ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「炊飯器」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!家電製品→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で家電製品関連の質問をチェック

アイリスオーヤマから糖質を減らす炊飯器 約20%減に
米に水分を多く含ませて、相対的に糖質の割合を減らします。(2020/8/6)

【炊飯器を9年間持ってない人インタビュー】ほぼ毎日自炊している女性に「土鍋でご飯を炊くメリット」を聞いてみた
土鍋でご飯を炊くなら「蒸し板」を使うのがオススメだとか。(2020/7/4)

【冷蔵庫持ってない人インタビュー】なんなら電子レンジも炊飯器もないアラサー男性に自炊の仕方を聞いてみた
それでも、週5日くらい自炊しているそうな。(2020/6/15)

お好み焼きのタネを“炊飯器に入れるだけ” インパクト抜群の「お好み炊き」、とろ〜りチーズがおいしそう!
お好み炊き(ゴロンッ!)(2020/5/10)

CloseBox:
Xiaomiのスマート炊飯器を買ってみて分かった、できることできないこと
1万円で買えるスマート炊飯器を使って食べてみた。(2020/4/15)

炊飯器「ピッ、炊飯を中止しました」 ネコ飼いならではの炊飯時の悲劇を描いた漫画にあるあるが詰まっている
炊飯器はネコの踏み台となりました。(2020/2/23)

ねとめし:
「めちゃめちゃ美味しい!」「簡単なのにご馳走感」 炊飯器1つでできる「アボカド炊き込みピラフ」が濃厚でうまいと話題
アボカド好き必見です……!(2020/2/10)

14分で炊ける弁当箱型の炊飯器が登場 少量で炊ける・お茶碗不要とおひとりさまにやさしい仕様
便利そう。(2019/12/18)

Xiaomi、「1億画素カメラ」搭載スマホで日本参入 スマート炊飯器も発売
中国Xiaomiが、1億800万画素のカメラを搭載する「Mi Note 10」「Mi Note 10 Pro」を日本で発売する。中国4位のスマホメーカーが日本市場に参入する。(2019/12/9)

あの会社のこの商品:
20万台売れた! 「銘柄ごとの炊き分け」に目を付けたアイリスオーヤマの炊飯器
2009年に家電事業に本格参入したアイリスオーヤマ。ユニークな機能を持った商品が多いが、その中でも「銘柄量り炊き炊飯器」が注目を浴びている。銘柄量り炊きとは何か? どれほどユニークなのかというと……。(2019/11/20)

「ヘルシオ ホットクック」に単身者向けモデル登場 手間なし調理で炊飯ジャーの置き換え狙う
シャープの電気無水鍋「ヘルシオ ホットクック」に共働き世帯や単身者に向けたコンパクトモデルが登場。バリエーションを増やし、「真面目に“日本の新しい必需品”を目指す」という。(2019/11/15)

炊飯器から直接お米を食べる文鳥さんが話題! 「味わいながら食べてる!」「小さな炊飯器もかわいい」
炊きたてではありません。(2019/8/6)

炊飯器がちっちゃかわいいカプセルトイに デザインの「手ごろ感」がたまらない
一応小物入れとして使えます(収納容量は100円玉10枚分)。(2019/5/1)

水曜インタビュー劇場(ふわふわ公演):
えっ、炊飯器じゃないの? 三菱電機の高級トースターが面白い
三菱電機が高級トースターを投入する。この市場を見ると、バルミューダ、アラジン、シャープなどたくさんの商品が並んでいるが、三菱のトースターはどのような特徴があるのか? パッと見たところ、小さな炊飯器のように……。(2019/4/17)

CEATEC 2018:
フタが外せる炊飯器!? 新しい接続のカタチを提案
TE Connectivity(以下、TE/日本法人:タイコエレクトロニクス ジャパン)は2018年10月16〜19日に開催されている展示会「CEATEC JAPAN 2018」(シーテックジャパン2018/会場:千葉市・幕張メッセ)で、コネクターの最新製品の他、センサー/コネクター製品のユニークな採用事例を紹介している。(2018/10/17)

炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
家の米大量に減ってて嫌な予感はしたんだよなぁ……。(2018/9/23)

リビングから聞こえた「大和な笛」 大盛り上がりする炊飯器の“演奏”に「笑いが止まらん」「風情を感じる」の声
一足先の夏の訪れを感じる祭り囃子です。(2018/6/21)

ねとめし:
“浸けておくだけでやわらか〜!!”な炊飯器ローストビーフがしっとりうまい 舞茸を使うのがポイント
うんまっ……!(2018/3/30)

