ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オレンジプラン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オレンジプラン」に関する情報が集まったページです。

仮想通貨への投資目的で出資募る 無登録2社に業務禁止申し立て 計41億円集金
証券取引等監視委員会は、仮想通貨で運用する金融商品への出資を無登録で募っていたとして、オレンジプランとゴールドマインの2社と両社の社長に2人ついて、業務の禁止を命じるよう、東京地方裁判所に申し立てたと発表した。(2018/5/30)

ソフトバンクモバイル、国内のSMSを無料に
ソフトバンクモバイルは、全料金プランの利用者を対象に、国内のSMSを無料とする。(2011/3/12)

きっかけはTwitter:
ホワイトプランにも「ハートフレンド割引」を提供 月々の基本料が無料に
ソフトバンクモバイルが6月1日から、ホワイトプランに障害者向けの割引サービス「ハートフレンド割引」を提供する。体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかの交付を受けているユーザーが対象。(2010/2/9)

“vodafone”アカウントも引き継ぎ可能:
ソフトバンクモバイル、「iPhone OS 3.0」のMMS仕様を公表
ソフトバンクモバイルは、iPhone OS 3.0にアップデートしたiPhone 3G向けにMMSを開始した。機種変更時にS!メールからアカウントを引き継ぎるようになったほか、Eメール(i)も変わらず無料で利用できる。(2009/6/18)

ケータイの「分離プラン」を改めて考える:
第7回 「月々安価」も、使い方次第で意外に変化──ソフトバンクとイー・モバイルの場合
ドコモとauの料金プランと異なり、同じキャリア間の通話を無料とするプランを用意するソフトバンクモバイルとイー・モバイル。ソフトバンクの「ホワイトプラン」、イー・モバイルの「ケータイ定額プラン」がどのようなものかを“月の通話時間”を軸にして改めて検証してみよう。(2009/2/23)

ケータイの「分離プラン」を改めて考える:
第2回 かなり違う、“2種類”の分離プラン
2007年から2008年にかけて順次導入されたケータイの「分離プラン」は、通信キャリアにより大きく2つの方式に分かれる。何に差があるのか、そして実際に支払う端末価格がどう変化するのかを比べてみる。(2009/1/16)

「パケ・ホーダイ ダブル」で何が変わるのか
ドコモが10月から開始する2段階制のパケット定額料金「パケ・ホーダイ ダブル」「Biz・ホーダイ ダブル」。ユーザーにはどんなメリット・デメリットがあるのか、改めて考察した。(2008/8/27)

iPhone 3Gは月額2324円から利用可能に:
ソフトバンク「パケット定額フル」を1029円からに値下げ
ソフトバンクモバイルは8月26日、スマートフォン向けのパケット定額サービス「パケット定額フル」の定額料を「1029円〜5985円」に改定した。ドコモが25日に発表した「パケ・ホーダイ ダブル」への対抗措置。(2008/8/26)

「iPhone 3G」を買いに走る前に確認しておきたいポイント
いよいよ発売日が迫ってきた「iPhone 3G」だが、今回は普通にソフトバンクの携帯電話を買うのとは少し事情が異なるようだ。価格や契約前に知っておくべきことをまとめたので、行列に並ぶ前にしっかり確認しておいてほしい。(2008/7/10)

6月21日〜6月27日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
7月1日のブランド変更を目前に控え、ドコモの社長に山田隆持氏が就任。ソフトバンクモバイルはiPhone 3Gの価格と料金プランを明らかにし、KDDIは固定網と移動網を1社で持つ強みを生かした通話定額「auまとめトーク」を発表した。(2008/6/27)

8Gバイトモデルは購入額は2万3040円:
iPhoneにホワイトプラン、ソフトバンクモバイルが発表
ソフトバンクモバイルは、7月発売予定の「iPhone 3G」向け料金プランを発表した。(2008/6/23)

