ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「予測分析」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「予測分析」に関する情報が集まったページです。

CIO Dive:
ついに「COBOL」からIT部門が“解放”される? アクセンチュアの報告書を読み解く
保守的なイメージの強い金融業界だが、アクセンチュアによると、実は銀行はAIの活用に向けて他業界よりも早く体制を整えているという。中でも、レガシーシステムに使われている「COBOL」の“解読”に向けた期待が高まっている。(2024/2/1)

「飛び込み営業」がついに死語に!? AIの台頭でくつがえる営業の常識
もしかしたら、AIの活用によって日本から飛び込み営業がなくなる日が来るかもしれない――。AIの台頭で営業の常識が変わりつつある今、時代遅れな方法はどんどん淘汰されている。今後の日本の営業活動はどう変化するのだろう……?(2023/12/7)

製造業IoT:
膨大なIoTデータの蓄積と活用に向け「MEEQ」と「GridDB Cloud」が連携
ミークは、同社のデータプラットフォーム「MEEQ」と、東芝デジタルソリューションズのIoT向けクラウドデータ基盤「GridDB Cloud」との連携サービスを開始した。膨大なIoTデータの蓄積と活用が可能となる。(2023/12/5)

セキュリティ対策としてのAWS移行のススメ:
AWS活用で実現する多層防御 中堅・中小企業よセキュリティ対策をあきらめるな
巧妙化するサイバー攻撃に対応するために、多層防御の重要性が増している。一方、リソースや資金が限られる中堅・中小企業では実現困難だとされてきた。これを解決する方法として、AWSの活用が有効そうだ。(2023/11/27)

全世界のDX支出は2027年に約3兆9000億ドルへ:
「世界のDX支出は2桁成長を続ける」IDCが予測 米国に次いでアジアがDX支出2位に?
IDCはDXの今後5年間の年平均成長率を16.1%と予測した。日本、中国を含むアジア太平洋地域では第3のプラットフォームテクノロジーと、カスタマーエクスペリエンスの分野への投資が進む見込み。(2023/11/20)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2023年11月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/11/14)

Gartner Insights Pickup(321):
ポスト・デジタル政府ではデータ/アナリティクスはどう変わるか
各国の政府機関で、「ポスト・デジタル」へシフトする動きが進んでいる。デジタル化だけでは十分な成果を挙げられない状況になっている。(2023/10/6)

医療機器ニュース:
AIでハミガキや洗口液の防腐効果を予測するモデルを開発
サンスターは、AIを活用して、ハミガキや洗口液の処方情報を基に、製品の細菌類、真菌類に対する防腐効果を予測するモデルを開発した。製品開発の短期化や効率化につながることが期待される。(2023/9/11)

CFO Dive:
Microsoftが財務チーム向けの新たなAIツールをテスト中
Microsoftは企業の財務チームに向けた、新たなAIツールをテストしている。企業が抱えるデータプライバシーの不安をいかに取り除くのだろうか。(2023/9/11)

ExcelのセルにPythonコードを入力し、高度な分析が可能:
Microsoft、ExcelでPythonを使える「Python in Excel」のプレビュー版を公開
Microsoftは、「Microsoft Excel」でプログラミング言語「Python」を利用できる「Python in Excel」のパブリックプレビュー版をリリースした。(2023/8/28)

Excelが「Python」に対応 シート上でコードを実行できるように グラフ作成、機械学習なども可能
米MicrosoftがExcelのPython対応を発表した。セルに「PY関数(=PY)」を入力するとPythonのコードを記述できるようになる。(2023/8/23)

Supply Chain Dive:
データ分析でコスト削減 「インフレに負けない」サプライチェーン改善術
インフレの「終わり」が見えない中、企業にとってコストの見直しは喫緊の経営課題となっている。いかにデータを活用してコストを削減するか。(2023/8/4)

Splunk.conf23現地レポート:
Splunkが複数の新製品を発表 OT領域のデータ収集用物理デバイスも提供
Splunkはオフラインイベント「Splunk.conf23」で複数の新製品を提供開始するとアップデートした。本稿は新製品および既存製品のエンハンス内容を紹介する。(2023/7/19)

求められるのは技術スキルではない:
「最高データ/アナリティクス責任者」になった人を待ち受ける大きな壁、Gartnerに対処法を聞いた
データやデータ分析の最高責任職を設ける企業が増えている。この職に就く人に期待されているのは技術スキルではない。データを事業運営につなげることだ。では、何に力を入れればいいか。Gartnerのアラン・ダンカン氏に聞いた。(2023/7/6)

