ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「副業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「副業」に関する情報が集まったページです。

実施率は低いが、実は重要な取り組みとは:
「人事の積極的な関与」が、新規事業成功の重要な要素に 7割が効果的と回答
新規事業の成功において、人事部の積極的な取り組みが重要な要素となっている──こうした結果が、パーソル総合研究所(港区)の調査で判明した。(2022/6/24)

「自遊空間」を買収:
快活CLUBは、セブンのようになるかもしれない 親会社のAOKIを追い越す日
AOKIHDが「スペースクリエイト自遊空間」を運営するランシステムと資本業務提携を締結し、6月8日付で連結子会社化する方針が発表された。実はこの2社、意外な前身を持ち、時代の変化による業態転換で今のかたちとなったことをご存じだろうか。(2022/6/24)

その一歩を踏み出す:
副業先選びのポイントは2つ メリット・デメリットを解説
働き方改革などの影響で、副業を前向きに考えている人もいるのでは。副業をすることのメリットは? デメリットは? さまざまな視点で解説する。(2022/6/24)

キャリアニュース:
在宅勤務で「仕事以外の生活の重要性をより意識するようになった」46.9%
「パソナ総合研究所」が「在宅勤務による生活、キャリア意識への影響」に関する調査結果を発表した。「仕事以外の生活の重要性をより意識するようになった」と46.9%が回答し、46.3%が「転職を検討した、希望就業先が変化した」と答えた。(2022/6/23)

本業インスタグラマーの平均年収は412万円 Instagramが仕事になるまでにかかった時間は?
ソーシャルワイヤーが388人のインスタグラマーを対象に調査を実施した。本業インスタグラマーの平均年収は411.9万円で、アカウント開設からPR案件受注までは平均2年かかっていることなどが分かった。(2022/6/22)

今日のリサーチ:
ビジネスパーソンの約8割が「リスキリング」を知らない――HubSpot Japan調査
あまり知られていないリスキリングですが、取り組んだ企業はメリットを感じているようです。(2022/6/22)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
富士通のDXはトライ&エラーを繰り返しながらスピーディーに進化――富士通 福田譲氏
DXとは何であり、どのように理解し、どう向き合い、いかに取り組むべきなのだろうか。現在進行形の富士通の全社DXプロジェクトをケーススタディーとして紹介する。(2022/6/21)

中堅・中小企業でもコンサルを利用できる:
PR:「シェア」で実現 DX人材不足を解決する高品質・リーズナブルなスポットコンサルティングサービスとは
多くの企業にとって、喉から手が出るほど欲しい「DX人材」。もはや社内での育成が難しい今、頼るべきは外部人材だが、市場にはDX人材が不足しており、採用するには時間がかかる上、コンサルティングサービスを利用するにも費用が高すぎる――そう悩む企業にうってつけのサービスが登場する。高品質かつリーズナブルにコンサルタントをスポット活用できる「コンパス」だ。(2022/6/20)

「Internet Explorer」サポート終了で、東京・調布市「なんで急に」報道 自治体DXに必要な“たった1つ”のこと
「Internet Explorer」サポート終了で、東京都調布市の職員が「なんで急に」とコメントしたとする報道がTwitterで話題となっている。自治体DXの推進に必要な視点を考察した。(2022/6/18)

overflowが副業採用決定者数に関する調査結果を発表:
企業の「こんなスキルを持った副業人材が欲しい」 トップは「TypeScript」「React」「AWS」
overflowは、デジタル人材の副業採用決定者数に関する調査結果を発表した。2021年度の年間採用決定者数は2020年度の3倍。プログラミング言語別に見ると、上位から「TypeScript」「Python」「Go」「Ruby」の順だった。(2022/6/17)

副業で求められるプログラミング言語ランキング 3位はGo、2位はPython 1位は? 複業転職サイト調査
プロダクト開発人材向けの複業転職プラットフォーム「Offers」を運営するoverflowは、同サービス上で副業や複業が決まった人数をプログラミング言語別に集計した結果を発表した。2位は「Python」、3位は「Go」だった。1位の言語は。(2022/6/16)

“転職ネイティブ世代”の台頭:
入社直後に「転職サイト」に登録 過去最多に doda調べ
入社直後に転職サイトに登録した新入社員が過去最多――。そんな結果が、転職サービス「doda(デューダ)」の調査で分かった。同社は過去11年間のdoda会員登録者数のうち、新社会人で入社月の4月にdodaに登録した数を分析した。(2022/6/15)

