ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マイクロセル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マイクロセル」に関する情報が集まったページです。

製造業IoT:
5G関連市場の調査結果を発表、2023年の5G対応基地局市場は4兆1880億円に
富士キメラ総研は、第5世代移動通信システム(5G)関連市場の調査結果「2018 5G/高速・大容量通信を実現するコアテクノロジーの将来展望」を発表した。5G対応基地局市場は、2023年には4兆1880億円になると予測する。(2018/7/11)

エリクソンの無線技術に触れる:
5GからWi-Fi Callingまで、注目技術が一堂に!
エリクソン・ジャパンは日本創業30周年を記念し、国内顧客を中心としたイベントを開催した。当日は記者説明会に加えて、同社の最先端の技術を用いたソリューションを展示。5G無線テストベッドのライブデモの他、最新の無線端末、Wi-Fiだけで通話が行える「Wi-Fi Calling」などが展示された。(2015/9/16)

ワイヤレスジャパン2014:
「5G」のめどは付いた――2020年のトラフィック1000倍増に挑むドコモ
2014年度中に下り最大225Mbpsの「LTE-Advanced」を開始するドコモ。2020年には1000倍にも増えると予想されるトラフィックをさばくため、さらに第5世代通信規格のシミュレーションも進めている。(2014/6/3)

新春インタビュー:
飽和するスマホ市場の中で、ドコモはパラダイムを変えたい――加藤社長に聞く
春商戦にXperia Zを発売、夏商戦ではツートップ戦略を実施、そして秋商戦ではついにiPhoneを発売するなど、2013年のドコモは大きな注目と話題を集めた。そして2014年、ドコモはどのような戦略でモバイル事業を展開するのか。加藤薫社長に聞いた。(2014/1/1)

マイクロウェーブ展2013:
ツイン水晶振動子技術で小型・高精度を実現、日本電波のOCXO
日本電波工業は、ツイン水晶振動子技術を用いた小型・高精度の発振器「Twin-OCXO」や、出力周波数が160MHzで低雑音特性を実現したOCXOなどの展示を行った。(2013/12/2)

Interop Tokyo 2013レポート:
ShowNetの「汚れた無線LAN、クリーンアップ大作戦」
「Interop Tokyo 2013」会場の無線電場状況が強烈に「汚い」環境で、いかに良い品質の通信を実現するか。その方策と実験の内容を速報する。(2013/6/13)

1局のユーザー数は他社の半分以下:
“小セル化”でパケ詰まりを解消、接続率1位は「偶然ではなく必然」――ソフトバンク孫氏
1月末の決算会見で携帯電話の通話接続率1位を明らかにしたソフトバンクモバイル。通信網の小セル化でパケット通信の接続率も向上し、他キャリアと首位を争うまで品質が改善したという。(2013/3/25)

ビジネスニュース 業界動向:
Wi-Fi接続サービスとWDM光ネットワークの市場が急成長
このリポートでは、われわれDell'Oro Groupが行った市場調査結果のサマリーを紹介する。主に扱うのは、スモールセル、Wi-Fi接続サービス、100GbE、光ネットワークである。これらのうち、Wi-Fi接続サービスとWDM光ネットワークの各市場において、特に注目すべき成長がみられた。(2012/12/11)

石野純也のMobile Eye(10月6日〜10月19日):
「LTE」「端末」「サービス」から読み解く携帯3キャリア“冬の陣”
この2週間の大きなトピックは、ドコモ、au、ソフトバンクの新機種が発表されたこと。冬モデルでは高速通信サービスの対応機種が大幅に拡充され、3社ともエリアの拡大にも余念がない。今回はネットワーク、端末、サービスという切り口から3社の戦略を見ていこう。(2012/10/19)

石野純也のMobile Eye(7月23日〜8月3日):
速度、エリア、料金――決算会見で見えてきたドコモ/KDDI/ソフトバンクのLTE戦略
7月23日から8月3日にかけて、ドコモ、KDDI、ソフトバンクの決算会見が行われた。ここでは今秋〜冬における各社のLTE戦略の一端も語られたので、エリアや料金を中心に、その内容をまとめた。(2012/8/3)

無線通信技術:
4Gの時代はもう来たのか、モバイルで1Gビット/秒実現へ
現在のモバイル通信の目標は、IMT-Advancedで規定されている。静止時に1Gビット/秒、高速移動時に100Mビット/秒というその目標をどうすれば実現できるのだろうか。LTE-Advancedを通過点として、創造的なアプローチを生み出す取り組みが続く。(2012/7/3)

