ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブーム」に関する情報が集まったページです。

湯之上隆のナノフォーカス(39):
日本の半導体ブームは“偽物”、本気の再生には学校教育の改革が必要だ
今や永田町界隈は「半導体」の大合唱であるが、筆者はそれを「偽物のブーム」と冷めた目で見ている。もはや“戦後の焼け野原状態”である日本の半導体産業を本気で再生するには、筆者は学校教育の改革から必要だと考えている。(2021/6/22)

Weekly Memo:
根本は似ている? 複合機からAIへ、リコーが挑む業務特化型のDX支援とは
リコーが新たなDX支援ビジネスを打ち出した。かつて複合機を中心に一大ブームを巻き起こした「OA」を提唱した同社は、データを中心とした新しいビジネスモデルをどう広げようというのか。(2021/6/21)

机回りの省スペース化に「60%キーボード」はいかが? Corsairのゲーミングキーボード「K65 RGB MINI」を試す
最近、ゲーミングキーボードにおいてシステムキーを大胆に削減して省スペース化を図った「60%キーボード」がブームとなっている。その1つであるCorsairの「K65 RGB MINI」は、日本語配列モデルも用意しており、より多くのユーザーにピッタリそうに見える。その実態を使ってみてレビューする。【加筆/修正】(2021/6/18)

超高層住宅に抱く“幻想”:
曲がり角のタワマン、そろそろブームは終わるのか
先日、某週刊誌が東京都心に立地するタワーマンションが、欠陥住宅であるという記事を掲載した。その物件は都心の人気エリアに立地。業界のトップ企業が分譲し、2年前に建物が完成して入居もおおむね終わっていた。記事の内容からすると、相当な規模の補修工事が必要になりそうだ。(2021/5/28)

「排水溝動画が好きすぎる」「アンパンマンより茂木和哉がヒーロー」 息子のマイブームがマニアックすぎる育児漫画が笑えてかわいい
茂木和哉さんに変身する息子さんです。(2021/5/26)

第3回 建設・測量 生産性向上展:
屋外と屋内の高所作業で適用可能な自走式ブームリフト、バッテリー式で高い静音性
米高所作業車メーカーのTEREXは、静音性に優れ屋外と屋内の高所作業で適用できる自走式Z型屈伸ブームリフト「Z-45DC」を開発した。(2021/5/20)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(1):
【新連載】“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト:AIブームの潮流
ここ数年、国が旗振り役となって推進しているi-Constructionの進捗により、土木分野でのAI活用が進んでいる。本連載では、土木学会 構造工学でのAI活用に関する研究小委員会で副委員長を務める阿部雅人氏が、AIをどのように使いこなしていくかという立場で、AIと土木の現状や課題、将来像について考えていきます。連載第1回は、これまでに3度起きたAIブームを振り返ります。(2021/5/18)

古田雄介の週末アキバ速報:
HDDマイニングブーム再燃?――大容量HDDとSSDの在庫不安
大型連休が明けて、10TB以上の大容量HDDが再び買いづらくなってきている。HDDマイニングブームの再燃と読むショップもあり、購入制限の再強化を検討する声も聞かれた。(2021/5/15)

進化を続ける「VTuber」ビジネス、今どうなってるか知ってる?
VTuberブームが巻き起こってから約3年。現在のシーンはどのようになっているのか、ライター・将来の終わりが分析する。(2021/5/13)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
大ブームから大凋落の“シェア自転車”伏兵が米上場〜日本進出のモバイク、ofoは消える
数年前に日本に上陸した中国発のシェア自転車。中国の道路を短期間で埋め尽くしたが、崩れ落ちるのもあっという間で、日本からもいつの間にか撤退していた。4月下旬、当時は伏兵扱いだったハローバイク(哈囉出行)が、米ナスダックに上場申請し、話題になっている。そこで、中国シェア自転車の歴史と現状を紹介する。(2021/5/13)

バーガーだけじゃない:
予約数は20万個以上 なぜモスバーガーは「月2回、金曜限定」の食パンを販売するのか
すっかり定着した「高級食パン」ブーム。モスフードサービスが展開するモスバーガーが3月から食パンを発売している。(2021/5/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「焼売ブーム」到来!? かつや、大阪王将、味の素が熱烈に注目
焼売に注目する企業が増えている。かつや、大阪王将、味の素が相次いで個性的な商品を投入。コロナで苦しんでいる居酒屋を救う可能性もある。(2021/4/12)

