ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「哲学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!哲学→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で哲学関連の質問をチェック

「他人なんてフィクションじゃん」 哲学科の先輩から聞いた言葉が人間関係の悩みを解消してくれそう
「気にしなくていい〜」って気持ちになれそう。(2022/7/27)

いよいよ放送開始、アニメ「5億年ボタン」菅原そうた監督インタビュー 今も語られ続ける伝説的漫画は“原作者本人”の手でどう生まれ変わったか
トレパネーション、スワンプマン、哲学的ゾンビ、水槽の脳……出てくる単語にゾクゾクさせられます。(2022/7/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「出社=昭和」「在宅=革新的」って本当? NTTとホンダの経営哲学
コロナ禍が落ち着き、企業は今後の働き方を選ぶ局面に立っている。NTTグループは「原則在宅勤務」、ホンダは「原則出社」と、真逆の方針を発表した。「出社=昭和」「在宅=革新的」とする言説もあるが、両社の選択にはこうした極論では語れない背景がある。どういうことかというと……。(2022/6/24)

「5億年ボタン」が野沢雅子・三森すずこなど豪華声優陣を迎えてついにアニメ化! 7月14日TOKYO MXで放送開始
「世界5分前仮説」や「哲学的ゾンビ」などの有名思考実験も扱うとのこと。楽しみすぎる……!(2022/6/15)

「さらに感謝」と書かれた自販機のPOPシールが哲学的 →「感謝とは」「安くするとは一言も言っていない」などさまざまな声が集まる
ニホンゴッテムズカシイ。(2022/4/23)

京都「哲学の道」で見事な花筏 桜の花びらが水面に浮かんでできた“桜の花道”に驚きと感動の声
本当に“道”のようです。(2022/4/10)

皮に包まなくてもギョーザを作れる「もう包まない!混ぜ餃子の素」がリニューアル 宅飲みがはかどるぞー!
皮のないギョーザは、ギョーザなのだろうか(哲学)(2022/2/16)

変えるものと変えないもの:
“ラーメンの鬼”佐野実の娘が明かす「ラーメンの新境地」 父になかった「支那そばや」の哲学とは
ラーメンの人気店として知られる「支那そばや」。支那そばやの運営に関わり、東京ラーメンストリート店を切り盛りしていたのは“ラーメンの鬼”の娘、佐野史華さんであることはあまり知られていない。史華さんが店に立つ上で大切にしているものや、ラーメン店を経営する上で大事にしているものは何か。話を聞くと、父とは対照的な哲学が浮かび上がってきた。(2021/12/2)

複雑な仕組みをシンプルに
アプリケーションの可視性がビジネスの死活問題に? 性能管理の“3つの哲学”
アプリケーションの開発や運用において問題になるのが複雑性や可視性だ。“企業の顔”とも言えるアプリケーションやデジタルサービスの正常な稼働を無理なく維持する方法は。(2021/8/18)

ママ「いつまでこんなにかわいくいてくれる?」 8歳息子が返した深すぎる名言に「哲学者?」「詩人ですね」と感嘆の声
すてきな考えかた。(2021/7/21)

家電メーカー進化論:
ニトリも認める老舗メーカー 新社長が挑む「脱・大ヒット」と「全員野球」の哲学
2009年スタートの「ルルド」は、シリーズ累計の販売台数1100万台を突破するほどの人気ブランド。ルルドを手掛けるのは、もともと折りたたみベッドなどの健康器具メーカーで、1992年創業のアテックスだ。約10年前にスタートした健康家電事業の軌跡と、今後の展望について、社長の深野道宏氏に話を聞いた。(2021/7/20)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 これからの小売り論:
デジタル時代でも、感動を与えるのは店舗──中川政七商店、ユナイテッドアローズのCDOが語る哲学
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、中川政七商店 取締役CDOの緒方恵氏と、ユナイテッドアローズ 執行役員CDOの藤原義昭氏。小売り企業のDXを最前線で進めてきた二人が、今あらためて考える店舗の価値、ECの意義とは?(2021/7/1)

3歳の息子が、突然哲学者に……? 子どもの“深すぎる言葉”に戸惑う母親の漫画がシュール
子どもの世界はフリーダム。(2021/3/30)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
阿僧祇とか那由他とか不可思議とか何それ! やたらデカい数値の魅力
そんな哲学的な漢字なのに数字の単位というあたりがロマン漂います。(2021/3/16)

