ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「不公平」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不公平」に関する情報が集まったページです。

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
全員に恩恵のある「駅のバリアフリー」、都市と地方でこんなに違う
国土交通省は2021年12月24日、全国鉄道駅のバリアフリー化を加速すると発表した。都市部では鉄道運賃にバリアフリー化費用を加算できる制度を作る。地方部では鉄道駅のバリアフリー設備の整備について、費用の補助率を最大3分の1から2分1のに増やす。「バリアフリー加算運賃」はすべての人に利点がある。(2022/1/21)

働き方の「今」を知る:
日立、富士通、NTT……名門企業がこぞって乗り出す「ジョブ型」、成功と失敗の分かれ目は?
何かと話題になることの多い「ジョブ型」を前後編で解説。後編記事となる今回では、そもそもなぜ、名門企業がここにきてジョブ型への対応に急ぐのか、そして定着・成功のカギは何なのかを解説していく。(2022/1/21)

どうなる? 「週休3日制」(2):
本当は怖い「週休3日制」 導入にはデメリットも
「選択的週休3日制」の導入を検討する企業が増えている。しかし、週休2日で働く社員と週休3日で働く社員が混在することで、思わぬデメリットを生む可能性もある。導入前に考慮すべき、4つのデメリットとは?(2022/1/20)

Q&A 弁護士に聞く、現場のギモン:
営業部長の“社内ダブル不倫”を、部下が密告──人事はどう対応すべき?
営業部員から人事部に「部長が部内でダブル不倫をしている。彼らと一緒に仕事をしたくないし、相手の女性が部内で優遇されている」と相談が──人事はどう対応すべきなのか? 弁護士が解説する。(2022/1/18)

連載「9割の会社が人事評価制度で失敗する理由」:
シッカリした人事評価が失敗して、アナログな人事評価が成功することがある なぜか?
シッカリとしたビジョンの下に構築された、精緻な人事評価制度であれば必ず成功するわけではなく、逆にビジョン自体はザックリとしていて、アナログな人事評価制度のほうが上手くいく場合があります。その理由は……?(2022/1/11)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
全社禁煙に向けて、「在宅勤務者もタバコ禁止」は可能ですか?
従業員の健康維持のための全社禁煙について、在宅勤務者も禁煙対象とすることは可能なのだろうか? 社労士が解説する。(2022/1/7)

Q&A 総務・人事の相談所:
「社員が低い目標ばかり立ててきます」 目標管理のコツ、どうすればいいでしょうか?
昨年から目標管理を導入しましたが、社員が達成率を上げようとして、低い目標ばかり立ててきます。どのようにすればいいでしょうか。(2022/1/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
2022年、鉄道はどうなる? 5年半ぶりの「新幹線開業イヤー」
鉄道需要は回復傾向にある。緊急事態宣言終了後の鉄道の混雑は、筆者も体感しているが、変異型オミクロン株は予断を許さない状況だ。それでも鉄道業界の決定事項として、「西九州新幹線開業」「JR只見線全線再開」「新型車両導入」「減便ダイヤ改正」がある。これらの行方と、鉄道の国内需要について考えてみたい。(2022/1/2)

NHK値下げ法案を再提出へ 1月通常国会 剰余金の活用義務付け
総務省が、NHKの受信料引き下げに向けた放送法改正案を2022年1月の通常国会に提出する。NHKに対し、積み立てた剰余金を受信料の値下げに充てることを義務付ける内容。(2021/12/21)

事例研究:
「残業ゼロ」を目指して、固定残業制を導入 いかにして不公平感をなくしたのか
固定残業制とは、会社が一定時間の残業を想定して、実際の残業時間を計算せずに、固定分の残業手当を支払う制度。導入している企業の事例を紹介する。(2021/12/16)

モバイル決済で店舗改革:
ドコモに聞く「d払い」の店舗向け戦略 カギを握る「決済手数料」と「メルペイ」
NTTドコモのd払いの戦略について、同社ウォレットビジネス部長の田原務氏に話を聞いた。ドコモは9月1日以降に加盟した場合は13カ月間、手数料を無料にする施策を打ち出した。加盟店が急拡大している背景の1つとして、メルペイとの共同展開が挙げられる。(2021/12/9)

突然のM&A その時、人事がキーマンになる:
「旧A社は給与が高いのに、旧B社は残業代すら出ない」を防ぐために M&Aの際、人事制度はどう統合すべきか
M&Aの中でも特に重要となる「人事制度統合」。アプローチを少しでも間違えると従業員のモチベーションダウンを招きやすく、慎重な対応が必要だ。(2021/12/2)