「飼育放棄の約7割が“飼い主の高齢化”」「保護犬・猫を悪用したビジネスも」 ペットブームに潜む犬猫たちの現実
ペットを取り巻く現状を取材しました。(2021/3/20)

Clubhouseは日本でどのように広がった? Twitterとの意外な共通点も
“音声版Twitter”と呼ばれ、日本で瞬く間にユーザーが増えた音声アプリ「Clubhouse」。一時期のブームから落ち着きつつあるものの、アプリがどのように広がったのか、“最初の日本人ユーザー”とともに振り返る。(2021/3/20)

変形せず錆びない「サウナ専用メガネ」、オンラインストアで先行発売 狙いは?
OWNDAYSは、「サウナ専用メガネ」をオンラインストアで先行発売した。最近、盛り上がっているサウナブームにニーズを見いだし、サウナでも気軽に掛けられるメガネを提供することで、新たなニーズを掘り起こす。(2021/3/17)

PR:企業の課題を解決する、AI活用支援サービスとは
第3次AIブームを引き起こしたディープラーニングの登場により、企業競争力の強化を目的として、AIをはじめとする先進IT技術への投資が加速している。一方、最先端技術であるAI開発は参入障壁が高いという認識から、なかなか導入に踏み切れない企業も多い。NVIDIAの国内正規代理店としてAI開発を支援するSB C&Sに聞く。(2021/3/16)

スマイルブームが「プチコン」10周年記念ページをオープン グッズプレゼント企画も
スマイルブームは、ゲーム機向けBASICプログラミングツール「プチコン」の10周年を記念した特設ページをオープンした。(2021/3/9)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
Clubhouseに関わるAgoraとZoom、2人の中国系創業者の意外な接点
ブームは一段落したが、現在も順調にユーザー数を伸ばす音声SNS「Clubhouse」。当初は、海外SNSを制限する中国でもアクセスできたため、関係者が試し、論評し、模倣する結果となっている。またアプリの音声技術を提供する中国企業「Agora(声網)」と、Zoomの創業者の意外な接点も見えてきた。(2021/2/25)

磯部孝のアパレル最前線:
空き店舗が目立つ”裏原宿”で「古着屋さん」が増加? 若者の間でブームが起こるワケ
今、若者達の間で「古着」が再注目されている。民間調査会社の調べによれば2019年度の国内ファッションリユースの市場規模は、前年比16.1%増の7200億円まで成長しているそうだ。(2021/2/24)

古田雄介の週末アキバ速報:
“追いマイニングブーム”でグラフィックスカードの在庫がより厳しく
テスラの巨額投資などで再びビットコインが急騰した。そのリアクションのように、アキバのPCパーツショップではグラフィックスカードの需要が急増している。(2021/2/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道模型は「走らせる」に商機 好調なプラモデル市場、新たに生まれた“レジャー需要”
巣ごもりでプラモデルがブームに。鉄道模型の分野では、走らせる場を提供する「レンタルレイアウト」という業態が増えている。ビジネスとしては、空きビルが出やすい今、さらなる普及の可能性がある。「モノの消費」から「サービスの消費」へのシフトに注目だ。(2021/2/5)

古田雄介の週末アキバ速報:
「20日からはRadeon RX 5700系が人気です」――マイニングのトレンド変化に機敏に反応するアキバ
暗号資産のレートが下落した後も、マイニング需要は変化しながら続いているという。一方で、「マイニングブームが来ても来なくても、とにかくモノがない!」との苦しいコメントも聞いた。(2021/1/23)

古田雄介の週末アキバ速報:
「マイニングは理由の1つでしかない」――複数のPCパーツが品薄&高騰気配
マイニングブームの再燃も重なり、グラフィックスカード売り場はどこも隙間が目立つ状況になっている。しかし、この問題をグラフィックスカードだけと見るショップはほぼない。(2021/1/16)

2021年、再び来るか半導体ブーム リモートワークと巣ごもり需要が牽引
コロナ禍は生活だけでなく産業構造にもさまざまな変化をもたらしている。その1つが、自宅でのリモートワークやゲームなどのエンターテインメントの拡大にともなう、半導体需要の盛り上がりだ。(2021/1/11)

