ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「特区」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「特区」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

プロジェクト:
野村不動産とJR東日本の大規模複合開発「ブルーフロント芝浦」、2025年2月に1棟目が完成へ
野村不動産とJR東日本が東京芝浦エリアで進める大規模複合開発「芝浦プロジェクト」の街区名称が、「BLUE FRONT SHIBAURA」に決定した。両社は2025年2月にツインタワー1棟目のS棟の竣工を控え、プロジェクトの進捗状況について発表した。(2024/6/19)

新興・スタートアップ企業が多い市区郡は? 都内1位は「渋谷区」
帝国データバンクが調査結果を発表した。(2024/6/15)

加藤史帆×森カンナW主演で『彩香ちゃんは弘子先輩に恋してる』が実写ドラマ化 ガールズラブ扱う
絶対に諦めない後輩×絶対に落とされない先輩 ファイッ!!(2024/6/7)

デジタルツイン×産業メタバースの衝撃(5):
産業メタバースで変わりゆく都市づくり、進むスマートシティ構築の未来(前編)
本連載では、「デジタルツイン×産業メタバースの衝撃」をタイトルとして、拙著の内容に触れながら、デジタルツインとの融合で実装が進む、産業分野におけるメタバースの構造変化を解説していく。(2024/5/22)

一線級のプロダクトマネージャーが集結:
PR:「PdMのための」大型イベントで語られた、プロダクトづくりの面白さ
(2024/3/25)

ITエンジニアが集まる世界の10大都市【前編】
「第二のシリコンバレー」はどこだ イケてる高額年収エンジニアが働く都市5選
ITエンジニアとしてのキャリア形成を考えた時、業務内容や給与だけでなく「どの都市で働くか」も重要なポイントになる可能性がある。世界中のITエンジニアが熱視線を送る、IT産業が活況な5都市を紹介する。(2024/2/10)

元HKT48田中美久、“地雷系JK”で連ドラ初主演 「ツインテ神か!」「ビジュが天才しゅぎる」「最初がこれとは驚きだな」
地雷系みくりんという新たな概念。(2024/1/22)

投票箱が自宅前に来る 立会人は“遠隔ロボ” KDDI、つくば市と実証実験
事前予約した日時に、投票箱を搭載した車両が自宅前まで来る模擬投票の実証を、KDDIなどがつくば市で行う。(2024/1/15)

ハイテク分野の「主役」に:
PR:欧州の半導体産業とeモビリティ発展を支える、ポーランドの重要な役割
交通の電動化が加速する中、欧州半導体法などの追い風も受け、ポーランドにおける半導体およびeモビリティ産業の発展が勢いづいている。本稿では、eモビリティ分野における包括的バリューチェーンの存在や半導体分野での潜在力、高度人材が集まる整備された環境、そして外資企業の進出を支援する施策など、ハイテク分野の「主役」となる可能性を秘めた同国の取り組みと魅力を紹介する。(2023/12/11)

日本のマーケティング最前線:
ハリポタ・マリオだけじゃない USJが見せつけるマーケティング力のすごみ
(2023/12/7)

プロジェクト:
沖縄北部にUSJに匹敵するテーマパーク、2025年開業 名称は「JUNGLIA(ジャングリア)」に
沖縄北部に、ユニバーサルスタジオジャパンに匹敵する規模の新テーマパークが2025年に開業する。施設名称は「JUNGLIA」に決まり、コンセプトは世界自然遺産「やんばる」の体験による究極の解放感「Power Vacance!!」。(2023/12/5)

プロジェクト:
ライフサイエンス分野の研究開発拠点「殿町プロジェクト」が完成、大和ハウス工業と川崎市が開発
大和ハウス工業と川崎市が、いすゞ川崎工場跡地の国際戦略拠点「キングスカイフロント」で開発を進めていた研究施設4棟とホテルから成る「殿町プロジェクト」が完成した。(2023/11/20)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
ライドシェアは地方交通を救えるか それとも「善意につけ込むサービス」で終わるのか
(2023/11/17)

100年に1度の変革期:
長崎の産官学が集結 ソフトバンクとジャパネットが掲げる民間主導の地方創生
ソフトバンクの宮川潤一社長、ジャパネットホールディングスの髙田旭人社長、長崎県知事の大石賢吾氏、長崎市長の鈴木史朗氏、長崎大学学長の永安武氏が「100年に1度の変革期」を迎える長崎の現状について語り合った。(2023/10/30)

