ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オフィス家具」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オフィス家具」に関する情報が集まったページです。

リノベ:
イトーキ、開発部門の拠点を大規模リニューアル 部門間/外部との連携強化
イトーキは、京橋オフィスを大規模リニューアルし、ラボ&ワーキングショールーム「CILK」として開設した。部門間や外部パートナーとのコラボレーションを加速するとともに、開発者がユーザーの声に触れられるワーキングショールームとしても活用する。(2024/2/16)

電子ブックレット(FA):
2023年 スマート工場最前線まとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2023年にFAフォーラム内の「スマート工場最前線」に掲載された記事5本をまとめた「2023年 スマート工場最前線まとめ」をお送りします。(2024/1/22)

3Dプリント材料、この10年程度の進化(1):
環デザインとマテリアルドリブン・リサーチ
本連載では活用事例が増えつつある3Dプリント材料の基礎や最新の動向と活用事例について紹介します。第1回では3Dプリントの活用が広がった流れや材料の変遷、著者が手掛けた3Dプリントの活用事例について説明します。(2024/1/22)

ポストコロナ時代のお薦めガジェット【中編】
「在宅ワークに飽きてきた」の悩みを解消する“面白いガジェット”8選はこれだ
自宅で仕事をするテレワーカーに、ホームオフィスを快適にするガジェットを贈るのは名案だ。米TechTargetのギーク(技術オタク)のお薦めを基に、プレゼントにぴったりのガジェットを紹介しよう。(2023/12/29)

ロジクール、“他社コラボ”で法人領域を強化 笠原社長が事業戦略を説明
これまでコンシューマー向けPC関連製品で伸びてきたロジクールが、B2B領域に本腰を入れる。自社だけではカバーしきれない分野で協業する新しいパートナーシップ制度を導入する。(2023/12/11)

PR:読者限定クーポンでさらにお得に! FlexiSpotが人気の昇降デスクや椅子などを最大30%オフとなる「ブラックフライデーセール」を開催
FlexiSpotがブラックフライデーセールを開催する。期間中は、対象の昇降デスクや椅子などが最大30%オフで購入可能だ。1万円以上の購入時は、ITmedia PC USER読者限定のクーポンでさらに3000円引きとなる。(2023/11/24)

オフィス家具とICTでチームの生産性を高める:
内田洋行 大久保社長「人とデータへの投資が拡大」 ICTと空間を融合したハイブリッドオフィスを提案
コロナ禍で一気に広がったリモートワークだが、現在ではオフィス回帰のニーズも増えてきている。「ICT」と「空間」の両面からワークプレースの新しい在り方を模索する内田洋行は、2023年11月14〜17日に都内で開催するオフィス家具とICTの新製品発表会「UCHIDA FAIR 2024」で、「人が主人公となるハイブリッド・ワークプレイス」をテーマに、働き方の多様化に対応しながらチームの結束力と創造的生産性を高めるオフィス空間を提案する。(2023/11/16)

コロナ後の職場は「つくる」がキーワード コクヨが新たな働き方発信
多様性や創造性、サステナブルなどを意識した商品構成とし、企業が持つそれぞれの課題に応じたオフィス提案を強化する。(2023/11/10)

オフィス探訪:
“オフィスの芝生”で仕事? パナソニックが「出社したい」を追求した新拠点
パナソニックは、家電事業に関わる部門・関連会社が集結した「パナソニック目黒ビル」(東京都目黒区)を10月にオープンした。テレワークで顕在化したコミュニケーション不足の解決とパナソニックらしさを意識した職場環境を目指したという。若手社員が中心となって取り組んだというパナの新オフィスを取材した。(2023/11/8)

オフィスを「新たな価値創出の場」に:
オカムラ中村社長「働く環境への投資はいまや経営課題」 フェアでオフィスの新価値提案
オカムラは都内ショールームで開催する「オカムラグランドフェア2024」で、多様な働き方に対応しながら、オフィスを「新たな価値を創出する場」として機能させる新製品の家具を提案する。(2023/11/8)

XR活用最前線:
実物を作る前に現実空間でデザインを検討/評価、MRを積極活用するイトーキ
テクノロジーとデザインの融合による価値創出に取り組むオフィス家具メーカーのイトーキは、製品開発のデザイン検討でMR技術を積極的に活用している。(2023/11/8)