英モデルのステラ・テナントが急死 90年代スーパーモデルブームの立役者にヴェルサーチも追悼
「シャネル」「ヴェルサーチ」などのミューズとして活躍。(2020/12/24)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
AIブームは完全終了? コロナ対策でDXは躍進 2020年のAI業界を振り返る
新型コロナで揺れた2020年。年明けこそ世の中は平穏でAIには注目も集まっていましたが、コロナ禍になってからはDXが表舞台に躍進し、AIは影を潜めるように。今年のAI業界をマスクド・アナライズさんが振り返ります。(2020/12/17)

「大丈夫だ、問題ない」エルシャダイSteam版を開発中
「ニコニコ動画」などで10年前にブームを巻き起こしたゲーム「El Shaddai-エルシャダイ-」のSteam版(PC版)を開発していると、開発者の竹安佐和記さんがTwitterで明かした。(2020/12/8)

鬼滅ネーム?:
こんなところにも「鬼滅」ブームが? 11月生まれの赤ちゃん名付けトレンド
こんなところにも「鬼滅」効果が? 出産や育児の情報サイトを運営するベビーカレンダー(東京都渋谷区)は12月4日、11月生まれの子どもを対象にした「11月生まれベビーの名付けトレンド」の調査結果を発表した。(2020/12/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
人気ステーキチェーンを超えた!? ハンバーグ専門店の「挽肉と米」と「極味や」に行列ができるワケ
「ハンバーグ専門店」に注目が集まっている。「挽肉と米」と「極味や」が新しい食べ方を提案し、行列ができている。ステーキブームが落ち着く一方で、なぜハンバーグが支持されるのか。(2020/11/30)

ドラえもん50周年イヤーで空前の大ブーム 昨年12月から1年間のコミックス&関連本の発行部数が500万部を突破
ブームのきっかけは『ドラえもん』0巻の大ヒット。(2020/11/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
返礼品は「高級レストラン食事券」や「温泉利用券」 ふるさと納税に新たなブーム、企業のメリットとは
ふるさと納税の返礼品に“体験型”が増えている。「洋服仕立券」「レストラン食事券」「温泉利用券」などが登場。提供する企業や農家が享受するメリットとは。(2020/11/26)

第3次タピオカブームを振り返る
2018年頃から続いた第3次タピオカブームも下火になった。本レポートでは今回のタピオカブームを振り返り、過去のブームとの性質を比較する。また、コロナ禍で市場はどう変化したか、タピオカブームはどこへ向かうのかも併せて考察する。(2020/11/22)

現地取材を敢行:
鬼滅ブームが観光ビジネスに一石 JR東やJR九州が鬼滅列車で続々コラボ
『鬼滅』効果は企業活動にも多大な影響を及ぼしている。JR九州は「SL鬼滅の刃」を、熊本駅から博多駅の間を11月の土日祝日に走らせた。JR東日本でも『鬼滅の刃』とコラボしたSLを走らせている。(2020/11/20)

不思議とよくある子どもの「乾杯ブーム」! 強制的にカンパイを求めてくる1歳児を描いた漫画がスリリングかわいい
なぜか子ども、乾杯にハマるときありますよね……!(2020/11/12)

推しが好きすぎて「鬼滅の刃」ブームに嫉妬! ドラえもん大好き小学生の主張を描いた漫画がかわいい
それぞれの面白さがある!(2020/11/10)

ブームにのってお後がヒュイゴー! EXIT、コンビそろって『鬼滅の刃』ヘアカラーに大胆イメチェン
鬼滅ぶっかまでバイブスいとあがりけり。(2020/11/9)

『鬼滅の刃』を借りてきたら、60代の父母が……? はやりものへの反応がブームを実感させる実録漫画
遅れて流行に乗るのって、ちょっと恥ずかしいですしね……。(2020/11/7)

タピオカの次に流行るのは「バナナジュース」? これからのブーム、キーワードは「アレンジ」
「映え」も引き続き人気です。(2020/10/27)

“勤務中ずっとGet Wildが聞けるプレイリスト”、まさかのTM NETWORK公式が公開 「Get Wild退勤」ブーム受け
今日はいい感じに退勤できそう。(2020/10/23)

タピオカ店が昨対比2倍増、4月以降は?
「タピオカ」専業とその関連事業を営む企業数は2020年8月末で125社で、19年8月の60社から倍増している。新型コロナウイルスの影響で4月からの企業数はどんな影響があったのか。「タピオカブームは不況の前兆」か?(2020/10/11)