漫画『サブスク不倫』が実写化 WEBTOONの沼サスペンスがMBS「ドラマ特区」枠で放送
佐津川愛美さん、草川拓弥さん、堀夏喜さん、木村了さんらが出演。11月9日から放送。(2023/10/11)

AI社会はクレーム対応社会? 東浩紀と山田胡瓜が語る、AIが見せるユートピアとディストピア
(2023/10/4)

有機金属気相成長法で実現:
東京農工大、高純度のβ型酸化ガリウム結晶を高速成長
東京農工大学は、大陽日酸および大陽日酸CSEと共同で、有機金属気相成長(MOVPE)法を用い、高純度のβ型酸化ガリウム結晶を高速成長させることに成功した。電力損失を大幅に低減した次世代パワーデバイスの量産につながる技術とみられている。(2023/10/2)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
「うちの会社でも使えそう」な事例を紹介 ブロックチェーン活用サービスの最前線【後編】
「まだうちの業界には関係ない」と思う人も多いブロックチェーン。しかし、さまざまな業界で活用事例が増えている。認証やサプライチェーン管理の事例を紹介しつつ、非競争領域のインフラとしての可能性も探る。(2023/9/22)

あべのハルカスを抜き日本一の超高層ビルが誕生:
「麻布台ヒルズ」の全貌を徹底解剖 高さ日本一330mの“森JPタワー”を含む、延べ86.1万m2の街が11月開業
日本一の超高層ビル「森JPタワー」を含む「麻布台ヒルズ」が、2023年11月24日にグランドオープンする。街全体の総延べ床面積は約86.1万平方メートルを誇り、オフィス総貸室面積は約21.4万平方メートルで数約2万人が働き、居住者数も約3500人と、いずれも六本木ヒルズの規模に匹敵し、これまでに森ビルが手掛けてきた都市再生事業の中でも最大のプロジェクトとなる。(2023/8/17)

船も「CASE」:
2025年、“シン・無人運航船”出現
日本財団は無人運航船プロジェクト「MEGURI2040」の第2ステージ事業に関する説明会を実施した。日本財団が中心となって2020年6月から2022年3月にかけて進めてきた無人運航船開発プロジェクト第1ステージの成果を受けて、2022年10月から第2ステージに着手している。(2023/8/14)

秋葉原からその先へ:
「つくばエクスプレス」と「臨海地下鉄」の接続は実現するか
つくばエクスプレスの起点は秋葉原駅だが、今後は東京駅付近にもつながり、路線の価値をさらに高める計画もある。具体的にどういうことかというと……。(2023/6/30)

山根康宏の中国携帯最新事情:
深センで見た中国スマホの現状 目立つ“1元スマホ”、折りたたみ市場で健在のHuawei
3年ぶりに中国の深センを訪れ、現地のスマートフォン事情を見てきた。値引きで販売されているスマートフォンは全て5Gに対応しており、「1元(約20円)」という激安表示が目立つ。Huaweiは折りたたみスマートフォンで絶大な人気を誇っている。(2023/6/27)

竹中平蔵氏とLIXIL、旭化成、日揮が語る「企業間連携DX」の現在地
DXは企業間で連携することによってさらに大きな効果を生み出す。企業間あるいは国や自治体も含めた連携は現在、どのように進んでいるか。また、今後さらに推進するためには何が必要か。LIXILと旭化成、日揮の事例から解き明かす。(2023/6/21)

脱炭素:
商用車連合のCJPTがタイに新会社、アジアのカーボンニュートラル加速
トヨタ自動車は、タイのカーボンニュートラル実現に向けて、タイのCharoen Pokphand GroupやSiam Cement Groupとそれぞれ協業の基本合意書を締結した。CJPTも協業に参加する。(2023/4/4)

近藤春菜「街を彷徨っていたら……」東京らしいレアなハプニングに興奮 「羨ましい」「遭遇…してみたい」と反響
普通に会えるのもすごい。(2023/2/9)

研究開発の最前線:
島津製作所が関東初の大規模研究開発拠点を開所、キングスカイフロントに
島津製作所が、関東地区初の大規模研究開発拠点となる「Shimadzu Tokyo Innovation Plaza(殿町事業所、Shimadzu TIP)」を報道陣に公開。約100人の従業員が入居し、投資金額は入居する建屋の改造費や約100台の分析計測機器などを含めて約20億円。(2023/1/17)

