ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「メディアミックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メディアミックス」に関する情報が集まったページです。

スマホゲーム「タクトオーパス」4月終了へ 著名クリエイター起用のメディアミックス作品
スマートフォンゲーム「takt op. 運命は真紅き旋律の街を」が4月9日にサービスを終了する。(2024/2/8)

アニメ「シンカリオン チェンジ ザ ワールド」テレ東系列で4月から放送 メインキャストに石橋陽彩&小野賢章&土屋神葉
小野賢章「何を隠そう、おいっ子たちがシンカリオンにどハマりしているので、かっこいい姿を見せられるよう頑張りたいです。笑」(2024/2/8)

乃木坂46版セラミュが約4年半ぶりに上演決定 メインキャストは5期生に
クイーン・セレニティは白石麻衣さんがまた演じるのだろうか?(2024/2/5)

スピン経済の歩き方:
『セクシー田中さん』の悲劇で加速する 日本マンガ実写化ビジネスの海外流出
テレビドラマ化した漫画原作者が亡くなるという悲劇が起きてしまった。同じことを繰り返さないために、日本のコンテンツビジネスで求められることとは――。(2024/1/31)

グッドパッチとUXの話をしようか:
ガンダムは「複雑で初心者に不向き」なのに、なぜ新規ファンが増え続けるのか
1月26日、劇場版『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』が公開されました。ガンダムはシリーズも多く、ストーリーも複雑で初心者に不向きなように思う。にもかかわらず、なぜ新規ファンが増え続けるのかというと……(2024/1/26)

アニメ「わたしの幸せな結婚」企画展が巡回展開 大阪、福岡でも開催へ
大阪では4月から、福岡では6月から。他の都市でも開催を予定。(2024/1/23)

400万本売れた「パルワールド」早速プレイした 没頭するほど面白いのに、心の底から“申し訳なさ”を感じた理由
とりあえず25時間遊んでみた。(2024/1/22)

劇場アニメ「テンカウント」が制作中止を発表 テレビアニメから展開形態変えるがまたも“制作上の都合”
ノーカウントになってしまった……。(2024/1/19)

「ぼのぼの」が「うた☆プリ」とコラボ発表 「ぼのぼののシュール感にキャラクターズが問題なく溶け込めてるの面白い」など話題に
「うた☆プリマスコットキャラクターズ」とコラボしたPOP UP SHOPを2月2日から2月25日まで錦糸町マルイで開催。(2024/1/12)

アイマスプロデューサー・わかちこPに聞く「ファンビジネスの本質」
「アイマス」シリーズのアニメ展開を統括するプロデューサーである「わかちこP」ことバンダイナムコエンターテインメントの狭間和歌子さんに、ファンビジネスの本質を聞いた。(2024/1/11)

アニメ『シンカリオン チェンジ ザ ワールド』、シンカリオンがビークルと合体することが明かされる
玩具シリーズは1月下旬から展開。(2024/1/11)

売り場にあふれる「ちいかわ」グッズ ライセンスビジネスの仕組みとは?
クリスマスの時期、おもちゃ売り場などで見かけるキャラクターグッズ。裏側には「ライセンスビジネス」というビジネスモデルが存在する。一体、どのような構造をしているのか。Mintoの水野和寛・代表取締役が解説する。(2023/12/22)

引退馬が暮らす牧場にふらりと現れたボス猫 メイショウドトウとの交流を収めた、馬と猫の友情フォトブック発売
すてきなコンビです。(2023/12/16)

PR:競馬の理論で人気マンガは当てられるのか? 「LINEマンガ三連単」で年間ランキングを競馬番組風に予想する
的中すると好きなマンガが全巻もらえるチャンス!(2023/12/15)

マシリトが行く!:
『Dr.スランプ』はデータドリブンで誕生 『ジャンプ』伝説の編集長に聞く「才能の育成」
『週刊少年ジャンプ』編集長を務めたマシリトこと鳥嶋和彦さん、コミケ初代代表の霜月たかなかさん、コミケの共同代表の筆谷芳行さんが作家への向き合い方を語った。(2023/11/24)

マシリトが行く!:
『ジャンプ』伝説の編集長が、コミケ初代代表と議論した「出版社と二次創作」
『週刊少年ジャンプ』編集長を務めたマシリトこと鳥嶋和彦さん、コミケ初代代表の霜月たかなかさん、コミケの共同代表の筆谷芳行さんが商業化するコミケの実態と、二次創作と出版社の関係を議論した。(2023/11/23)

漫画「ブラック・ジャック」が全話無料公開中 23日まで 連載開始50周年記念で
手塚プロダクションは11月22日、漫画「ブラック・ジャック」(少年チャンピオン・コミックス版)などの全巻無料公開を始めた。期限は23日まで。(2023/11/22)

