ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「リクナビ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リクナビ」に関する情報が集まったページです。

Z世代の早期離職は上司力で激減できる!:
第2回Z世代が幻滅する職場の共通項とは
大手企業400社以上で「上司力(R)研修」を提供するFeelWorks代表取締役の前川孝雄氏は、大企業で深刻化する若手の早期離職の予防に向けて「Z世代の早期離職は上司力で激減できる!」(2024年4月)を発行した。そこでZ世代の若手部下の育成マネジメントについて3回に分けてつづってもらう。(2024/5/21)

Z世代の早期離職は上司力で激減できる!:
第1回若手部下の突然の離職を防ぐ上司の心得
大手企業400社以上で「上司力(R)研修」を提供するFeelWorks代表取締役の前川孝雄氏は、大企業で深刻化する若手の早期離職の予防に向けて「Z世代の早期離職は上司力で激減できる!」(2024年4月)を発行した。そこでZ世代の若手部下の育成マネジメントについて3回に分けてつづってもらう。(2024/5/15)

“適職診断”の「芸術家タイプ」に囚われる若者たち 負の風潮なぜ……? 識者が鳴らす「警鐘」
「芸術家タイプ」負のイメージはなぜ広がったのか。(2024/4/27)

物流2024年問題、ドライバー職の求人件数増加 重要課題は「人材確保」
リクルートは「2024年問題」を抱える物流業界における求人件数と賃金の推移を発表した。2019年と比較するとドライバー職の求人件数は伸長しており、賃金も上昇傾向がみられた。(2024/2/1)

スピン経済の歩き方:
ゼクシィの「同性カップル広告」狙いはどこに? 背景に未曾有のブライダル不況
結婚情報誌「ゼクシィ」の広告が話題になっている。JR渋谷駅の近くに、同性カップルや事実婚のカップルを起用したところ、賛否両論の声が……。(2023/12/5)

イメージが悪化した「不祥事ランキング2023」 1位「ビッグモーター不正請求」、2位「ジャニーズ事務所性加害問題」
今年もいろいろありました。(2023/12/1)

正社員に聞いた:
人気の「転職サイト・エージェント」ランキング トップ3は?
 正社員に人気の高い転職サイトはどこか──? 転職体験談のデータベースサイト「マイ転職ストーリー」が、23〜44歳の正社員が実際に利用している「転職サイト・エージェント」の利用率ランキングを発表した。その結果、1位は「リクルートエージェント」(49%)となった。(2023/10/24)

デジタル変革の旗手たち:
多様性で人の成長と組織の価値最大化に取り組むリクルートのデータ組織
リクルートでは、2021年4月の国内7社統合を機に、個別最適と全体最適を組み合わせたデータ組織の変革に取り組んでいる。事業領域における戦略の実現を担う縦の組織と各領域で事業横断的にデータ戦略を実践する横の組織によるマトリクス構造のデータ組織を運営し、新たな価値の創出を狙う。リクルートのデータ戦略を推進するデータ推進室の取り組みについて、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2023/10/17)

約半数が「マネジメントや起業よりエンジニアとしてのスキル向上」を重視:
約8割は「ヘッドハンターからのお誘い」を待っている @IT読者調査の結果から見えた最新のキャリア意向
@ITはキャリア意向調査を実施した。それによると20〜40歳代の読者が転職で改善したい要素は「給与面」で、次に転職するときには「勉強会、コミュニティーでの紹介」を使いたいと考えている人が多かった。(2023/10/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
若手人材の早期離職を解決! 部下を活かすマネジメント“新作法”とは
現状を聞き分析する中で分かったのは、企業側が若者の真の離職理由を捉えきれていないこと。いったい何が食い違っているのだろう。なぜ若者はすぐに辞めてしまうのだろうか。(2023/9/28)

仕事に対する価値観:
職場の若い人は何を考えているの? Z世代とうまく付き合う方法
「Z世代」という言葉をよく耳にするようになった。X・Y世代と違って、若い人たちはどのような傾向があるのか。仕事の価値観などを解説する。(2023/9/1)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
“人の心を動かすプロ”である管理職が理解すべき「部下全員が活躍する上司力5つのステップ」
ダイバーシティが進んだ現在、職場を取り巻く環境も、20年前とは大きく変わっている。以前とは違い、「右向け右」という画一的な号令では部下が動かない現在、管理職に求められる新たな「上司力(R)」とは何なのだろうか。(2023/8/29)