ジャパンモビリティショー2023:
自動車内装部品に採用される一年生植物「ケナフ」で作ったラウンジチェア
トヨタ紡織は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」において、オフィス家具メーカーのイトーキと共同で開発した「ケナフラウンジチェア」を出品した。成長が早く、CO2の吸収能力に優れる一年生植物のケナフを原料としたチェアで、座面と背もたれ部分にケナフボードが用いられている。(2023/10/30)

モノづくり最前線レポート:
製造現場の理想の休憩室とは? イトーキが探るサステナブルなモノづくり
本稿ではイトーキ 関西工場における働きやすい環境の整備や、サステナブル、地域貢献への取り組みを紹介する。(2023/10/30)

オカムラ、配信や漫画の背景にも使えるチェアの3Dデータ発売、860円から 許諾範囲を明文化
オフィス家具メーカーのオカムラは26日、実在の商品(チェア)を3Dデータにした「オカムラデジタルコレクション」を発表した。メタバースの他、VTuberが配信する際のスタジオ背景や漫画の背景などにも使用できるとしている。(2023/10/26)

通勤時間が「苦痛」8割 仕事のモチベに与える影響は?
電車・バス通勤をするオフィス勤務者のうち、8割近くが通勤時間を「苦痛」と感じていることが、オフィス家具などの製造・販売を手掛けるプラスファニチャーカンパニー(東京都渋谷区)の調査で分かった。(2023/10/19)

スマート工場最前線:
5万通りのオフィスチェアづくりをサポート、イトーキ関西工場で進めるAI活用
創業130年を超えるオフィス家具のイトーキ 関西工場のチェア生産工程における自動化、無人化への取り組みを紹介する。(2023/10/10)

イノベーションのレシピ:
日立の遮音とピクシーダストの吸音を融合、テレワークブースの重量が半減
日立製作所は、プライベートイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2023 JAPAN」において、同社の遮音技術と落合洋一氏が率いるピクシーダストテクノロジーズの吸音技術を組み合わせることで大幅に軽量化したテレワークブースを披露した。(2023/9/20)

「座るだけで音がクリアに聞こえる」 Web会議用ボックスソファがイトーキから
ソファのヘッドレスト部分に指向性スピーカーを内蔵し、オープンスペースでも音漏れなどを気にせずWeb会議できるとうたうオフィス用ボックス型ソファ「sound sofa」が登場。(2023/9/14)

IT企業デスクツアー:
なんだこの机は とあるソフトバンク子会社で働くみんなのデスク環境 写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回はソフトバンク子会社で、ソフトウェアの流通や代理店ビジネスを手掛けるSB C&S(東京都港区)で働く人のデスク周りを探る。(2023/7/27)

IT企業デスクツアー:
AI・ロボ制御スタートアップで働くみんなのデスク環境 経営陣からエンジニアまで写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、AIスタートアップのエクサウィザーズ(東京都港区)で働く人のデスクを探る。(2023/7/10)

サンワ、圧迫感のないスリムデザインを採用したオフィスチェア
サンワサプライは、スリムデザイン筐体を採用したオフィスチェア「150-SNCM2」の取り扱いを開始した。(2023/6/13)

IT企業デスクツアー:
28.5億円調達の教育スタートアップで働くみんなのデスク環境 モノグサ社員の机をチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、AIを活用したデジタル教材「Monoxer」を提供するSaaSベンダー・モノグサで働く人のデスクを探る。(2023/6/13)

「1日10時間座れる椅子が欲しい」と店員に相談したら…… “根底を覆す返答”が目からウロコ
高い椅子でもできないことはある。(2023/6/7)

製品動向:
オカムラ、オフィスチェア「Contessa2」の20周年モデルを限定販売
オカムラは、個人向けブランドECサイト「OKAMURA Lifestyle Store(オカムラ ライフスタイルストア)」で、オフィスチェア「Contessa 2」の20周年記念モデルを販売している。(2023/5/23)

PR:カスタマイズしてピッタリの1台を選べる! 電動昇降デスク「FlexiSpot E8」で日々の生活を健康的に!
ハイブリッドワークが注目される中、特に在宅勤務時の「運動不足」が1つの問題として挙がるようになった。その解決方法の1つが、立っても座っても使える「電動昇降デスク」だ。この記事では、その中でも機能と価格のバランスが良い「FlexiSpot E8」と、より快適に利用するためのオプション品を紹介する。さらに読者限定の割引クーポンも!(2023/5/22)

「捨てられた椅子に座る人」が通算2000脚を達成 6年以上座り続けた鉄人に話を聞いた
早朝の散歩がてら、粗大ゴミの椅子に座る日々について聞きました。(2023/5/9)

