ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GALAXY Apps」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Samsung Apps」から名称変更

日本仕様は「Galaxy」ロゴ付き:
サムスン電子、リモコン付き「Gear VR」と新型「Gear 360」を日本でも発売
サムスン電子ジャパンが、リモコン付き「Gear VR」と新型「Gear 360」を発売する。前者は5月23日に、後者は6月1日に全国の家電量販店と主なWeb通販サイトで販売を開始する予定だ。(2017/5/18)

Androidセキュリティ技術の最前線(4):
Androidアプリマーケットを守る「不正アプリ抽出技術」総解説
Android端末のセキュリティ対策技術について解説する本連載。第4回は、アプリを流通させるための大規模なプラットフォームである「マーケット」の現状と、マーケットの分析から見えてくるセキュリティ・プライバシーの課題やその対策について解説する。(2016/6/7)

キングソフトとINTSIGが業務提携 名刺管理アプリ「CAMCARD」の新バージョンを提供
キングソフトがINTSIGと提携し、名刺認識・管理アプリ「CAMCARD」の新バージョンを10月7日から提供した。価格は939円だが、現在はセール中で割引で販売されている。(2014/10/7)

Samsung、GALAXY端末を充電器代わりにできるMicro USBケーブルを発売
Samsungが、GALAXY S5をはじめとするGALAXYシリーズ端末のバッテリーを他の端末の充電器代わりにするための「Power Sharing Cable」を19.99ドルで発売した。Micro USBで充電する端末なら何でも充電できるとしている。(2014/9/24)

Samsung、Androidアプリストア名を「GALAXY Apps」に変更
Samsungが、2009年に立ち上げた同社端末向けアプリストアの名称を「Samsung Apps」から「Samsung GALAXY Apps」に改称し、GALAXYシリーズ専用アプリコーナーを充実させた。(2014/7/14)

Amazon、GALAXY端末ユーザーに電子書籍を毎月1冊無料提供する「Samsung Book Deals」
SamsungがAmazonと提携し、GALAXYユーザーがKindleの書籍を毎月1冊無料で読める「Samsung Book Deals」の提供を世界90カ国で開始する。(2014/4/18)

「Windowsタブレット向けアプリ開発」先駆けインタビュー(3):
累計100万DLの人気ゲームに見るUnity 4.3のWindowsストア対応の実際
累計100万ダウンロードの人気ゲーム「サムライディフェンダー」について、iOS/Androidからの移植対応や独自機能実装などを担当者に聞いた。(2014/3/26)

日本人が作ったGALAXY:
写真で解説する「GALAXY J SC-02F」
GALAXYシリーズとして初めて日本オリジナルモデルが登場。“日本人に合わせて”用意した外観や新機能、従来モデルからの進化点をチェックした。(2013/10/17)

WORLD TOUR 2013 TOKYOでみせた「かっこいい」Note 3とGear
NTTドコモとKDDIから登場するGALAXY Note 3とGALAXY Gear。女性に人気のあるGALAXY Noteシリーズの最新モデルを“かっこいい”モデルさんがアピールする。(2013/10/16)

「GALAXY S4」ロードテスト:
独自機能の「S○○○」はどのくらい使えるのか GALAXY S4のプリセットアプリを試す
「GALAXY S4」はさまざまなオリジナル機能を搭載し、その多くには「S○○○」といった名前が付けられている。今回はこれらのオリジナル機能を詳しくレビューする。(2013/10/9)

ビジネスニュース:
サムスンがスマートウオッチ「GALAXY Gear」を発表、CPUは800MHzの1コア
Samsung Electronics(サムスン電子)が、スマートウオッチを発表した。ウェアラブルな端末への注目が高まる中、Samsungの他にもAppleやMicrosoftがスマートウオッチを開発中だとうわさされていたが、実機の発表にまずこぎ着けたのはSamsungだった。(2013/9/5)

IFA 2012:
Android 4.1搭載デジカメ「GALAXY Camera」に触れる
Samsungが発表した、Android 4.1(Jelly Bean)を搭載したコンパクトデジタルカメラ「GALAXY Camera」。ドイツで開催される家電見本市「IFA 2012」の会場で実機に触れた。(2012/8/30)