なぜ島津製作所はノーベル賞企業になれたのか〜歴史から学ぶ成長する企業の必須要素:
創業者の経営哲学は「事業」「家庭」「自身」から
印刷して社内の各所に張り出した経営哲学は、コーポレートガバナンスとして今に通じるものがあり、いかに3つの要素を大事にしてきたかが分かる。(2020/12/16)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
脅威と向き合う哲学――これからのランサムの話をしよう
2017年から「標的型ランサムウェア」を追い続けているSBテクノロジーの辻伸弘氏。国内外の被害事例と独自の「自由研究」をもとに対策を紹介した。(2020/10/21)

渋谷の一等地:
在宅勤務が進んでも、月3億円の家賃でも「オフィスは必要」 GMO熊谷社長の哲学
オフィスは武器だ──。テレワークの普及でオフィス需要の低迷のみならず、場合によっては不要論すら叫ばれるなか、GMOインターネットグループの熊谷正寿会長兼社長は必要性を説く。その理由は。(2020/7/8)

「会いたいよ!!!!」 池田エライザ、ブログのことを思い出す 約2年ぶりの更新で大真面目に思いつづる
「時間はもはや概念でしかないのではなかろうかと感じざるを得ませんね」など哲学めいた文章好き。(2020/6/16)

建築設計の最前線で起きているデジタル変革を追った:
PR:隈研吾建築都市設計事務所が「パラメトリックデザイン」と「3DCG」のゲンバで不可欠と語るHPテクノロジー
環境との調和を主眼に置いた独創性溢れる外観がひと際目を引く、英国・スコットランドの美術館「V&A Dundee」、緑豊かな代々木の杜へ溶け込むように設計された「明治神宮ミュージアム」など、独自の哲学を持って、世界に2つと無い斬新な建築物を生み出し続けている隈研吾建築都市設計事務所――。「木」「石」「紙」など、その土地に根差した素材を採り入れ、国内外のコンペティションで常に話題をさらっている同事務所の設計室は、最近では建設業界でも急速に広がるDX(Digital Transformation)に先駆け、多様なデジタルツールをいち早く導入。最近では3次元の設計手法「パラメトリックデザイン」を試行し、これまで実現が困難だった複雑かつ精密な外観の建築物を多数創出している。世界的にも誰もが知る著名な設計の現場で、どのようなデジタル変革が起きているか裏側を探った。(2020/3/24)

常識を疑ってみよう――難しそうな「哲学」を何となく理解した実体験漫画に「なるほど」「わかりやすい」と共感の声
漠然と抱いている「常識」について、一度考え直してみませんか?(2020/2/13)

『嫌われる勇気』著者の仕事術(前編):
シリーズ600万部突破の大ベストセラー『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』著者・岸見一郎が語る大ヒットの舞台裏――「はじめから世界進出を狙っていた」
国内累計208万部、世界累計485万部の大ヒットを記録している『嫌われる勇気』。続編の『幸せになる勇気』との合計部数は世界で600万部を突破し、21世紀を代表するベストセラーになっている。実は当初から大ヒットを狙っており、海外で翻訳版を出版することも視野に入れていたという。共著者の1人で、哲学者の岸見一郎氏に、大ヒットの裏側を語ってもらった。(2020/2/7)

「ページをめくるごとに2倍の大きさになる本」の漫画が「壮大な哲学を感じる」と話題に 人、国、星、全てを飲み込んだ本はやがて……?
倍々チャンスはとんでもないことに。(2020/2/6)

ブラック企業、今は昔:
ワタミがホワイト企業大賞の特別賞を受賞 表彰式には渡邉美樹会長が笑顔で登場
ワタミの「三代目鳥メロ」がホワイト企業大賞の特別賞を受賞した。「働く一人ひとりのチャレンジ精神賞」という賞で、「創業当初からのビジョナリーな哲学を守りつつも、現場の一人一人が新しい組織になっていこうとチャレンジしている」点が受賞理由。同社は近年、労働環境改善に注力している。表彰式には渡邉美樹会長が笑顔で登壇した。(2020/1/20)

【第1回】気鋭の経営者が語る「失敗の法則」:
「人生の“選択”には意味がない」――倒産寸前の会社を再建した『破天荒フェニックス』、OWNDAYS田中修治社長の経営哲学
2020年がいよいよ幕を開けた。年初にふさわしい企業経営者のインタビューを前後編でお届けする。多額の債務を背負い、債務超過で倒産寸前だったメガネ製造販売チェーンの「OWNDAYS」を30歳のときに買い取り、10年足らずで再建を果たした田中修治社長だ。前編ではOWNDAYSが海外に進出する際に何を重視していたのか、なぜ日本企業の海外進出は奏功しにくいのかを聞いていく。(2020/1/3)