生き残るには:
厳しい中でどう戦うのか JR東海「強者の戦略」と銚子電鉄「弱者の戦略」
長引くコロナ禍が、鉄道会社の経営に大きな影響を与えている。そんな中、徹底した「強者の戦略」で存在感を示すJR東海や、「弱者の戦略」を取る銚子電気鉄道などもある。2社の狙いとは。(2022/6/10)

働き方の「今」を知る:
「フリーランス」の響きはいいけれど……驚くべき“脱法契約”の実態
「フリーランス」は、一見華やかな働き方に思える。しかし、その仕組みを悪用する企業が増加している。この記事では、悪意ある企業の手口を紹介し、フリーランスで働く人やこれからそうした働き方を検討する人がどのように身を守るべきかについて、ブラック企業を研究する新田龍氏が解説する。(2022/6/10)

CEOは若干20歳:
iPadをバッグに入れて歩くだけで「最大時給1200円」 広告バイト「ストチャー!」が話題
広告企画、開発、運営事業を手掛けるワナ・テクノロジーズは、専用のバックに広告が流れるiPadを入れて歩く広告バイト「Stchar!(ストチャー!)」を6月4日にリリースする。ユニークな広告ビジネスモデルで話題性を狙い、ユーザーへの賃金として還元するのが狙い。(2022/6/3)

「doda」のパーソルキャリア、副業マッチングサービス開始 「3年で2万社の利用目指す」
転職サービス「doda」などを提供するパーソルキャリアは企業と副業・フリーランス人材をマッチングするプラットフォームサービス「HiPro Direct」を始めると発表した(2022/5/25)

フリーランスの半数は「既に副業をしている」:
正社員の6割は「副業を考えているがまだ何も動いていない」 レバレジーズがITエンジニアの副業に関する調査結果を発表
レバレジーズは、ITエンジニアやクリエイターを対象とした副業に関する調査結果を発表した。副業を希望する人の割合は66.7%。そのうち、既に副業をしている割合は35.5%、副業先を探している割合は24.6%だった。(2022/5/25)

産業動向:
ミライト・ホールディングスが統合しミライト・ワンに、目標は2030年度に売上高1兆円
通信建設会社のミライト・ホールディングスは、2022年7月にミライト・ホールディングス、ミライト、ミライトテクノロジーズの3社を統合し、ミライト・ワンを設立することを公表した。ミライト・ワンでは、2030年に向けたビジョンの「MIRAIT ONE Group Vision 2030」に沿って、「人間中心経営」「事業成長加速」「利益性トップクラス」「データインサイト マネジメント」「ESG経営基盤強化」といった5つのチャレンジを行う。(2022/5/25)

「もっとこんな制度があればいいのに」:
KDDIが「社外副業」ではなく「社内副業」を推進するワケ 経験者が感じたメリットとデメリットは?
政府は副業・兼業の普及促進を図る中で、それらの全面禁止とする企業は45%に上る。KDDIもその一つではあるものの、社内副業に積極的に取り組んでいる。その狙いとは? 経験者にメリット・デメリットを聞いたところ……(2022/5/25)

Z世代の離職をどう防ぐ? “データドリブン人事”の最前線を聞いた
せっかく優秀な人材を採用しても、定着しなかったりなかなか戦力にならなかったりでは意味がない。企業が頭を悩ませるこうした人事領域の問題に、ソリューションはどう応えるのか。(2022/5/24)

週末に「へえ」な話:
「モデル」に登録する女性がなぜ増えているのか 3つの理由がからみあう
「モデル」と聞くと、「華やかな世界」「憧れるけれど、遠い話」と思われる人も多いかもしれないが、“副業モデル”のような形で登録している人が増えている。その背景には、何があるのか。取材したところ、3つの理由がからみあっていて……。(2022/5/22)

マネジメントのポイント:
「社員が副業をする」と言ってきた メリットは3つ、デメリットは2つ
パーソル総合研究所の調査によると、55%の企業が正社員の副業を認めているという。この数字はじわじわ増えているわけだが、こうした動きに対して企業はどのように対応すればいいのだろうか。メリットとデメリットをまとめてみた。(2022/5/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
一度は廃れた「焼き芋」がなぜブーム? ドンキは通年販売、コンビニ3社は“冷やし”を提案
一度は廃れた「焼き芋」がブームになっている。ドンキやマルエツでは通年販売しており、コンビニ大手も冷やし焼き芋を提案する。専門店も増えており、関連するイベントも盛り上がっている。(2022/5/14)