「TSUTAYA TV」、GALAXY Note向けサービスを開始
TSUTAYA.comの運営するネット映像配信サービス「TSUTAYA TV」が、サムスン電子ジャパンのGALAXY Note向けサービスを開始。新規会員登録者にポイントをプレゼントするキャンペーンも行う。(2012/7/23)

海外モバイルニュースピックアップ:
風景画を“描かれた場所”で鑑賞できるアプリ、出資者募集中
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、風景画を“描かれた場所”で鑑賞できるアプリ、スマホで食品の成分チェックできるデバイス、折り曲げ可能なディスプレイなど。(2012/5/16)

写真で解説する「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」
Samsung電子製の「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」は、WiMAXとNFC機能が特徴のauスマートフォン。4.7インチHD有機ELや1.4GHzデュアルコアなど高いスペックも目を引く。ISW11SCならではの特徴を中心にお伝えしよう。(2012/1/19)

2012 International CES:
55V型有機ELとスマートテレビを強力プッシュ、韓国Samsung
大型有機ELとスマートテレビで注目の韓国Samsung。9日に開催されたカンファレンスの模様から、テレビ関連のトピックをピックアップした。(2012/1/12)

IFA 2011:
着実に進歩する各社のスマートテレビ戦略(2)
「IFA 2011」現地リポート第2弾は、引き続き「スマートテレビ」に関する最新事情をお届けしていこう。前回カバーできなかった東芝や海外メーカーの動向を紹介していきたい。(2011/9/7)

「GALAXY S II SC-02C」の“ここ”が知りたい:
第1回 サイズ感はどう? バッテリーは持つ?――「GALAXY S II SC-02C」
NTTドコモのAndroidスマートフォン「GALAXY S II SC-02C」は、デュアルコアプロセッサを搭載したパワフルな端末だ。第1回では、キー、端子、バッテリーなどの外観を主に見ていこう。(2011/7/12)

GALAXY S IIの日本登場は?:
技術、製品、マーケティングが成功の要因――「GALAXY」で飛躍するSamsung電子
1秒に8台弱の端末が世界で売れている――。2010年のSamsung電子は「GALAXY S」で大きく飛躍し、2億8000万台の携帯電話を販売した。「GALAXY S II」や「GALAXY Tab 10.1」でさらなるシェア獲得を目指す同社が、世界と日本市場での戦略を明かした。(2011/4/7)

乱立するアプリストア “ブラウザ常駐”の新手段も――Openwave
モバイルアプリのマーケットはスマートフォンやタブレット端末の登場で日に日に拡大し、さまざまなプレーヤーの参入が相次いでいる。その中でOpenwaveは、Webブラウザ上に“常駐”するWebアプリソリューション「Openwave Amplicity」を開発し、キャリアやISPへの提供を目指している。(2011/3/4)

安藤幸央のランダウン(55):
開発者は覚えておきたいアプリストア/マーケット大全
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2011/2/7)

「GALAXY Tab」の“ここ”が知りたい:
第4回 “自炊”した電子書籍は読める?――「GALAXY Tab」
今回はタブレット端末の使い道としてアピールされることが多い電子書籍に焦点を当て、GALAXY Tabで電子書籍を購入して読むときの使い勝手をリポートする。また、Androidの拡張性の要ともいえるアプリケーションストアや、最近流行のTwitterなどソーシャルメディアへの対応も見てみよう。(2011/1/28)

Samsung、「Ace」「mini」などGalaxyファミリーの新モデル発表
Galaxyファミリーの新モデル4機種はAndroid 2.2を搭載し、ロシアやインドなどで発売される。(2011/1/27)

「GALAXY Tab」の“ここ”が知りたい:
第1回 サイズ感はどう? 1台目として使えそう?――「GALAXY Tab」
「GALAXY Tab」は、スマートフォンより一回り大きいタブレット端末ということで、「普段持って歩けるだろうか」「使いこなせるだろうか」と二の足を踏んでいる人もいるのではないだろうか。そこで今回は、サイズ感や付属品、1台目として使えるかなど、購入前の判断材料となる情報をまとめた。(2010/12/17)

