ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オプトアウト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オプトアウト」に関する情報が集まったページです。

コミュニケーションの「質」と「量」の課題に取り組む:
KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDDI。それを実現するためのシステムと組織の在り方とはどのようなものか。(2024/6/20)

Adobe、「基本利用条件」アップデートについての詳細を説明
米Adobeは、Adobe Creative Cloud/同 Document Cloud利用者向けの「基本利用条件」アップデートについての詳細をアナウンスした。(2024/6/11)

Microsoft、Copilot+ PCの「Recall」(回顧)をオプトインに プライバシー懸念受け
MicrosoftはAI搭載「Copilot+ PC」の目玉機能「Recall」(日本では「回顧」)のいくつかの設定を変更する。この機能発表後、プライバシー懸念が高まったことを受けたものだ。PC設定時に回顧を有効にするかどうか選択できるようになり、Windows Hello必須になる。(2024/6/8)

「マイナンバー法等の一部改正法」の一部が5月27日付で施行 海外での「マイナンバーカード」発行など、利用者の利便向上を狙う
5月27日、改正マイナンバー法の一部が施行された。これにより条件を満たした海外居住者もマイナンバーカードを利用できるようになった他、各種国家資格のオンライン手続きが順次可能となる。(2024/5/27)

Next GIGAで学習用端末のOSシェアが大きく変わる? PCメーカーやプラットフォーマーの動き【後編】
いわゆる「GIGAスクール構想」で導入された学習用端末が、2024年度から順次更新(リプレース)される。そこでプラットフォーマーや端末メーカーはいろいろな動きを見せている。その様子を見てみよう。【更新】(2024/5/23)

海外医療技術トレンド(107):
欧州AI法やEHDSが進化を促すプライバシー強化技術の有力ディープテック
本連載第93回で、一般データ保護規則(GDPR)を起点とする欧州のプライバシー保護技術(PET)の標準化と産業創出支援活動を取り上げたが、AI法や欧州保健データスペース(EHDS)の本格施行を控えて、PETを担うディープテックの活動が加速している。(2024/5/17)

Next GIGAで何が変わる? 文科省が「学習用端末」の要件や補助スキームの変更などを行った理由【前編】
2019年度に始まった「GIGAスクール構想」で導入された学習用端末が、2024年度から順次更新時期を迎える。そのことを受けて、端末メーカーやプラットフォーマーが置き換えを見越した動きを活発化させている。この記事では、新たな学習用端末の要件と調達方法について見ていきたい。(2024/5/16)

Uber EatsをWaymoの自動運転車が配送──アリゾナ州フェニックスで
Google系列のWaymoとUberは、Waymoの自動運転車でのUber Eats配送をアリゾナ州フェニックスで開始したと発表した。Uberは同地域でWaymoでの配車サービスも提供している。(2024/4/4)

Stability AI、音楽生成AI「Stable Audio」を2.0に更新 最長3分の作曲が可能に
画像生成AI「Stable Diffusion」で知られるStability AIはテキストで作曲できる生成AI「Stable Audio 2.0」を発表した。旧版では45秒までだった曲の長さが最長3分までに伸びた。16曲までは無料で作曲できる。(2024/4/4)

ポストCookie総まとめ:
共通IDソリューションが導くポストCookie時代のマーケティング戦略
Google ChromeのサードパーティーCookie廃止が目前に迫り、広告業界は大きな変革期を迎えている。従来のユーザー追跡方法が制限される中、新たな顧客体験とマーケティング戦略を実現するために注目を集める技術が「共通IDソリューション」である。(2024/4/3)

OpenAI、日本を含む一部地域でChatGPT利用をサインアップ不要に
OpenAIは、チャットAI「ChatGPT」を日本を含む185カ国でサインアプしなくても使えるようにした。過去の対話履歴にアクセスできないなどの制限があるが、GPT-3.5を試せる。(2024/4/2)

海外医療技術トレンド(105):
フィンランドが推進する医療と社会福祉のDX/SX戦略とイノベーション
本連載第32回、第45回、第51回、第57回、第90回、第100回で北欧全体のデータ駆動型デジタルヘルス施策を取り上げてきたが、今回はフィンランドの医療/社会福祉におけるDXやSXの動向に焦点を当てる。(2024/3/15)

