ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  A

「ANA(全日本空輸)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ANA(全日本空輸)」に関する情報が集まったページです。

そろそろ会議やめませんか:
航空会社のANAが「移動しないで瞬間移動」サービスを提供する理由
航空会社が抱える「6%の壁」を打ち破るべく、さまざまなチャレンジを行っている。ANAの場合はどうなのか。その“移動を軽減する”取り組みを見ていこう。(2019/11/12)

ヤフーのデータを企業や自治体で活用可能に「データソリューションサービス」が登場
ヤフーは、同社のビッグデータを活用して、企業や自治体の事業創造や成長、課題解決を支援する「データソリューションサービス」を開始。Webブラウザ上でユーザー自身が調査・分析できるツール「DS.INSIGHT」と、企業や自治体の要望に応じてビッグデータの分析結果提供や活用支援のコンサルティングを行う「DS.ANALYSIS」を提供する。(2019/11/5)

全日空、月額制で航空機+滞在 来年1月開始
たとえば月額6万〜7万円で北海道や宮崎県など両社の航空路線と滞在施設のある地域が対象となる見込み。(2019/10/30)

全日空、月額制で航空機+滞在 来年1月開始
 全日本空輸が来年1月から、月額制で全国の航空路線と滞在施設を利用できるサービスを始めることが28日、分かった。空き家などを改装して、月額制の滞在し放題サービスを提供するベンチャーのアドレス(東京)と連携して始める。料金や地域は調整中だが、たとえば月額6万〜7万円で北海道や宮崎県など両社の航空路線と滞在施設のある地域が対象となる見込み。両社は過疎化が進む地方への移動を活性化させる考えだ。(2019/10/29)

人気の強制「修羅場」道場に密着【後編】:
ANA常務に聞く人材育成競争の“死角”とは――「ダイバーシティを目的化しない」
ANAで人事の責任者を務める常務の國分裕之氏に、社外の人材育成プログラムに参加した狙いを深堀りすると共に、現在の働き方改革をどのように捉え、ANAの人事や採用にどんな課題があるのか、いかにして乗り越えようとしているのかをインタビューした。(2019/10/30)

人気の強制「修羅場」道場に密着【前編】:
ANA社員が「女子高生バレーチーム」の監督に!? 謎の人材育成プログラム「文武両道場」に潜入
企業から派遣された受講生が2日間にわたってバレーボールチームを監督として率い、マネジメント能力を高める「文武両道場」という人材育成プログラムがある。全日本空輸(ANA)やそのグループ会社、横河レンタ・リース、日本財団、茨城県などの社員や職員が参加したこのプログラムに密着した。参加企業の狙いはどこにあるのか?(2019/10/24)

“瞬間移動”を来春にも提供開始、ANAホールディングス
アバターを介してエベレストや南極、宇宙など幅広い旅行体験を将来的に実現させる考えだ。(2019/10/16)

「脱・家電見本市」進むCEATEC かつての主役、電機大手の存在感は薄れ……
15日に開幕した最新の家電・ITの展示会「CEATEC(シーテック)2019」は、初出展となる航空大手ANAホールディングス(HD)など例年以上に多彩な顔ぶれがそろい、新技術や新製品をアピール。「脱・家電見本市」が進む中、パナソニックが初めて単独出展を見送るなど、かつての主役だった電機大手の存在感低下が目立つ形となった。(2019/10/16)

CEATEC2019会場レポート:
アバターで瞬間移動が可能に!?初出展のANA
ANAホールディングスは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)に初出展し、同社が開発する普及型コミュニケーションアバター「newme(ニューミー)」のデモンストレーションなどを行った。(2019/10/16)

CEATEC 2019:
幕張メッセで“釣りロボ”遠隔操作 大分県でタイを釣ってみた
大分県の釣り堀に設置されたロボットを遠隔操作し、タイを釣り上げられるブースを、ANAホールディングスが「CEATEC 2019」に出展。釣り竿風のコントローラーを操作すると、ロボットがその通りに竿を動かす。(2019/10/15)

CEATEC 2019:
ANAが“分身ロボット”開発 遠隔操作でショッピングや観光 20年実用化
ANAホールディングスは、遠隔操作に対応したコミュニケーションロボット「newme」のサービスを2020年4月に始める。ディスプレイ、カメラやマイクなどを備え、遠く離れた場所の様子を見たり、ロボットを介してビデオ通話をしたりできる。(2019/10/14)

