ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「二眼レフカメラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

味のある写真が簡単に撮れる ふろくつきマガジン『大人の科学マガジン 二眼レフカメラ』発売
復刻版。(2019/7/20)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
「平成」デジカメ栄枯盛衰史
デジカメは平成の時代に生まれた。アップル「QuickTake100」に始まり、多くのメーカーから特徴的なデジカメが登場した。めったにない改元の機会なので振り返ってみよう。(2019/5/1)

「iPhone 2019年モデル」モックを触ってわかったこと
iPhone 2019 3Dプリントモックアップをチェックしてみた。(2019/4/25)

ヤマハ「YZF-R25」がリニューアル これやべぇ! ギッとニラむMotoGPマシンイメージの新デザイン
おぉぉすごそう速そう「やんのかオラオラ」顔いいな。59万9400円から。(2019/3/5)

「中古カメラから白黒の家族写真が出てきた」 本人たちのもとに写真を返すため落札者がSNSで情報募集中
出品者の記憶にもない謎の写真。家族のもとに写真を返せるでしょうか。(2018/12/12)

ドコモの「Xperia XZ2 Premium SO-04K」が7月27日発売 税込で11万円程度
ドコモ向けの「Xperia XZ2 Premium」が7月27日に発売する。オンラインショップでの購入者のうち、先着1万人にはソニーストアで使える5000円の買い物券をセットする。(2018/7/23)

auの「Xperia XZ2 Premium SOV38」が8月10日発売 価格は10万円
au向けの「Xperia XZ2 Premium」が8月10日に発売する。一定の条件を満たすことで「au WALLETプリペイドカード」のチャージをプレゼントするキャンペーンも実施する。(2018/7/23)

ファミリー勢ぞろい:
ドコモから「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」「Xperia XZ2 Premium」登場 カメラ機能に注力【写真追加】
NTTドコモからデザインを一新した「Xperia XZ2」ファミリーの3機種が登場する。Compactを含むファミリー全機種がそろうのは“ドコモダケ”だ。(2018/5/16)

Mobile Weekly Top10:
「XZ2」前に「XZ1」が売れ始める?/「AQUOS R2」登場
ソフトバンクとauから「Xperia XZ2」の発売が決まりました。そんな中、各キャリアでその先代に当たる「Xperia XZ1」の売れ行きが良くなっているようです。一体なぜなのでしょうか?(2018/5/15)

Premiumはau初:
「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Premium」がauから登場 丸みを帯びたデザインに一新【写真追加】
ボディーデザインを従来から大きく変えた「Xperia XZ2」と、そのプレミアムモデルである「Xperia XZ2 Premium」がauから登場する。Premiumシリーズの取り扱いはauとしては初となる。(2018/5/14)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia XZ2 Premium」登場/気になるSIMの「色」
ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia XZ2」シリーズに、早くも上位機種が登場しました。Xperia初となるデュアルアウトカメラを搭載し、暗所での超高感度撮影に強みを持っています。(2018/4/23)

思ったより早かった:
2018年夏に「Xperia XZ2 Premium」登場 デュアルカメラでISO感度大幅向上
ソニーモバイルコミュニケーションズが「Xperia XZ2」のプレミアムモデルを発売する。2月に披露されたデュアル(二眼)カメラシステムを搭載し、最大でISO51200(静止画撮影時)の超高感度撮影に対応した。(2018/4/16)

Apple、三眼iPhoneを準備中?
三眼カメラで先行するHuawei P20 Proと(2018/4/10)

Mobile World Congress 2018:
“デュアルカメラ”のXperiaが今後登場?――ソニーモバイル発表会
ソニーモバイルコミュニケーションズが、スペイン・バルセロナで「Xperia」の新製品発表会を開催した。この会において、同社がスマートフォン用「二眼カメラ技術」の開発を進めていることが明らかとなった。(2018/2/27)

IFA 2017:
狭額縁化やデュアルカメラには追随しない? Xperia新機種の狙いを聞く
ソニーモバイルがIFA 2017に合わせてXperiaシリーズの3機種を発表した。中でも「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 Compact」は日本での発売が期待される。3機種投入の狙いを、ソニーモバイルの安達晃彦氏に聞いた。(2017/9/11)

低年齢層がVRをプレイすると斜視になる危険性? PS VRのソニーと生理学の権威に見解を聞いた
PS VRの対象年齢は12歳以上に設定されています。(2016/10/22)

大日本印刷、VR事業に参入 18年度に売り上げ20億目指す
大日本印刷は(DNP)は、仮想現実(VR)を活用したイベントなどを支援するサービス「DNPカートンVRスマートフォンシアター」を開始する。(2016/3/10)