パフォーマンス、透明性、コスト効率の新たな基準を設定:
コード生成用オープンアクセスLLM「StarCoder2」を公開 ServiceNow、Hugging Face、NVIDIA
ServiceNow、Hugging Face、NVIDIAは、コード生成用のオープンアクセスLLMファミリー「StarCoder2」を公開した。(2024/3/4)

普段の仕事に“AI副操縦士” Windowsで「Copilot」はどう使えばよい? 5つの基本用途をチェック
ビジネスパーソンがPCを活用するうえで、“作業の能率化”は欠かすことのできない視点だ。そのうえで、最近はさまざまな生成AIが登場しており、業務能率アップのためいかに生成AIツールを活用するか、も考える必要が高まっている。(2024/2/29)

OpenAIが開発、動画生成AI「Sora」の衝撃 エンタメコンテンツはどう変わる?
生成AI技術の進化が著しい。「ChatGPT」を開発したOpenAIが動画生成AI「Sora」を発表し、話題を集めている。技術革新によって、エンタメビジネスは今後、どう変化していくのか。(2024/2/27)

Marketing Dive:
サードパーティーCookieが本当に廃止される2024年、生き残りたいマーケターが必ずやるべきこと3選
PCH Mediaのティム・ブラズ氏によれば、ゼロパーティーデータとファーストパーティーデータを優先し、消費者にフォーカスすることが重要だ。(2024/2/8)

ChatGPTを手掛けるAIベンダーの主張
OpenAIは「フェアユース」と反論 米紙のAI著作権侵害訴訟の行方は?
日刊紙を発行するThe New York TimesがOpenAIを著作権侵害で提訴したことに対し、OpenAIはブログで反論した。その主張はどのようなものなのか。(2024/1/11)

Facebookアプリでクリックしたリンクのターゲティング広告利用、無効化可能に
MetaはFacebookのモバイルアプリに「リンク履歴」という新機能を追加した。初期設定で有効になっており、アプリのブラウザでタップしたリンクの履歴が保存されている。履歴はMeta全体のターゲティング広告に利用されているが、新機能でこれを無効にできる。(2024/1/5)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(43):
私のこと、勝手に診断しないでください
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第43列車は「無料セキュリティ診断」です。※このマンガはフィクションです。(2023/12/27)

MetaのThreads、欧州での提供開始
Metaは、今年7月に立ち上げたSNS「Threads」の欧州でも提供を開始したと発表した。MetaはEUが来年施行するとみられる「DMA」で「ゲートキーパー」の1社とされている。(2023/12/15)

海外医療技術トレンド(102):
経済インセンティブで攻めるフランスのデジタルヘルス戦略
本連載第79回でフランスのデジタルヘルス戦略を取り上げたが、同国が2022年上半期のEU理事会議長国を務める2022年5月3日に、「欧州保健データスペース(EHDS)」に関する規則が正式に提案されるなど活発な動きを見せている。(2023/12/15)

人工知能ニュース:
企業のカメラ画像利活用で問われる倫理観、パナソニック コネクトの取り組みとは
パナソニック コネクトがカメラ画像の利活用における企業のプライバシーガバナンスについて説明。同社はカメラ画像を含めた個人情報/パーソナルデータの利活用案件に対応するための専門組織を立ち上げ、データ利活用とプライバシーの両立に向けた取り組みを進めている。(2023/12/6)

CIO Dive:
OpenAI、ChatGPT関連のアップグレードを発表 開発者必見の5つのサービス
OpenAIは初の開発者会議でChatGPTに関連した10以上のサービスのアップグレードを発表した。本稿はその中でもCIOにとって有意義な5つのサービスを紹介する。(2023/12/1)

Threadsプロフィール、Instagramアカウントを巻き込まずに削除可能に
Threadsは、Threadsのプロフィールを削除する機能を追加した。プロフィールを削除すると、Threads上のコンテンツ、「いいね!」、フォロワーが完全に削除されるが、ひも付けられたInstagramアカウントは削除されない。(2023/11/15)

Threadsの投稿をInstagramとFacebookで公開しない設定が可能に
Threadsに、プロフィールを公開設定にしているとポストがInstagramとFacebookにも表示されてしまう機能を無効にする機能が追加された。(2023/11/13)