AI・機械学習の用語辞典:
トイプロブレム(Toy problem)とは?
用語「トイプロブレム」について説明。迷路やオセロのようにルールとゴールが決まっている世界の問題をAIで解くことであり、転じて、そのような世界観の問題しか解けないことを指す。第1次AIブームを終焉(しゅうえん)させた理由とされる。(2020/10/7)

ポケモンゲットだぜーッ! → ポケモン取得ぞーッ! “古文変換サイト”が突然のブームでTwitterがいと雅に
歌詞を入れるとだいたいいとをかし。(2020/10/2)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
AIを“導入しただけ”の企業がワークマンに勝てないワケ
作業着の専門店であるワークマンがデータ分析で売上を伸ばせた一方で、AIブームに乗っただけの企業が成功できなかった理由とは。マスク・ド・アナライズ氏が解説します。(2020/9/28)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
小学生も株式投資? ベテラン投資家の脳裏によぎる“ライブドアのトラウマ”
コロナ禍を機に投資デビューを果たす人々が急増している。ただでさえ資産運用を行っている人の比率が高い米国においても、コロナ禍で数百万もの潜在口座を掘り起こしたと考えると、足元の投資ブームは世界的な動きだ。ただし、景気に波があるのと同様に、株式市場にも波がある。いずれ来るであろう急落への注意が今後求められてくるのかもしれない。この記事を執筆している9月23日は靴みがきの日であるという。この「靴磨き」という言葉は投資とゆかりの深い言葉だ。(2020/9/25)

光のDeFi、闇のDeFi 1週間で14億円を手にした”寿司”スワップの芸術的手法
暗号資産において2020年のトピックは分散型金融(DeFi)だ。夏以降、DeFi関連のトークンが急速な盛り上がりを見せ、DeFiに費やされる資金も急速に増加している。一方で、この盛り上がりで思い出すのは、17年に大ブームを巻き起こしたICO(イニシャル・コイン・オファリング)だ。1週間で、コピーしてトークンを売り出し、売り抜けるという、芸術的な手法を取ったスシ(寿司)スワップを例に、DeFiのブームの光と闇を探る。(2020/9/19)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
S&P495で分かる ブーム化する「米国株投資」に隠れた”歪み”
SNSにおける米国株ファンの発信や、初心者向けの米国株投資本の出現などによって、日本の個人投資家にとっても、米国株投資が近年一層身近な投資体験となっている。しかし、S&P495とS&P500、そしてGAFAMを比較すると、「米国株がコロナからいち早く立ち直った」という触れ込みの”ウソ部分”が分かる。(2020/9/11)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国は空前の猫ブーム。中国ネコノミクスが生んだ、利回り10%の「エア猫投資詐欺」
猫による経済効果は、日本では2016年に2兆円超との試算があったが、中国は空前の猫ブームで、日本よりはるかに大きな中国版ネコノミクスが形成されている。猫SNSや猫ゲーム、デジタルコンテンツ市場に加え、今年8月には大規模な「エア猫投資詐欺」が発生。今回は、この投資詐欺の全貌と背景をお伝えしたい。(2020/9/10)

コロナ禍で成長が再加速するEC市場【前編】
新型コロナが「ECブーム」を引き起こした3つの要因
新型コロナウイルス感染症の流行で、消費者と企業の新しいオンライン販売習慣が形成され、「EC」がブームとなっている。このトレンドは1年、あるいは永遠に続く可能性もあると専門家は予測する。(2020/8/31)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「倍返しより転職しろ」「メガバンクは修羅の世界」半沢直樹にはまる中国人の突っ込み
TBSドラマ「半沢直樹」の続編が中国でもブームで、中国最大の書籍・ドラマレビューサイトでは、10点満点で9.4点をマーク。「勧善懲悪」の分かりやすさが幅広く人気を集める理由だが、結果として、日本の企業文化に対する衝撃や誤解も視聴者から湧きあがっている。ここでは、中国のSNSやブログで続出している突っ込みと考察を紹介したい。(2020/8/20)

日本初のラーメンブーム火付け役、浅草「來々軒」が新横浜ラーメン博物館に今秋復活
明治43年創業、昭和51年閉店のラーメン史に残る名店が末裔たちの協力により再現される。(2020/8/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。