ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソニー・ミュージック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソニー・ミュージック」に関する情報が集まったページです。

PR:ステイホームでも楽しめるッ……!! TVアニメ「ゴールデンカムイ」のキャラクターと写真を撮れるARが、今だけおうちでダウンロード可能に
北海道各地を回らないと出会えないキャラクターが、今だけおうちにやってきます。(2021/2/19)

アニソン界の大型新人・鈴木雅之、紅白で「夢で逢えたら」を歌う真意明かす「“エール”を届けたい」
3期もOP歌ってくれればまた次の機会もある。(2020/12/21)

PR:【レポ漫画】売上1億円超えの有名オタクが「現金強奪バトル」ゲームをやってみたらやはり稼げた話
No.1ホストはゲームでもNo.1になれるのか?(2020/12/11)

NiziU、正式デビューで笑顔の全員集合ショット! 活動休止中のミイヒもコメント「幸せを沢山届けられるように頑張るので待っていてください!」
プレデビュー作「Make you happy」で既にヒットを飛ばしているNiziU。(2020/12/3)

NiziUがKOSE(コーセー)「カールキープマジック」の新ミューズに就任! 異例の起用に「女の子の憧れ」と喜び爆発
【画像】キービジュアルやメイキングカットが公開されました。(2020/11/30)

「2020年ティーンが選ぶトレンドランキング」発表 注目ワードは「TikTok」「オンライン〇〇」「韓国文化」
外出自粛で、SNSが重要な情報源に。(2020/11/24)

Facebook、「TikTok」競合の「Instagram Reels」を日本を含む世界で公開
Facebookが昨年ブラジルでテスト公開した「TikTok」対抗の15秒動画共有機能「Reels」を、「Instagram」の1機能として日本を含む世界で公開した。TikTokは9月15日までにMicrosoftによる買収が決まらないと米国で使用禁止になる可能性がある。(2020/8/6)

ずっと見ていられるかわいさ 曲に合わせてノリノリなハムスターのアニメに世界規模で絶賛の嵐
エンドレス再生してしまう。(2020/7/28)

「この韓国語ラップ異次元レベルで速い」 NiziU、韓国語版「Make you happy」でフルダンスを公開 成長ぶりにファン胸アツ
キューブあげなきゃ!(2020/7/16)

「JC・JK流行語大賞2020年上半期」コトバ部門1位は「◯◯しか勝たん」 アーティストはSNS活用が鍵
女子中高生向けのマーケティング支援などを手掛けるAMF(東京都港区)は、2020年1月から6月までのトレンドをまとめた「2020年上半期の流行語大賞」を発表した。同大賞は「JCJK調査隊」のメンバーのアンケートをもとに選考会を開催し、「ヒト・モノ・アプリ・コトバ」の4部門に分けて選出している。(2020/7/8)

「本物かと」「さすがに似すぎ」 おばたのお兄さん、「Nizi Project」J.Y.Parkものまねが最高傑作
いい笑顔。(2020/7/2)

スピン経済の歩き方:
なぜ「NiziU」は注目されているのか 背後に世界的プロデューサーの話術
9人組ガールズグループ「NiziU」(ニジュー)が人気を集めそうだ。ソニーミュージックとJYP Entertainmentによるオーディションプロジェクトで誕生したグループだが、筆者の窪田氏は世界的プロヂューサーのJ.Y. Parkに注目している。どういうことかというと……。(2020/6/30)

「全員幸せになって」 Nizi Project、最終デビューメンバーが決定 3人の脱落メンバーとの別れにもらい泣き不可避
ずっと応援しています。(2020/6/26)

「レベル99のカリスマ」 アニソン界の大型新人、鈴木雅之が歌う「かぐや様は告らせたい」OP曲のライブ映像に海外ファンがざわつく
レジェンドに国境なし。(2020/6/24)

「Huluさんの本気」「見ないと損」 クライマックスのNizi Project、Huluで一挙無料配信に虹プロファン狂喜
デビューメンバー決定前に、虹プロ総復習じゃ〜!(2020/6/19)

「モモカちゃん、ありがとう」 Nizi Project、ファイナル決戦目前でのモモカ脱落にファン悲痛
ゆっくり休んでね。(2020/6/12)

吉本興業と“にじさんじ”の配信者、任天堂タイトルのゲーム実況OKに 著作物利用の包括的許諾契約を締結
任天堂が同社の著作物の利用ガイドラインを改定。吉本興業やいちからに対し、著作物の利用を許可した。これらの事務所所属の配信者は、任天堂ゲームの実況動画などの投稿や収益化ができる。(2020/6/1)

任天堂、にじさんじの「いちから」や「UUUM(吉本興業含む)」などと新たに包括契約 公式の実況動画が可能に
任天堂がUUUM(吉本興業所属を含む)、いちから、ソニー・ミュージックマーケティング、東京産業新聞社(ガジェット通信)と新たに契約を締結。(2020/6/1)

