ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソーシャルレンディング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソーシャルレンディング」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

調査で分かった:
「手取り30万円」に満足している人は約半数 給料が増えたらお金をかけたいことは?
ビズヒッツは、手取り30万円の男女214人を対象に調査を実施。手取り30万円で満足しているか、また手取りが増えたらお金をかけたいことについて聞いた。(2021/8/3)

“株主体験”で企業のファンに STOCK POINTが挑むロイヤリティプログラム
また一つ、面白い仕組みが登場する。ポイント運用を営むSTOCK POINT(東京都港区)がスタートするロイヤリティプログラムだ。企業と組んでポイントを発行し、そのポイントが企業の株価に連動して増減する。いわば、擬似的な株主になってもらうことで、その企業のファンになってもらおうという仕組みだ。(2021/7/14)

メカ設計ニュース:
2020年度国内クラウドファンディング市場は前年度比17.6%増の1841億円
2020年度の国内クラウドファンディング市場規模は、前年度比17.6%増の1841億円だった。矢野経済研究所によると、新型コロナウイルス関連のプロジェクトが急増し、支援者数は124万人、支援額は156億円と推計する。(2021/7/8)

SBIソーシャルレンディング廃業へ
SBIホールディングス(HD)は5月24日、子会社のSBIソーシャルレンディングの廃業とソーシャルレンディング事業からの撤退を決定した。貸付先企業が資金を不正流用したことに対し、本来は金商法上、資金使途の確認義務などを負っているが、それが果たされていなかった。(2021/5/25)

SBI、子会社ソーシャルレンディングで150億円損失 投資家へは全額補填
SBIホールディングスは、子会社SBIソーシャルレンディングが取り扱う一部ファンドで、債権の一部または全部が回収不能となることに備えて、2021年1-3月期において減損処理を行うと発表した。グループ連結決算への影響は最大で150億円としている。(2021/4/2)

SBIソーシャルレンディング、第三者委員会設置 貸付先に重大懸案
SBIソーシャルレンディングは2月5日に、貸付先の事業運営に対する重大な懸案事項の調査のため、弁護士などからなる第三者委員会を設置した。現時点では、「SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド」を除き、分配は通常通り実施する予定で、元金などの延滞も発生していない。(2021/2/9)

ニューノーマルを生きる建築のRe-build(2):
「デジファブで建築の民主化を」VUILD秋吉代表が拓く建築ファブの夜明け【後編】──“コンピュテーショナルデザイン”との融合
DIYの下地が無い日本でも欧米に遅れること、都市の中で市民誰もがモノづくりを行える工房「FabLab(ファブラボ)」が各地に開設されてから数年が経つ。建築の領域では、マテリアルを切削や積層して形づくる3Dプリンタが、ゼネコンを中心に研究されているが、業界の裾野まで浸透するには、海外とは異なり法令規制など幾多の課題が立ち塞がっているため、まだ時間を要するだろう。しかし、デジファブによって、建築の産業構造そのものを脱構築し、建築モノづくりの手を市井の人に取り戻そうとする意欲的な建築家 秋吉浩気氏が現れた。(2020/12/9)

視点:
パーパス駆動型経営は“Nice to Have”ではない 〜求心力経営と遠心力経営をつなぐ不動点〜
企業は何のために存在するのか? 社会より自社の持続可能性を優先する企業は、市場から退場を迫られている。(2020/3/23)

必要な「取りあえず」の精神:
スマホ決済、使わないと“旧人類”に? 稼ぐ人ほどキャッシュレス派、そう考える理由
増税に伴うキャッシュレス還元施策という追い風もあり、キャッシュレスの波が広がっている。とはいえまだまだ現金派も少なくないが、筆者は稼げる人ほど「キャッシュレス派」だと主張する。その理由とは?(2020/2/13)

20代女性投資家の41%が、2019年に「投資デビュー」
老後2000万円問題などの問題提起もあり、これまで投資に無縁だった若年層が関心を持った2019年。スパークス・アセット・マネジメントが実施した調査によると、20代女性投資家の41.2%が、今年投資を始めた「投資デビュー組」だったことが分かった。(2019/12/18)

ポイ活は稼ぐから増やすへ 利息4%のポイント投資は広まるか?
ポイントを投資することで、4%の利回りを得られる「PeXポイント投資」が好調だ。累計投資額が3億円を突破し、毎月5000万円程度の新規投資案件が動いている。現状と、ポイントを使って投資することの課題は何か。運営するVOYAGE MARKETINGに聞いた。(2019/8/7)

電力業界もブロックチェーン:
金融業界化する電力業界を「ブロックチェーン」で変えるーーTRENDE妹尾社長
MFクラウド Expo2018に登壇したTRENDEの妹尾賢俊社長が、金融業界と電力業界は似ているところがあり、テクノロジーを活用したベンチャーが活躍するとともに、分散型への移行が進むと見通しを話した。(2018/10/5)

金融関連サービス利用経験 10代は「銀行アプリ」、20代〜60代は「オンラインバンキング」が最多
MMD研究所が「金融関連サービスに関する調査」を実施したところ、最も利用経験が多いのは「オンラインバンキング」で、男性の方が女性よりも積極的に活用していることが分かった。年代別で利用経験を見ると、10代は「銀行アプリ」、20代〜60代は「オンラインバンキング」が多い。(2018/8/25)