23年4月開業:
東急歌舞伎町タワー、1〜5階エンタメ施設や飲食テナントの詳細が決定
東急と東急レクリエーションは、新宿歌舞伎町で再開発を進めている「東急歌舞伎町タワー」の1〜5階のテナント詳細を発表した。(2022/11/17)

プロジェクト:
URが進める墨田区京島一丁目の防災街区整備で、事業化パートナーに東京建物が決定
URは、東京建物を「(仮称)京島一丁目東地区防災街区整備事業」の事業化検討パートナーとして選定し、「事業化検討の協力に関する協定書」を締結した。対象地区において、中高層マンションや道路整備等による密集市街地の防災性の向上を目指す。(2022/11/9)

ロボット:
モビリティ・ロボット・建物設備の連携サービスを医療施設に導入、清水建設ら
清水建設は、ブルーイノベーションやオムロン ソーシアルソリューションズとともに、石川県加賀市の「加賀市医療センター」で、病院設備と複数のロボットを連携させたサービスの実証導入を行った。なお、今回の導入は、加賀市や3社が共同で内閣府から受託した「スーパーシティー構想の実現に向けた先端的サービスの開発・構築等に関する実証調査業務」として実施した。(2022/11/9)

Web3起業家はなぜシンガポールに向かうのか?
このところ、ブロックチェーン関連の起業家、今風の言葉でいえばWeb3起業家の日本脱出がしばしば言われる。その向かい先はどこかといえば、シンガポールだ。彼らはなぜ日本を脱出してシンガポールに向かうのか?(2022/10/5)

自治体DX最前線:
さいたま市を“幸福度ランキング”1位に押し上げた、10年来のスマートシティ構想
さいたま市が幸福なまち、住みたいまちとして躍進している。2020年には、全国に20ある政令指定都市の中で「幸福度ランキング」の1位を獲得した(日本総合研究所調べ)。その一因は、さいたま市が推進してきたスマートシティ構想だ。(2022/10/24)

躍進する福岡市(前編):
9年連続、年間50社超が福岡市に拠点を設置 選ばれ続けるには“理由”があった
福岡市はコロナ禍が始まるずっと前、2002年から企業誘致に取り組んできた。その取り組みが実を結び、直近は9年連続で50以上の企業の誘致に成功している。約1週間に1社が福岡の土地に降り立っているという計算になる。継続的に企業を誘致できる方法とは?(2022/9/15)

躍進する福岡市(後編):
開業率1位の福岡市 スタートアップ経営者が“東京”を選ばないのにはワケがある
福岡市は市を挙げてスタートアップの創業支援に力を入れている。大都市地域の開業率は東京23区や名古屋を抑え、1位に輝いた。なぜスタートアップはこぞって福岡市での開業を目指すのか?(2022/9/16)

なぜ中国ではないのか:
台湾の有力スタートアップがいま、日本を目指す3つの理由
台湾の有力なスタートアップが近年、相次いで日本進出を果たしている。今夏、新興30社超が東京に集い、台湾政府が後援する日台スタートアップ交流イベントも催された。なぜこのタイミングなのか。そして、巨大なマーケットを持つ中国ではなく、日本を目指す理由は何なのか。(2022/9/11)

水曜日に「へえ」な話:
男鹿市で“オサケ特区”は実現するのか 「日本酒」参入がほぼ不可能な理由
「日本酒を造りたい」――。このように考えても、酒税法の関係で、新規参入することは難しい。そんな状況の中で、これまでになかった動きが出始めている。ひょっとしたらひょっとして、変化が生まれる予感もしていて……。(2022/9/7)

古川雄大、「烈愛」ドラマでヤクザの若頭に “龍と桜”の刺青入りボディーに「鍛えてる上半身が!!」「美しすぎて倒れました」
ダークな雰囲気に。(2022/8/23)

本田望結、ドラマ「少年のアビス」チャコ役のオフショットに反響 “完全再現”なビジュアルに「原作そっくり」
再現度高すぎ。(2022/8/13)

本田望結、9月開始のドラマ「少年のアビス」チャコ役に決定 ネットでは「ピッタリすぎてびびる」「ビジュめちゃ合ってる」と反響
本田さん「チャコ尽くしの日々です!」(2022/8/10)