600円の紙製VR HMD(1万個注文時):
大日本印刷がVRイベントを支援 動画制作と紙製ヘッドマウントディスプレイ提供へ
大日本印刷は、VR動画の制作と鑑賞用ヘッドマウントディスプレイを提供するサービスを開始した。(2016/3/10)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2015:
ハイエンドは主役が不在? ミッドレンジが成長した1年――選考委員が挙げた5機種
2014年12月〜2015年11月に発売されたスマホ10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2015」。選考委員は、何を基準にノミネート候補を挙げたのでしょうか。(2015/12/25)

東京ゲームショウ2015:
誰もが見落としているに違いない、並ばず遊べる“穴場のVR”を堪能してきた
東京ゲームショウ2015ではVRが来場者の注目を集めている。「PlayStation VR」「Gear VR」の体験ブースには連日長蛇の列ができているが、もっとカジュアルに楽しめるVRの存在を忘れていないかな?(2015/9/20)

写真展:
梶山亮 写真展「『タイムライン・グラフィティ』−日常を“モノクロ”と“スクエア”できりとってみると−」
(2015/9/16)

石野純也のMobile Eye(8月31日〜9月11日):
「Xperia Z5」シリーズの狙い/iPhoneに全面対抗のHuawei/中国勢の躍進――IFAで見えたスマホトレンド
ドイツ・ベルリンで開催された「IFA 2015」では、多数のスマートフォンが発表された。今回はIFAで発表された新モデルを振り返るとともに、IFAから見えてきたスマートフォン市場全体の傾向を読み解いていく。(2015/9/13)

新レンズと新型センサーでより高画質に――「RICOH THETA S」発表
周囲360度の全天球写真が撮れる「RICOH THETA」に、高画質かつ高速な上位モデル「RICOH THETA S」が登場した。(2015/9/4)

わずか1000円で立体視が楽しめる、ダンボール製本格二眼VRゴーグル「みるボックス」は公式キャラも本体もかわいい!
公式CGキャラ・九十九(つくも)みるにも注目!(2015/5/25)

VRマーケティング市場開拓:
スパイスボックス、ダンボール製VRゴーグル「milbox」の販売を開始
スパイスボックスは3月10日、ダンボールで作られたVR(バーチャルリアリティ)ゴーグル「milbox(ミルボックス)」の販売を始めた。事業会社や一般ユーザーに販売する。milboxの本体価格は1000円(税抜き)を予定している。(2015/3/10)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(3):
老舗が生んだ革新、“全天球カメラ”誕生の舞台裏
“360度の空間を撮影するカメラ”として新たな市場を切り開くリコーの全天球カメラ「RICOH THETA」。そのアイデアはどこから生まれ、そしてそれを形にするにはどんな苦労があったのだろうか。革新製品の生まれた舞台裏を小寺信良氏が伝える。(2015/2/24)

Oculusもどき? スマホの3D映像をヘッドマウントディスプレイっぽく鑑賞できるゴーグル、サンコーが発売
ヘッドマウントディスプレイが高くて買えなかった人たちへ。(2014/9/17)

「RICOH THETA」アプリがバージョンアップ、撮影イメージをGoogleマップなどで公開可能に
全天球カメラ「RICOH THETA」アプリがバージョンアップ、撮影した全天球イメージをGoogleマップおよびGoogle+上に公開することが可能なった。(2014/1/30)

本屋探訪記:「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」は渋谷で「シェアオフィス×本屋」を仕掛ける
BOOKSHOP LOVER=本屋好きがお届けする詳細な本屋レポ。本屋が好きならここに行け! 今回は、東京・渋谷の「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」を紹介。(2013/11/25)

リコー、全天球撮影カメラ「THETA」発売 ワンショットで上から下まで360度キャプチャ
リコーイメージングは、1度シャッターを切るだけで360度の全天球イメージを撮影できるデバイス「RICOH THETA」を発表した。(2013/10/25)

取り巻くすべてを“球”で撮影する「RICOH THETA」 国内発売が決定
リコーイメージングが全天球カメラ「RICOH THETA」の国内販売を発表した。(2013/10/25)

全天球カメラ「RICOH THETA」(リコー・シータ)の体験イベントが開催
リコーイメージングは周囲を360度すべて撮影できるカメラ「RICOH THETA」(リコー・シータ)の体験イベントを開催する。(2013/10/8)

周囲を360度すべて撮影できる全天球カメラ 「RICOH THETA」
リコーが全天球撮影可能なデバイス「RICOH THETA」(リコー・シータ)を海外発表した。欧米では10月から販売開始される。(2013/9/6)

日本での販売は検討中:
周辺空間全てを撮影できる、全天球カメラ「RICOH THETA」発表
リコーは、撮影者を取り囲む全天球イメージを撮影できる画像インプットデバイス「RICOH THETA(リコー シータ)」を発表した。コンシューマ製品において、水平方向や半天球だけでなく、撮影者を取り巻く空間全てをワンショットでキャプチャーできる製品は「世界初」(同社)だという。(2013/9/6)