JR東日本、山形新幹線「つばさ」を2022年春から全席指定席化 ややこしかった「幹在特」も廃止
値上げ……ではありますが、「始発駅に近い人でないと座れない不公平」もありました。(2021/11/18)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「これ以上の豊かさはいらない」といえる分野、いえない分野
自分に向けて言うのはいいかもしれませんが、他者、特に次世代に向けて言うべきではありません。(2021/11/11)

石川温のスマホ業界新聞:
グーグル「Pixel 6シリーズ」はソフトバンクとKDDIが販売――NTTドコモしか使わない「n79」は諦めるしかないのか
Googleが新型スマートフォン「Pixel 6シリーズ」を発売した。5Gに対応するものの、NTTドコモが利用している「Band n79」には対応していない。この周波数帯は、世界中で見ても事実上同社と中国の中国移動(China Mobile)しか利用していないことから、積極的な対応は“期待薄”な状況にある。(2021/10/29)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
アイデアとソフトウェアが世界を変えるデジタルの時代こそIT部門が活躍すべきとき――IIBA日本支部代表理事 寺嶋一郎氏
コロナ禍でアフターデジタル時代を迎えようとしているいま、全社を俯瞰でき、ITという武器を持つIT部門こそが全社のDXを推進する先導役になるべきだ。そのためにやるべき7つのこととは。(2021/10/27)

Twitter、AIバイアス調査結果 政治家のツイートはなぜか右派優勢
Twitterは「ホーム」タイムラインの推奨アルゴリズムのバイアス調査結果を発表した。政治的コンテンツの場合、右派の方が左派よりも増幅されていることが判明した。原因の特定は困難だが、改善の必要があるとしている。(2021/10/22)

iPhone SEが「一括10円」で販売 上限2万円を超える値引きのカラクリとは?
携帯キャリアによる「iPhone SE(第2世代)」の値引き合戦が過熱している。ある家電量販店では、9月の土日限定の値引きとして「MNPで一括10円」のキャンペーンをドコモ、au、ソフトバンクの各キャリアが実施していた。一見、大手キャリアにとってメリットがないような販売形態のカラクリに迫った。(2021/10/20)

スピン経済の歩き方:
魅力度ランキングに群馬県知事が激怒! 「ランキング商法」の背景に、何があるのか
ブランド総合研究所が発表している都道府県魅力度ランキングが「炎上」した。群馬県の山本一太知事が「信頼度が低く、ずさん」と批判し、法的措置も検討するとぶちまけたからだ。それにしても、なぜ日本人はランキングが好きなのか。背景に何があるのかというと……。(2021/10/19)

問われるAppleの職場文化
Appleの従業員が社内の差別、偏見、ハラスメントを告発
Appleの現従業員と元従業員が、Appleには人種差別、性差別、ハラスメントなどがあり、人事部門は解決しようとしないと訴えている。(2021/10/18)

和田憲一郎の電動化新時代!(44):
日本の自動車産業がとるべき戦略は「返し技」にあり
最近、EV(電気自動車)に関する記事が急激に増加している。特に掲載されている記事は、欧米中で起きている環境規制強化や、それに伴う自動車メーカーや電池メーカーの動きといった情報が多い。日本の自動車産業は大口市場である欧米中の動向を無視してはビジネスが成り立たない。では今度どうすべきであろうか。欧州を中心とした規制強化の現状や、それに対応する日本の自動車産業の再生戦略について、筆者の考えを紹介したい。(2021/10/13)

ファシリティマネジメント フォーラム 2021:
コロナ禍で変化したオフィス活用、出社率・テレワーク採用率・空室率の動向とは?
ザイマックス不動産総合研究所は、不動産に関するさまざまなアンケート調査を定期的に行っている。研究所では調査結果をもとに、コロナ禍で企業がどのような施策を行っているか、どのような潜在的需要があるのか、また、ポストコロナ時代に向けた企業のワークプレースの在り方と多様化するオフィス活用戦略についても分析している。(2021/10/13)

数多くの企業メリットとは?:
PR:観光庁に聞く! 日本企業が「よく働き、よく休む」ためのワーケーション/ブレジャー入門
昨今、脚光を浴び始めているワーケーション/ブレジャー。本稿では、観光庁でワーケーション/ブレジャーの普及に努める桃井参事官に話を聞き、ワーケーション/ブレジャーが企業にもたらす数多くのメリットや普及のカギについて解説する。(2021/9/30)