「iPhone 3G」は実質2万3040円から──月額5985円のデータ定額プランも新設
ソフトバンクモバイルは「iPhone 3G」向けの新プランを発表。同時に、8Gバイト/16Gバイトモデルの価格も公示した。(2008/6/23)

iPhone 8Gバイトモデルは実質2万3000円 ホワイトプラン適用、パケット定額5985円
ソフトバンクモバイルが「iPhone 3G」の料金プランを発表。月額980円の「ホワイトプラン(i)」を適用し、パケット定額を月額5985円で提供。8Gバイトモデルは実質2万3040円。(2008/6/23)

ソフトバンクモバイル、旧料金プランの一部を2008年1月度で終了
ソフトバンクモバイルは2003年10月以前の旧料金プランの一部を2008年1月度利用分で終了する。対象はスマートビジネスパックやしゃべろーパック、トークパックゴールド、フリーパックスーパーなど。(2007/10/26)

ソフトバンクモバイル、au対抗新料金「シンプルオレンジ」導入──auよりそれぞれ月額200円安
ソフトバンクモバイルは、KDDIの「au買い方セレクト」対抗プランを発表。月額基本料をauよりそれぞれ200円安にする「シンプルオレンジL」「シンプルオレンジS」を11月12日に導入する。(2007/10/5)

Mobile Weekly Top10:
ソフトバンクモバイル、ドコモPCデータ定額への対抗策を打ち出せるか
ソフトバンクモバイルは、9月13日にNTTドコモが発表した「定額データプランHIGH-SPEED」に対抗する料金プランを24時間以内に発表しなかった。(2007/9/14)

ソフトバンク、KDDI対抗の「オレンジプラン(WX)」発表
ソフトバンクモバイルは27日のKDDIによる料金改定発表を受け、新料金プラン「オレンジプラン(WX)」を11月1日に導入する。(2007/8/28)

“ホワイトプランだけじゃない”――ソフトバンクの法人ビジネス展開
ソフトバンクモバイルのホワイトプランは、同社の法人ビジネスにおいても契約者獲得の原動力になっているという。料金ばかりが注目されるが、次なる展開とは?(2007/8/2)

神尾寿の時事日想:
価格競争を仕掛け「最大の防壁」を自ら壊したドコモ
携帯電話の料金割引競争が止まらない。激しい競争の中、“長く使った人ほどトクをする”経年割引の意義が変わりつつある今、長期契約利用者を多く抱えるNTTドコモは苦しい戦いを強いられようとしている。(2007/8/1)

NTTドコモのいきなり半額サービスは全面展開の様相
NTTドコモがKDDIに対抗して契約初年度から基本料が半額になるサービスを導入する。一般ユーザーに加えて法人ユーザーにも導入する。(2007/7/27)

7月14日〜7月20日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
7月18日から20日まで、東京ビッグサイトでワイヤレスジャパン2007が開催された今週。KDDIはauの新割引サービス「誰でも割」を発表。ドコモと加RIMはBlackBerryの日本語版をリリースすることを明らかにした。(2007/7/23)

ソフトバンク、KDDI対抗の「新・自分割引」を発表
ソフトバンクモバイルは、KDDIが発表した「誰でも割」に対抗する割引サービス「新・自分割引」を発表した。(2007/7/19)

7月7日〜7月13日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
ドコモがシニア層をターゲットにした「らくらくホンIV」を発表。同社はスーパー3Gの実証実験をスタートしたことも明らかにした。KDDIは昼間安い「法人エコノミープランWIN」と1回線でも最大半額の「法人MY割」を発表し、ソフトバンクも追随した。(2007/7/16)

ソフトバンクモバイル、KDDI対抗の法人割引プラン導入
ソフトバンクモバイルは1回線から利用できる月額基本料が割安の法人自分割引と法人エコノミープランを導入する。(2007/7/12)