キーパーソンが徹底議論!:
2040年には1000万人超の労働者が不足! 解決の糸口は? 週休3日制がかなえる新しい働き方を探る
週休3日制は日本でも新しい働き方として定着するのか――。ITmedia ビジネスオンライン・ITmedia NEWSが開催するオンラインイベント「Digital Business Days -SaaS EXPO- 2023 Summer」では、スペシャルステージ(全体基調講演)として、週休3日制度を導入している企業のキーパーソンを招き「日本で『週休3日』は当たり前になるのか 導入企業が語る現在地」と題したトークセッションをお届けする。(2023/8/1)

新入社員は「配属ガチャ」についてどう考えているのか
リクルート(東京都千代田区)の研究機関である就職みらい研究所が「就職プロセス調査」を実施した。(2023/7/28)

意識的に休息を:
テレワークの落とし穴 「サイレントうつ」に対する予防と対策
直近のデータを見ると、都内の企業でテレワークを実施しているのは4割ほど。テレワークの整備は今後も進むだろうが、企業や従業員はどのようなことに気をつければいいのだろか。メンタル面でいうと……。(2023/7/17)

リクルート、オンライン就活セミナーでのサクラ行為について謝罪 社員が学生装い質問
(2023/6/5)

リクルートが「サクラ」行為を認めて謝罪 オンラインセミナーで学生装い、質問投稿
リクルートは、学生向けオンラインセミナーなどに関する一部報道について、謝罪する声明を発表した。オンラインセミナーの質疑応答コーナーで、同社社員が参加学生を装って質問を投げかけていたことや、学生に対し不適切な発言をしていたことを事実と認めた。(2023/6/5)

人恋しさが増した:
だから「音声メディア」の勢いが止まらない 5つの要因を分析
音声メディアへの期待、需要がますます高まっている。なぜ今、音声メディアが流行するのか。5つの要因を分析した。(2023/5/31)

24年卒に聞いた:
「内定はあるが、就活を続ける」 就活生の割合は?
リクルート(東京都千代田区)は、同社の研究機関「就職みらい研究所」で大学生・大学院生を対象に就職プロセス調査を実施した。その結果、内定取得者の7割以上が6月も就職活動を継続すると分かった。(2023/5/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
人的資本経営で求められる「部下全員が活躍できる職場」をつくるには
上司は、自分が動くことが仕事ではなく、人を動かし組織を動かすこと。すなわち上司の働きかけでチームメンバー全員が一丸となり連携し、メンバー個々の力だけでは成し得ない大きな成果を生み出すこと。(2023/5/11)

パソコンとスマホを捨てて:
GW前に「デジタルデトックス」と「ワーケーション」を考える 課題も山積
忙しい日々を送っていると、パソコンやスマホなどのデジタルデバイスで疲れているビジネスパーソンも多いのでは。今年のGWはデジタルデトックスで、心身ともにリフレッシュするのはどうだろうか。(2023/4/28)

リクルート事例に見るエンジニアとしての価値の高め方(6):
「開発チームの成長」を「プロダクトの成長」につなげるには
リクルートでの新規プロダクト開発事例からエンジニアとしての価値の高め方を探る本連載。最終回は「開発チームの成長」にフォーカスし、本開発フェーズとエンハンズフェーズの開発体制の違いや実施した施策などについて解説する。(2023/3/31)

リクルート事例に見るエンジニアとしての価値の高め方(5):
キーワードは「モニタリング漏れ」「オオカミ少年」 リリース後の運用課題をリクルートはどう解決したか
リクルートでの新規プロダクト開発事例からエンジニアとしての価値の高め方を探る本連載。5回目となる今回は「モニタリング」にフォーカスし、機能追加や他サービスとの連携で見つかったモニタリングの課題とその改善策について解説する。(2023/1/16)

業務改善がキモ:
「週5日も働いてたの?」という時代は来るのか データで見る週休3日制
「週休3日制」は実現するのか。こうしたテーマを耳にすると、会社側は「難しい」と答えるのに対し、従業員側は「ぜひ」と前向きな声が多い。両者の溝は深いように感じるが、どこまで歩み寄ることができるのだろうか。(2022/11/24)