訪日客向けプロモーションにInstagram:
ANAの「インバウンド×インスタ」施策、海外では認知度の低い日本ブランドをどう訴求する?
日本では知らない人がいないナショナルブランドでも海外で同様の認知を獲得できているとは限らない。訪日需要をつかむためANAが展開するグローバルマーケティング施策について、担当者に話を聞いた。(2019/9/9)

コンサル企業が好調:
インターンで人気の企業ランキング ANAやJALを押さえて1位になったのは?
楽天が運営する就職活動情報サイト「楽天みん就」が、2021年卒業予定の学生を対象にした「インターンシップ人気企業ランキング」を発表した。1位になったのは?(2019/7/29)

リモコンで航空機けん引、ANAが実用化 国内初
リモコンを使った遠隔操作による航空機のけん引を、ANAが国内で初めて、九州佐賀空港で始めた。運転席のないけん引車を、リモコン式のコントローラーを使って係員が操作する。(2019/7/5)

PHM Conference 2019 in JAPANレポート:
PR:コマツダイキン明電舎古野電気ANAが故障予測に活用した「PHM」とは
電通国際情報サービスが開催した「PHM Conference 2019 in JAPAN 〜 様々な取り組み事例に学ぶ 〜」では、コマツ、ダイキン工業、明電舎、古野電気、ANAの5社が登壇し、故障予測などに役立つ「PHM」の取り組み事例を紹介した。(2019/6/28)

歴史ある企業はなぜ変わったのか:
ANAを変えた、見えない課題を発掘する「魔法のワークショップ」とは
歴史ある大企業にイノベーションを起こす――。この難題をやってのけたのが、ANAでイノベーション推進部の部長を務める野村泰一氏だ。インタビューの後編では、ANAの役員たちも驚いたという課題発掘ワークショップについて聞いた。(2019/6/28)

ANAの改革推進トップに聞く “変われなかった現場”でイノベーションが起きたわけ
国内外の厳しい競争にさらされている航空業界。勝ち残っていくためには、働き方にイノベーションを起こし、顧客本位のサービス開発ができる体制を整えることが不可欠だ。ANAの改革をけん引する野村氏はどうやって現場にイノベーションマインドを根付かせたのか。(2019/6/24)

ANA、貨物専用B777Fを公開 米東海岸まで大型荷物直送
これまでの767Fより航続距離や搭載重量が増えたことで、航空機エンジンなどより大型の荷物を北米まで運ぶことができるようになるという。(2019/6/14)

JALの牙城だった「憧れのリゾート地」:
「ANAの巨大旅客機投入」でハワイに若者を呼び込めるか
ANAが一度に520人を運べる大型機「エアバスA380」を5月24日からハワイ路線に就航させるため、日本人観光客が増えることが予想される――。(2019/5/23)

ロボット開発ニュース:
自動追従の電動車いすが成田空港で検証、高齢者の乗り継ぎ不安を解消へ
全日本空輸(ANA)とパナソニックは2019年5月16日、前方の車いすに自動で追従する電動車いすの実証実験を成田空港で行った。航空便を乗り継ぐ高齢者など、移動に不安を持つ乗客の利便性向上と空港地上係員の負担軽減を狙う。(2019/5/17)

VRニュース:
客室乗務員向け機内訓練にVRを活用、緊急事態を体感
全日本空輸は、NECの「法人VRソリューション」による客室乗務員訓練を開始した。機内での火災や急減圧といった緊急事態、機内設備の安全確認作業をVRで再現し、訓練に活用する。(2019/4/9)

成田空港で“顔パス” チェックイン時に顔写真登録、その後はパスポート提示不要に
チェックイン時に顔写真を登録すれば、その後の保安検査などで搭乗券やパスポートなどの提示が不要になる新しい搭乗手続き「OneID」を、成田空港が国内の空港に先駆けて、全日空と日本航空で導入する。NECの顔認証システムを採用した。(2019/3/4)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
「え、ウチのCSIRTってレベル低すぎ……?」を確認する方法
CSIRTのミッションは何か、どういった業務を行うのか、どんな役割の人間やスキルが必要になるのか――こういったCSIRTの基本から、立ち上げたCSIRTの成熟度を評価する方法をANAシステムズの阿部氏が解説。読者の皆さんも試してみては?(2019/1/28)

2020年以降の実用化目指す:
羽田空港の制限区域内で自動運転バスの実証実験
全日本空輸(ANA)やSBドライブなど6社は、羽田空港の制限区域内で実施している自動運転バスの実証実験の模様をプレスに公開した。自動走行に向けた課題を洗い出し、2020年以降の実用化を目指す。(2019/1/23)

