ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「金利」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「金利」に関する情報が集まったページです。

「能力値 課金で上がるの ゲームだけ」 働く人のトホホ感全開の「サラリーマン川柳」入選作発表
「10% バブルは金利 いま税金」……。(2020/1/23)

KAMIYAMA Reports:
10年後を見据えた中国への投資
今後、中国市場は安定し、投資家は比較的高い成長を享受できると期待。株式投資では、テクノロジーや消費などの成長に注目しつつ、アクティブ運用で産業トレンドをリードあるいはフォローする銘柄を厳選すべき。金利や為替の安定を想定するならば、社債などを含めたオンショア投資の機会は拡大する。(2020/1/23)

高い自動車ローンを変える クラウドローンが、銀行とユーザーをマッチングさせるプラットフォーム開始
自動車ディーラーなどでクルマを買うときに、提示されるローンに申し込む人は多いだろう。しかしその金利は実は高いことを知っているだろうか。金融系スタートアップのクラウドローンは、1月23日から、個人がマイカーローンや教育ローンを組むときに、複数の銀行との間でマッチングしてくれるサービスを開始した。(2020/1/23)

日銀、大規模緩和を維持 物価見通しは原油安で下方修正
日本銀行は21日、金融政策決定会合を開き、2%の物価上昇目標達成に向け短期金利をマイナス0.1%とし、長期金利を0%程度に誘導する大規模金融緩和の維持を決めた。併せて公表された今後3年間の経済と物価の見通しを示す「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」では、物価見通しを原油価格の下落を理由にわずかに引き下げた。(2020/1/21)

PR:ペーパーレス化で年間1億円ものコスト削減 職員数4300人の北陸銀行は、どうやって迅速なワークスタイル変革を成し遂げたのか
長引く低金利、人口減少と、現在の地方銀行を取り巻く環境は厳しい。多くの地銀が、ITの活用を進めているが、積極的にITを導入し、コストの大幅な削減だけでなく業務の効率化を成功させた地銀の一つが、北陸三県と北海道を地盤とする北陸銀行だ。職員数約4300人という大規模な組織で、どのようにペーパーレス化など業務のIT化を進めてきたのか。成功のポイントを聞いた。(2020/1/20)

パソコン工房、分割支払い時の金利手数料が最長36回まで無料になる「ショッピングローン0%金利キャンペーン」
ユニットコムは、分割支払い時の金利手数料が最長36回まで無料になる「ショッピングローン0%金利キャンペーン」を開始した。(2020/1/6)

どうする? 銀行の支店は「もはやコスト」
関西の銀行が店舗の活用に頭を悩ませている。銀行にとって顧客との重要な接点となるインフラだが、各行とも近年の超低金利で収益力が低下。各行は支店網の再編に着手しており、ある地銀トップは「もはや店舗はコスト」と言い切る。(2019/12/26)

KDDIが電力サービス「じぶんでんき」の提供を開始 じぶん銀行の住宅ローン利用者向け(特典あり)
KDDIが、12月2日からじぶん銀行の住宅ローン契約者向けの電力サービスの提供を開始。じぶん銀行の住宅ローン利用者向けに行うもので、住宅ローンの金利を年0.03%引き下げるほか毎月の電気料金に対してau WALLET ポイントを還元する。(2019/12/2)

KAMIYAMA Reports:
「新興国」と一括りにできない理由
いまでも「新興国(エマージング)」は、米国金利が上がっても下がっても、原油や資源価格が上がっても下がっても大丈夫なのか、などと質問を受ける。しかし投資において、新興国を一括りに分析することが難しくなってきたと考える。(2019/12/6)

企業の借入金利、11年連続低下で平均1.37%に
帝国データバンクは11月29日、2018年度の国内企業の平均借入金利を算出、発表した。平均借入金利は1.37%と、17年度から0.08ポイント低下。直近のピークだった07年の2.33%から11年連続で低下した。(2019/11/29)

加速する店舗リストラ、関西地銀のサバイバルレース
 関西の地銀各行が店舗網の見直しを急いでいる。令和元年9月中間決算に合わせて店舗数の縮小を相次ぎ発表し、各行は「単独で生き残るための戦略」と公言する。ただ超低金利政策の長期化と人口減少という経営環境の悪化をコスト削減でどこまでしのげるのか。バブル崩壊後、多額の不良債権を抱えた金融機関が破綻・再編を繰り返す「金融の火薬庫」といわれた時代を経験した関西だけに、再編をめぐる臆測も絶えない。  (岡本祐大)(2019/11/29)