素材とUIでスマートフォンを差別化、FeliCaも検討――HTC
HTC DesireやHTC Desire HDなど日本でもハイスペックなAndroid端末を投入しているHTC。海外では好調にシェアを伸ばしているが、日本市場に対してはどんなビジョンを描いているのか。HTCコーポレーションCPOの小寺氏が説明した。(2010/11/12)

eBookは楽しめる!?:
5型ワイド液晶を搭載したAndroid搭載タブレットDell「Streak」を試す
米DellのAndroid端末「Streak」は、スマートフォンとタブレットの間を狙った小ぶりなボディが特徴だ。海外モデルの使い勝手をチェックした。(2010/11/2)

GALAXY Sの先にあるもの:
「今後は日本向けの機能も採用していく」――Samsung電子の端末戦略
10月28日にハイスペックなAndroid端末「GALAXY S」を日本で発売し、11月下旬以降には「GALAXY Tab」も投入するなど、Samsung電子は日本市場にも積極的に進出している。同社は今後どのような端末を開発していくのだろうか。(2010/11/1)

ドコモ、「GALAXY S」を10月28日に発売――Flashや電子書籍コンテンツも提供
ドコモのスマートフォン「GALAXY S」が10月28日に発売される。ドコモはGALAXY Sの発売に合わせ、Flashや動画、電子書籍コンテンツの提供を開始する。(2010/10/21)

ドコモ、Androidタブレット「GALAXY Tab」とスマートフォン「GALAXY S」発売へ
ドコモがSamsung製Androidタブレット「GALAXY Tab」とスマートフォン「GALAXY S」を発売。それぞれAndroid 2.2を搭載した。GALAXY Sは10月15日から予約を受け付ける。(2010/10/5)

Samsung、Symbianサポートを打ち切り
Sony Ericsson幹部の「Symbian新端末の計画はない」発言に続き、SamsungがSymbianのサポート終了を明らかにした。(2010/10/4)

CommunicAsia 2010:
「Galaxy」新機種や14M CCDカメラ搭載のAndroid端末も――最新スマートフォンが集合
6月15日から18日まで、シンガポールで「CommunicAsia 2010」が開催された。固定インフラから衛星、携帯電話までさまざまな製品が展示されている中で、特に目立っていたのが“スマートフォン”だ。(2010/6/21)

韓国の江南へ:
Samsung電子のショールーム「Samsung d'light」に行ってきた
5月の連休を利用して韓国へ行ってきた。そのついでに、Samsung電子が一般公開しているショールーム「Samsung d'light」で、最新の製品やサービスを体験してきた。その内容とは――。(2010/5/11)

Mobile World Congress 2010:
badaだけでなくAndroidも――「2010年はスマートフォン強化」とSamsungの趙氏
フルタッチ端末が好調な一方、「スマートフォンはラインアップがやや弱かった」というSamsung電子。2010年は独自プラットフォーム「bada」採用端末をはじめ、多様なユーザーニーズに応じて採用OSを見極め、スマートフォンをラインアップするという。(2010/2/23)

Mobile World Congress 2010:
Samsung “ソーシャルハブ”端末「Wave」を大々的にプロモート
Mobile World Congress 2010の開幕前夜に独自のプラットフォーム「bada」を採用したスマートフォン「Samsung Wave」を発表した韓国のSamsung電子は、大きなブースの大部分をこの新端末に関連するサービスやアプリケーションの展示に割いていた。(2010/2/17)

Samsung、bada搭載の“スーパー有機EL”スマートフォン「Wave」を発表
Samsungが独自のモバイルプラットフォーム「bada」を搭載した初のスマートフォン「Wave」を発表した。(2010/2/15)

2010 International CES:
Samsungら中韓勢も3Dに本腰――シャープもBD内蔵3Dテレビを準備
3Dテレビを推進するのはソニーとパナソニックだけではない。シャープのほか、SamsungとLGの韓国勢や中国勢も3D対応製品を投入する構えだ。(2010/1/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。