オンプレでもクラウドでもマルチクラウドでも:
PR:悩ましい“中小企業とクラウドの関係”  VMware vSphereユーザーが選ぶべき選択肢は?
クラウド移行が進む大企業の陰で、中小企業は課題に直面している。その背景にはシステム部門の人材不足やデジタルトランスフォーメーション(DX)に関するナレッジ不足などがある。専任人材の採用も難しい状況だが、中小企業の「DXで経営スピードを上げたい」という思いは強まっている。この課題を解決するには「自社に合った処方箋」が必要だ。そしてそれは既に活用しているテクノロジーの延長線上にあるかもしれない。(2023/6/20)

「顧客体験の追跡」にも注目:
チャットbotが最重要 Gartnerが顧客サポートのセルフサービス化に役立つ技術5選を発表
Gartnerはカスタマーサービス/サポート責任者を対象に「価値あるテクノロジー」を調査した。ケースマネジメントシステムやコンタクトセンターシステムが上位を占め、セルフサービス化に注目していることが明らかになった。(2023/6/9)

ビッグデータ基盤から「ビジネスデータのAI分析基盤」に進化したDatabricks――笹 俊文氏に聞く
Databricks日本法人トップに、ビジネスアプリケーションデータを深く理解する人物が就任した。日本企業におけるデータ活用やAI活用のこれからについて話を聞いた。(2023/5/24)

製造ITニュース:
歩留まり改善など業務直結のAIモデルをノーコードで、AIベンチャーの新サービス
AI CROSSは、ノーコードAI(人工知能)分析サービス「Deep Predictor」を2023年5月8日から提供開始すると発表した。(2023/4/28)

Gartner Insights Pickup(286):
Gartnerのハイプサイクルに見るデジタルガバメントサービスの今後の動向(前編)
デジタルガバメント技術およびプラクティスは、市民サービスの提供方法に変革をもたらし続けている。個人や企業、社会にとって、次はどんな展開になるのだろうか。(2023/1/13)

CIO Dive:
米国主要銀行CIOは、IT予算140億ドルを何に使ったのか?
近年、企業のIT投資は増加傾向にある。米国の主要銀行であるJPMorgan Chaseは140億ドルに及ぶIT予算をどのように配分しているのか。同社のCIOがその使い道を語った。(2022/10/21)

ヤマハ発動機が世界140拠点の経営情報をダッシュボードで一元化
ヤマハ発動機は、同社の経営基盤改革を支えるヤマハモータービジネスダッシュボードとグローバル連結会計システムの稼働を開始した。日本IBMとSAPジャパンが、同システムの導入や構築を支援した。(2022/10/12)

電力不足にデータ分析とクラウドで挑む 大阪ガスが取り組む「仮想発電所」の裏側
エネルギー不足にクラウドとデータ活用で立ち向かう大阪ガス。同社が取り組む「仮想発電所」と、それを支える新たなデータ活用基盤について、キーパーソンに聞く。(2022/9/15)

xP&Aとは? マトリクス型組織のプロジェクトマネジメントでDX専門組織が見つけた解決策
素早く将来を予測する方法として「xP&A」に注目が集まる。従来のERPが持つ計画機能と何が違うのだろうか。NRIの実践例を参考に「Connected Planning」の実践方法を考える。(2022/8/30)

Supply Chain Dive:
米業界団体の大規模調査で分かった倉庫・配送業界を変える11のテクノロジーと業界の生の期待値
米国で大規模なサプライチェーン業界の調査結果が発表された。今回の調査では経営層のマインドの変化や、今後導入を検討するテクノロジーのばらつきが見られた。米国企業はどの技術に注目し、投資を進める計画なのだろうか。(2022/8/24)

IT運用が向かう先は?【中編】
「AIOps」は自動化ではない? 違いが分かる“3つのポイント”
「AIOps」は既存のシステム運用を一歩前進させるという点で自動化と混同しがちだが、具体的な活用例を知ると違いが分かる。AIOpsを理解するための3つのポイントとは。(2022/8/18)

「予算の根拠を誰も覚えていない」はなぜ起こるのか 変化に対応する「xP&A」の実現方法
「この予算の根拠は何だったか」は、計画が確定した段階で消失しやすい情報の一つだ。だが、状況の変化に対応するには計画業務のシステム化と根拠の可視化が必要だ。財務特化の「FP&A」からあらゆるデータを巻き込んだ将来計画「xP&A」を実現する方法を聞く。(2022/8/17)