【経済インサイド】国内の社債発行額、リーマン以降で最高へ 社債デビュー組も
 超低金利の環境下で、「社債」の市場が膨らみ続けている。今年の発行額は、平成20年のリーマン・ショック以降で最高になる見通し。「金利が低いうちに安く資金調達したい」という企業側の意識と、「少しでも有利な利回りで運用したい」と考える投資家側のニーズが一致し、市場拡大を後押ししている。初めて発行する「デビュー債」や50年債が登場するなど、顔ぶれも多様化してきた。(2019/11/19)

Apple Storeで3キャリアのiPhone 11シリーズを割り引き 6万6800円(税別)から
Appleは、3キャリアが扱う「iPhone 11」シリーズを、Apple Storeで割引価格で販売している。iPhone 11が6万6800円から(8000円引き)、iPhone 11 Proが9万8800円から(8000円引き)となる。一括払いか、金利なしの分割払いも可能。(2019/11/8)

なぜ利回りがマイナスの日本国債が買われるのか?
現在、金利だけでなく、日本国債の利回りもマイナスだ。つまり、買って利息を受け取っても、満期まで持つと損失が出る。なぜこのような債券が売れるのか。背景には、為替ヘッジとベンチマーク運用があった。アクサ・インベストメント・マネージャーズの債券ストラテジスト、木村龍太郎氏に聞いた。(2019/9/4)

ユニットコム、分割払い金利手数料が無料になる「ショッピングローン0%金利キャンペーン」 9月15日まで
ユニットコムは、同社運営各店舗で「ショッピングローン0%金利キャンペーン」を開始した。(2019/9/2)

LINE、個人向けローン提供開始 審査に「信用スコア」活用、LINE Payと連携
LINEが、個人向け無担保ローンサービス「LINE Pocket Money」の提供を始めた。信用スコア「LINE Score」などを基に、金利などの条件を提示するのが特徴。モバイル決済サービス「LINE Pay」とも連携し、申し込みから返済までアプリ上で完結する仕組みにした。(2019/8/29)

ドコモ、金融機関に「信用スコア」提供 「ケータイ料金支払い履歴」など活用、融資の審査に生かす
NTTドコモは、金融機関向けに、ドコモユーザーの「信用スコア」を提供する「ドコモスコアリング」を始めた。金融機関が融資の審査時、金利や貸出枠などの設定をサポートする狙いがある。(2019/8/29)

米国の逆イールドは景気後退のサイン? 株価への影響は
長期金利と短期金利が逆転する、逆イールドが発生している。景気後退へのサインとみなされることが多いが、これは株価にどう影響するのだろうか。(2019/8/19)

ポイ活は稼ぐから増やすへ 利息4%のポイント投資は広まるか?
ポイントを投資することで、4%の利回りを得られる「PeXポイント投資」が好調だ。累計投資額が3億円を突破し、毎月5000万円程度の新規投資案件が動いている。現状と、ポイントを使って投資することの課題は何か。運営するVOYAGE MARKETINGに聞いた。(2019/8/7)

Apple Cardの金利は13.24〜24.24% 信用レベルで異なる
Apple Card Customer Agreementという契約書で分かること。(2019/8/5)

あおぞら銀行がスマホ向け新サービス「BANK」を開始 金利0.2%、Visaデビット決済が可能
あおぞら銀行が、7月16日からスマートフォンを軸とした個人向けサービス「BANK」を開始した。キャッシュカード一体型のVisaデビットカードを作成でき、このデビットカードでの利用額に応じて自動で貯蓄するサービスも提供する。BANK支店限定という年0.2%の高金利も特徴だ。(2019/7/16)

メガバン200倍の普通預金金利0.2% あおぞら銀行がネット支店「BANK」開設
これまでリアル店舗に強みを持ち、シニア層に評価されてきたあおぞら銀行が、ネットにかじを切る。メガバンクの200倍にもなる普通預金で0.2%の金利を提供する。(2019/7/16)

ユーザーの“信用”を数値化「LINE Score」提供開始 ローンの「貸付利率」をスコアで変動
ユーザーの信用度を数値化する「LINE Score」が始動。数値に応じ、LINE Payでのポイント付与率を上げる他、他社のサービスを安く使えるクーポンも提供。貸付利率が変動するローンサービスも今夏始める。(2019/6/27)

