ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Siebel」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Siebel」に関する情報が集まったページです。

252件の脆弱性を修正:
米Oracleの四半期パッチ公開、Javaなどの脆弱性に対処
今回のパッチでは計252件の脆弱性を修正した。中でもSiebel CRMやFusion Middlewareなどには極めて深刻な脆弱性が存在する。(2017/10/19)

米Oracle、Javaなどの定例パッチを公開 FusionやMySQLに極めて深刻な脆弱性
今回のパッチでは合計で299件のセキュリティ問題を修正した。中でもFusion MiddlewareやSiebel CRM、MySQL、Solarisなどの製品に存在する脆弱(ぜいじゃく)性は、危険度が最大値の10.0と評価されている。(2017/4/19)

東洋ビジネスエンジニアリング、保守業務向けのAndroidアプリを提供
東洋ビジネスエンジニアリングは、日本オラクルの「Siebel CRM」と連携可能なフィールド業務向けのAndroidアプリケーションをリリースした。(2011/3/8)

日本オラクル、CRM情報を利用できるAndroidアプリをリリース
「Siebel CRM」と「Oracle CRM On Demand」の情報がAndroid OS 2.1以上を搭載するスマートフォンで利用できる。(2011/1/27)

ホワイトペーパー:
コスト削減効果は年間約2000万ドル─マイクロソフトが自社のCRMをSiebelからMicrosoft Dynamics CRMへ移行
マイクロソフトの自社CRMプロジェクトの詳細を公開。グローバルで利用していたSiebelベースのSFAシステムをDynamics CRMに移行したことによるビジネス面・技術面での効果検証と、具体的なROIや損益分岐点に関する分析(提供:マイクロソフト)。(2010/5/12)

ロイヤルティ管理を強化:
Siebel CRMの最新版を発売 日本オラクル
得意顧客を囲い込むための「ロイヤルティ管理機能」や、Siebelの顧客情報との連携を自動化する「セルフサービス機能」などを新たに加えた。(2009/2/5)

シングルテナントの形:
Oracleが「CRM On Demand」を刷新、Salesforce.comへ対抗
OracleはSaaS型エンタープライズアプリケーションエンジンをパワーアップし、「Oracle CRM On Demand Release 16」を発表した。Siebelクラウドコンピューティングアプリケーションの最新版となる同製品は、カスタムオブジェクトのサポート、改善されたビジネスインテリジェンス機能、パートナーリレーションシップ管理ツールなどを備える。(2009/1/28)

米Oracleが2009年に:
J.D.EdwardsがSiebel On Demandに統合へ
日本オラクルは2005年に買収したERP製品であるJ.D.Edwardsの最新情報について説明した。(2008/8/19)

CRM導入事例:SugerCRM
SiebelからSugarCRMへ 重工業大手IHIのCRMダウンサイジングプロジェクト
全社統合の保守サービス基盤構築を目指し「Siebel CRM」を導入したIHI。しかし情シス部門はある理由からCRMのダウンサイジングプロジェクトを立ち上げる。選ばれたのはOSSのSugerCRMだった。(2008/6/18)

NEWS
IHI原動機事業部がSiebel CRMをSugerCRMにリプレース
保守費用・使い勝手・カスタマイズ性の課題から、オープンソースCRM「SugarCRM」へのリプレースを決断。目標としていた従来のシステム保守費用内で移行が完了したという。(2008/5/13)

SaaSの1年間を振り返る:
「SaaSはソフトウェア市場の大きな潮流になる」――日本オラクル藤本氏
日本オラクルが「Siebel CRM On Demand」で本格的なSaaSビジネスに参入して1年余り。その取り組みを踏まえ、日本のSaaS市場の現状とSaaSビジネスの今後について日本オラクルの藤本寛氏に話を聞いた。(2007/12/28)

日本オラクル、運用支援サービスを強化
日本オラクルは「Oracle Advanced Customer Services」を「Siebel」や「PeopleSoft」の利用企業にも提供する。(2007/12/11)

「すべてはユーザー次第」のカスタマイズ性がSaaSの魅力
CRMを情シス部門の案件管理に活用!? 事例に見るオンデマンドCRMの可能性
不動産専門のデータバンクを運営する東京カンテイは2007年にオラクルの「Siebel CRM On Demand」を導入。目的は顧客情報の管理や分析ではなく情報システム部門の案件管理だった。その意外な活用法から、オンデマンドCRMの可能性が見えてくる。(2007/12/10)

操作性が向上したSaaS型CRM製品「Oracle Siebel CRM On Demand Release 14」を発表――日本オラクル
日本オラクルは、Ajaxに対応したユーザビリティを特徴とする、SaaS型CRM製品の最新版「Oracle Siebel CRM On Demand Release 14」を発表した。(2007/8/20)

Siebelの資産も継承――Oracle BI Applications
日本オラクルのOracle BI Applicationsは、組み込まれたKPIにより、迅速にビジネスで効果を発揮するという。(2007/5/25)