新種ストレージの台頭はいつになる?【第2回】
WORMに「プラズモニックストレージ」という新発想 Blu-rayを用なしに?
光学ストレージの新種として開発が進む「プラズモニックストレージ」。構造化データも非構造化データも増加が見込まれる中、この新種ストレージ技術から得られる利点とは。(2022/8/1)

開講期間は2022年9月〜2022年12月:
「ビジネスで使うかどうか」ではなく「技術として身に付ける」ことを重視 データサイエンティスト協会がオンライン講座開講
データサイエンティスト協会は、オンラインで受講できる「データサイエンティスト養成講座」を2022年9月に開講する。予測を行う上で重要な「判別モデル」と「回帰モデル」の2つのモデル作成について基礎を学ぶ。(2022/7/21)

先進事例に学ぶ:
PR:“惹きつけて売る”その先へ オラクル×デロイトがデザインするロイヤルティマーケティングの成功戦略
今、ロイヤルティマーケティングの機運が高まっている。新規顧客獲得だけに注力するのではなく、いかに既存顧客のエンゲージメント、ロイヤルティを高めるか――熱量の高いファンを獲得し、再購入率や継続利用率につなげることが主な狙いだ。グローバルでロイヤルティマーケティング支援に取り組むオラクルとデロイト トーマツに、今、日本企業が持つべき“価値提供”の視点について話を聞く。(2022/7/19)

SAP、Data&Analyticsソリューションの機能を強化
SAPは、SAP Data&Analyticsソリューションの機能を強化した。同社は、合計4つの機能拡張によって、ユーザーがデータ管理の負荷から解放され、企業データのビジネス価値を最大限に引き出せるとしている。(2022/7/7)

Alteryxと日本CFO協会が共同調査:
経理、財務部門の「約半数」がデータ分析を実施 にも関わらず、データドリブン経営への道のりが遠いワケ
先行き不透明なビジネス環境が続く中、データ駆動型の経営モデルへの転換が迫られている。そのベースとなる経理、財務部門のDXはどの程度進展しているのか。Alteryxと日本CFO協会の共同調査から見えてきた。(2022/6/27)

検査・維持管理:
日立、設備を点検/監視/最適化するデジタルソリューションを販売
日立製作所は、電力事業者など向けに、送電網などの設備を点検、監視および最適化するデジタルソリューション「Lumada Inspection Insights」の販売を開始する。(2022/6/16)

SAP IBPとGoogle Cloudがデータ連携拡大 需要予測の高度化でサプライチェーン混乱に対応
SAPのサプライチェーン計画ソフト「SAP IBP」と「Google Cloud」の新たな連携機能が追加された。両社のデータを統合することで需要予測の向上を図る。(2022/6/17)

ノーコードでデータを前処理 ソニーネットワークコミュニケーションズが「データ準備機能」を提供開始
ソニーネットワークコミュニケーションズは、予測分析ツール「Prediction One」で、データの加工や成形などを行う「データ準備機能」の提供を開始する。AIモデルを作成するために必要なデータの前処理をノーコードで実施する。(2022/5/13)

東京ガス、膨大なデータを自然言語で検索するAIサービスを導入 データ資産を最大活用
東京ガスは、アクセンチュアが提供するデータ資産の活用を支援する「AI Powered ナレッジシェアリング」を導入した。同ソリューションは企業が保有するデータの価値を引き出し、データドリブン経営を支援する。(2022/5/6)

混乱の時代を乗り切るためのサプライチェーン改善策【中編】
有事に適応できる企業、できない企業の違い 「レジリエンス」を高める秘策は
予測が困難な時代は「いかに状況に適応できるか」が重要な鍵を握る。サプライチェーンのレジリエンスを高め、不慮の事態が生じてもいち早くビジネスを立て直すための考え方について、IDCに聞いた。(2022/4/28)

ゴルフダイジェスト・オンライン、行動分析ツールでマーケティング基盤を強化 顧客の変化に素早く対応
ゴルフダイジェスト・オンラインは、ゴルフ専門ポータル「GDO」のマーケティング強化を狙い、行動分析ツール「Amplitude」を活用して、CDPからマーケティングオートメーションまで連携したプラットフォームを構築。DMのコンバージョン率が180%アップするなどの効果を実証した。(2022/4/27)