タイガー魔法瓶、“まるで本物のご飯”な低糖質食品開発 調理用の炊飯器と合わせて発売
タイガー魔法瓶が、タピオカやこんにゃくの粉を使って“まるで本物のご飯”のように炊ける低糖質食品「とらひめ」を開発。カロリーや糖質は白米の約半分。開発理由は「糖質制限をしている人にも、おいしいご飯を食べてもらいたい」。(2018/3/23)

「バーミキュラ ライスポット」に“機能そのままミニサイズ”登場 無水調理やオーブン調理もOK
愛知ドビーのIH炊飯器「バーミキュラ ライスポット」に、3合炊きのミニサイズが登場した。炊飯はもちろん無水調理やローストなど「機能はそのまま」、サイズだけコンパクトになった。(2018/2/5)

水曜インタビュー劇場(ユニーク公演):
「アイロンいら〜ず」ヒットの裏に、サンコーの“まずは売ってみる”戦略
ユニークな商品を次々に販売しているサンコーが、家電にチカラを入れている。弁当箱サイズの炊飯器やハンガーにかけるだけでシャツを乾かすことができるアイテムを販売したところ、いずれも売れた。ヒットの裏側で、同社はどのような手を打っていたのか。話を聞いたところ……。(2018/1/10)

米好きさんに朗報 いつものご飯を低糖質に炊き上げる「糖質カット炊飯器」が画期的
おいしさは変わらないそうです。(2017/12/16)

「4合炊き炊飯器」登場 ありそうでなかった“ぴったりサイズ”
3合炊きでは足りない、5.5合炊きでは多すぎる……。そんな悩みを解決する炊飯器が登場した。エスキュービズムの「4合炊き炊飯器」だ。(2017/12/15)

ごはんをよそうとカロリーの目安が表示 食事制限に役立つ炊飯器がアイリスオーヤマから
40種の銘柄に合わせて適切な水の量を教えてくれる量り炊き機能も。(2017/9/23)

食物繊維を増やす炊飯器
アイリスオーヤマ初の圧力IH炊飯器は、お米の銘柄や食べ方に合わせて炊き分けることができる。さらに食物繊維成分の1つであるレジスタントスターチ(難消化性デンプン)が約2倍に増えるモードも用意した。(2017/9/22)

茶碗によそった“ごはん”のカロリーが分かる炊飯器
アイリスオーヤマが10月に発売する「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器」(KRC-ID30-R)は、茶碗によそったご飯のカロリーをすぐに教えてくれる便利な炊飯器だ。(2017/9/21)

売上高50%増:
家電で快進撃 アイリスオーヤマ、新炊飯器を発売
アイリスオーヤマが、新型炊飯器2機種を10月14日に発売すると発表。顧客の食生活の多様化や健康志向の高まりに対応する機能を持つ点が特徴だ。(2017/9/21)

オフィスでもホカホカご飯 一人用のご飯とおかずも作れる弁当箱みたいな炊飯器「ハンディ炊飯器」が発売
レトルトカレーも同時にできあがるのがステキ。(2017/9/12)

会社で炊きたて! おかずも作れる「お一人様用 ハンディ炊飯器」
サンコーが「お一人様用 ハンディ炊飯器」を発売した。蒸気の熱でお茶碗2杯分のご飯を同時に炊ける小型炊飯器だ。(2017/9/11)

忙しい朝でも頼りになる“時短”炊飯ジャー
タイガー魔法瓶が発表した新しい「炊きたて」は、時短炊飯と時短調理の両方に対応した多機能なIH炊飯ジャー。どちらも時間は15分。(2017/8/29)

ねとめし:
最強の時短ズボラ飯爆誕! トロトロ玉ねぎの甘さ引き立つ「進化形炊飯器鶏」がお手軽でウマい
炊飯器調理の可能性がまた広がった。(2017/7/7)

あの会社のこの商品:
鋳造メーカーの炊飯器は何が違うのか 舞台裏に迫る
10万円クラスの高級炊飯器が定着し、家電メーカー各社が開発に力を入れている。このような中で、鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」をヒットさせた愛知ドビーも、「バーミキュラ ライスポット」で参入。異業種からの参入ながら、ユニークなデザインや優れた機能が評価され、快調に売れている。(2017/6/26)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
話題の「BALMUDA The Gohan」――“蒸気炊き”に辿り着くまでの長い道のり
バルミューダが満を持して発表した炊飯器「BALMUDA The Gohan」は、どのようにして“蒸気炊き”というユニークな構造に辿り着いたのか。寺尾玄社長と開発チームの中心メンバーである唐澤明人氏に話を聞いた。(2017/2/8)

31銘柄のお米を炊き分けるIH炊飯器、アイリスオーヤマ
アイリスオーヤマは、同社初となる5.5合サイズのIH炊飯器「銘柄炊きIHジャー炊飯器5.5合」を発表した。底面と内蓋の2カ所にヒーターを搭載し、上下から加熱することで釜内に激しい対流を発生させ、お米のおいしさを引き出す。(2017/1/18)