無線通信技術 LTE:
“小さな基地局”、携帯インフラで大きな存在へ
「マクロ」の時代から、より小型の「フェムト」「ピコ」「マイクロ」の時代へ――。スマートフォンやタブレットの普及でトラフィックが爆発的に増加し、通信容量が切迫する携帯電話ネットワーク。そのインフラ市場が移行期に差し掛かっている。基地局メーカーから、ネットワークプロセッサを供給する半導体ベンダーに至るまで、サプライチェーンのさまざまな階層で新たな覇権争いが始まった。(2012/6/8)

PR:トラフィック爆発、土管化の危機――課題山積の通信キャリア、エリクソンが示す解決策は
スマートフォンの急増に伴うトラフィックの爆発、ビジネスモデルの変化に伴う土管化の危機、新たな収益源につながるビジネスの開拓――。通信インフラを手がけるエリクソンは、山積する通信キャリアの課題に対してどのような支援策を用意しているのか。(2012/3/1)

石野純也のMobile Eye(1月6日〜1月19日):
ソニー製品との融合が進む新生「ソニーモバイル」、ゲームチェンジを目指すKDDI
2週間を振り返り、モバイル業界で特に注目度の高いニュースを厳選して解説する連載がスタート。今回は2012 CESで発表されたSony Ericssonの新社名と新製品、数々の新サービスと新機種が披露されたau発表会、WCPが説明したAXGPサービスをピックアップした。(2012/1/20)

無線通信技術 LTE:
「あの手この手が必要です」、モバイルの“トラフィック爆発”に立ち向かう
ノキア シーメンス ネットワークスの「Liquid Net」は、データトラフィックの変動に合わせた自律的なネットワーク構築を支援する新たなコンセプトだ。モバイル端末のデータトラフィックの急増に対応する無線ネットワークとして通信業界に提案している。(2011/11/17)

どう進化する? スマホ時代のモバイルネットワーク――携帯3社が解説
スマートフォンの普及により高速大容量のネットワークに対するニーズが一層高まる中、通信キャリアも着々と次世代通信システムを構築している。「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2011」の講演から、3社による解説をまとめた。(2011/7/8)

ウィルコム、PHS基地局の96%が復旧――残りも9月下旬までに回復の見通し
震災の影響で停波したウィルコムのPHS基地局が、被災前の96%まで復旧した。今後は基地局性能のアップなどでカバーエリアを広げ、34局を4月下旬までに、395局を9月下旬までに復旧させる見通し。(2011/4/18)

次世代の無線技術、LTEの仕組みが分かる(7):
世界で広がるLTEサービス
次世代無線技術のLTEの仕組みを紹介する。NTTドコモ、イー・モバイル、ソフトバンクモバイル、KDDIの来年の無線技術はどうなる?(2011/3/29)

5分で絶対に分かる:
5分でわかるフェムトセル
見た目は無線LANのアクセスポイントによく似ているけれど、実は一般家庭や小規模オフィス向けの携帯電話用の超小型基地局として動作する「フェムトセル」。その生まれた背景や今後果たす役割を解説します。(2010/12/27)

ネットワークも増強する:
常識を打ち破る新プランで3カ月以内の純増を目指す――新生ウィルコムが始動
月額980円で他社ケータイや固定電話との通話料が無料になる「だれとでも定額」を発表したウィルコム。同サービスはウィルコム再生の一手となり得るのか。そしてソフトバンクグループとのシナジー効果とは――。(2010/12/1)

PR:ドコモ+モバイルWi-Fiルーターはどこまで快適か 神尾寿が「モバイルWi-Fiルーター BF-01B」の魅力に迫る(前編)
インターネット接続を確保するのに、NTTドコモのFOMAネットワークが使えるのは大きな強みだ。屋外はもとより、屋内や半地下、商業ビルの高層階、地方、電車やタクシーでの移動中など、さまざまなシーンで安心して利用できる「モバイルWi-Fiルーター BF-01B」を実際に使ってみた。(2010/10/4)

ビジネスニュース 市場予測:
フェムトセル市場が年率83.6%で成長へ、In-Stat社が予測
(2010/7/16)

NEWS
「iPhoneやiPadの企業利用は好機」――無線LANのメルーが新体制に
企業向け無線LAN製品で知られるメルー・ネットワークスが新体制を発足。企業のコアネットワークでの採用に自信を見せた。(2010/6/23)

神尾寿のMobile+Views:
見えぬ「選択と集中」、迫る「タイムリミット」 ウィルコムは再生できるのか
2月18日に会社更生法の適用を東京地裁に申請したウィルコム。国内第4位のモバイル通信事業者の今後どうなるのか、そして再建への取り組みは成功するかを考えてみる。(2010/2/22)

重かったXGP投資、外れたストーリー──ウィルコム、自力再建断念への道
ウィルコムが自力再建を断念した。期待の次世代サービス「XGP」の投資負担を現行PHSでまかなうという目論見が外れ、資金不足に苦しみ続けた上での決断だった。(2010/2/18)