破たん相次ぐP2P金融:
中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻急増
中国で、個人投資家から資金を集め、小規模な企業や個人の借り手に融資して高いリターンを約束するP2P金融業者の破たんが相次いでいる。(2018/8/21)

SAPやSiemensが後押し
3Dプリントテクノロジーの最新進化 事例が示す次のブレークスルーとは
3Dプリント(付加製造)技術は進化し、航空宇宙業界や自動車業界の製造プロセスを改善できるようになっている。3Dプリントの外部委託を可能にするネットワークの成長も始まりつつある。(2018/8/17)

「電力会社の競合はAmazonやAppleになる」、異色の東電ベンチャーが描く電力ビジネスの未来
東電グループのベンチャー企業で、住宅の太陽光発電の電力を売買できる「P2P取引プラットフォーム」の実現を目指すTRENDE。フィンテック業界から転身し、同社の代表取締役に就いた妹尾氏にその事業戦略とビジョンを聞いた。(2018/8/1)

“いま”が分かるビジネス塾:
ソーシャルレンディングの不正問題に出資者はどう対峙すべきか?
ソーシャルレンディング最大手のmaneoマーケットで、融資先企業による資金不正流用問題が発生した。融資業務である以上、こうした不正が起きるリスクを100%回避することはできないが、出資者はどのような点に注意すればよいのだろうか?(2018/7/20)

銀行API、ブロックチェーン、仮想通貨、法環境の整備がカギ:
国内FinTech市場、2021年度までに808億円規模へ 矢野経済研究所が予測
矢野経済研究所が国内FinTech市場に関する調査結果を発表。市場規模は2015年度の約49億円から、2021年度には808億円まで拡大すると予測される。(2017/2/10)

Fintechは当たり前のサービスとして普及する有望市場
早稲田大学IT戦略研究所が開催するエグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム(ELF)の通算第71回目の定例会では、「Fintechがもたらす産業構造変化とビジネスモデル革新」をテーマに議論が展開された。(2016/4/26)

特集:FinTech入門(7):
銀行APIの公開で便利で面白い金融サービスは生まれるか――12の多彩なアイデアが完成度を競ったFintech Challenge 2016
三菱東京UFJ銀行は、FinTechをテーマとしたハッカソンイベント「Fintech Challenge 2016 “Bring Your Own Bank!”」を開催した。この記事では、ハッカソン最終日に行われた12チームによるプレゼンテーションの概要と、審査結果をレポートする。(2016/4/6)

即席!3分で分かるITトレンド:
【図解】コレ1枚で分かる「FinTech」
金融ITの分野で、お金にまつわるさまざまなサービスを生み出し、注目を集めている「FinTech」。その概要を4つのビジネス分野に整理しながら解説します。(2016/1/25)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/10/28)

ソーシャルファイナンスの課題と未来像 荻上チキさんらが議論する「ニコ生シノドス7月号」
評論家の荻上チキさんがこの1カ月で気になったニュースを解説する「ニコ生シノドス7月号」。今回は「ソーシャルファイナンス」を特集。新しいタイプのお金のやりとりの手法について、その特徴や意義を大きな視点から整理し、課題や未来像について考える。ゲストは駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部准教授の山口浩さん、「ソーシャルファイナンス革命:世界を変えるお金の集め方」(技術評論社)を出版した慎泰俊さん。配信は7月9日21時0分〜。(2012/7/9)

SBI、個人間融資サービスに参入へ
SBIホールディングスは、個人の貸し手と借り手をWebサイトで結びつける個人間融資サービス開始に向けて準備していると発表した。(2009/7/28)

“新金融”がやって来た! maneo VS. SBIプロスパー(前編)
欧米などで広がっているソーシャルレンディングが日本でもスタートした。個人と個人のお金の貸し借りを仲介するサービスだが、具体的にはどんなビジネスモデルなのだろうか。10月に開業した、maneo(マネオ)の妹尾社長に話を聞いた。(2008/11/7)

お金を借りたい人と貸したい人をネットで結ぶ――「maneo」
(2008/10/15)

P2P金融「maneo」スタート 個人間で貸し借りする国内初のソーシャルレンディング
お金を借りたい個人と貸したい個人を結びつける国内初のソーシャルレンディングサービス「maneo」がスタートした。貸し手と借り手で希望金額や金利をオークション形式ですり合わせて貸し借りする仕組みだ。(2008/10/15)

黒船「ソーシャルレンディング」襲来 P2P金融への期待
リーマン・ブラザーズの経営破たんやAIGの公的救済など金融不安が広まる中、日本では耳慣れないソーシャルレンディングサービスが10月にサービスインする。個人間でのお金の貸し借りが可能なmaneoのサービスは、わたしたちの生活をどう変えるのだろうか。(2008/9/29)

英語で読むコラム“Global Perspectives”:
Rising Oil Prices − Can Japan Survive ?
ビジネスに影響を与えうる国際的な話題を、アダム・カーステンズ氏が英語で論ずるコラム、“Global Perspectives”。初回のテーマは「止まらない原油高の中、日本は生き残れるのか?」。金曜日には原文を、週明け月曜日にはその和訳文を掲載します。この週末、じっくりと英語を読んでみませんか?(2008/5/16)

ソーシャル融資サービス「Zopa」、日本進出
個人同士の融資をオンラインで仲介する「Zopa」が、日本でサービスを開始する。(2008/3/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。