再開発:
新しい働き方・舟運を実現する延べ約55万m2の複合施設を東京・芝浦で開発、野村不動産
野村不動産と東日本旅客鉄道は、国家戦略特別区域計画の特定事業として推進している複合施設開発計画「芝浦プロジェクト」の詳細を2022年5月23日に発表した。(2022/7/12)

『同級生』『海辺のエトランゼ』『ポルノグラファー』―― 商業BLオタクが「読んでよォ!」と願う傑作レビュー【前編10作】
商業BL、読んでますか?(2022/7/13)

防災:
災害時要援護者の安否確認優先度を自動算出するシステムを開発、森ビル
森ビルは、内閣府の委託事業「スーパーシティー構想の実現に向けた先端的サービスの開発・構築などに関する実証調査業務」の一環として、3DマップとIoTデバイスのデータを用いた「災害時の状況可視化・情報連携システム」を独自開発した。今後は、「デジタル田園健康特区」に指定された長野県茅野市と連携し、システムの確立を目指した実証実験を行っていく。(2022/7/1)

産業動向:
東京23区大規模オフィスビル市場、今後5年は供給が減少するが「大規模化」「都心部への集積」が進展
森ビルは、東京23区内の大規模オフィスビルを対象にした市場調査を実施した。調査結果からは、今後の供給が2023年と2025年に一定の供給が見込まれるものの、今後5年間の年平均供給量は過去平均を下回ることが判明した。(2022/6/30)

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
「かっこいい未来都市」ではない 正念場を迎える日本型スマートシティー
「スマートシティー」には先端技術が詰め込まれた未来都市というイメージもあるが、日本で主流になるスマートシティーはこうした未来都市とは別のタイプだと筆者は予想する。先進国だけでなく新興国でも進むスマートシティーとの比較から浮かび上がる、「日本型スマートシティー」の課題とは。(2022/6/24)

量産開始は2022年12月:
「どんな時も生産を維持」、ロームが筑後工場SiC新棟を公開
ロームは2022年6月8日、SiCパワーデバイスの製造拠点となるローム・アポロ筑後工場(福岡県筑後市)に完成した新棟(以下、SiC新棟)の開所式を開催した。(2022/6/9)

プロジェクト:
企業不動産の価値最大化を目指した宿泊施設が大阪市で竣工、パナソニック ホームズ
パナソニック ホームズは、同社が大阪府大阪市浪速区で設計・施工を担当した宿泊施設「ホテルアビターレなんばウエスト」が2022年3月24日に竣工したことを公表した。(2022/5/24)

「人を信じることが怖い」――萩原みのり、“人間関係”への恐怖との向き合い方 “考察型”恐怖体験ホラー映画「N号棟」インタビュー
萩原さん「傷つかないために自分を守りすぎた結果、友達の作り方が分からなくなった」(2022/4/28)

台湾で2人に1人が利用:
1億DLを突破 オードリー・タン氏も認める詐欺電話・SMS防止アプリ「Whoscall」とは?
詐欺SMSや迷惑電話を未然に防ぐ台湾発のアプリ「Whoscall」が世界でユーザーを拡大させている。台湾では2人に1人が利用し、全世界のダウンロード数は1億に達する。デジタル担当大臣のオードリー・タン氏も評価するというアプリは、一体どのようにしてうまれたのか。(2022/4/24)

政府も11億円支援:
エアアジア・ジャパン元CEOが、北海道大樹町で挑む「宇宙版シリコンバレー」構想
全日本空輸の元社員で元エアアジア・ジャパン社長なども歴任してきたSPACE COTAN(スペースコタン)の小田切義憲社長。観光産業ではなく、北海道の強みを生かした産業の復活を目指す「宇宙版シリコンバレー」構想を聞いた。(2022/4/6)

最高のアニメ映画「アイの歌声を聴かせて」の魅力を全力紹介 見たら幸せになれる20の理由
3月11日から期間限定先行レンタル配信がスタート!(2022/3/11)

第1期リニューアルは3月12日から:
イオンモール岡山が大規模リニューアルを発表、新たな店は?
イオンモールは、「イオンモール岡山」をリニューアルすると発表した。3月12日から第1期リニューアルを実施し、以降2021年秋、22年春の3期に渡って大規模なリニューアルを行う。(2022/3/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。