MWC出展の大きな目的は海外進出――京セラがLTE事業で目指すもの
京セラが「Mobile World Congress 2010」で、LTE基地局を用いたデモンストレーションを実施する。同社が「世界最小クラス」とうたう基地局を導入するメリット、そして同社が描くLTE事業のロードマップとは。(2010/2/10)

CEATEC JAPAN 2009:
車両用WiMAX-Wi-FiレピータやXGP、LTE基地局などを展示――京セラブース
京セラは、新型成田エクスプレス向けの「車両用WiMAX-WiFiレピータ」や、XGPとLTEなど次世代通信用の基地局を紹介。LTE基地局は広範囲と近距離どちらもカバーするのが特徴だ。(2009/10/8)

ワイヤレスジャパン2009:
国内6キャリアのトップが語る、ケータイ戦略の今とこれから
ワイヤレスジャパン2009の基調講演に、ドコモの山田社長、KDDIの小野寺社長をはじめとする国内6キャリアのキーパーソンが登場。構造が変わりつつある携帯市場への取り組みについて説明した。(2009/7/24)

ワイヤレスジャパン2009 キーパーソンインタビュー:
XGP最大の特徴は“マイクロセル”と“上りの速さ”――ウィルコムの上村氏
上り/下りともに最大20Mbpsの高速通信が可能な「WILLCOM CORE XGP」の試験サービスを開始したウィルコム。10月の本サービス開始以降、XGPと現行PHSをどのような形で展開し、将来、どんなサービスを提供しようとしているのか。同社次世代事業推進室長の上村治氏に聞いた。(2009/7/10)

その意気込みは“龍の如く”――ウィルコムが「XGP」を限定スタート
ウィルコムは法人を対象に都内一部地域などでXGP(次世代PHS)使った限定サービスを開始する。ウィルコムの喜久川社長は「WILLCOM COREという龍にXGPという瞳が描かれた」と期待を寄せた。一般向けの本格サービスは2009年秋を予定している。(2009/4/22)

「真のワイヤレスブロードバンドはXGP」 ウィルコム、都内一部で次世代サービス開始
ウィルコムの次世代データ通信サービス「WILLCOM CORE XGP」のエリア限定サービスが始まる。ライバルのUQはWiMAX試験サービスを既に始めているが、喜久川社長は「真のワイヤレスブロードバンドはXGP」と優位性をアピール。(2009/4/22)

中国での対応に関心:
モバイルBBはWiMAXだけでは不十分――新PHSの推進団体が設立
ウィルコムが推進する新しいPHS(通称XGP)の国際展開を推進する「XGPフォーラム」が設立された。日中台などの通信機器ベンダー39社が参加する。(2009/4/2)

神尾寿のMobile+Views:
UQ WiMAX、その可能性と課題
モバイル業界の“次の10年”の一翼を担い、さまざまなビジネスの広がりが期待されるワイヤレスブロードバンドサービス。その先兵と目されるモバイルWiMAXのサービスが、いよいよ2月末からスタートする。UQ WiMAXの可能性と課題を考えてみる。(2009/2/9)

料金改定とおサイフケータイで「定額・低額・あんしん」をさらに推進──ウィルコム 喜久川社長
ウィルコムの代表取締役社長 喜久川政樹氏は、1月22日に発表した新料金プランとおサイフケータイについて、ウィルコムの特徴をさらに際だたせるものだと胸を張った。WILLCOM COREのサービスは、2009年4月下旬に試験サービス、10月に本格サービスを開始する。(2009/1/23)

ウィルコムは不況時にいかに役に立てるか──新定額・新端末発表、COREは「順調」
FeliCa対応の新“京ぽん”やデータ定額を利用しやすくする新プランなどを発表したウィルコム。同社の本領という低料金と安全安心に磨きをかけ、不況下でも存在感を示していく考えだ。(2009/1/22)

「WILLCOM CORE」普及までの道のりを模索するウィルコム
ウィルコムがドコモのFOMA網を使ったMVNO事業に乗り出すとの報道がなされた。2009年春からWILLCOM COREを開始する予定の同社だが、なぜこのタイミングで他社回線を使ったデータ通信事業を検討しているのだろうか。(2008/12/16)

神尾寿のMobile+Views:
auの通信品質は大きく改善する――KDDI 通信速度制限の狙いと今後のインフラ戦略
「最近のauはつながりにくい」「通信速度を制限するなんてひどい」――。こうした不満の声が一部で上がっているが、KDDIは通信インフラの整備をどう考えているのか。通信速度制限の結果やインフラ戦略の進め方を聞いた。(2008/10/6)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「次世代PHS」――来年スタートの高速PHSを再確認する
携帯電話は3.5Gへの移行が本格化しているが、基地局の不足も指摘されている。だが近い未来に目をやれば、そこには「次世代PHS」という有望な選択肢もある。(2008/10/3)