マシリトが行く!:
『ジャンプ』伝説の編集者が『Dr.スランプ』のヒットを確信した理由
鳥山明さんの才能を発掘した伝説の編集者・鳥嶋和彦さんが、コミケ初代代表の霜月たかなかさん、コミケの共同代表の一人で、漫画出版社の少年画報社取締役の筆谷芳行さんの3人がトークイベントに登壇した。(2023/11/22)

谷口悟朗「BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-」、2024年1月5日に劇場公開 出てくるヤツら全員危険説
重めのドラマにダイナミックで疾走感のあるアクションがいい。(2023/11/17)

人が乗って操縦する「パトレイバー」開発へ ロボットベンチャーが発表
ロボットベンチャーのMOVeLOTは30日、アニメ「機動警察パトレイバー EZY(イジー)」に登場するロボット「イングラム」の開発を始めると発表した。人が搭乗し、操縦できる機体になるという。(2023/9/30)

北条司『キャッツ・アイ』が藤原紀香・剛力彩芽・高島礼子主演で舞台化 明治時代が舞台のオリジナルストーリー
衣装どうなるか気になる。(2023/9/29)

東京ゲームショウ2023:
どうした東プレ! 「ウマ娘」コラボキーボード発売の裏側、直接聞いてきた
東プレに「ウマ娘 プリティーダービー」とコラボした理由を聞いた。(2023/9/22)

グループ総出のプロジェクト:
鳥山明の名作『SAND LAND』のメディア戦略 バンダイナムコが映画からゲームまで展開する狙い
鳥山明の短編作品『SAND LAND(サンドランド)』の映画が映画館で上映中だ。ゲームやグッズ販売などバンダイナムコグループが一丸になっての展開する理由を担当者に聞いた。(2023/9/17)

イーロン・マスクに次ぐフォロワー獲得数2位で注目 東京メトロは何をした?
東京メトロの公式X(旧Twitter)アカウントがにわかに注目を集めている。過去30日間のフォロワー獲得数でイーロン・マスク氏に次ぐ世界2位に躍り出たためだ。何をしたのか。(2023/9/6)

舞台「けものフレンズ」相楽伊織主演で10月上演 4年ぶりの舞台に「うれしすぎる!!」「泣きそう」
2019年上演の舞台第3弾をリニューアル。(2023/9/5)

「『D2Cの会』フォーラム2023」レポート:
オルビス、北の達人コーポレーション、やずや D2C業界のトップランナーが「しくじり」から学んだこと
ビジネスの世界に必勝法はないが、「これはやったら絶対失敗する」というような“必敗法”はある。そして、それを学べば成功確率は上がるはず。優良通販企業のトップが失敗経験から得た学びとは?(2023/8/31)

西野七瀬、初のポケモン原案ドラマで主人公 ファンは乃木坂46が紡ぐドラマバトンに胸熱「よだせまるの繋がりは不滅」
よだせまるのつながりは熱い。(2023/8/30)

連載開始20周年の『DEATH NOTE』が原画展、東京と大阪で開催
人間って面白!!(2023/7/28)

ヘスティア・パーティーから7年! 「ダンまち」7年振りのリアルイベント、11月に開催決定
あれからもう7年たっていただと……?(2023/7/7)

「アイドルマスター」公式Twitterの一部が突如消失 「デレステ」や「シャニマス」など 原因不明【復旧済み】
メディアミックス作品「アイドルマスター」に関する一部の公式Twitterアカウントが突如閲覧できない状態にた。7月5日正午時点でゲーム関連の3つのアカウントページで「このアカウントは存在しません」と表示される状態になっている。(2023/7/5)

再々々々延期していた「プリパラ」新作アプリの配信時期がついに決定 「今度こそ本当?」「楽しみだけど疑心暗鬼」
ついに来るのか。(2023/6/30)

ウマ娘のYouTubeチャンネル「ぱかチューブっ!」収益化 収益の一部は「馬事産業の発展のための費用へ」
Cygamesは、メディアミックスコンテンツ「ウマ娘プリティーダービー」のYouTubeチャンネル「ぱかチューブっ!」を収益化させると発表した。収益の一部は「馬事産業の発展のための費用として充てていく」としている。(2023/6/1)

「ロックマンエグゼ」が埼玉県警とコラボ ネット・リアルの防犯呼び掛け
埼玉県警察川越警察署が、「ロックマンエグゼ」を起用した防犯キャンペーンを発表。イベントを開催し、リアル・ネット双方での防犯を呼び掛けるという。(2023/6/1)

『灼眼のシャナ』11年ぶりの新刊発表にネット騒然 「平成にタイムスリップした?」「懐かしい青春時代」
11年ぶりの新作にネットがざわざわ。(2023/5/23)

タカラトミーが発表:
人気玩具「ベイブレード」が競技スポーツに 新シリーズ、7月発売
人気玩具「ベイブレード」の次世代シリーズ「BEYBLADE X」(ベイブレードエックス)が7月に登場する。タカラトミーが発表した。4世代目となる新シリーズでは競技スポーツとしての訴求など過去3世代との差別化を図っている。(2023/5/17)

