ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「楽天KC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「楽天KC」に関する情報が集まったページです。

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
20年後のIT業界は隆盛か衰退か? 身に付けるべき力とは?――楽天 執行役員 楽天技術研究所 代表 森正弥氏
最先端の研究とビジネスをマッチングさせ、“半歩先行く”楽天の顧客体験を支える楽天技術研究所を率いる森正弥氏。その個性豊かな研究者たちをまとめるマネジメント術や、インターネットビジネスとITの未来を見据えた価値創出策とは?(2018/9/17)

PR:「会員に長期に渡って安心・安全な利用環境を提供したい」 楽天カードがクラウド基盤にオラクルを選んだ理由
(2017/9/29)

ヤフー、クレジットカード事業に参入 「KCカード」取得
ヤフーが「KCカード」を取得。EC事業の利便性向上を図るほか、「Tポイント」との連携を強化する。(2014/6/26)

楽天、営業益が過去最高に カード事業特損で最終損益は赤字
楽天の11年12月期は営業益・経常益が過去最高だったものの、カード事業の特損が響き最終損益は赤字に転落。(2012/2/13)

楽天、クレジットカード事業を再構築 カード子会社譲渡、損失1000億円計上
楽天がクレジットカード事業を再構築し、楽天カード事業を残して子会社の楽天KCを売却。連結で損失1000億円を計上する見通し。(2011/6/2)

最もよく利用しているクレジットカードは?
クレジットカードを選ぶ際、どのような点を重視しますか? クレジットカードを持っている人に聞いたところ「ポイントサービスが充実している」「年会費が安い」を挙げる人が多かった。マイボイスコム調べ。(2011/1/31)

3分LifeHacking:
楽天のメルマガを一括で解除・購読する方法
ネットで買い物をしたら、購読したつもりのないメルマガが大量に届くようになった……そんな経験はないだろうか。今回は楽天市場を例に、メルマガを一括管理する方法を紹介する。(2010/10/8)

「楽天カード」にEdy機能 楽天ポイントも付与
「楽天カード」にEdy機能が搭載された。Edyで支払った場合も楽天スーパーポイントを貯められる。(2010/9/14)

楽天、Edy機能付きクレカ「楽天カード」を発行
楽天は9月14日より、電子マネーEdyの機能が付いたクレジットカード「楽天カード」を発行する。既存会員のカードも順次切り替える方針。(2010/9/14)

ネット選挙解禁、懸念は“炎上” 議員向けに勉強会、Twitter議員がリポートも
国会議員などがネットの政治活用について学ぶ勉強会が開かれ、Twitterで様子をリポートする議員も。ネットで情報発信した際の“炎上”を心配する声が挙がっていた。(2009/11/25)

クレジットカード利用での失敗談、あれこれ
クレジットカードを保有している人は、どのクレジットカードを持っているのだろうか。マイボイスコムの調査によると、「JCBカード」が最も多く、次いで「セゾンカード」「楽天KCカード」と続いた。(2009/11/2)

ネットで個人献金を――楽天が新サイト、1000円から受け付け
ネットを使った個人献金を日本でも――クレジットカードを使い、国会議員に個人献金できるサイトを楽天がオープンする。(2009/7/7)

楽天市場「巣ごもり消費」で好調 「景気が悪い感じがしない」と三木谷社長
楽天の営業益が過去最高に。「巣ごもり消費」の拡大や「訳あり商品」人気が貢献した。(2009/2/16)

楽天中間、増収増益 「市場」取扱高24.5%増
楽天の中間決算は増収増益。「楽天市場」の取扱高は前年同期比24.5%増、「楽天トラベル」は21.5%増と好調だった。(2008/8/11)

楽天の1Q、増収・経常減益 「経常利益率25%目指す」
楽天市場が好調だった楽天の1Qは、前年同期比2割の増収だったが、コストがかさんで経常減益となった。三木谷社長は「経常利益率25%を目指す」と意気込む。(2008/5/16)

お金を管理するツール「人生通帳」を開始――ソニー銀行
金融商品の残高をどれくらいの頻度で確認しているだろうか? 約半数の人が「1週間に1回未満」――この結果を見て、ソニー銀行はお金を管理できるツールを開発した。(2008/3/18)