勘や経験を超えて:
ゴルフダイジェスト・オンラインが取り組んだユーザー行動分析に基づくCX改善 PoCの成果は?
変化する市場でいち早く勝ちをつかむために何をすべきか。ゴルフダイジェスト・オンラインがユーザー行動分析ツール「Amplitude」を活用してカスタマージャーニー分析と課題改善への示唆出し自動化に取り組んだ事例を紹介する。(2022/4/7)

立正大、“データサイエンス昔話”記事を非公開に 「オオカミの悪事を事前に予測し逮捕」に批判相次ぐ 大学の意図は
立正大学が公開していた「データサイエンティスト赤ずきん」という記事が「表情や行動から犯罪者予備軍を検知している」として話題になっている。立正大学は28日までに記事を非公開にした。(2022/3/30)

Weekly Memo:
デジタルツインで実現する「ソサエティDX」とは――NTTデータの研究開発から読み解く
デジタルツインを活用して社会全体のDXを実現する――。NTTデータがこんな研究開発を進めている。その内容が興味深いので考察したい。(2022/3/28)

Gartner Insights Pickup(250):
モダンなインフラのよくある5つの誤解を認識し、解消する
インフラの優れた選択肢が出てきているが、CIO(最高情報責任者)はより大きな不確実性とさらなるリスクおよび大げさな主張に悩まされている。(2022/3/25)

Gartner Insights Pickup(249):
ビジネステクノロジストの台頭
ビジネステクノロジストは、企業における新しい技術提供モデルの確立に貢献している。(2022/3/18)

「ホログラフィックデータストレージ」の挫折と未来【後編】
HDDの陰に隠れた次世代「HDS」 挫折を振り払って実用化へ
過去に商用化の成功例がない「ホログラフィックデータストレージ」(HSD)の研究をMicrosoftが進めている。既存の商用ストレージにはないメリットをもたらす、革新的なストレージは誕生するのか。(2022/2/24)

AI・機械学習の用語辞典:
概念ドリフト(Concept drift)/データドリフト(Data drift)とは?
用語「ドリフト」について説明。何らかの変化によってモデルの予測性能が劣化すること。その原因が、正解ラベルの概念が変化した場合は「概念ドリフト」、入力データの統計的分布が訓練時から変化した場合は「データドリフト」と呼ばれる。(2022/2/21)

「エクセル経営」から変化する「草の根DX」の今:
ワークマン、ソニーのAIを活用した予測分析ツールを導入 ボトムアップ型データドリブンを推進
ワークマンは、Excelを活用したデータ分析を社内に浸透させて、ボトムアップ型のデータドリブン経営を実践してきたが、今回、ソニーの予測分析ツール「Prediction One」を導入した。その理由とは?(2022/2/15)

Altairユーザー事例[中央エンジニアリング]:
PR:トポロジー最適化が抱える2つの問題を機械学習で解消する革新的手法とは
金属3Dプリンタの技術革新が後押しし、トポロジー最適化を適用した設計ニーズが高まりを見せている。だが、その一方で「思うような成果が出せない」「予想以上に時間がかかる」といった課題に直面してしまうケースも多い。その根本原因にメスを入れるべく中央エンジニアリングが提案するのが、機械学習をトポロジー最適化に応用するというアプローチだ。(2022/1/31)

Quantexaの「CDI」を活用
“コロナ便乗詐欺師”が公的融資を悪用 そのとき英国政府はどう動いたか
COVID-19関連の企業支援制度に関連する詐欺に対抗するため、英国政府はネットワーク解析ソフトベンダーのQuantexaと契約を結んだ。どのような効果を期待しているのか。(2022/1/31)

社会の脅威と立ち向かうために
マネーロンダリング検知にAI技術が期待される切実な事情
金融業は増加するマネーロンダリング活動との戦いを余儀なくされている。対抗手段として一層力を入れているのが、AI技術の利用だ。(2022/1/25)

最新技術をフル活用して「運用のDX」を実現
自治体のネットワーク分離インフラでも採用された予兆検知、保守自動化製品とは
DXで重要な役割を担うITインフラだが、その運用管理では課題も多い。今、ITインフラの運用管理で何が課題なのか、解決のポイントは何か、どのような製品を、どう活用すればよいのか。そのヒントを探るセミナーが開催された。(2022/1/18)

調査で浮かび上がった「信頼の赤字」への懸念
金融機関が「予測分析」に基づく意思決定をためらう理由
“ある懸念”が、金融サービスでの予測分析の導入を妨げているという。その懸念とは何か。BIツールベンダーのQlik Technologiesによる調査結果から探る。(2022/1/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。