湯之上隆のナノフォーカス(61):
ここが変だよ 日本の半導体製造装置23品目輸出規制
2023年3月、経済産業省は、半導体製造装置など23品目を輸出管理の対象として追加する方針を固めた。だが、ここで対象とされている製造装置、よくよく分析してみると、非常に「チグハグ」なのである。何がどうおかしいのか。本稿で解説したい。(2023/4/25)

IT企業デスクツアー:
149億円調達のスタートアップで働くみんなのデスク環境 まるでおもちゃ屋な机も
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。経営陣や社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は3月までに149億円を調達した薬局向けSaaSベンダー・カケハシで働く人のデスク周りを探る。(2023/4/24)

「総務」から会社を変える:
コロナ5類化、いま求められる「シン・万能型オフィス」とは
新型コロナウイルスの5類化を控え、あらためてオフィスかテレワークかの二極化が進んでいる。これから総務は社員が働く場所をどのように設計すべきか。「月刊総務」の豊田氏はいま、「シン・万能型オフィス」が求められていると唱える。それは何かというと……。(2023/4/19)

ITmedia ビジネスオンライン Weekly Top10:
リモートワーク一年生が振り返る「働く場所改革」 筆者の必須アイテムは?
今週初め、多くの会社で入社式が行われた。出社回帰の流れもあって、「満員電車」がTwitterのトレンドに。依然リモートワーク中の、筆者はこの一年の「働く場所改革」を振り返った。(2023/4/7)

GXリーグでも活用:
脱炭素化で注目の「カーボン・クレジット」、国内外の動向と日本での実証結果
日本でも「GXリーグ」が創設されるなど、企業の脱炭素化に向けた動きが加速している昨今。企業のカーボンニュートラル施策の一つとして利用されるのが「カーボン・クレジット」だ。国内外のカーボン・クレジット制度の動向と、日本で実施された実証市場の結果をまとめた。(2023/3/30)

普段の椅子に“後付け”できる背もたれクッション サンコーから「極上後付けソファチェア『UTATANE』」発売
普段椅子で仮眠をとるひとにも。(2023/3/15)

オフィス家具大手のイトーキが“ガチゲーマー”向け新レーベル「Daidara」を立ち上げ 高級ゲーミングチェア「Act Gaming」を発売する理由
オフィス家具で知られるイトーキが、本格的なゲーマー向け家具ブランド「Daidara(ダイダラ)を立ち上げる。その第1弾として、座り心地に定評のあるオフィスチェア「Act」をベースにしたシンプルなゲーミングチェア「Act Gaming」を発売した。(2023/3/6)

SaaS企業デスクツアー:
「アドビ」で働く人の机をチェック 経営層から書体デザイナーまで、ロマンあふれるデスクたち
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介する本連載。今回は「Photoshop」や「Illustrator」などでおなじみ、米Adobeの日本法人に注目する。(2023/2/28)

サンワ、耐荷重200kgを実現した高耐久オフィスチェア
サンワサプライは、高い耐荷重性能を実現したオフィスチェア「SNC-NET23BK」を発売する。(2023/2/13)

Innovative Tech:
プロジェクター付きの椅子ってどう? カナダの研究者らが開発 背もたれに寄り掛かって天井に星空投影など
カナダのウォータールー大学に所属する研究者らは、プロジェクターを取り付けた椅子を提案した研究報告を発表した。(2023/1/27)

湯之上隆のナノフォーカス(58):
なぜTSMCが米日欧に工場を建設するのか 〜米国の半導体政策とその影響
本稿では、米国の半導体政策に焦点を当て、それが世界にどのような影響を及ぼしてきたか、または及ぼすと予測されるかについて論じる。(2023/1/19)

IFRS16先行事例にみるインパクトの大きさ:
PR:「改正リース会計基準」が2026年度にも強制適用!? 円滑な制度対応のために今から準備すべきことは
企業会計基準委員会(ASBJ)による「改正リース会計基準」の策定が大詰めを迎えつつある。借り手リース契約の全てを原則、貸借対照表に資産計上するこの改正は、多くの日本企業に多大な影響を与える。強制適用に備え、どう準備を進めるべきなのか。(2023/1/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「便利」でもなく「楽しく」もない、そんなローカル鉄道はいらない
12月中旬、日本共産党は提言「全国の鉄道網を維持・活性化し、未来に引き継ぐために」を発表した。鉄道ファンとしてはとても心強い話だが、内容では「活性化」に触れていない。残せば地域が活性化すると考えているなら無責任だ。問われるべきは「鉄道を維持したらどういう未来が待っているか」なのだ。(2023/1/7)