TYPE-MOON展「公式図録」で別のゲームの画像使用発覚 → 「MUGEN」がTwitterトレンドに
よりによってMUGEN……。(2020/5/15)

ソニーミュージックの公式サイト、6日間にわたり公開停止 第三者に改ざんされた形跡
ソニーミュージックは、公式Webサイトが第三者によって改ざんされた形跡を見つけ、サイトの公開を6日間停止していた。全ページの調査と修正を行い、個人情報などの漏えいがないことも確認した。(2020/4/8)

作業用BGM決まったな ソニー・ミュージック、アニメと音楽のLo-fi Hip Hopチャンネルを配信
ソニーがLo-Fi Hip Hopに。(2020/3/24)

“障害者の性”を描く映画「37セカンズ」が全ての人に勇気を与える傑作である理由 
傑作なので見てほしい。(2020/2/8)

「えっ、模型鉄だったの!?」 ロッド・スチュワートが作り上げた鉄道模型が伝説級にすごすぎる
音楽だけでなく模型制作もレジェンドだった……!(2019/11/18)

半年で配車数が約20倍、ドコモやKDDIとの提携も 「みんなのタクシー」のMaaS戦略
タクシー配車アプリを提供する「みんなのタクシー」が11月5日に事業説明会を開催。配車アプリ「S.RIDE」の配車数は、サービスインから半年で約20倍に伸びた。NTTドコモやKDDIと資本提携し、需要予測サービスをはじめとしたMaaS分野の拡張を目指す。(2019/11/5)

TikTokがソニー・ミュージックと提携 楽曲を使った動画投稿が可能に
TikTok運営のByteDanceがソニー・ミュージックマーケティングとライセンス契約を結び、8月から同社が配信中の楽曲をTikTokで使えるようになったと発表した。(2019/8/22)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
日本企業が欧米のアニメ・マンガ業界“支配”に挑む!? 相次ぐ買収劇に潜む「真の狙い」とは
日本企業が欧米のオタクコンテンツ系企業を相次ぎ買収している。あまり話題にならないニュースだがアニメ・マンガ業界の大転換も。アニメ・映像報道の第一人者、数土直志氏が斬る。(2019/8/22)

アナログレコードにしてほしい曲は? ソニー・ミュージックダイレクトが企画募集
ソニー・ミュージックダイレクトが、アナログレコード盤の企画を公募し、数量限定で販売する新サービスを始めた。7月30日に公式サイト(プレオープン)と公式Twitterアカウントでリクエストの受け付けを開始している。(2019/7/31)

「22/7」が2020年1月からテレビアニメ放送開始 秋元康総合プロデュースのデジタルアイドルがアニメ化
4th single「何もしてあげられない」初の手書きアニメーションMVも公開。(2019/7/22)

ビジネスとブロックチェーンの関係 AWSジャパンに聞く
ソニー・ミュージックがAWSとブロックチェーンを組み合わせた著作権処理・管理システムを発表した。実ビジネスにブロックチェーンを組み込むということはどういうことなのか。AWSジャパンに聞いた。(2019/7/19)

開発陣に聞く:
ソニーモバイルに聞く「Xperia 1」 21:9ディスプレイや3眼カメラから“あの疑問点”まで
この夏に発売されるスマートフォンの中で、注目度の高いモデルの1つが、3キャリアが取り扱う「Xperia 1」だ。4K有機ELや21:9の画面比率など、ディスプレイ周りを中心に目新しい要素が豊富にある。本機の開発秘話や疑問点を、ソニーモバイルに聞いた。(2019/6/13)

ソニーミュージック、音楽の権利情報をブロックチェーンで効率管理 音楽クリエイターの生産性向上へ――「Amazon Managed Blockchain」を活用
ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、音楽の権利情報処理のシステム基盤に「Amazon Managed Blockchain」を採用。トランザクションの信頼性と安全性を保証できるブロックチェーン技術を活用し、権利情報処理に関する作業効率と信頼性を高め、音楽クリエイターの生産性向上を支援する。(2019/6/13)

「大洗モデル」活用:
「ラブライブ!」舞台の沼津 アニメ未登場でも「聖地」にしてしまう驚きの手法とは
アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」を用いた静岡県沼津市による「聖地巡礼」が盛り上がりを見せている――。(2019/5/30)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
輝夜月の原点は「ギャグマンガ日和」 マシーナリーとも子、あの超大物VTuberにインタビューするの巻
VTuberにVTuberをぶつける暴挙。(2019/4/10)

電気グルーヴ、CDや映像商品が出荷停止&在庫回収に デジタル配信も停止
あああ……。(2019/3/13)

齋藤飛鳥、「ちょっとなめてた」と小悪魔笑顔 9万点超の資料を展示する「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」今日から六本木で開催
1月10日に行われたメディア内覧会には齋藤飛鳥さん、与田祐希さん、堀未央奈さんも登場しました!(2019/1/11)