部屋いっぱいのカメラ! 50年かけて集めたコレクションがネットオークションに
カメラで床が見えないくらい。(2013/2/15)

二眼式3Dカメラも:
パナソニック、「2012 NABショー」の展示概要を発表
パナソニックは、「2012 NABショー」でオリンピック撮影に使用する二眼式3Dカメラレコーダーなどを展示する。(2012/4/16)

デジイチ初心者応援:
デジタルカメラの種類を知る
カメラ売り場に並ぶ「コンパクトデジカメ」や「ミラーレス一眼」、「デジタル一眼レフ」といった文字。サイズや機能、それぞれの特徴を確認して、デジタルカメラへの理解を深めていきしょう。(2012/3/21)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
“卓上ルンバ”に吸い寄せられて――『大人の科学』の魅力を探ってみた
レコード盤蓄音機からプラネタリウム、二眼レフカメラ、卓上ルンバに至るまで、さまざまな付録が魅力の『大人の科学マガジン』。どんなコンセプトをもとに付録を制作しているのか。編集長の西村俊之さんに尋ねてみた。(2012/2/23)

Android 4.0で最高のパフォーマンスを――シャープが「AQUOS PHONE 104SH」で目指したもの
Android 4.0を搭載する「AQUOS PHONE 104SH」が間もなく発売される。シャープのスマートフォンにはこれまで日本のサービスを盛り込んできたが、104SHではそのスタンスを変え、パフォーマンスや使い勝手を特に重視した。(2012/2/9)

パナソニック、二眼式3Dデジタルカメラを「LUMIX」ブランドで2011年冬に投入
パナソニックは二眼式の3Dデジタルカメラを2011年冬にコンパクトデジカメ「LUMIX」の新製品として商品化すると発表した。(2011/9/2)

-コデラ的-Slow-Life-:
夢の「Rollei 35」を入手
Rollei 35は人気があるカメラなので、みんな調子が悪くなると修理に出して完動品になってしまう。ジャンクのままで売られているのはあまり見たことがなかった。(2010/11/19)

パナソニック、一体型二眼式3Dカメラレコーダー「AG-3DA1」を発売
パナソニックは、業務用の一体型二眼式3Dカメラレコーダー「AG-3DA1」を出荷開始した。撮影データのバッチ処理ソフトウェアもCineForm社よりリリースされた。(2010/8/20)

3D&バーチャルリアリティ展:
発売目前、シャープ「AQUOS クアトロン3D」を先取り体験
3Dの先進技術を展示する第18回「3D&バーチャルリアリティ展」が開幕した。7月発売予定の3Dテレビ新製品「AQUOS クアトロン3D」を見られる貴重な機会だ。(2010/6/23)

後悔しない「ミラーレス一眼」の選び方
ソニー「NEX」の登場もあり、「ミラーレス」と呼ばれるデジタルカメラが豊富になってきた。その特徴と各製品のポイントを確認し、「初めての一眼」としての買う際の選び方について考えてみよう。(2010/6/9)

-コデラ的-Slow-Life-:
古くてもさすがのYASHCA、写りはすごい
内部を掃除して組み立て直したレンジファインダー「YASHICA EE」で草花を撮影した。露出は若干明るめに撮れる傾向があるが、描画はシャープで上品だ。(2010/5/28)

-コデラ的-Slow-Life-:
ある意味予想を裏切らない「SELBY 35TL」の写り
ちゃんと写るのかどうか不安が残るSELBY 35TL。レンズを切り換えながら撮影したが、ファインダー内の四角い枠で意識したほどには、大して画角は変わらなかった。(2010/4/29)

-コデラ的-Slow-Life-:
意外にも具だくさんな「SELBY 35TL」の中身
謎に包まれたツインレンズカメラ「SELBY 35TL」。中身はどうせスカスカなんだろうと思っていたら、電子部品はそれなりにあった。(2010/4/16)

-コデラ的-Slow-Life-:
意外に難しい? beirette vsn 2の分解
ジャンクコーナーで見つけた「beirette vsn 2」。ファインダーの汚れが気になったので、掃除するため分解してみることにした。(2010/2/16)

「3D産業革命をリードする」 パナソニック、初の「3D VIERA」
世界初となるフルHD対応3Dテレビをパナソニックが4月に発売。「3D産業革命を起こし、パナソニックがリードしていく」と意気込む。(2010/2/10)

-コデラ的-Slow-Life-:
『大人の科学』二眼レフカメラを再改造、しかし写りは……
スクエア撮影できるように改造した『大人の科学』の二眼レフカメラ。しかし、光漏れが激しいので、再改造することにした。(2009/12/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。