ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Office Tips」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Office Tips」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Office Tips:
文章要約機能を追加する
Office Tips:Wordが備えていた文章要約機能。2007ではどこへいってしまったのだろうか。(2007/12/19)

Office Tips:
Office 2007でOffice 2003と同じドロップダウンメニューを使う
Office Tips:リボンUIに慣れるまで、従来のドロップダウンメニューも併用してみよう。(2007/12/19)

Office Tips:
文書内の隠しデータや個人情報の有無をチェックする
Office Tips:Office文書内に不要な個人データがないかチェックをしてみよう。(2007/12/18)

Office Tips:
[開発]タブを表示する
Office Tips:マクロの記録やActiveXコントロールの作成などができる[開発]タブを表示させてみよう。(2007/10/22)

Office Tips:
旧バージョンとの互換性をチェックする
Office Tips:Office 2007で作成したドキュメントを旧バージョンで利用するなら、あらかじめ互換性のチェックをしておいたほうが安心だ。(2007/10/22)

Office Tips:
印刷プレビューで編集する
Office Tips:実は、Wordのプレビュー画面では編集することもできる。(2007/10/19)

Office Tips:
Officeクリップボードで最大24個のデータを記憶する
Office Tips:Officeクリップボードを利用すれば、多くのデータを保持しながら再利用が可能だ。(2007/10/19)

Office Tips:
IMEの予測入力機能を使うには
Office Tips:Office 2007に付属するIMEには、携帯電話でおなじみの「予測入力機能」が搭載されている。(2007/9/7)

Office Tips:
Excelの表のサイズを自由に変える
Office Tips:Excelで作成した表のサイズを自由に変えることのできる方法がある。(2007/9/7)

Office Tips:
表の行列を入れ替える
Office Tips:Excelで作成した表の行と列を入れ替えてみよう。貼り付けの機能を応用すれば簡単にできる。(2007/8/20)

Office Tips:
セルのデータを自動的にビジュアル化する
Office Tips:Excel 2007のワークシート上で、数値の大小を分かりやすくビジュアル化してみよう。(2007/8/20)

Office Tips:
透かし文字を設定する
Office Tips:Word文書の透かしを、より簡単に入れる方法を紹介しよう。(2007/8/10)

Office Tips:
MS-IMEにプライバシー情報を残さない
Office Tips:Office 2007のIME 2007には、変換の学習情報や予測入力の履歴情報などを削除する機能が用意されている。(2007/8/9)

Office Tips:
ファイルの履歴を固定する
Office Tips:読み込んだファイルの履歴を、あるものについてだけ消されないように保持しておくことができる。(2007/8/8)

Office Tips:
箇条書きをSmartArtグラフィックに変換する
Office Tips:PowerPoint 2007には、箇条書きをワンタッチで見栄えのするグラフィックへ変換する機能がある。(2007/8/8)

Office Tips:
はみ出た数行を前のページに収めて印刷する
Office Tips:文書を何とか1ページに収めたいとき、Wordには便利な機能がある。(2007/8/5)

Office Tips:
Word文書中にある表の列幅を自動調整する
Office Tips:Wordで作った表の列幅は、文字に合わせて自動で調整できる。(2007/8/5)

Office Tips:
デザインされた表が新規作成されるようにする
Office Tips:Word 2007では、味気ない罫線のみの表ではなく、デザインされた表を新規作成・挿入することも可能だ。(2007/8/4)

Office Tips:
Word文書の表紙を手軽に作る
Office Tips:Word 2007には、文書の表紙を手軽に作成する機能が用意されている。(2007/8/4)

Office Tips:
ルーラーの表示/非表示をワンタッチで切り替える
Office Tips:Word 2007のルーラーは、表示/非表示をワンクリックで簡単に切り替えられる。画面を一時的に広く使いたい場合などに有効な手段だ。(2007/8/4)

Office Tips:
ズームスライダの快適な使い方
Office Tips:画面表示の倍率を素早く変えることの出来る「ズームスライダ」。うまく活用すれば希望の倍率へ自由自在に変更できる。(2007/8/3)

Office Tips:
クイックアクセスツールバーをリボンの下に配置
Office Tips:頻繁に使うコマンドを素早く実行できるクイックアクセスツールバー。これをリボンの下に持ってくることで、さらに使いやすくなるだろう。(2007/8/3)

Office Tips:
リアルタイムプレビューを停止する
Office Tips:フォントや図表のデザインを設定するときに自動で表示されるプレビューは便利だが、速度向上のためにオフにすることもできる。(2007/7/28)

Office Tips:
Word 2007でブログへ投稿する
Office Tips:Word 2007には、作成した文章を手軽にブログへ投稿する機能が用意されている。(2007/7/24)

Office Tips:
リボンUIではできない詳細な設定をしたいときは?
Office Tips:Office 2007では、リボンUIだけではできないような詳細な設定をするため、ダイアログボックスを表示するボタンが用意されている。(2007/7/23)

Office Tips:
旧OfficeとOffice 2007のコマンドの対応を調べたい
Office Tips:マイクロソフトのWebサイトには、Office 2007で採用されたリボンUIと、Office 2003までのドロップダウンによるメニュー構成とを対比する一覧表やアニメーションガイドが用意されている。(2007/7/23)

Office Tips:
旧OfficeでOffice 2007のファイルを扱うには
Office Tips:以前のバージョンのOfficeアプリケーションでも、最新のOffice 2007で保存したファイルを利用することができる。(2007/7/19)

Office Tips:
Office 2007で旧Officeのファイルを扱うには
Office Tips:Office 2007で旧Officeアプリケーションのファイルを読み込むと、Office 2007は「互換モード」という旧Officeと同じ機能を持つモードで動作するようになる。(2007/7/19)

Office Tips:
Wordでのグラフの作り方
Office Tips:Word 2007では、Excel 2007を呼び出してグラフを作成する仕様になった。Excel上で編集すれば、Wordのグラフも連動して変化する。(2007/7/17)

Office Tips:
空白のセルで途切れた折れ線グラフをスムーズにつなぐ
Office Tips:Excelの折れ線グラフは、空白のセルがあるとそこで線が途切れてしまう。そんなとき、Excel 2007ではうまく見せる方法が用意されている。(2007/7/14)

Office Tips:
作成した表に書式を素早く設定する
Office Tips:Excel 2007では、作成した表へ簡単に書式を設定することができる。(2007/7/11)

Office Tips:
Office文書をPDFファイル/XPSファイルとして保存する
Office Tips:Word 2007、Excel 2007、PowerPoint 2007には、作成した文書をPDF/XPSファイルとして保存する機能が用意されている。(2007/4/29)

Office Tips:
Officeのリボンを非表示にする
Office Tips:WordやExcel、PowerPointなどをノートPCで利用する際に、リボンを非表示にして画面を広く使うことができる。(2007/4/28)

Office Tips:
クイックアクセスツールバーに好みのボタンを追加する
Office Tips:WordやExcelなどのツールバーに、よく利用するコマンドを自由に追加できる。(2007/3/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。