TVer、生年月や性別などの情報を漏えい 個人の特定につながる情報は含まれず
「TVer」は、ユーザーの生年月や、性別などの情報を誤って広告企業(外部)へ提供していたことを明らかにした。TVerは、民放のテレビ番組を配信するサービス。情報の漏えいは、アプリ開発における人為的なミスが原因という。(2023/10/27)

TVer、ユーザーの同意ない項目を外部提供したと謝罪 iOSアプリのバグ、45万端末に影響
TVerは、iOSアプリの一部で、ユーザーの意思に反し、生年月や郵便番号などのデータを誤って外部の広告企業などに提供していたと発表した。(2023/10/27)

Social Media Today:
Threads投稿がFacebookやインスタで表示される? ユーザーには垢バレの不安が……
サービス開始後短期間で1億ユーザーを獲得した後、成長が急減速したMetaの「Threads」。ポストX(旧Twitter)の筆頭候補として再度存在感をアピールするため、次の一手を打ってくるようだ。(2023/10/22)

X(Twitter)が投稿やリプライに年間1ドルを課す新プログラム ニュージーランドとフィリピンでテスト
ニュージーランドとフィリピンで新規アカウントを対象にテスト。(2023/10/18)

Social Media Today:
Facebookに広告なしの有料プラン、月額14ドルは適正価格?
Metaが広告なしの有料プラン導入を検討しているようだ。Facebookだけでは月額約14ドル、FacebookとInstagramの両方をカバーする場合は月額約17ドルとなる見込みだ。(2023/10/13)

Google、「パスキー」を個人ユーザーのデフォルトに
Googleは、パスワード不要のサインイン「パスキー」を、Googleアカウントのデフォルト(初期設定)にすると発表した。アカウントにサインインしようとすると、パスキー作成を求めるプロンプトが表示されるようになる。(2023/10/11)

Google、WebサイトのコンテンツをAIトレーニングからオプトアウトするツールを提供
Googleは、Webパブリッシャー向けに、BardやVertex AIなどのGoogleのAIのトレーニングにコンテンツを使わせないようにするツール「Google-Extended」を発表した。クローラーによるインデックスはさせつつコンテンツ利用を回避できる。(2023/9/29)

OpenAIの文→画像AI「DALL・E 3」、10月にChatGPT PlusとAPIで利用可能に
OpenAIは、文章から画像を生成するAIの次期版「DALL・E 3」を発表した。「ChatGPT Plus」と「ChatGPT Enterprise」のユーザーは、10月に利用可能になる。先代より長いプロンプトの理解力が大幅に高くなったとしている。(2023/9/21)

新連載「生成AIスタートアップの挑戦」:
ChatGPTで株主総会の想定問答を自動生成 エクサウィザーズの強みは?
新連載「生成AIスタートアップの挑戦」の第1回は、AIを利活用したサービス開発を手掛けるエクサウィザーズを取り上げる。株主総会や決算説明会における想定問答の作成を支援するexaBase IRアシスタント powered by ChatGPTなどを提供するスタートアップだ。(2023/9/14)

山市良のうぃんどうず日記(265):
Meltdown/Spectreの再来? Intelプロセッサの新たな脆弱性とその対応策
2023年8月、Intelは一部の最新プロセッサを除く、広範囲のIntelプロセッサの世代に影響する評価「中」の新たな脆弱性と、その軽減策を公開しました。5年前の2018年、同じような脆弱性問題で大騒ぎになりましたが、今回はどうなるのでしょうか。(2023/9/13)

本田雅一の時事想々:
「Facebookを責任追及します」と前澤友作氏が激怒……”権利侵害広告”が蔓延るワケ
ここ数カ月、Facebookでは著名人、特にネットで話題になりやすい人物の写真を用いた広告が頻繁に表示されていた。なぜ、権利侵害広告が蔓延っているのか。根っこには、あらゆるデジタル広告が抱える共通の問題がある。(2023/9/8)

CIO Dive:
Zoomの「個人データ利用」はなぜ批判されたのか 顛末を振り返る
AIを利用したサービスを活用する際に、個人データが収集されることへの懸念は根強い。Zoomはこの懸念に応える形で利用規約を改訂したが、それでも批判は続いた。なぜか。(2023/9/8)