ソフトバンクのオレンジプランに「法人自分割引」と「法人エコノミープラン」──auに対抗
ソフトバンクモバイルは7月12日、KDDIが11日に発表した法人向けの「法人エコノミープランWIN」と「法人MY割」に対抗する、オレンジプラン向け新料金プランを発表した。導入は9月1日。(2007/7/12)

6月23日〜6月29日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
総務省が2010年をめどに、モバイルビジネスのあり方を段階的に見直すという方針案を発表。料金体系の見直し案や、SIMロック解除に向けた施策が盛り込まれた。(2007/6/29)

ソフトバンク、ドコモ対抗の「家族割引MAX」と「自分割引(ブループラン)」発表
ソフトバンクモバイルは、NTTドコモの「ファミ割MAX」「ひとりでも割引」プラン発表を受け、対抗サービスとなる「家族割引MAX」と「自分割引(ブループラン)」を発表した。(2007/6/26)

“ドコモ2.0”の一環として料金とマーケティングを見直し──ドコモの中村社長
「ドコモ2.0が物議を醸しておりますが」──こんなコメントで始まったドコモの社長会見。中村維夫社長は、そのドコモ2.0の一環として、料金とマーケティングを見直すとした。(2007/6/26)

ソフトバンク、2003年10月以前の一部料金プランを3月度で廃止
ソフトバンクモバイルは、2003年10月から受け付けを停止している料金プランの一部を、2007年3月度の利用分をもって終了すると発表した。(2007/2/23)

ソフトバンク、ブループランに2つの新パケット定額──「パケット定額フル」と「パケット定額Biz」
ソフトバンクモバイルは、ドコモがパケット定額の新プランを導入したことを受けて、ブループランに「パケット定額フル」と「パケット定額Biz」を追加する。3月1日から。(2007/2/1)

ソフトバンク、旧料金プランや一部割引サービスの受け付け終了へ
ソフトバンクモバイルは、新しい料金プランや割引サービスを導入したことに伴って、旧ボーダフォン時代の料金プランや割引サービスへの新規加入や変更の受け付けを終了する。(2007/1/25)

「E61」の“ここ”が知りたい(3):
料金プランはどう選べばいいのか──「E61」
E61にはドコモやソフトバンクモバイルのパケット定額プランが適用されないこともあり、Webやメール利用時の料金がどうなるのか、どのプランを選べばいいのかという質問が多数寄せられた。(2007/1/23)

反省して学習した「ホワイトプラン」が狙う携帯市場――ソフトバンク孫社長
ソフトバンクモバイルが発表した月額980円の「ホワイトプラン」。ゴールドプラン&予想外割で“学習”した同社の、新しいシンプルで格安な料金プランとは?(2007/1/5)

付帯条件は一切ありません──ソフトバンク、月額基本料980円の「ホワイトプラン」を発表
ソフトバンクが新料金プラン「ホワイトプラン」を発表。ホワイトプランは月額基本料980円の料金メニューで、新スーパーボーナス加入必須などの付帯条件はないという。(2007/1/5)

2006年の携帯業界を振り返る(3):
番号ポータビリティーがもたらしたもの──3キャリアはどうなる?
通信ジャーナリストの神尾寿氏とケータイジャーナリスト石川温氏を迎え、2006年の携帯業界を振り返る年末特別企画。第3回のテーマは「番号ポータビリティ(MNP)」。MNPの雑感に始まり、ソフトバンク騒動やドコモの純減、auの一人勝ちを振り返りながら、キャリアの問題点や来年の課題などを言いまくる。(2006/12/30)

ケータイ料金節約講座:
第6回 パケット定額制選びは“最大金額”と“従量部分の料金”で決まる
2003年にKDDI(au)が開始した「パケット定額制」はユーザーの支持を受け、すぐに3キャリアに広がった。各社のパケット定額制の違いはどこにあるのか? 第6回は、各社のパケット定額制の料金やシステムの違いを比較した。(2006/12/27)