いまだ「紙とExcel」な奨学金にDXを ベンチャー企業「ガクシー」が目指す「あきらめなくていい社会」
奨学金のニーズが増加する中、運営は驚くほどアナログだ。 “アナログすぎる”奨学金をDX化し、お金の心配をせずに高等教育を受けられる世界を実現したい――奨学金マッチングサイトを運営するガクシーは、こんな理想を掲げる。(2022/11/17)

満足度の高い「就活エージェント」 3位「キャリタス」、2位「マイナビ」、1位は?
oricon MEは、満足度の高い「就活サイト」「就活エージェント」「逆求人型就活サービス」ランキングを発表した。(2022/9/28)

ソフトバンクCMの出演女優ランキング 3位「多部未華子」、2位「広瀬すず」、1位は?
調査対象者は一都三県在住の10代〜60代男女、サンプル総数は1100名。(2022/7/30)

採用活動に求められる「マーケティング・PR」の視点:
コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり、接触する企業数が増えている中、選ばれる企業であるためにはコミュニケーションにも戦略が必要になってきます。(2022/7/5)

その一歩を踏み出す:
副業先選びのポイントは2つ メリット・デメリットを解説
働き方改革などの影響で、副業を前向きに考えている人もいるのでは。副業をすることのメリットは? デメリットは? さまざまな視点で解説する。(2022/6/24)

政府方針と民間調査を比較:
6月1日「選考解禁」なのに、5月で内定率6割のなぜ 就活生の“悲痛”な声に大きな反響
「就活って6月解禁なのに6割内定持ってるってのは嘘だよな?」とするTwitterの投稿が注目を集めている。投稿者は就職活動中の学生とみられる。現行の就活日程と就活生向け民間調査を比較し、検証する。(2022/6/8)

“課徴金制度”は?:
個人情報保護違反の「ペナルティー強化」 法改正で“1億円以下の罰金”の制定も
2022年4月から施行された改正個人情報保護法に伴い、違反行為に対するペナルティーはどのように強化されたのでしょうか?(2022/5/23)

マネジメントのポイント:
「社員が副業をする」と言ってきた メリットは3つ、デメリットは2つ
パーソル総合研究所の調査によると、55%の企業が正社員の副業を認めているという。この数字はじわじわ増えているわけだが、こうした動きに対して企業はどのように対応すればいいのだろうか。メリットとデメリットをまとめてみた。(2022/5/20)

最近よく見る「Cookie使用同意バナー」、実は無意味? 専門家が指摘するちぐはぐ対応
Cookieとは、閲覧したWebサイトからスマートフォンやPC内のブラウザに保存されるファイルのことです。(2022/7/8)

3つの対応:
【直前対策】4月から施行! 改正個人情報保護法 中小企業が「最優先ですべきこと」
4月1日から、改正個人情報保護法が施行されます。改正法の全体像を確認し、取り組むべき直前対策を紹介します。(2022/3/22)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
Cookie規制って結局、何が変わるの? 2022年の改正個人情報保護法、注目すべきポイントを解説
Google ChromeなどのCookie廃止、2022年の改正個人情報保護法──Web広告やデジタルマーケティングを巡る状況は大きく変化しています。世界的な潮流から国内の影響までを解説します。(2022/3/3)

いずれはセキュリティやプライバシーと同じ扱いに?:
「AI倫理も品質の一部」な時代、AIエンジニアには何が求められるのか 有識者に聞いた(前編)
AI倫理に関してエンジニアは何を知っておくべきなのか、エンジニアには何が求められるのか、AI倫理に詳しい弁護士の古川直裕氏に話を聞いた。前編である今回は、AI倫理とは何か、エンジニアにAI倫理はどのように関わってくるかについて。(2022/2/17)

スピン経済の歩き方:
「うまい棒」はなぜ42年間も「10円」をキープできたのか
「うまい棒」が10円から12円に値上げをする。42年間も値上げをしてこなかったので、「よくがんばった」「すごい」といった声が出ているが、そうした言葉で片づけてよいのだろうか。筆者の窪田氏は違った見方をしていて……。(2022/2/1)

人生100年時代を切り拓く! ミドルのための「学び」戦略:
第3回 自分に合った学びテーマを見つける6つの方法
ここで取り組んでほしいのは、学びの対象とする「気になる仕事」の目星を付けること。肩に力を入れ過ぎず、夢を膨らませるイメージでリラックスして考えてみよう。(2022/1/31)