目指したのは、おかずをおいしくするゴハン――“蒸気の釜”で炊く「BALMUDA The Gohan」登場
目指したのは“おかず”をおいしくするゴハン――バルミューダがまったく新しい構造の炊飯器「BALMUDA The Gohan」を発表した。(2017/1/12)

「蒸気だけで炊く」斬新な炊飯器 バルミューダ「The Gohan」登場 「米を踊らせず、土鍋よりおいしく」
蒸気だけで炊き上げる斬新な構造の炊飯器「BALMUDA The Gohan」をバルミューダが発表。米を踊らせず、ゆっくり加熱するため米が崩れず「土鍋よりおいしい」ごはんが炊けるという。(2017/1/12)

これぞ究極の炊飯器!? 「バーミキュラ ライスポット」の秘密
「バーミキュラ ライスポット」は、ガス火で上手に炊けた時の“美味しいごはん”を再現しながらIH炊飯器の利便性を両立させた最先端の炊飯器。その開発経緯と美味しく炊ける秘密を聞いた。(2016/11/30)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
なぜ玄米が美味しく炊けるのか? 三菱「本炭釜 KAMADO」の加熱技術に迫る
一般的には、白米に比べて美味しく炊くのが難しいといわれる玄米。しかし、三菱電機の最新ジャー炊飯器「本炭釜 KAMADO」は、一般社団法人 高機能玄米協会お墨付きの“玄米を美味しく炊ける”モードを搭載している。今回は、その技術にフォーカスした。(2016/11/22)

バルミューダ、炊飯器発売へ 「新しいごはんの提案」
家電ベンチャーのバルミューダは、来年1月に炊飯器を発表する予定を明らかにした。(2016/11/8)

ねとめし:
ほったらかしで作れる「炊飯器鶏」作ってみたら、しっとりウマい&作り置きできてサイコー!
中華風アレンジレシピも考えてみました!(2016/10/28)

あえて“高級”路線の逆を行く 米家電に本格参入するアイリスオーヤマの戦略は
アイリスオーヤマが炊飯器など米家電に本格参入。市場で人気の高級路線をあえてとらない戦略だ。(2016/9/21)

フィギュアじゃないよ。figmaだよ 「R・田中一郎」が炊飯器や自転車「轟天号」付きで登場
やぁ。(2016/9/15)

なぜ置いた! IHコンロの上に置いてあった炊飯器が溶ける事故……!
×炊飯器で加熱する ○炊飯器を加熱する(2016/7/16)

パナソニック、ダイソン、フィリップス「時代を変えた」家電たち
フィリップスの回転式シェーバー、ダイソンのロボット掃除機、パナソニックの炊飯器を紹介します。(2016/5/31)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第66回:
変わったのは「(´-`).。oO(実はちょっと泣いた)」から シャープさんの“中の人”が語る「ゆるい公式」の本音
「暮らしに溶け込む、冷蔵庫とか炊飯器とかと同列な存在に」(2016/4/19)

さらなる大火力で“かまどごはん”に近づいた――三菱から「本炭釜 KAMADO」新製品
三菱電機は、IHジャー炊飯器「本炭釜 KAMADO」の新製品として、沸騰立ち上げ時の火力を強化し、かまどで炊いたご飯に近づいたという新製品「NH-AW107」を5月21日に発売する。(2016/4/8)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
すべては“かまど炊きを超える”ために――パナソニックの地道すぎる技術開発とは?
パナソニックには「ライスレディ」と呼ばれる女性達がいる。新しい炊飯器で全国のお米を炊き、自らの鋭い味覚で完成度を判断する専門家集団だ。炊くお米の量は、1つの新製品につき約3トン。毎日、1人がお茶碗7杯は試食するという。(2016/3/31)

玄関開けたら……:
最短10分でご飯が炊ける!――忙しい人にうれしい高速小型炊飯器「poddi」登場
神明精米は、高速小型炊飯器「poddi」(ポッディー)を2月中旬に発売する。普通のお米を炊くこともできるが、“ソフトスチーム加工”のお米を使用することで、白米75gをわずか10分で炊き上げるという。(2016/2/2)

31銘柄ごとに最適な方法で炊き上げ:
アイリスオーヤマ「お米家電」に参入――マイコン式「銘柄炊きジャー炊飯器」発売
アイリスオーヤマが「お米家電」に参入。第1弾は「銘柄炊きジャー炊飯器」(RC-MA30-B)で、価格は9800円(税別)。(2015/11/16)

アイリスオーヤマ、炊飯器に参入
アイリスオーヤマが「お米家電」に参入。第1弾として炊飯器を発売する。(2015/11/16)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。