約800タイトル1万枚が最大7割引き 日本レコード協会が恒例の廃盤CDディスカウントセール
日本レコード協会は、1月10日(木)の午後3時から「廃盤CDディスカウントセール」を開催する。音楽CDを中心に約800タイトル1万枚を用意。(2019/1/10)

CES 2019:
「クリエイターとユーザーの架け橋に」 ソニーが8Kテレビや立体音響を手掛ける理由
ソニーが「CES 2019」開幕前日のプレスカンファレンスで同社初の8K液晶テレビや立体音響技術「360 Reality Audio」を紹介。吉田憲一郎社長は「コンテンツの感動を届けるクリエイティブエンタテインメントカンパニーでありたい」と強調した。(2019/1/8)

CES 2019:
「その場にいるような臨場感」 ソニー、音楽配信用のオブジェクトベース音響技術「360 Reality Audio」発表
ソニーが音楽配信向けの立体音響技術「360 Reality Audio」を公開。ライブコンテンツでは演奏に加えて参加者たちの足踏みする音が下から響いてくるなど、臨場感豊かに再生するという。(2019/1/8)

ファンの悩みを解消:
「嵐」のコンサート、物販コーナーの混雑緩和にアプリ導入 欲しいグッズをQRコードで注文
アイドルグループ「嵐」のコンサートに、物販コーナーの混雑緩和に向けたスマホアプリが導入される。欲しいグッズをアプリ上で確認し、店員にQRコードを見せると注文できる。決済機能はないが、購入金額の合計値を自動計算する機能も持つ。(2018/11/8)

ソニー・ミュージック、「スヌーピー」のPeanuts株取得 第2位株主に
ソニー・ミュージックが「スヌーピー」のPeanuts Holdings株の39%を取得。キャラビジネスのノウハウを活用し、ピーナッツに関わるIPビジネスの拡大やブランド力の向上を図るとしている。(2018/5/14)

人生やらなくていいリスト:
「この話なら誰にも負けない」を探そう
大勢の人たちの前で何かについて話すということを苦手にしている人は多いだろう。そんな人でも大好きな物事の話ならきっとできるはず。「この話なら誰にも負けない」というものを探そう。(2018/5/11)

「Google Play Music」、年内に終了し、ユーザーは「YouTube Remix」に統合か?
Googleが、音楽サービス「Google Play Music」を年内に終了し、現在準備中のYouTubeの新音楽サービス(コードネーム:Remix)に統合すると、Droid Lifeが報じた。(2018/4/25)

女の子(AI)に罵倒してもらえるチャットサービス「罵倒少女:素子」が復活!
一部の人にはご褒美なやつ。(2018/3/23)

「黙ってろクズ」「陰キャがなに期待してんの?」――対話型AI「罵倒少女」再び ソニーと丸井がコラボ
罵倒してくれる対話型AI「罵倒少女」が復活する。ソニー・ミュージックエンタテインメントと丸井グループが3月23日、罵倒少女・素子とチャットできるWebサイトを公開。(2018/3/22)

「SONY」を再び特別なブランドに “平井ソニー”の6年間の軌跡
日本の電機メーカーが巨額赤字を出し、相次いでトップが交代した6年前。崖っぷちのソニーの社長に就任した平井氏はどのように社内を変えていったのか。(2018/2/19)

ソニー・ミュージックの「SME乃木坂ビル」、譲渡先はジャニーズ事務所 地下スタジオはソニーが継続利用
地上階はジャニーズ、地下はソニー・ミュージックエンタテインメントが利用。(2018/2/19)

約100億円の譲渡益:
ソニー・ミュージック、「市ヶ谷ビル」「乃木坂ビル」売却
ソニー・ミュージックエンタテインメントが「SME市ヶ谷ビル」「SME乃木坂ビル」を売却。「総合力アップと業務の効率化」を目指すという。売却額は約100億円。(2018/2/15)

SME、アナログレコードの自社生産を復活 第1弾は大滝詠一とビリー・ジョエル
2人は世界初の商業用CDを発売したアーティストでもあります。(2018/1/27)

29年ぶり:
ソニー・ミュージック、アナログレコード自社生産復活
ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、約29年ぶりにアナログレコードを一貫して自社生産できるようになった。(2018/1/25)

熊本の地で60年:
海藻の加工・販売で日本一 カネリョウ海藻、成長のワケ
海藻の加工・販売業界で国内トップシェアを誇るカネリョウ海藻。1954年の創業以来、国内外で200もの仕入れ先を開拓し、海藻サラダに使われることもある「色もの」海藻で売り上げトップに、もずく、めかぶも売り上げ1位を記録した(※同社サイトより)。グループ企業と合わせて売上高は170億円。海藻の研究から商品開発、製造、販売までを一貫して手掛け、これほどの規模で事業展開する企業は業界内にほとんどない。成長の理由、今後の展開に迫る。(2018/1/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。