「虚構新聞かと思った」 ロボットが自動でハンコを押す画期的(?)なシステムが開発されTwitter騒然
「機械が代行した押印」の意味を考えさせられる、ある意味哲学的なシステム。(2019/12/11)

高橋名人の仕事哲学【後編】:
高橋名人の働き方 「ゲームは1日1時間」はテレビゲームを“インベーダーハウス化”させない戦略だった
かつて「ファミコン小僧」と呼ばれた子どもたちにはヒーローがいた。高橋名人(60)だ。子どもたちの前では「名人」として全国各地を渡り歩き、テレビゲームの普及活動に務めた。大人の顔としてはハドソンの宣伝マンとしてテレビゲームの普及活動に努め、ゲーム史に残る数々の偉業を残している。だが、実はそんな名人も元は口下手であったといい、その素顔についてはあまり知られていない。「名人」本人が自身の仕事哲学について語った。(2019/11/30)

森田まさのりの肖像【前編】:
『ろくでなしBLUES』作者・森田まさのりが明かす「人を笑わせる仕事哲学」
累計発行部数5000万部を超える漫画『ろくでなしBLUES』作者の森田まさのり氏の「人を笑わせる仕事哲学」に迫る――。(2019/11/9)

堀江貴文の『捨て本』【後編】:
ホリエモンが語る「修業期間」を真っ先に捨てるべき、これだけの理由――職人ではなく「経営者」になれ
本当にそれは必要ですか? 経営者としての「ホリエモン流」人生哲学。ビジネスにまつわる「捨てる」ことの意義を、3回に分けて紹介していく。後編は修業期間というものがいかに無意味かに加えて、経営者視点に立つことの重要性をお伝えする。(2019/10/28)

史上最強の親子対談ッ! 週刊少年チャンピオンで『バキ道』板垣恵介×『BEASTARS』板垣巴留が漫画哲学を語る
9月19日発売の週刊少年チャンピオン42号にて。(2019/9/19)

マザーハウス社長の山口絵理子が語る経営哲学――対立を越えて「よりよい解」を生み出す「サードウェイ」とは
マザーハウスの創設者である山口氏がこの夏、初の「ビジネス書」を刊行した。タイトルは「Third Way 第3の道のつくり方」。マザーハウス創業のきっかけにもなった同氏の経営哲学は、どのようなものなのか――。東京・六本木のアカデミーヒルズで行われた講演の内容を紹介する。(2019/9/24)

DMM.make AKIBAを支えるプロフェッショナルたち(1):
大企業からスタートアップ、芸術家まで駆け込むDMM.make AKIBAのモノづくり哲学
さまざまなモノづくりを支援するDMM.make AKIBAの運営に携わる人たちにスポットを当て、世の中にないものを生み出そうとする現場の最前線を追う。第1回は、機材の運用から試作相談、受託開発までサポートするテックスタッフたちを紹介する。(2019/9/13)

堀江貴文の『捨て本』【中編】:
ホリエモンが社員を「切り捨て」てきた真意――サラリーマン社会も楽な方に変えられる
本当にそれは必要ですか? 経営者としての「ホリエモン流」人生哲学。ビジネスにまつわる「捨てる」ことの意義を、3回に分けて紹介していく。中編はホリエモンが社員を「切り捨て」てきた真意を語る。(2019/10/27)

堀江貴文の『捨て本』【前編】:
ホリエモンが「東大卒ブランド」を捨てた理由――私はこうして起業家人生をスタートさせた
本当にそれは必要ですか? 経営者としての「ホリエモン流」人生哲学。ビジネスにまつわる「捨てる」ことの意義を、3回に分けて紹介していく。前編は東大を中退し起業家人生をいかにスタートさせたのかをお届けする。(2019/10/26)

ジャニーズは努力が9割【前編】:
ジャニーズという「努力の天才たち」から学んだ仕事哲学
日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を前・中・後編の3回に分けてお届けする。今回は前編――。(2019/8/16)

池澤夏樹インタビュー【後編】:
池澤夏樹が明かす作家哲学 「“飽きる”ことも仕事のうち」
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの最終回――。(2019/7/31)

「メディアの企業体質」に苦言:
暴力団取材の第一人者・溝口敦 「刺されてもペンを止めなかった男」が語る闇営業問題の本質
暴力団や新興宗教、同和利権、裏社会など、タブーに斬り込み続けてきたノンフィクション作家・溝口敦氏――。背中を刺されても決してペンを止めなかった溝口氏に、これまでの仕事哲学と、芸能人・反社会的勢力の「闇営業問題」に何を思うのか聞いた。(2019/7/26)