本田雅一の時事想々:
「ここまで行くと気持ち悪い」 「渋谷をAIカメラ100台で監視」が炎上 なぜ、温度差が生まれたのか?
渋谷駅周辺に100台のAIカメラを設置し、人流データを取得・解析するプロジェクトに、SNSで批判的な意見が出た。きっかけは、プロジェクトを説明するスライド資料。「心地よい街づくり」のための企画は、なぜ炎上したのか。(2023/9/7)

非IT企業も「AIプログラミングのない時代には戻れない」 「GitHub Copilot」導入した東急の内製開発チーム、手応えは?
AIプログラミング支援ツール「GitHub Copilot」を導入した東急の内製開発チーム。キーパーソンは「もう導入前には戻れない」と語る。手応えや効率化の効果を聞いた。(2023/7/28)

Gartner Insights Pickup(311):
AI規制に必要な国際協調と実践的行動とは
AI(人工知能)の普及が加速し、早々にAI規制の枠組みやインフラの確立が求められている。本稿では、国際規制機関が対処すべきAIの脅威をカテゴリー別に3つ紹介する。(2023/7/21)

ChatGPTスマホ活用術:メールやLINEの下書きに便利、文章のトーンも決められる
忙しい毎日の中で追われがちになってしまうメールやチャット。ChatGPTを上手に使うと、あなたの言葉をスムーズに伝わる表現に変えてくれます。(2023/7/13)

ITmedia NEWSは記事執筆フローにChatGPTなどAIを導入します
ITmedia NEWSが記事執筆・編集フローにAIを導入する。これにより、日々の編集・執筆効率を上げることで独自取材のリソースを強化する。この記事ではAIに担ってもらいたい部分と編集部として変わらず続けていく部分について整理する。(2023/7/5)

EchoやAlexaがスマートホーム共通規格「Matter」に対応するとどうなる? Amazonが説明
アマゾンジャパンが、AlexaやMatterに関する取り組みを説明するイベントを開催した。業界共通のスマートデバイス規格として期待を集めるMatterだが、AlexaやEchoシリーズが同規格に対応すると、どんなメリットがあるのだろうか?(2023/7/5)

「Windows 10のサポート終了をDX推進に利用しない」 日本マイクロソフトの“スタンスが変わった”ワケ
中堅・中小企業におけるDXは生成AIなどの登場で進展する可能性がある。その中で日本マイクロソフトが取り組むこととは。(2023/6/27)

「RDP」の注意喚起と対策【前編】
「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)に“穴”がある? 教育機関が警戒
高等教育機関や研究機関向けにITサービスを提供する英国の非営利組織Jiscは、ランサムウェア攻撃から大学や研究機関を保護することを目的に、新たな対策を導入する。(2023/5/16)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
新しいBingとEdgeが一般公開 誰でも利用可能に/Appleが「緊急セキュリティ対応」を配信
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、4月30日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/5/7)

ChatGPTに“シークレットモード”機能追加 企業向けプランも計画中
OpenAIがChatGPTにチャット履歴を保存しない機能を追加し、設定画面で簡単に変更できるようにした。データのエクスポート機能も追加した。専門家や企業向けの新たなプラン「ChatGPT Business」も発表した。(2023/4/26)

話題の画像生成AI「Stable Diffusion」、ビジネスモデルは? 企業の利用状況は? 日本法人代表にいろいろ聞いてみた
画像生成AI「Stable Diffusion」開発元の日本法人代表ジェリー・チーさんに、企業での利用状況やビジネスモデル、クリエイターからの反応などについて、いろいろと聞いてみた。(2023/4/13)

ChatGPTはおしゃべりな友達 “機密情報の漏えいリスク”に要注意
「ChatGPT」は企業に効率化をもたらすが、機密情報の取り扱いには注意が必要だ。複数のセキュリティベンダーがChatGPTに機密情報や個人情報を入力すると、データ漏えいにつながるリスクがあると警鐘を鳴らしている。(2023/4/11)

OpenAI、「AI の安全性に対する当社のアプローチ」を説明 「年齢確認オプション検討中」
OpenAIが「AIの安全性に対する当社のアプローチ」を説明した。「GPT-4より強力なAIの開発を直ちに停止せよ」という署名運動などを受けたものとみられる。「悪用する方法をすべて予測することはできない」が新しいシステムのリリースは慎重に行っていると主張する。(2023/4/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。