公立小中学校教員の「6人に1人」が経験:
日本でいまだに横行する「勤怠記録の改ざん」「サービス残業」 不正行為を生み出す支配従属型組織とは
20〜50代で公立小中学校の教員として勤める人の6人に1人が勤務記録の改ざんを求められたことがあるという衝撃のニュースが明らかになった。なぜ、いまだにこうした不正が行われるのか。(2022/5/11)

550人に調査:
「学んでみたいプログラミング言語」ランキング 1位は「C/C++」 他言語の順位は?
NEXERは、運営するアンケートサイト「ボイスノート」において「プログラミング言語についての調査」を実施した。その結果、「学んでみたいプログラミング言語」の第1位は、「C/C++」(106票)であることが分かった。(2022/5/6)

気になる点は?:
週休3日制についてどう思う? 導入されたら「利用したい」は64.9%
日本トレンドリサーチ(NEXER)が「週休3日制に関するアンケート」を実施した。(2022/5/6)

金沢「加賀の四季」(1300円):
加賀藩御膳所の御料理方を務めた大友家は、なぜ金沢駅弁を手掛けているのか? 金沢駅弁・大友楼に聞く
金沢の名物駅弁店「大友楼」。そのルーツは、百万石を誇るお殿様をはじめ、お城の料理を作っていた加賀藩御膳所の御料理方でした。(2022/5/5)

副業マッチングサービス「lotsful」事業責任者に聞く:
「副業マーケター」に今、何が期待されているのか?
社会環境の変化を背景に副業への関心が高まっている。マーケティング職も例外ではない。どういうニーズがあるのか、副業市場で求められるマーケターになるにはどうすればいいのか。(2022/4/28)

今日のリサーチ:
副業開始時期は長期休暇中またはその前後に集中――パーソルイノベーション調査
パーソルイノベーションの副業人材マッチングサービス「lotsful」が、長期休暇を活用した副業に関する意識調査を実施しました。(2022/4/28)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(2):
定年を自覚したエンジニアがひねり出した“投資のHello Worldアプローチ”
定年がうっすら見えてきたエンジニアが、なりふり構わず「お金/投資」について勉強するシリーズ。今回から、「何でもいいから、1万円で金融商品を一つ買ってみよう」という戦略、名付けて“Hello Worldアプローチ”を実践していきます。(2022/4/28)

コロナ禍で副業はじめた人は35% 得られた年収は?
エン・ジャパンは、副業に関するアンケートを実施した。その結果、35%がコロナ流行後にパラレルキャリアや副業を開始しており、得られる年収は「20万円未満」が最多となっていることが分かった。(2022/4/22)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
格差が広がる日本 週休3日の“貴族”と、休みたくても休めない“労働者”
「週休3日」に注目が集まっている。大企業が相次いでこうした先進的な制度を導入する陰で、休みたくても休めない労働者の存在が置き去りにされている。日本の働き方改革は、どこへ向かうのだろうか──。(2022/4/22)

社会人の副業にも:
恋愛相談アプリ「AMORU」リリース 相談「したい人」「されたい人」をマッチング
18歳以上を対象にしたオンライン恋愛相談アプリ「AMORU」(アモル)を正式リリースされた。恋愛相談を「したい人」「されたい人」をマッチングするサービスで、相談に対応したユーザーには相談時間に応じて報酬を支払い、副業として活用できるようにした。(2022/4/20)

給与と労働時間、どちらを優先? 日立とパナソニックの「週休3日」は全く違う
連日「週休3日」が話題になっている。日立製作所とパナソニック ホールディングスが相次いで2022年度中の導入を検討していると発表したことがきっかけだ。しかし、日立とパナソニックの「週休3日」は全く異なるものだ。どういうことかというと……。(2022/4/19)

パナソニック、週休3日制を試験導入へ 「1日の労働時間は変えない」
パナソニックは18日、社員の希望により週に3日間休める「選択型週休3日制」を試験的に導入する方針を明らかにした。22年度内の導入を目指す。(2022/4/18)

ババアと呼ばれ傷付く時期はもう過ぎた アラフィフ新人アイドル「GoziU」に話を聞いたらめちゃくちゃタメになった
何かを始めるのに遅すぎることなんてない。(2022/4/18)

「誰でも1日数万円稼げる」 “副業マニュアル”でトラブル多発 消費者庁が注意喚起
消費者庁は4月13日、「誰でも1日当たり数万円を稼ぐことができる」などと謳った副業マニュアルのトラブルについて注意喚起した。(2022/4/14)