World Robot Summit 2020レポート:
1cmの狂いもなく部屋を散らかす!? WRS2020の舞台裏では何が起きていたのか
2021年9月9〜12日に開催された「World Robot Summit 2020愛知大会」。ロボット競技会「World Robot Challenge(WRC)」の「パートナーロボットチャレンジ(リアルスペース)」に審査委員として参加した筆者の太田智美氏が、その舞台裏をレポートする。(2021/9/28)

働き方の「今」を知る:
45歳定年の波紋 「人材流動化」を生むのか、単なる「人材切り捨て」か
経済界で大きな話題を呼んだ「45歳定年制」。賛否両論だが、果たして本当に「人材流動化」を生み出すのか、あるいは「人材切り捨て」となるのか。悲しい結末に至らないためのカギを解説する。(2021/9/28)

年代で反対の割合に「差」:
喫煙者の約9割、たばこ税「増税反対」 喫煙習慣を変えるつもりはあるのか?
「たばこ税に関する調査」を実施。喫煙者の87.4%が増税に反対していることが分かった。喫煙習慣を変えるのか? また、たばこの税収に関する調査も実施した。(2021/9/17)

エンジニアの育て方:
PR:グローバルワンプロダクトで急成長したスマートニュース 世界のエンジニアの力を引き出すマネジメントとは
(2021/9/16)

スピン経済の歩き方:
サントリー新浪社長を叩いても、「45歳定年制」が遅かれ早かれ普及するワケ
サントリーホールディングスの新浪剛史社長による、「45歳定年制」の提言が波紋を呼んでいる。「サントリー不買」を呼びかける人も出ているが、ボコボコに叩くのは“正しい”ことなのか。筆者の窪田氏は……。(2021/9/15)

そのマネジメントは正しいのか:
社員を「子ども」扱い? 野村HD「在宅勤務中も喫煙禁止」の波紋
野村ホールディングスが在宅勤務であっても喫煙禁止とする施策を発表し、波紋を広げた。同社は健康経営の一環として説明するが、果たして効果はあるのだろうか。社員を「子ども」扱いする、安直なマネジメントではないのか。(2021/9/15)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
総務省とキャリアの“いたちごっこ”に終止符は打たれるのか? 20年間の競争と規制を振り返る
モバイル市場のこの20年間を、競争と規制という視点から振り返ってみたい。2000年代前半には、“日本型販売奨励金モデル”により、半年〜1年程度型落ちのハイエンド端末が、ほぼゼロ円で手に入った。総務省は「分離プラン」の導入を要請したが、キャリアとのいたちごっこが続いている。(2021/9/13)

今あらためて割高な高速バイク料金値下げを求める!!【五輪上乗せで判明=料金システム改修は実現可能だ】
東京オリンピックの実施期間中、首都高速でバイクを含む乗用車に通常から+1000円の値上げが行われた。さらに今後こうした「ロードプライシング」を普段から行う方針が明らかに。値上げは即実行するのに、一方で「システム改修が困難」として割高な2輪料金の値下げは後回しにされてきた…。怒りも込めつつ関係者を直撃した!(2021/9/5)

メルカリ、ニューノーマルに合わせたワークスタイルへの移行を発表 日本国内であれば住む場所や働く場所も自由に
日本国内であれば住む場所や働く場所についても自由に。(2021/9/2)

首都高1000円上乗せで露呈! 高速料金は「柔軟で弾力的」に簡単に決められる!?
ならばバイク専用料金を!(2021/8/30)

「メタバース×ブロックチェーン」の未来(後編) Thirdverseの國光CEOと話す、VRのその先
インタビュー後編はメタバースとブロックチェーンを組み合わせた時に生まれる可能性について。(2021/8/26)

「脱炭素」は嘘だらけ 世帯電気代は年間60万円……9年後、あなたは払えますか?
 菅義偉政権は今年4月の気候サミットで、CO2(二酸化炭素)の排出量を2050年までに実質ゼロにする、つまり「脱炭素」をするとした。(2021/8/17)

Q&A 総務・人事の相談所:
「残業しない」「キャリアアップを望まない」社員が増加、人事制度を作り変えるべきでしょうか?
若手や女性を積極的に採用したところ、「残業はしない」「キャリアアップを望まない」という社員が増え、半期の評価ごとに成長を求める評価制度とのミスマッチが起きている──こんな時、人事はどうしたらいいのだろうか? 人事コンサルタントが解説する。(2021/8/16)