専門家のイロメガネ:
なぜアコムは、いまだに過払い金問題で消耗しているのか?
一見昔話のようにも思う過払い金問題。しかし、現在も消費者金融各社は過払い金返還に苦しんでいる。特にアコムは当初の想定どおりに引当金が減っていない。なぜ過払い金の正確な返還額が計算できないのか。そこには、過払い金の返還請求を遅らせると、そこに利息がついてくるなどの制度的な理由があった。(2019/5/24)

束田光陽の不動産投資の教室:
不動産投資の、金利を下げる3つの方法
不動産投資のポイントは融資を使って利益を増幅させることでした。融資では金利が違うと支払額が大きく変わってきます。この金利、どうやって決まるのでしょう? ファイナンシャルアカデミーで不動産授業を担当する束田光陽先生にポイントを聞きました。(2019/4/4)

MacとiPadの無金利残価設定クレジットサービスをビックカメラ.comでも提供開始 MacBook Proが月々3000円から
3月14日、ビックカメラは同社の通販サイト「ビックカメラ.com」において「Macアップグレードプログラム+」と「iPadアップグレードプログラム」の提供を開始した。従来は店頭での受付のみだったサービスだ。(2019/3/14)

渋谷豊の投資の教室:
金利が上がるといろんな資産が下落する。その時何に投資する?
経済の状況が悪いと金利が下がります。しかし、金利が低いということは債券価格は上がりますし、会社もお金を借りやすくなって株価が上昇するかもしれません。逆に、金利が上がってくると、いろいろな資産の価格が下がる方向に働きます。そんなとき、何に投資したらいいのでしょうか?(2019/2/4)

渋谷豊の投資の教室:
金利が投資に影響するわけ 金利は経済の体温計
投資に関する情報を集め始めると、「金利が上がったから」「利上げが」といった言葉をよく聞きます。でもこの金利とは何で、どうして投資に関係するのでしょうか? リスク管理、資金管理と同じくらい重要だという金利について、話を聞きました。(2019/1/28)

手詰まりなのか:
日銀、市場変動による心理面注視 総裁「経済に変化ない」
日米株価の大幅下落が進んだ20日、金融政策決定会合後の会見で黒田東彦日銀総裁は、世界・日本経済に大きな変化はないと強調した。それでも金融市場では世界経済の減速を先取りする形で株安・金利低下が進んでおり、市場変動を通じた企業・家計のマインドや、インフレ期待への影響が懸念される状況になりつつある。(2018/12/21)

為替リスクには注意だが:
元本保証で利息3% 世界一安全な米国債を買ってみた
預金金利はゼロのようなものだし、個人向け国債も0.05%。元本が保証されていてもう少し利回りがいいものはないものか? 実はありました。米国の国債です。現在、米国債の金利は上昇基調にあり、利回りは3%を超えています。(2018/11/8)

クラウドファンディング支援者にも融資「CAMPFIRE Bank」 支援回数や金額で借入条件が変わる
CAMPFIREでプロジェクトを実施した人とプロジェクト支援者に、最大200万円を融資する金融サービス「CAMPFIRE Bank」がスタート。クラウドファンディングの支援総額などによって借入可能額や利率が変わるのが特徴だ。(2018/10/24)

増税と金利上昇で「値下がり」へ:
増税前に買ってはいけない! 「虚大都市・東京」のマンション事情
「東京は永遠に輝き続ける」という「不滅神話」がはびこる東京のマンション事情。しかし2カ月連続で値下がり傾向が出るなど異変の兆候が出ている。消費税増税に金利上昇と、不確定要素がある中で何を参考に売買を決定すればいいのだろうか。(2018/9/19)

インタビュー:
日銀は正面から副作用議論を=早川元日銀理事
元日銀理事の早川英男・富士通総研エグゼクティブ・フェローは、日銀が7月末に決めた長期金利の上昇容認などの政策修正は小手先の対応にすぎないと批判する。(2018/8/17)

“いま”が分かるビジネス塾:
三菱UFJ「約1万人削減」 銀行員受難の時代がくる
銀行員が再び受難の時代を迎えようとしている。各行は低金利による収益低下とフィンテックの普及(異業種の参入)という2つの課題に直面しており、大幅なコスト削減が必至の状況だ。銀行業界は近い将来、大量の人員削減を余儀なくされる可能性が高いだろう。(2017/10/25)

ターゲットは若者:
将来稼ぐ力を予測する「AI融資」の狙いとは
ソフトバンクとみずほ銀行が、AIを活用した個人向けの融資サービス「AIスコア・レンディング」を展開している。同サービスでは、AIが利用者の「将来稼ぐ力」を分析し、適切な金利を決めているという。その狙いとは……。(2017/10/24)