自動運転技術:
障害は飛行機のブラスト――自動運転が日本の航空運輸を支えるか
羽田空港の制限区域内で自動運転の実証実験が始まった。SBドライブや先進モビリティ、ANA(全日本空輸)など6社が実験に参画し、2020年に開催される東京オリンピック期間前後で空港内と周辺地区における乗客輸送の自動化を目指す。(2019/1/23)

ロゴ入りヘッドレスト採用:
ANA機のファーストクラスシート生地を使った「座椅子」登場 「心地良さを身近に感じて」
ANAのファーストクラスシートと同じ生地を使った座椅子が登場。フレームは家庭用に設計しており、ファーストクラスシートと座り心地とは異なるが、快適性は高いという。税込価格は2万5000円で、通販サイト「ANAショッピング A-style」でのみ展開。(2019/1/22)

羽田空港内で自動運転バスの実証実験 磁気マーカーで正確なルートを確保――ANA、SBドライブ、NECら6社が共同実証
ANA、SBドライブ、NECら6社は、羽田空港の制限区域内で、乗客・乗員などの輸送を想定した自動運転バスの実証実験を実施する。2020年以降の実用化に向け、走行ルートに磁気マーカーを埋設することで、GPS電波が届かない環境でも安定的に車両位置を自動調整するなど、空港特有の環境下での走行を検証する。(2019/1/11)

ウミガメのデザイン採用:
ANA、成田―ホノルル線に世界最大の旅客機「A380」導入 19年5月から
ANAが、成田―ハワイ・ホノルル間に世界最大規模の旅客機「エアバスA380」を導入する。1号機は2019年5月24日、2号機は19年7月1日就航入する予定。愛称は「FLYING HONU(空飛ぶウミガメ)」で、3機ともにウミガメの親子をデザインした。(2018/11/27)

マイルがたまるスマホ「ANA Phone」、第4弾は有機ELディスプレイ搭載「Xperia XZ3」
ANA(全日空空輸)とSBパートナーズが提供する携帯電話サービス「ANA Phone」に第4弾が登場。ANA Phoneとしては初となる有機ELディスプレイを搭載した「Xperia XZ3」が11月29日に発売される。(2018/11/19)

トップは賞与が充実の……:
運輸業界の平均年収ランキング JR3社、ANA、JALの中で最も稼げる企業は?
運輸業界の中で平均年収が最も高い企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を実施。JR3社、航空大手2社などがランクインした。(2018/10/18)

ロボットの「アバター」で宇宙ビジネス開拓 ANAとJAXAが「AVATAR X Program」開始 19年から実証実験
ANAホールディングスと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が宇宙関連事業の立ち上げを目指すプログラム「AVATAR X Program」を開始した。(2018/9/6)

4万4000人に影響:
ANA、8月欠航は国内線378便 年内に改良型エンジンに交換
ANAは、ボーイング787型機に搭載している英ロールスロイス製エンジンの点検に伴う8月の欠航が、国内線で計378便になると発表した。(2018/7/17)

5万8000人に影響:
ANA、エンジン点検で23日から31日まで国内線330便を追加欠航
全日本空輸(ANA)は、エンジンの点検に伴い7月23〜31日に羽田発着路線を中心とした国内線330便を追加で欠航すると発表した。約5万8000人の旅客が影響を受けるという(2018/7/12)

23日以降も一部欠航:
ANA、エンジン点検で国内線176便を追加欠航 8月も続く予定
ANAはエンジンの点検に伴い7月13〜22日に羽田発着路線を中心とした国内線176便を追加で欠航すると発表した。約3万6000人の旅客が影響を受けるという。(2018/7/9)

787のロールスロイス製エンジン:
全日空、エンジン点検で国内線113便欠航へ 約2万人に影響
ANAが7月6〜12日の7日間に国内線113便を欠航すると発表した。(2018/7/4)

3年で5倍に:
ANAで年21万回も「グッドジョブ!」が交わされる理由
ANAグループが実施している「Good Jobカード」。長年の取り組みだが、近年急激に利用回数が伸び、2017年には21万回に達した。称賛し合う取り組みがここまで浸透した背景には何があるのだろうか。(2018/7/4)

大切なのは「給与」:
結婚したくなる「異性の勤め先」、トヨタ・ANAなど人気 1位は安定の……?
結婚相手の勤務先として望む会社は?――リスクモンスター調べ。(2018/6/22)

セブン&アイ、異業種とビッグデータ共有 ANA、ドコモなど参加
セブン&アイ・ホールディングスが、ANAホールディングス、NTTドコモなどと、ビッグデータを共有し、活用する取り組みを始める。(2018/6/1)

