ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「OptiX」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「OptiX」に関する情報が集まったページです。

Interop Tokyo 2019速報:
Interop Tokyo 2019のBest of Show受賞製品が決定
2019年6月12日に開幕したInterop Tokyo 2019で、同日午前、Best of Show Awardが決定した。各部門の受賞者と受賞製品を紹介する。(2019/6/12)

MSI、144Hz駆動に対応したVAパネル採用の曲面31.5型液晶ディスプレイ
MSIは、WQHD表示に対応した曲面タイプの31.5型ワイド液晶ディスプレイ「Optix MAG321CQR」を発売する。(2019/3/8)

MSIのPCモニターが銃弾を止めてユーザーを救った!? → 公式が「防弾モニターキャンペーン」開始
銃弾が突き刺さっても、モニターは稼働し続けたそうです。すごっ。(2019/3/7)

MSI、湾曲デザインの24型フルHDゲーミング液晶「Optix MAG241CR」など2製品
台湾MSIは、湾曲デザイン筐体を採用したフルHD表示対応の24型ワイド液晶ディスプレイ2製品を発表した。(2019/2/22)

車両デザイン:
PR:リアルタイムがデザインを変える、RTXが再創造するビジュアライゼーション
CGが物理的に正しい光の表現を手に入れた。恩恵を受けるのは映画やゲームの世界だけではない。デジタルとVRを活用したモノづくりから、「バーチャルショールーム」のような新しいマーケティング戦略まで、自動車についても大きな変化が生まれる。そのためには、CADデータと最新のCG技術を組み合わせて活用することが不可欠だ。CGI(Computer Generated Imagery)のグローバルマーケットリーダーであるドイツのMackevision(マケビジョン)に話を聞いた。(2018/10/29)

GTC Japan 2018:
NVIDIAが語るVoltaとTuring、最新GPUはこう使おう
NVIDIAのGPUアーキテクチャである「Turing」と「Volta」。これら2つのアーキテクチャでは、RTコアとTensorコアという2つのユニットが性能躍進の立役者となった。GTC Japan 2018の講演から、アーキテクチャをおさらいし、最新GPUを効率的に活用するための手法を紹介する。(2018/9/20)

RTコア1個で性能はCPUの100倍:
“通常とは違う過程で登場”したGPU「Turing」は何が新しいのか
NVIDIAが2018年8月に発表した新世代GPUは、それまでのPascalや最新のVoltaにはない「Ray Tracing」専用ハードウェアを実装した。その意味と効果とは。(2018/9/18)

GPUの新時代を切り開く「Turing」アーキテクチャ徹底解説
NVIDIAの新しいGPUアーキテクチャ「Turing」はこれまでと何が違うのか。その詳細を解説。(2018/9/14)

「G-Tune」とのすみ分けは? マウスがMSIのゲーミングデスクトップPCを販売する理由
マウスコンピューターがMSI製小型ゲーミングデスクトップPC「Aegis 3 8th」と「Nightblade MI3 8 th」の取り扱いを発表。(2018/7/18)

MSI、144Hz駆動対応の湾曲27型WQHD液晶ディスプレイ「Optix MPG27CQ」など2製品
台湾MSIは、WQHD表示に対応した湾曲デザインの27型液晶ディスプレイ「Optix MPG27CQ」など2製品を発売する。(2018/4/13)

MSI、曲面デザインの27型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
台湾MSIは、同社製ゲーミングディスプレイ「Optix」のラインアップに27型フルHD対応の下位モデル「Optix MAG27C」を追加した。(2018/2/26)

MSI、144Hz表示対応の曲面27型ゲーミング液晶ディスプレイ
台湾MSIは、ゲーミング向けディスプレイ「Optix」シリーズに曲面27型モデルの「Optix MAG27CQ」を追加した。(2018/1/26)

「従来型サーバ150台分」のレンダリング性能を実現:
NVIDIA、AIでレンダリング性能を高める「NVIDIA OptiX 5.0」を発表
NVIDIAが、AIワークステーション「DGX Station」と新世代のレイトレーシングエンジン「OptiX 5.0」向けのSDKを発表。開発者に向け、2017年11月に無償提供される。(2017/8/2)

アスク、NVIDIA Irayにも対応したレンダリング向けハイエンドシステム「Quadro VCA」の取り扱いを開始
アスクは、CADや映像編集/レンダリング作業などの向くビジュアルコンピューティング向けハイエンドシステム「Quadro VCA」の取り扱いを開始した。(2015/4/6)

「ただのグラフィックスカードじゃない」というQuadroの実力を見せつける
2010年7月末に登場した“Fermi”世代のQuadroは、従来世代から大幅に性能を向上させた。企業導入率90%というQuadroの実力を米本社幹部がアピールする。(2010/8/17)