ドスパラ、24回払いまでの手数料を負担する金利無料キャンペーンを実施
ドスパラは、店舗および通販で利用可能な「JACCSショッピングクレジット金利手数料24回無料キャンペーン」の実施を発表した。(2017/10/3)

TSUKUMO、BTO PC購入時の「金利手数料 無料キャンペーン」を開始 9月28日まで
Project Whiteは、ショッピングクレジット利用時に36回までの金利を負担する「ジャックスショッピングクレジット 金利手数料 無料キャンペーン」を開始した。(2017/9/1)

他の仮想通貨にも順次対応:
ビットコインの「定期預金」登場 金利は1年で5%
Coincheckが、仮想通貨「ビットコイン」の定期預金サービスを始めた。(2017/5/9)

利息と「馬券」がもらえる定期預金 じぶん銀行が初
じぶん銀行が、満期を迎えると馬券が1枚付与される特典付きの定期預金を提供開始した。(2016/11/10)

ビッグデータとAIで個人への融資を評価、みずほ銀とソフトバンクが新会社を設立
利用者がスマホに属性情報を入力するだけで融資額や金利を判定。ソフトバンクの孫正義氏は、「お金のない若者が夢を叶える手助けになりたい」と語った。(2016/9/15)

太陽光:
スマートハウス化を支援、住宅太陽光の無金利ローン登場
太陽光発電システム、蓄電池、HEMS−−こうした設備を住宅に一括導入しようとすると高額になり、ローンの利用を検討するユーザーも多いだろう。こうしたユーザー向けに日本エコシステムとソーラーフロンティアが住宅向けの「無金利オリジナルソーラーローン」の提供を開始した。(2016/7/15)

マネーの達人:
金利差0.3%でも「住宅ローン借り換え」のメリットはあるのか
今回は、金利差0.3%で借り換えを行ったケースを例に、借り換えのメリットがどの程度あるのかを具体的に見ていきましょう。(2016/7/11)

マネーの達人:
「マイナス金利」が導入されたけど、お金の運用はどうすればいいの?
2月9日、10年国債利回りが初のマイナスとなり、金利市場に大きな混乱が起きています。そんな中、われわれのお金はどう運用すればいいのでしょうか?(2016/2/19)

フィギュア・羽生結弦選手が役者デビュー 映画「殿、利息でござる!」で殿役、主演・阿部サダヲも「まさか」
マゲ、似合いすぎ。(2016/2/4)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
あなたの年金が減るかも? 「マイナス金利」がもたらす影響
いま話題になっている「マイナス金利」とは一体どういうものなのか。何が起ころうとしているのか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/2/4)

どうする、危険地帯のファイル管理 世界銀行の解決策は
途上国に無利子で融資を行っている世界銀行は、危険地帯での交渉も多い。紛争や自然災害などといった事態に直面しても、安全、確実に業務をこなすための同行のファイル管理術とは。(2015/11/16)

マネーの達人:
定期預金の金利が気になる方必見 地方銀行の利用価値を調べてみた
定期預金を契約するなら、金利が高ければ高いほどいいに越したことはありません。地方銀行に目を向けると0.5%以上のものもあり、あなどれません。今回は、地方銀行の利用価値について調べてみました。(2015/8/12)

期間限定:
ソフトバンク、「Apple Watch」の分割払いを金利ゼロに
銀座と表参道の2店舗で「Apple Watch」を販売するソフトバンクモバイルは、分割払いの金利を0%にする期間限定キャンペーンを開始した。(2015/4/24)

自然エネルギー:
木と水がある場所でバイオマス発電、53億円かけて2018年に運転開始
ヒノキの生産量が全国有数の愛媛県で初の木質バイオマス発電所を建設する計画が動き出した。林業を躍進させるため、53億円にのぼる事業費の一部を県が無利子で融資するほか、森林組合やチップ加工業者が燃料の供給体制を整備する。年間に2万4000世帯分の電力を供給できる見込みだ。(2015/4/7)

マネーの達人:
得する預金――少しでも高い金利で預金するポイント
最近、「預金で得するコツ」について問い合わせがありました。預金金利が過去最低水準にあるなか、少しでも高い金利で預金することに関心が集まりつつあるようです。今回は、少しでも高い金利で預金するポイントについてお話しします。(2015/3/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。