ケータイ料金節約講座:
第5回 各社のプラン変更時の違いとドコモのプラン変更節約法
無料通話繰り越しは各社が激しく競争している中で、料金プランの変更制度はあまり注目されてない。プラン変更は地味な制度だが、実は料金節約に大きな影響がある。各社のプラン変更制度の違いと、NTTドコモの料金節約「途中プラン変更節約法」を紹介しよう。(2006/12/15)

Mobile Weekly Top10:
Y!ボタンにご用心!?
ソフトバンクモバイルは11月25日から、新料金プラン「ゴールドプラン」のユーザーを対象に、S!ベーシックパックに非契約の状態でもYahoo!ケータイやS!メールが簡単に利用できるようにする。(2006/11/24)

ソフトバンク、一部利用料金を免除──初期の新プラン契約者に
ソフトバンクモバイルは、システムの輻輳で各種申し込み受け付けに遅れが出たことに対するお詫びの措置として、10月中に新プランに加入したユーザーの利用料金を一部免除する。(2006/11/17)

MNP受け付け停止、主因は家族割引──ソフトバンク孫社長
ソフトバンクモバイルの孫正義社長は、10月28日と29日にMNP手続きを停止した原因と対策を説明。同氏はその席上で「反省しているが、流動性を高めるという点ではMNPに貢献している」と話した。(2006/10/31)

「200円安い」は基本使用料だけ──実は割高なオレンジプランとブループラン
「au、ドコモの料金から200円安くする」とうたったソフトバンクの「オレンジプラン」と「ブループラン」。果たして本当に200円安くなるのか。実態に合わせたシミュレーションをしたところ、驚くべき結果が明らかになった。(2006/10/30)

10月21日〜10月27日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
ソフトバンクモバイルが、新料金プラン「ゴールドプラン」「オレンジプラン」「ブループラン」、および期間限定の「予想外割」を発表した。10月24日には、携帯電話の番号を変えることなく、キャリアを変更できる「番号ポータビリティ」制度がスタートした。(2006/10/27)

6つ目の予想外は「端末全機種0円」
10月23日の新料金発表会でソフトバンクモバイルの孫正義社長が明かした「6つの予想外」の最後の1つは“全機種0円”だった。(2006/10/26)

番号ポータビリティ開始──携帯3社の代表、量販店で火花散らす
10月24日より始まった番号ポータビリティ。東京・千代田区の大手量販店に携帯3社の代表らが集結し、健闘をたたえあうとともに互いを牽制した。──ただし、会場では“予想GUY”も乱入し、笑いをとる一面も。(2006/10/24)

6つの予想外――ソフトバンク孫社長の秘策
ソフトバンク同士なら通話定額、他キャリアよりも必ず安い――MNP前夜に発表されたソフトバンクの新料金施策「予想外割」で、孫社長が狙うものは何か? また、既存ユーザーの契約期間は引き継がれるのかなど、新料金プランの気になるポイントについてもまとめた。(2006/10/24)

10月26日はソフトバンクショップへ――店頭で“予想外”の発表?
ソフトバンクモバイルは「ゴールドプラン」と「予想外割」を発表した。予想外割について、6つの“予想外”が説明されたが、最後の6つめは26日に店頭で判明するという。(2006/10/23)

ソフトバンク、通話とSMSが0円の「ゴールドプラン」と「予想外割」を発表
ソフトバンクモバイルは10月23日、新料金プラン「ゴールドプラン」を発表した。さらに2007年1月15日までの期間限定で「予想外割」を提供する。予想外割りを利用すれば加入当初から基本料金が70%引きの2880円になる。(2006/10/23)

au、ドコモの経年割引を引き継げます──ソフトバンクがMNP向け料金プラン
ソフトバンクがドコモとauの料金プランをベースにした新料金プラン「ブループラン」「オレンジプラン」を発表。auやドコモで利用中の料金から210円割り引いた料金で利用できるようになる。(2006/10/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。