「銀河英雄伝説」中国でドラマ化決定→原作者の事務所社長「私も初耳」「連絡くださいよ〜」 ファンに静観呼びかけ
ええ……。(2023/5/11)

『スレイヤーズ』がなぜかトレンド1位に ネット民「なんで?」「令和なのに」→林原めぐみ「どした どした?」 本人降臨
令和もスレイヤーズ!(2023/4/25)

カシラ、カシラ、ご存じかしら? 「少女革命ウテナ」のテレビアニメ全話がYouTubeで公開決定
何度見ても面白い作品。(2023/4/7)

世界トップのIP:
ピカチュウのアフタヌーンティー販売 ザ ストリングス 表参道が異色のコラボ
ベストホスピタリティーネットワーク(東京都港区)は、自社が運営するザ ストリングス 表参道の1階「Cafe & Dining ZelkovA」で、「ピカチュウ アフタヌーンティー」を販売する。(2023/3/30)

600億円超の推定売上:
『アイマス』責任者が語るコンテンツの長期化戦略 新規事業で最も大切なこと
『アイドルマスター』がバンダイナムコを代表する人気コンテンツであり続ける秘訣(ひけつ)は何か。どのようにユーザー層をアップデートしているのか。『アイマス』プロジェクトを統括するバンダイナムコエンターテインメントの波多野公士ゼネラルマネージャーに聞いた。(2023/2/9)

KADOKAWA、ゲーム事業の利益が前年比2133%に爆増 エルデンリングの大ヒットで
KADOKAWAび2023年3月期第3四半期連結業績は、売上高が1897億2700万円(前年同期比20.4%増)、営業利益が194億2900万円(同51.7%増)という大幅増収増益になった。特にゲーム事業が躍進し、営業利益が前年の約22倍まで膨れ上がった。(2023/2/3)

目指すは「90年代の“週刊少年漫画”」 漫画アプリ「サイコミ」ブラウザ版がリニューアル、編集長に聞くその狙い
アプリ版とWebブラウザ版が同等の使い心地に。(2023/1/31)

「アイマス」公式グッズで盗作、バンナムが謝罪 「ニコニコ大百科」のファンアート流用
バンダイナムコエンターテインメントは、メディアミックス作品「アイドルマスター」のグッズにファンアートを盗作したものがあったと認め、謝罪した。(2023/1/27)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
W杯で赤字のABEMA、巨額投資をどう回収? 「次の一手」を予想してみた
昨年末のW杯では、全試合無料生中継を実施したサイバーエージェントの「ABEMA」に注目が集まりました。巨額を投じたABEMAのメディア事業は現状なお赤字ですが、今回の投資によって2つの成長余地が生まれたと筆者は考えます。(2023/1/27)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「100円ショップ」、物価高でどうなる? 王者・ダイソーが描く「脱・100均」の行方
40年ぶりのインフレ水準となり、値上げラッシュが続く。庶民の味方として長らく人気を博してきた100円ショップも、岐路に立たされている。王者・ダイソーは「脱・100均」として、新たな戦い方を始めているようだ。(2023/1/20)

スパコン「富岳」公式Twitterアカウント復活 年齢に稼働開始日を入力、凍結される
スパコン「富岳」の公式Twitterアカウントが約1カ月ぶりに復活。「年齢入力時に富岳の誕生日(稼働開始日)を入力したところ、13歳未満と判断されてしまい、アカウントロックがかかっていた」という。(2023/1/13)

リリース直後に1600万リクエスト、押し寄せるbotの大群 「コードギアス」スマホゲームの安定運用を実現したクラウド活用術
リリース直後に大量のアクセスが見込まれたスマホゲーム版「コードギアス」。対する開発元・JOROは従業員数30人ほどの少数精鋭。JOROが大量のアクセスを無事にさばけた背景を探る。(2023/1/10)

「アイマス」が“ライブ配信発”のアイドルプロジェクト立ち上げ MR活用の一環 Web3.0対応も表明
バンダイナムコエンターテインメントが、「アイドルマスター」シリーズの新施策として、配信・ライブストリーミングを起点としたアイドルプロジェクト「PROJECT IM@S vα-liv」を発表した。(2022/12/26)

実物大「パトレイバー」修復のためクラファン実施 35周年の節目、再びデッキアップへ
全高8.2mの実物大「98式AVイングラム」を修復して再び立たせたい──「第一回幕張国際レイバーショウ」開催を控え、クラウドファンディングが始まった。(2022/12/26)

「低気圧に敗北する尾丸ポルカ」 ホロライブ・人気VTuberのコスプレが完全に“解釈一致”だと話題
構図もアイテムも完璧。(2022/12/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。