オラクルの下でさらなる強さを得た「Siebel CRM On Demand」
トップセールスの成功体験を全営業マンに伝達〜強力な分析力をスピード導入
オラクルがシーベル・システムズとの融合で、国内でもSaaSビジネスを本格化し始めた。オラクルの戦略は、SaaSの長所の上にCRMでの実績を確実に展開し、顧客の信頼を得るというもの。パッケージ製品との二人三脚で、SaaSでもリーダーの座を獲得できるか。(2007/3/30)

日本の通信・メディアもCRM時代に、日本オラクルが「Siebel Communications」投入
日本オラクルが、通信・メディア業界向けのCRMアプリケーション「Siebel Communications」の最新版を日本市場に投入する。顧客を中心として複雑なサービスプランをまとめて管理できる機能が特徴だ。(2007/3/19)

「変化対応力」でカスタム開発市場に挑むSiebel CRM 8.0
日本オラクルは先週、Application Unlimitedイベントで世界同時リリースされたSiebel CRM 8.0についてプレスブリーフィングを行った。CRM最大手として挑むのはカスタム開発の切り崩しだ。(2007/2/19)

日立コンサルティング、「Siebel CRM On Demand」を採用
日立コンサルティングが、SaaS型の「Siebel CRM On Demand」を採用したことを明らかにした。グローバル標準のプロセスモデルを備え、短期かつ低コストで導入できるのが決め手となった。(2006/12/25)

Oracle、新たなライセンスモデルを提供
Oracleは新しいライセンスモデルで、PeopleSoft、JD Edwards、Siebelなど買収で獲得した多数の製品のライセンス体系を明確にしようとしている。(2006/12/20)

BIとの連携で現場の意思決定もサポートする
全社規模で1つの顧客情報基盤を共有する「Siebel」の実力
顧客指向や、製品、サービスに対するコンプライアンスなど新たな要求で、再び注目を浴びているCRM。成功には、統一した顧客情報基盤で全体最適化されたシステムが必要だ。さらにBIを融合させ、顧客のライフサイクル管理をリアルタイムに実現しなければならない。(2006/12/5)

Siebel CRMの最大の敵はスクラッチ開発のCRM――金融業界に向けた日本オラクルの取り組み
日本オラクルと日本オラクルインフォメーションシステムズ(OIS)は、金融業界における取り組みを報道陣に説明した。その多くがスクラッチで開発された金融業界のCRMシステムをSiebel CRMでねらい撃ちする。(2006/10/10)

「シェアトップに満足しない」──日本オラクルがSiebel CRMのオンデマンド版を投入
Microsoftの参入やSalesforce.comのオンデマンドサービスによって、しだいに活気づいている国内のCRM市場だが、マーケットリーダーであるオラクルが、Siebel CRM On Demandの投入を機に市場拡大を狙う。(2006/9/28)

保険業界向けのSiebelソフトとOracle DBを統合
Siebel InsuranceアプリケーションとOracle Content Databaseを統合し、保険会社の基幹業務合理化と顧客サービス向上を図る。(2006/7/6)

SiebelとOracleの本格融合でCRM市場の制圧を図るオラクル
 日本オラクルは同社のCRM戦略の最新の状況について説明した。(2006/6/26)

日本オラクルインフォメーションシステムズ、日本シーベルを統合
日本オラクルインフォメーションシステムズ(旧日本ピープルソフト)が日本シーベルと合併統合したことを明らかにした。(2006/6/2)

Oracle、Fusionとともに進める新プログラム「Unlimited Applications」を発表
Oracleはユーザーカンファレンス(OAUG)において、「Applications Unlimited」プログラムを発表した。発表によると、現行のE-Business SuiteやPeopleSoft、JD Edwards、Siebelの各アプリケーションのアップグレードを、主力となるFusion Applicationsリリース後も「無期限に」行っていくという。(2006/4/26)

金融業界に照準を合わせる日本オラクル
日本オラクルはOracleが買収したPeopleSoftやSiebel、そのほかのアプリケーションやテクノロジーを最大限に生かすことで、今後金融業界向け取り組みをさらに強化することを明らかにした。(2006/4/6)

PR:シーベルとオラクルの融合が生み出すCRMの新たなリーダー像
 米Oracleは1月31日に、米Siebel Systemsの買収を完了させたことを明らかにした。今後は、PeopleSoft、J.D.EdwardsだけでなくSiebelも含め、2008年をめどに「Oracle Fusion Application Suite」という1つの製品体系に、統合される。このような状況の中で、今後のSiebel製品のロードマップや既存製品のサポート体制、パートナー企業との関係はどうなるのか。Siebelの日本法人である日本シーベルの代表取締役社長、根塚眞太郎氏に話を聞いた。(2006/3/14)

Interview:
Fusion構築に向けてSiebelなどの買収製品を検証中――米Oracle
Oracleのアプリケーション戦略においては買収したPeopleSoft、J.D.Edwards、Siebelなどの製品がFusion Applicationにどのように組み込まれていくかに注目が集まる。(2006/3/6)

