ」の利用拡大につなげるという。(2021/8/3)

少額融資サービス「メルペイスマートマネー」開始 メルカリの利用実績で金利が変動
メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」の利用実績などを元に金利や利用限度額が決まる少額融資サービス「メルペイスマートマネー」を提供開始した。(2021/8/3)

メルペイ、自社で少額融資「スマートマネー」開始 AIで金利判定
メルペイは8月3日、新たに貸付サービス「スマートマネー」を開始した。ユーザーはアプリで申し込み、メルカリの実績などに基づき、限度額や金利が決まる。貸し付けた資金はメルカリの売上金と共通のメルペイの残高に追加され、同残高から返済できる。(2021/8/3)

SBI証券、1日100万円超の手数料値下げ 1日信用の金利も50万円以上で無料に
SBI証券がさらに手数料の削減に乗り出す。7月19日から、1日定額手数料のアクティブプランのさらなる値下げと、返済期限が当日となる「日計り信用」の買方金利、貸株料を値下げする。(2021/7/9)

借りられるかが事前に分かる 銀行ローンの横断マッチング、クラウドローンが事前審査サービス開始
個人と銀行をマッチングし、銀行から自動車ローンなどの融資提案を受けられるプラットフォーム「クラウドローン」に、新機能の事前審査バージョンが登場する。信販会社のオリコが事前に審査を行うことで、借りられるかどうか、また利率が判明した状態で、複数の銀行からのオファーを受けられるようになる。(2021/7/1)

住宅ローンを利用した人の8割以上が「変動セレクト住宅ローン」を選択 ソニー銀行
ソニー銀行は、2020年度に住宅ローンを利用した人の利用動向をまとめた。その結果、「新規購入」「借り換え」ともに8割以上が、変動金利の引き下げ幅が大きい「変動セレクト住宅ローン」を選択した。(2021/6/23)

auカブコム証券、手数料大転換 1日100万円まで無料、信用金利引き下げ、信用取引手数料有料化
auカブコム証券は7月19日から、売買手数料などの大規模な変更を行う。通常の売買手数料を他社並みに引き下げるとともに、1日100万円までの売買手数料を無料にする。さらに、25歳以下のユーザーについては、手数料を全額キャッシュバックし、実質無料化する。(2021/6/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。