セキュリティ人材がいないなんて大ウソ? ANAグループのCSIRT番長、阿部恭一氏の人材発掘、育成法
セキュリティ人材の不足が叫ばれる中、ANAグループのCSIRTを率いる阿部恭一氏は、「それは大ウソ」と断言する。阿部氏がいう、社内に眠っているお宝人材とは?(2018/4/25)

VRニュース:
ANAの瞬間移動サービス「AVATAR」が起動、意識や思いを“遠くに届ける”
ANAホールディングスが、ロボティクスやVR/AR、ハプティクス技術などを使って遠隔地の体験をリアルタイムで届ける“瞬間移動サービス”「AVATAR(アバター)」事業について説明。「飛行機でお客さまの体を“遠くに届ける”だけでなく、AVATARで意識や思いを“遠くに届ける”新たなサービスを提供していく」(同社社長の片野坂真哉氏)という。(2018/3/30)

戦略的提携:
ANA、ビジネスジェット事業でHondaJet活用
ホンダの航空機子会社、米Honda Aircraftは3月28日、ANAホールディングス(ANA HD)とビジネスジェットで戦略的提携を結ぶことで基本合意したと発表した。ANA HDはビジネスジェットを活用したチャーター手配事業に参入し、ホンダの小型ビジネスジェット「HondaJet」を活用する。(2018/3/28)

ANA・ピーチ・バニラのトップが語る:
【一問一答】ピーチ・バニラ統合 「生き残り」賭けた3社の思惑とは
ANAホールディングスが傘下のLCCであるPeach・Aviationとバニラ・エアの経営統合を発表。記者会見で3社のトップが語った統合の狙いと背景は。また、統合で実現する「中距離LCC」の構想とは?(2018/3/22)

2019年度末めどに統合:
ANA、ピーチ・バニラ統合を正式発表 東南アジアへの就航拡大
ANAHDが、傘下のLCC、Peach・Aviationとバニラ・エアを経営統合すると発表。LCCを強化し、東南アジアなどへの就航を拡大する狙い。両社の売上高を合算すると、LCC首位ジェットスター・ジャパンを上回って市場トップとなる。(2018/3/22)

「近く発表」と一部報道も:
ANA、「ピーチ・バニラを統合」報道にコメント 「検討中だが未決定」
ANAホールディングスが、Peach・Aviationとバニラ・エアを統合するとの報道にコメント。「さまざまな検討を行っていることは事実だが、決定した事実はない」とした。一部報道によると、近く発表見込みで、1年をかけて事業統合する計画という。(2018/3/19)

航空券を売って終わりではない:
ANAはなぜデジタルでの顧客体験向上を重視するのか
27万ページ超の巨大Webサイトを「動的」なものにするために何が必要なのか。ANAの担当者に、その考え方を聞いた。(2018/3/6)

PR:成功の秘訣は寸劇? ANAエアポートサービスのビジネスチャット導入事例から学ぶ
せっかくシステムを作ったのに、誰にも使ってもらえなかった……。そんな経験のある情報システム部門は少なくないだろう。真にユーザーに使ってもらえるシステムを作る手法として、菱洋エレクトロが進める「デザイン思考」を、ANAエアポートサービスの導入事例から見てみよう。(2018/3/1)

羽田空港で自動運転バス実験 ANAなど、2020年以降の実用化目指す
全日本空輸とSBドライブが、羽田空港で自動運転バスの実証実験を始めた。2020年以降に空港への自動運転バス導入を目指す。(2018/2/26)

出発時刻、到着時刻を案内するだけではまだ足りない
ANAが“モバイル+API連携”で目指す「到着のその先」とは
「Oracle Cloud」の「API Platform Cloud Service」を使うことで、ANAグループは顧客にどのような価値を提供しようとしているのか。今後目指す顧客目線での情報提供の在り方とは。ANAシステムズの話から探る。(2018/2/1)

目指すは国際線におけるサービスアップ
モバイルファーストを追求するANA、明らかになったアジャイル開発の成果と課題
国際線におけるサービスアップを目指す全日本空輸(ANA)は、顧客とのタッチポイントとなるモバイルアプリをデジタル戦略の中核に据え、即時性のある施策をシステムに反映するためアジャイル開発を導入した。(2018/1/17)

全日空商事と協業:
ANAグループの顧客接点活用した訪日外国人向けプロモーション支援サービス、デジタルガレージが提供
デジタルガレージは全日空商事と協業し、国内企業や地方自治体が行う訪日外国人向けマーケティングの支援パッケージを提供する。第1弾は春節がターゲット。(2018/1/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。