“タブーなき議論”でプライバシー問題をクリアしたカメラネットワークを構築――BWAユビキタスネットワーク研究会
ウィルコムが主体となった「BWAユビキタスネットワーク研究会」の第1回総会が開催され、設立意図や活動内容が明らかになった。これまでにない新サービスの実現に向け、プライバシーなどさまざまな課題に取り組む。(2008/7/28)

7月19日〜7月25日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
7月22日、モバイル関連の技術・サービスを一堂に集めたイベント「ワイヤレスジャパン2008」が開幕。通信キャリアやメーカーらが激変するモバイル業界を乗り切るためのビジョンを示した。KDDIは第一四半期の決算を発表。営業利益11.7%減の増収減益となった。(2008/7/28)

ワイヤレスジャパン2008:
激変するモバイル市場、ケータイキャリアが進む方向は
ワイヤレスジャパン2008の2日目、「モバイル通信サービス事業の将来ビジョン」と題した基調講演にケータイキャリアのキーパーソンが勢揃いし、それぞれの立場から今後の取り組みについて説明した。ドコモとKDDIは“エージェント機能”に注目。ウィルコムは次世代PHSへの取り組み、ソフトバンクモバイルはiPhone 3Gの分析が話題に上った。(2008/7/24)

ワイヤレスジャパン2008:
「WILLCOM CORE」は、現行PHSとのデュアル端末でスタート――ウィルコム
試験サービス開始まで1年を切ったウィルコムの次世代PHSサービス「WILLCOM CORE」。同社 次世代事業推進室の上村治室長が、ワイヤレスジャパン2008で講演を行い、サービス開始までの展望を語った。(2008/7/22)

ワイヤレスジャパン2008 キーパーソンインタビュー:
「電話」以外の提案力で携帯キャリアに差をつける――ウィルコム 土橋匡氏
音声定額やデータ定額をいち早く導入し、法人市場を牽引してきたウィルコム。しかし携帯キャリアも相次いで定額を導入し始めたことから、苦しい戦いを強いられている。次世代PHS「WILLCOM CORE」の導入を目前に控えた今、ウィルコムはどのような戦略で法人顧客をつなぎ止めようとしているのか。同社副社長の土橋匡氏に聞いた。(2008/7/2)

ワイヤレスジャパン2008 キーパーソンインタビュー:
“3Gと小型デバイスの融合”がモバイル市場に変革をもたらす――クアルコム ジャパン 山田純氏
2G端末の出荷台数がゼロになるなど、名実ともに3G大国となった日本。この高速通信インフラは今後、携帯電話だけでなく多様なデバイスに活用されると予測される。小型デバイスと3Gの融合は、モバイル市場をどう変えていくのか――。クアルコム ジャパンの山田純社長に聞いた。(2008/6/23)

ケータイにはできない未来を切り開く――“もう1つの未来”を目指すウィルコム
「目指すのはガラパゴスではない。ウィルコムは自由なブロードバンドを実現する」――。喜久川政樹社長は、今後の同社のビジョンをこう表現した。次世代PHSの実現に向けたキーワードは“もう1つの未来”。生活密着型端末、スマートフォン、次世代につながる端末の投入で、“携帯ではできない未来”を切り開くとした。(2008/5/26)

“ウィルコムのWiMAX”とモバイルWiMAXの違い
先日、ある通信事業者幹部と話していたときに、会話の中で“ウィルコムのWiMAX”という表現が出てきた。それは単なる言い間違いではなく、非常に示唆に富んだ表現だ。次世代高速無線通信の行方を占う上でも、興味深い発言といえる。(2008/4/30)

日本企業のためのスマートフォン導入術:
W-ZERO3購入者の多くはSE?――企業の導入拡大を期待するウィルコム
スマートフォンの火付け役となったウィルコム。2008年はW-ZERO3シリーズの企業導入に拍車がかかると期待する。(2008/3/3)

富士通、世界最小のモバイルWiMAX向け基地局を発表
富士通がモバイルWiMAXの基地局「BroadOne WX300」を発表した。従来の技術を用いた基地局装置よりも小型化と省電力化を実現している。(2008/2/6)

2台目需要を狙う“コミュニケーション”に最適な音声端末──ウィルコム 喜久川政樹社長
ウィルコムは1月21日、2008年春商戦向けの音声端末とデータ通信カードを発表。音声端末をウィルコムの4本柱の1つに据え、2台目需要に応える通話とメールの使い勝手をよくした音声端末を投入する。(2008/1/21)

「XGP」の行方を占う──PHS MoU GroupのNWG & PWG-SWG4 Meeting
PHSの国際普及団体PHS MoU Groupは12月13日、「XGP」こと次世代PHSの実現に取り組む企業らが参加する「NWG & PWG-SWG4 Meeting」を岩手県花巻市で開催した。(2007/12/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。