NVIDIA、“Fermi”世代の「GeForce GTX 400」シリーズを発表
NVIDIAは、“Fermi”アーキテクチャを採用したGeForceシリーズの新モデル「GeForce GTX 400シリーズ」を発表した。製品の出荷は4月中旬の予定だ。(2010/3/27)

「CUDAもDirectComputeも競合しない」──SIGGRAPH Asia 2009 NIVIDAプレスカンファレンス
日本で開催された「SIGGRAPH Asia 2009」にNVIDIA米国本社の主要スタッフが大挙してやってきた。プレスセッションで紹介された“CUDAの課題”とは。(2009/12/18)

HDMI出力は2系統:
M1デザインのBD/SACDプレーヤー「UD9004」、マランツから
マランツは、SACD/Blu-ray Discプレーヤーのフラグシップモデル「UD9004」を7月下旬に発売する。同社製AVアンプと同じ“M1デザイン”を採用。(2009/6/12)

EIZOディスプレイ08-09年ガイド:
PR:目的別に最適なワイド液晶ディスプレイを選び出そう!
いまや液晶ディスプレイはワイド画面で高解像度のモデルがすっかり主役になった。特にナナオはワイド液晶ディスプレイのラインアップが充実しており、さまざまな用途に応じて最適なモデルを選べるようになっている。今回は、利便性の高い22型以上のモデルに的を絞って、ワイド液晶ディスプレイを購入する際のポイントを目的別に解説しよう。(2008/12/19)

IDTがSilicon Optix買収で目指す高画質化への道
「縁の下の力持ち」だったIDTが、自分たちのことを積極にアピールしている。今回は高画質化への取り組みとともに次世代「HVQ Benchmark」にも言及した。(2008/10/28)

G.T.デザイン採用:
三菱、コントラスト比7万:1のフルHDプロジェクター
三菱電機は、フルHD対応のホームプロジェクター「LVP-HC7000」を9月25日に発売する。(2008/9/17)

倍速駆動パネル搭載機も、エプソンが「dreamio」新製品
セイコーエプソンは、ホームシアター用フロントプロジェクター「EH-TW4000/3000」とDVD一体型の「EH-DM2」を10月上旬から順次発売する。(2008/9/10)

マランツ、同社初のBDプレーヤー「BD8002」
マランツがHDオーディオや24p出力に対応したBlu-ray Discプレイヤーを発売。(2008/5/16)

PR:究極の色再現を目指したキャリブレーションソフト――「ColorNavigator 5.0」
ナナオの「ColorEdge」シリーズに付属するカラーキャリブレーションソフトウェア「ColorNavigator」が5.0にバージョンアップした。インタフェースを刷新しつつ、ユーザーによる詳細なカスタマイズを可能にするなど、ColorEdgeシリーズの潜在能力をさらに引き出すための改良が随所に施されている。今回は実際に「ColorEdge CG241W」と組み合わせて使用し、その魅力に迫ってみた。(2007/12/25)

ナナオ、ColorEdge用キャリブレーションソフト「ColorNavigator 5.0」
ナナオがキャリブレーションソフト「ColorNavigator」をバージョンアップした。表示状態のチェック機能や色域エミュレーション機能を搭載している。(2007/12/7)

新アイリスで黒再現性を高めたフルHDプロジェクター「LVP-HC6000」
三菱電機がフルHDプロジェクター「LVP-HC6000」を発表。新型の高速・高精度アイリスの採用で黒再現性を高めている。HDMIもVer1.3準拠を2系統装備。(2007/8/22)

オンキヨー、HDMI 1.3a搭載AVアンプに上位モデル
オンキヨーがフルハイビジョン映像や次世代サラウンド音声などを伝送できるインタフェースHDMI ver.1.3aに対応したAVアンプを発表。上位機種には高精度映像処理回路「HQV」を搭載した。(2007/6/22)

レビュー編:
PR:プロ向け液晶ディスプレイ「ColorEdge」シリーズにエントリーモデルが登場──ColorEdge CE240W
ナナオの液晶ディスプレイ「ColorEdge」シリーズは、グラフィックやDTPといった業務向けのラインアップだ。1台ずつ調整して出荷され、さらにハードウェア・キャリブレーションにも対応することで、正確な発色を実現していることが最大の特長だ。それだけに高価でもあるのだが、コストダウンを図った「ColorEdge CE」シリーズが登場した。ここでは24.1インチパネル搭載の「ColorEdge CE240W」を紹介しよう。(2006/5/18)

カラーマネジメントツール「Monaco OPTIX XR」がもらえるハンズオンセミナー――Too
Tooは、アップルコンピュータ内トレーニングルームにて「Tooカラーマネジメントハンズオンセミナー」を7月16日に開催する。受講料は6万3000円。(2004/6/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。