人生100年時代を切り拓く! ミドルのための「学び」戦略:
第2回 学び直しを楽しむ極意
ミドルが第二の職業人生を目指して学ぼうと思ったら、まず自己分析をする必要がある。素直な気持ちで自分に向き合い、ありのままの自分をとらえ直す。(2022/1/17)

人生100年時代を切り拓く! ミドルのための「学び」戦略:
第1回 なぜ今「学び」が求められているのか
キャリアのオーナーシップを会社から自分に取り戻し、本当にやりたい仕事に取り組もう。(2022/1/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リスキリング必須の時代! 学びで人生は変わる!
いま、ビジネスパーソンの「リスキリング」がクローズアップされている。DXなどによる大きな変革の波に適応するため、あらゆる世代が「学び直し」を迫られる時代ともいえる。しかし、他者から押し付けられた受け身での学びからは、やらされ感しか生まれず、自律的なキャリアは拓けない。ではいかにして「ワクワクする学び」を自ら創り出し、主体的に人生を変えていくか。その道を考察する。(2021/12/16)

企業の成長は「ポストコンサル採用」がカギを握る〜採用力を高める4つのステップ
取り巻く競争環境が厳しさを増す中、多くの企業で既存事業のビジネスモデル再構築や新規事業の立ち上げなどの大規模な変革が必要不可欠となっている。(2021/12/1)

Kaggle グランドマスター インタビュー(後):
就活のお供は「魔法のスプレッドシート」と「インターン」
Kaggleにハマった2人の大学生は、明確な判断基準を持って就職先を探し、決めた。グランドマスターは最終地点ではなく、その先を見つめていたから。(2021/11/25)

今日のリサーチ:
前澤友作氏のスタートトゥデイがトップ 採用広報・マーケティングに強い200社――No Company調査
学生たちが最も話題にした企業、団体・組織。自社への興味・関心を持ってもらうにはどうしたらよいのでしょう。(2021/11/17)

エンゲージメント量を計測:
「学生の注目企業2021」 SNS上で話題になったトップ200社を発表
採用マーケティング支援を行うNo Company(東京都港区)は、SNS上で学生から関心が高い「学生の注目企業2021」を発表した。SNS上でエンゲージメントが高い企業を一覧にまとめた。10万以上のエンゲージメントを獲得した2社は?(2021/11/11)

必要な対応は:
Cookie利用の行動ターゲティング広告 令和2年個人情報保護法改正でどう変わる?
Q: 令和2年改正個人情報保護法に伴い、自社のWebサイトで行動ターゲティング広告を行う場合、どのような対応をするべきでしょうか。(2021/10/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「45歳定年制」の是非から考える「人を活かす経営の新常識」
終身雇用は人を大切に育て活かせているのか? 制度疲労した日本型雇用を乗り越える提案は、10年前から看過され続けた。コロナ禍も相まって、全世代のキャリア自律がもはや待ったなしの必須課題に。いまこそ、「人を活かす経営の新常識」が求められる!(2021/10/14)

経験に頼るビジネスを効率化:
ソニーを飛び出して会社設立 SREホールディングス西山和良社長に聞く不動産テックの展望
手続きや各種取引で商習慣や経験に頼ってきた不動産業界を、AIやIT技術を活用したデジタル化により変革しようとしているSREホールディングス。同社の西山和良社長に古い体質が残る同業界を、どのようなデジタル手法を駆使して変えようとしているのか、インタビューした。(2021/10/14)

興隆するHRテック市場で、採用テックがなぜ今注目なのか?(前編)
市場が急成長している採用テック。テクノロジーをてこに、採用の世界が効率化・高度化が進む「採用テック」が、今求められる理由は主に2つあるという。(2021/10/1)

相馬留美の「今そこにある商機」:
高卒には「職業選択の自由」がない? 大卒より高卒の採用が難しい理由
高校生向けの「就職合同説明会」をご存じだろうか。記者は現場に足を運んだところ、企業の話を聞くために、教師と制服姿の高校生がたくさんいたわけだが、そもそも高校生の就職はどのようにして決まるのだろうか。ちょっと調べると、過去の“遺産”が残っていて……。(2021/8/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。