SMOUT移住アワード2021:
「魅力的な情報を発信する」自治体ランキング 市町村1位は「山口県萩市」、都道府県1位は?
調査対象者は「SMOUT」に登録している一般ユーザー3万4238人、参加地域数は日本国内の520地域。(2022/4/11)

5種類の木を使用:
レクサスのショールームで提供される「木を飲むドリンク」 木を食べる未来がくるのか?
食用花や昆虫食など「一見、食となじみがないけど食材になっちゃったよ」シリーズに「木」が追加される未来もそう遠くないかもしれない。日本草木研究所が、ヒノキなど5種類の木材を使用した「木を飲むドリンク」を開発した。どのような商品なのかというと……(2022/3/31)

その取り組み、「裏」があるかも:
霞が関でも導入 民間企業がよく使う「若手の声を聞く作戦」に潜む欺瞞
組織が抱える課題を打破するためによく使う「若手の声を聞く作戦」。もちろん、十分に活用できればメリットがあるが、その一方で“欺瞞”もあるようで……。(2022/3/31)

人事総務部長にインタビュー:
経産省が太鼓判! あのワタミが「健康経営優良法人」に認定されたワケ
さまざまな逆風に直面してきたワタミが、経済産業省が認定する「健康経営優良法人」に選ばれた。同社の総務人事部長に、同社での取り組みを聞いた。(2022/3/28)

成年年齢引き下げで18歳・19歳の消費者トラブル割合が高めに 副業・エステ・マッチングアプリなどに注意するよう呼びかけ
引き下げ実施は4月から。(2022/3/22)

スピン経済の歩き方:
「残業したいのに、させてもらえない」の声 問題はどこにあるのか
「残業をしたい。もっと働きたいのに、させてもらえない」――。サラリーマンの声を報じたニュースが話題になっていたが、この問題の根っこはどこにあるのだろうか。日本で働いていても、給与がなかなか上がらないのに……。(2022/3/22)

習得の目的は副業:
2022年に習得したいデジタルマーケティングスキル 最も人気が高いのは?
メディアリーチ(大阪市)は、デジタルマーケティングのスキルに関心がある20代以上の社会人を対象に「2022年に習得したいデジタルマーケティングスキルに関する調査」を実施した。最も人気が高かったスキルと、その理由とは?(2022/3/18)

『ONE PIECE』を参考に給与策定:
「祝日は出勤」でも「ほぼ週休4日も可能」──エンジニア集団が理想の働き方を追求したらこうなった!
「祝日は出勤」でも「ほぼ週休4日も可能」という、一風変わった人事制度を有志の社員で作った企業がある。不動産のAI査定サービスを提供するコラビットだ。一体どのような制度なのか。また、こうした制度を「社員のみ」で作った理由とは──?(2022/3/16)

廣瀬涼「エンタメビジネス研究所」:
ブーム終焉……タピオカの“空き店舗”は今、どうなっているのか
2019年にピークを迎えたタピオカブーム。しかし20年以降は落ち着き、他の流行と同じ道をたどっている。なぜ、タピオカブームは終焉を迎えたのだろうか。そしてタピオカ店は今、どうなっているのか。(2022/3/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
どうせだったら、副業で給与超え?
企業マインドを起業マインドに変えて、給料以上の収入を目指してみよう。(2022/3/10)

500人に聞いた:
お金がなくなってしまった原因 2位は「交遊費や交際費」、1位は?
保険マンモスは、お金がない経験をしたことがある20歳以上の男女を対象に、「お金がない状況に関するアンケート調査」を実施した。お金がない状態になっている原因(お金を多く使ってしまうこと)1位は「食費(食料、飲料、菓子など)」だった。(2022/3/9)

PR会社のベンチャーキャピタル化、SDGsとパーパス、SaaSの隆盛など:
2022年の広報/PR、知っておきたい10のトレンド【後編】
マーケティングの隣接業務と位置付けられる広報/PRでは今どのような変化が起きているのか。国内外のB2B系IT企業を中心に広報支援を手掛けるビーコミ代表の加藤恭子氏が解説する。(2022/3/9)

週休3日で年収1000万円!? 夢のスタートアップが挑む、生産性向上へのあくなき探求
2017年の創業時から、全社員が週休3日制で働いているスタートアップ企業がある。無人ストアを展開する600社だ。代表の久保氏に、週休3日制を始めた理由と、働き方への考え方を聞いた。(2022/3/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。