Oracle、Siebel買収を完了
58億5000万ドルをかけたOracleのSiebel Systemsの買収が完了した。「Oracleは今やCRMソフトで比類のないリーダーになった」とエリソンCEO。(2006/2/2)

Siebel、最後の決算速報値を発表
Oracleに買収される予定のSiebelが10〜12月期の決算速報を発表。自社およびアナリスト予想を大幅に上回る業績を上げた。(2006/1/13)

OracleのSiebel買収、欧州でも承認
米司法省に続いて欧州連合も、米OracleによるSiebel買収にゴーサインを出した。(2005/12/23)

OracleのSiebel買収に米司法省がゴーサイン
OracleがSiebelを58億5000万ドルで買収する計画が、米司法省に承認された。(2005/11/17)

Siebel Customer World Report:
「顧客中心戦略」のススメ──ユーザーやコンサルタントが強調
ボストンで開催中の「Siebel Customer World」では、ユーザー企業やコンサルタントが基調講演に登場し、それぞれの立場から「顧客中心戦略」の重要性を訴えた。(2005/10/19)

Siebel Customer World Report:
Siebel、SOA対応のCRMコンポーネント群を提供
Siebelは「Siebel Customer World」でSOA対応のCRMコンポーネント「Siebel Component Assembly」を発表した。また、BIツールの最新版「Siebel Business Analytics 7.8」も併せて発表している。(2005/10/19)

Siebel Customer World Report:
Siebelが次世代製品群のロードマップを明らかに
マサチューセッツ州ボストンで開催中の「Siebel Customer World」で、SiebelがCustomer Adaptive Architectureの実現に向け、次世代製品群のロードマップを明らかにした。(2005/10/18)

Siebel Customer World Report:
SiebelのシャヒーンCEOが「Customer Adaptive Solution」の提供を宣言
ボストンで「Siebel Customer World」が開幕した。オープニングの基調講演にはシャヒーンCEOが登場し、同社がCRM市場のリード役であり、それを評価したからこそOracleが合併を申し入れてきたとした。(2005/10/18)

Siebel決算速報発表、Oracle効果に言及
9月にOracleによる買収が明らかになったSiebelが7〜9月期の決算速報を発表した。(2005/10/7)

Oracle OpenWorld 2005 San Francisco Report:
OracleとSiebelのトップが買収について語る
Oracle OpenWorld 2005 San Franciscoでは、Oracleのフィリップス社長とSiebelのシャヒーンCEOが出席し、Siebel買収の今後について顧客やパートナーらに説明するタウンミーティングが開催された。(2005/9/20)

PR:マーケット分析のプロとしてシーベルが提供する高機能BI
(2005/9/16)

Skype買収――eBayは一体何を考えているのか?
eBayのSkype買収とOracleのSiebel買収――同日に発表された2大買収にはそれぞれどういう意味があるだろうか?(2005/9/15)

Dreamforce'05 Report
「日本市場を足がかりにアジアへ」とSalesforce幹部
当初から口コミによる顧客拡大というマーケティング手法を重視してきたSalesforce.com。OracleによるSiebel買収で変化はあるのか? マーケティングを統括するロビンソンSVPに話を聞いた。(2005/9/14)

Dreamforce'05 Report
Salesforce.comはOracleのSiebel買収にどう対抗するのか?
Salesforce.comのベニオフCEOはプレス向けのQ&AセッションでOracleによるSiebelの買収に対して、あくまで自社サービスの優位性を強くアピールした。(2005/9/13)

Dreamforce'05 Report
急成長遂げるSalesforce.comの次なる戦略は
OracleによるSiebel買収が発表された朝、salesforce.comの「Dreamforce'05」がサンフランシスコで開幕した。「OracleによるSiebleの買収で、オンデマンド市場は1段上のレベルに」とベニオフCEO。(2005/9/13)

Siebel、オンデマンドCRMの新版発表
Oracleによる合併が決まったSiebelは、Notesや従来型CRMとの親和性を高めたオンデマンド型CRMの新バージョンをリリースした。(2005/9/13)

PeopleSoft、Retekに続いて:
米OracleによるSiebel買収で起こる変化
米Oracleは米国時間の9月12日、かねてからうわさに上っていたSiebel Systemsの買収に合意したことを発表した。買収額はおよそ58億5000万ドル。(特集:激震するアプリケーション業界)(2005/9/13)

タダの噂ではなかった――米Oracle、Siebelを買収
米Oracleは米国時間の9月12日、かねてからうわさに上っていたSiebel Systemsの買収に合意したことを発表した。買収額はおよそ58億5000万ドル。(2005/9/12)

Siebel、SECから起こされた訴訟で勝訴
Siebelは昨年、公正情報開示規制違反でSECから提訴されていたが、この規制自体が違憲だとして訴訟の却下を求め、認められた。(2005/9/2)

CRM市場5年ぶりに2けた成長、ホスティング型が大幅増
CRM市場はホスティング型アプリケーションの大幅な伸びに支えられ、5年ぶりに2けた台の成長を記録。シェアはSAPがSiebelから首位を奪取し、Microsoftは9位に入っている。(2005/8/24)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。