バイデン米大統領、「ワクチン接種したら100ドル提供」を州政府に要請
バイデン米大統領は、米国での新型コロナワクチン接種促進のため、新たにワクチンを接種した国民に100ドル提供するよう州政府に求めた。米国民の1億6400万人がワクチン接種を完了している。資格があるにもかかわらず未摂取の国民は約9000万人だ。(2021/7/30)

PR:国内初のクラウドSIM搭載Androidタブレット テレワーク時代の意外なニーズとは?
(2021/7/20)

Q&A 総務・人事の相談所:
「1年目は給与一律」若手が不満……新卒社員にも評価を適用すべきでしょうか?
新卒社員には1年間、賞与や等級に差をつけないため、評価制度を適用していない。しかし、優秀な若手から不満の声が──そんなとき、どうしたらいいのだろうか?  人事コンサルタントが解説する。(2021/7/19)

チェックリスト:
希望退職を募集して、応募者が「やっぱり辞めません!」と言ったら、どうする?
希望退職実施に当たって、どんなことを決めておくべきでしょうか。今回は、退職者への優遇措置員〜応募人員が少なかった場合の対応、再募集の有無までを解説します。(2021/7/14)

データは中立ではない
データからバイアスを取り除く「責任あるAI」(Responsible AI)の取り組み
偏見や差別意識を持たず、中立性を重視して作成したはずのAIが不公平な結果を出力することがある。なぜこのようなことが起こるのか。責任あるAIを実現するためにはどうすればよいのか。(2021/7/1)

キャリアニュース:
働きがいを感じるポイントは「仕事の難易度」「チームや会社への貢献」
プラスアルファ・コンサルティングが「ミドル以降の世代の働きがいとモチベーション実態調査」の結果を発表した。約43%が「今の仕事に働きがいを感じている」と回答し、「仕事の難易度」や「チームや会社への貢献」がやりがいをもたらしていた。(2021/6/24)

リモートワーク時代の理想的な職場の仲間との関係性:
少数の「斜に構えたメンバー」の悪影響を排除する
職場への満足度調査をすると肯定的回答者が多い結果となるが、経営者は危機感を抱いており、人事部や現場のリーダーたちも年々状況が思わしくなくなってきているということを肌で感じているようだ。(2021/6/23)

ワクチン接種の有無「職場に○×で貼り出し」はNG? 企業が絶対にしてはいけない対応例
「従業員が自ら接種を希望しているから問題ナシ」──企業側はこのように認識しがちだが、実は拒否しづらい状況を作ってしまっている可能性もある。訴訟リスクを避けるため、企業はどう対応すべきなのか。(2021/6/22)

「ミドル以上の世代の働きがいとモチベーション実態調査」:
40歳代以上の正社員にとって重要なのは「社会や社内への貢献が感じられること」 プラスアルファ・コンサルティング
プラスアルファ・コンサルティングは、「ミドル以上の世代の働きがいとモチベーション実態調査」を実施した。難易度や専門性が高い仕事に就いている人はやりがいを感じ、単純作業に就いている人は仕事へのモチベーションを失っていることが分かった。(2021/6/17)

働き続けたい年齢:
定年後の再雇用、年収はどうなる? 約9割が「下がる」現実
パーソル総合研究所は、シニア人材の就業実態や就業意識に関する調査を行った。定年後の再雇用で、約9割の人の年収が下がっていることが明らかに。(2021/6/12)

シニア層は外、若手層は内:
「シニア=無能」なのか? 多くの企業が導入する早期退職・シニア活用施策に潜む違和感の正体
多くの企業でシニア活用の機運が高まってきている。希望退職・早期退職のニュースも増えてきたが、そこには「年齢差別」が隠れていないだろうか。(2021/6/9)

経験者に聞く:
コロナ終息後もテレワークしたい? 「できない職種があるのは不公平」との声も
「在宅勤務・テレワーク」に関する調査を実施。メリットやデメリットが明らかになった。コロナ終息後もどの程度の人が続けたいと考えているのか?(2021/6/1)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
ウィズコロナ時代に深刻化するデジタルディバイド
日本はコロナ禍の中でのテクノロジー利用で遅れている?(2021/5/31)

“いま”が分かるビジネス塾:
ワクチン接種した人に抽選で1億円! 米国の“動き”は日本で受け入れられるか
新型コロナのワクチン接種が順調に進む米国で、接種率を高めるために、特典を付ける動きが活発になっている。日本では批判が集まりそうな内容だが、こうした仕組みは合理的なのか。それとも……。(2021/5/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。