デジタルファブリケーション:
コクヨがデジファブ事業を始動 VUILDの木材加工機「ShopBot」で木素材の内装空間や家具を提案
コクヨは、東京品川オフィス内に新たな協創の場となる実験スタジオ「(0,0,0)studio genten」をオープンし、木素材をメインにしたデジタルファブリケーション技術を活用した新事業をスタートさせた。デジファブ事業では、米国製の木工用加工機(CNCルーター)「ShopBot(ショップボット)」を活用し、多様化するワークスタイルに応じた家具や内装造作などを制作し、「働く空間」の新たな価値創出を目指す。(2022/12/8)

サンワ、コンパクトに収納できる折りたたみ機構付きオフィスチェア
サンワサプライは、背もたれ部をコンパクトに折りたためるオフィス向けメッシュチェア「150-SNCM031」を発売した。(2022/12/6)

開発のヒントはイルカ::
狙うBOSE超え――NTTが世界初とうたう「音閉じ込めイヤホン」は本当にすごいのか?
NTTソノリティは11月9日、NTTグループ初のコンシューマー音響ブランド「nwm(ヌーム)」からオープンイヤー型イヤホンを発売。「BOSEのようなブランドを目指す」と目標を掲げ、NTTが音響業界に参入する。(2022/11/10)

2022年9月度:
個人が購入した中古オフィスチェアのランキング 2位はオカムラの「バロン」シリーズ、1位は?
オフィスバスターズは、2022年9月に一般客が購入した中古オフィスチェアの販売数ランキングを発表した。2位はオカムラの「バロン」シリーズが獲得した。1位は?(2022/10/27)

完全予約制:
イトーキ、在宅用いすのショールーム「ZA SALON TOKYO」をオープン 
イトーキは9月26日、一般向けのチェアショールーム「ZA SALON TOKYO(坐サロン 東京)」を東京・京橋にオープンした。コロナ禍によるテレワークの導入で急速に増加している自宅オフィス家具の需要に応え、売り上げ拡大を図る。(2022/9/26)

スパッと買う決心がつかない貴方に――「アーロンチェア」を好きなだけ試せるサブスクはいかが?
「高価でもよいものを買え」と言われるツールの代表格といえばキーボード、そしてチェアだろう。中でもチェアは、高級な製品は10万円超えが当たり前ながら試せる場が少ない。こうした時、家具のサブスクリプションサービスを利用する手がある。(2022/9/24)

IT企業デスクツアー:
タクシーアプリ「GO」を支えるみんなのデスク環境 経営層からエンジニアまで写真でチェック
IT・Web関連企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。転職先の雰囲気を把握したい人に向け、ITエンジニアなどさまざまな社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、タクシー配車アプリ「GO」などを手掛けるMobility Technologiesで働く人の机を探る。(2022/9/19)

0→1から収益化:
三菱地所で起業した3人の社長 今だから話せる「本当に苦労したこと」
三菱地所が毎年、社内で実施している「新事業提案制度」。毎年30前後の新規事業提案の中から、実際に事業化に結び付くのは2、3件程度。そんな狭き門を潜り抜けた3人は、いかにして新規事業を実現させたのか――。(2022/9/15)

会社員500人にアンケート:
オフィスの居心地どうすれば改善? 雑談しにくい相手1位は「役員」
オフィス家具の製造・販売などを手掛けるプラス(東京都千代田区)は、従業員100人以上のオフィスで働く社会人500人を対象に「オフィスでの雑談」に関する調査を実施した。職場で気軽に雑談できる相手は誰か聞いたところ、1位は「同期または世代の近い同僚」だった。(2022/9/13)

メッシュ採用で税込み2万9900円を実現!:
見た目はオフィスチェアのようなイケアのゲーミングチェア「STYRSPEL」が登場 10月発売
イケア・ジャパンから、ゲーミングチェアの新モデル「STYRSPEL」が発表された。発売は10月の予定で、4色のカラー展開がなされる。(2022/8/31)

揺れ動く「オフィスで働く意味」 ハイブリッドワーク時代の最適解は 試行錯誤を重ねるコクヨの考え
在宅勤務の普及で揺らぐオフィスの在り方。ハイブリッドワークを採用する企業も増える中で、オフィスに見いだすべき価値とは。働き方に関する実験施設を開設するなど、試行錯誤を重ねるコクヨに考えを聞く。(2022/8/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。