Yahoo!買収問題は「インターネットの将来性の高さの証明」──楽天・三木谷社長
「資金をかけて買収しようという会社が複数あるということは、それだけインターネットの将来性が高くみられているということでは」──Yahoo!買収問題について楽天の三木谷社長はこう評した。「ネット企業の株価は低すぎる」とも。(2008/2/15)

楽天KCがFAQ作成管理ツール導入、ユーザーサポートを効率化
クレジットカード事業を手がける楽天KCは、オウケイウェイヴのFAQ作成管理ツールを利用した問い合わせページを設置した。(2007/12/19)

楽天の中間期、営業益3割減
楽天の中間期は営業利益が3割減。ECやトラベルが好調な一方、新興市場低迷の影響を受けた証券事業など、金融関連事業が低調だった。(2007/8/21)

「楽天支店」で3年後に60万口座を目指す、東京都民銀行
楽天支店が東京都民銀行でオープンする。楽天市場からの顧客獲得を狙う東京都民銀行。一方の楽天は、銀行のサービスを通じて会員数を増やせるのか。(2007/7/18)

ドコモと楽天KC、ケータイクレジット「iD」導入推進で合意
NTTドコモと楽天KCは5月17日、共同で「iD」導入を推進することで合意した。まずはフルキャストスタジアム宮城のレジから導入を開始、今後は「トルカ」導入なども進める。(2007/5/17)

楽天、ポータル・メディア部門は大幅減益
「楽天市場」を中心としたEC事業の業績は回復したが、ポータルサイト「Infoseek」やブログ「楽天ブログ」などを運営するポータル・メディア部門は大幅減益。クレジット事業では大幅な赤字を計上した。(2007/2/15)

楽天、好調な中間期決算──Amazon参入は“歓迎”
楽天の中間期決算はEC事業と証券事業を中心に好調。三木谷社長は、Amazonが計画中のショッピングモール参入を歓迎する余裕すら見せる。(2006/8/18)

FCバルセロナと楽天が提携
ロナウジーニョらが所属するFCバルセロナと楽天が提携。楽天サイトの集客力向上にスター軍団の人気を活用する。(2006/7/18)

楽天1〜3月期は経常益2.5倍に
楽天の第1四半期は経常利益が2.5倍になるなど、好調さを維持。三木谷社長は「非常に期待できる1年になるのでは」と話す。(2006/5/9)

楽天イーグルス、フルスタ宮城でEdyを導入
3月28日からフルスタ宮城の各所でEdyが利用可能に。チケットの購入にも利用できる。(2006/3/6)

楽天、1000億円規模の公募増資
(2006/3/1)

楽天が最終黒字に転換、経常益は2.3倍に ECが順調
楽天の前期決算は大幅な増収増益を達成。EC事業が順調に成長しているほか、証券事業が大幅に拡大した。新規参入したプロ野球も黒字化を達成し、「楽天の経営力をアピールできた」。(2006/2/16)

楽天・三木谷社長「あせりはない」 第3四半期は好調
楽天の実質の有利子負債は1840億円に拡大したが、財務状況に不安はないとし、TBS問題は長期化も覚悟したようだ。一方、楽天グループの業績は好調だ。(2005/11/9)

楽天KC、クレジットカード番号含む1186件の個人情報を流出
楽天KCは10月12日、1186件の個人情報が流出したと発表した。最大で5518件分が流出した可能性もある。(2005/10/13)

国内信販が「楽天KC」に
(2005/9/21)

「楽天カード」今夏発行へ
「楽天市場」など楽天のユーザー向けクレジットカード「楽天カード」が2005年夏から発行される。グループ内限定の特典を付けるなどして、ユーザーを囲い込む。(2005/6/20)

ベスト電器、「Edy」導入店舗を拡大
(2005/5/27)

楽天、国内信販を買収 自社カード発行へ
信販会社を傘下におさめて自社カードを発行。楽天市場などで使ってもらい、手数料収入を取り込む。(2005/3/10)

買い物で貯めたポイントを「auポイントプログラム」に
KDDIはクレジットカード会社ら12社と提携、ショッピングの際に付与されるポイントを、「auポイントプログラム」に移行可能にする。8月16日から。(2004/7/5)

iモードFeliCaで「何が、いつからできるのか」
発表されたFeliCa携帯だが、具体的に何がいつからできるのか。発表された資料をもとに、サービスに参入する企業の顔ぶれを確認しよう。(2004/6/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。