ひろゆきの仕事哲学【中編】:
ひろゆきが斬る「ここがマズいよ働き方改革!」――「年収2000万円以下の会社員」が目指すべきこと
平成のネット史の最重要人物「ひろゆき」への独占インタビュー。ひろゆきの仕事観・仕事哲学を3回に分けて余すことなくお届けする。中編のテーマは「働き方」――。(2019/7/19)

ひろゆきの仕事哲学【前編】:
【独占】ひろゆきが語る「“天才”と“狂気”を分けるもの」
平成のネット史の最重要人物「ひろゆき」への独占インタビュー。ひろゆきの仕事観・仕事哲学を3回に分けて余すことなくお届けする。前編のテーマは「“天才”と“狂気”を分けるもの」――。(2019/7/18)

映画「SUNNY」出演 21歳の人生論:
女優・山本舞香の仕事観――もう後悔したくないから、今を全力で生きる
若手女優の注目株として、映画やドラマ、テレビCMなどに引っ張りだこの山本舞香さん。1つのことに全力を注ぐことを信条とする彼女は、女優業を一生続けるつもりはないと言い切る。そんな21歳の山本さんが語る人生哲学とは。(2019/4/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ::
「変」の哲学で成長 名古屋発「世界の山ちゃん」の絶妙な名付けと看板の戦略
名古屋生まれの居酒屋チェーン「世界の山ちゃん」。屋号だけでなく「幻の手羽先」や「鳥男」の看板などもユニーク。飛躍した背景にある「変」の哲学とは?(2019/4/16)

奇抜な格好でファッション展示会に行ったら? YouTuberが実験、カメラマンや著名人からセレブ扱いされる結果に
ファッションとは(哲学)。(2019/3/31)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「スガキヤ」は中京圏で繁栄した? 「だし」の哲学と強固なビジネスモデル
中京圏で熱烈に愛される「スガキヤ」。ラーメンとソフトクリームの2枚看板で成長してきた。地元で熱烈に支持される理由とは?(2019/3/19)

梅原大吾が提示する「新しい仕事」【後編】:
“286連勝”したプロゲーマー「ウメハラ」が明かす勝負哲学――高く飛ぶためには深くしゃがめ
プロゲーマー「ウメハラ」こと梅原大吾の勝負哲学とは――。そして現在の日本人の働き方をどのように捉えているのか。ITmediaビジネスオンラインに語った。(2019/2/22)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
スキルの向上だけでは成長は望めない――より重要になる「成長マインドセット」とは
個人やリーダーの成長を氷山に例えると、成果は氷山の一角にすぎない。氷山を大きくするためには、水面下に隠れている「スキル」や「ふるまい」、さらに「思い、哲学」が重要になる。(2019/1/21)

お母さんの発言に赤ちゃんが哲学的にツッコミを入れる漫画 赤ちゃんも悩み多きものなり
転生ソクラテス!?(2018/12/26)

ウォズが考えるプログラミング教育とは?
「創造性をなくしてしまう」──ウォズニアック氏が学校教育にダメ出し
自身の体験から独自の教育哲学を持つスティーブ・ウォズニアック氏が、学校教育や親に苦言を呈した。同氏が考えるプログラミング教育とはどのようなものか。(2018/12/14)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
プラットフォーマーの立場から世界の美容業界にイノベーションを――アイスタイルの取締役兼CFO 菅原敬氏
月間約1400万人が利用するという美容情報サイト「@cosme」を運営するアイスタイルの取締役兼CFO 菅原敬氏。アイスタイルの創業秘話や、社内エンジニアの地位を変えたという組織づくりのコツ、世界の美容業界の変革を目指す語る菅原氏の経営哲学とは。(2018/9/28)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
良いものをそろえれば、結果は後からついてくる ――成城石井 執行役員 早藤正史氏
こだわりの品ぞろえにファンも多いスーパーマーケット成城石井を率いる執行役員の早藤正史氏。そのユニークな商品展開や経営路線の根底にある早藤氏の経営哲学やリーダー論とは。(2018/9/21)

「読書とは逃避」──女性芸人随一の読書家・光浦靖子の本の楽しみ方が哲学的
読書で徹夜することもあるそうです。(2018/9/7)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
ゲームクリエーター小島秀夫が認めた、最先端の映像表現を支えるマシンとは?
ゲーム界のトップクリエーター、小島秀夫氏の表現する魅力的なゲーム世界は、どのように制作されているのか。同氏へのインタビューを通じて、その創作の哲学から、最先端のクリエイティビティを支える制作環境までを明らかにする。(2018/5/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。