ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「上司」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「上司」に関する情報が集まったページです。

部全体のエンゲージメントを上げる、上司の行動とは
多くの企業が実施しているエンゲージメントサーベイ。スコアをどう分析して自社の課題を抽出し、どのような施策を打つのか。各社が試行錯誤を重ねています。人材が定着する、風土の良い組織を作るヒントとは?(2024/4/10)

働き方の「今」を知る:
部下を「叱る」のは難しい――「良い上司」になれる、叱り方のコツとは
組織で仕事をしていくうえで、部下を叱ることも時には必要となる。日々多忙な中でうっかりミスを起こしてしまった部下に対しては、ついつい感情的に怒ってしまう方も多いのではないだろうか。つい感情的になりすぎてしまう場合、どうしたらいいのだろうか。「良い上司」になれる、叱り方のコツとは?(2024/4/11)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
管理職としてZ世代を率いるリーダーが、チームビルディングのために意識すべき「3つのこと」とは?
古い世代とは異なる価値観を持つZ世代。上司として彼らをマネジメントしていくには、どのようなことに注意していくべきなのだろうか? Z世代を率い、強い組織を作っていくためにリーダーがやるべき3つのこととは。(2024/4/9)

新社会人が感じるギャップ 3位「仕事量」、2位「上司とのコミュニケーション」、1位は?
新社会人が入社前後で感じるギャップは何か。auじぶん銀行(東京都中央区)が実施した調査によると、1位は「給与が低い」(34.0%)で、2位は「上司とのコミュニケーションが難しい」(20.4%)、3位は「仕事量が多い」(19.0%)だった。(2024/3/27)

マネジメント力を科学する:
第24回:1on1ブームと、上司に求められる「聞く力」
ブームともいえる1on1面談で、聞くのは良いが、ただ聞きっぱなしで、受け止めて対応する形になっていない企業も多くあるようだ。(2024/3/25)

AIへの投資を急ぐ一方で
上司が嫌な予感のする「AI導入」 半数が抱える「あるある」の悩みとは?
意思決定者の3分の2以上が「AI技術は組織変革の推進力になる」と考え、AI技術への投資を急いでいる。その一方、部下や自身の仕事について懸念があるようだ。(2024/3/23)

上司に怒られた→日本人は謝りっぱなし、でもアメリカ人は……? 反応の違いに「これくらい強くありたい」
憧れてしまう。(2024/3/27)

もしもリモート会議の背景が「本物の雪山」だったら? 上司に仕掛けた全力のドッキリ動画に笑い
背景がナチュラルに白いと思ったら……。(2024/3/27)

AI技術が上司になった方が幸せなのか
「“AI上司”の方がマシ」とまで思わせる上司のNGアクション
ある調査で「人間の上司よりもAIロボットの上司が優れている」と考えるオフィスワーカーの存在が浮き彫りになった。その理由をひも解くと、従業員が上司に不満を募らせる理由が明らかになる。従業員の本音とは。(2024/3/22)

631人に聞いた:
終業間際に上司に頼まれ……意図しない「残業」5割が経験、社会人の本音は?
社会的に時間外労働への注目が高まっている中、「残業」に関して、現代のビジネスパーソンはどのような意識を持っているのか。ワークポート(東京都品川区)が「残業に関する意識」について調査を実施した。(2024/3/21)

管理職を育てる人事施策【前編】
遅刻常習犯の部下をどう指導すればいい? 新米上司の“あるある”な悩み
管理職になった全ての人が実務とマネジメントの両方をバランスよく実施できるわけではない。管理職としての経験が浅い人材が、管理職としてうまく育つためには何が必要なのか。(2024/3/21)

20代の部下とどう接する? 一緒に働きたいと思われる「熱意のある上司・先輩」になるには
ジェイックが「仕事の熱意」に関する調調査結果を発表した。20代から見た「仕事に熱意がある上司・先輩」のイメージなどが明らかになった。(2024/3/20)

新社会人が心配なビジネスマナー、1位は「敬語・言葉使い」 上司・先輩が求めているのは?
酸素系漂白剤「オキシクリーン」シリーズの正規輸入販売元であるグラフィコが、新生活シーズンに関する調査結果を発表した。(2024/3/20)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
変わりゆく時代の中で、上司は部下にどう接するべきか? 「部下を活かすマネジメント“新作法”」
「上司力(R)」をキーワードに、大手企業で人材育成支援を行うFeelWorks代表取締役の前川氏。前川氏の考える、部下のポテンシャルを最大限に生かすためのマネジメント新作法とは、どのようなものなのだろうか?(2024/3/19)

後編:
「良いこと」ばかり伝える1on1は危険 マネフォに聞く、評価を“サプライズ”にしない工夫
マネーフォワードでは月次での1on1実施率が95%を超え、「評価面談や1on1において、上長から良い点と改善すべき点に関するフィードバックが得られている」という指標でも平均4.2(5点満点中)と、社員からの評価が高い。同社の1on1は何が違うのか。(2024/3/18)

「まさかの職場結婚!!」 「ブラッシュアップライフ」出演者が結婚を発表 市役所勤めの上司と部下役が
おめでとうございます!(2024/3/15)

理想の上司像 平成後期は部下を引っ張る“率先型”、今は?
 新入社員が理想の上司として求めるものは「親しみやすいこと」──こんな調査結果を、明治安田生命保険は発表した。「親しみやすい」は男女ともに1位で、男性2位は「知性的・スマート」、3位は「頼もしい」、女性2位が「頼もしい」、3位が「優しい」だった。(2024/2/27)

優秀な女性が「管理職になりたがらない」 上司が着手すべき4ステップ
近年、管理職を取り巻く環境はより厳しさを増しています。期待しているメンバーが管理職になるまでの道を上司はどのように整備し、サポートしていけばよいでしょうか。4つのステップに分けて解説します。(2024/2/27)

ネクタイがシュレッダーに……! 危うい体験談に「無事でよかった」「自分も気を付けよう……」
上司の迅速な判断があってよかった……。(2024/2/25)

「部下への忖度」経験ある上司は9割 パワハラを恐れ、言えないこととは?
働き方の多様性、価値観の変化などを背景に、職場内でのコミュニケーションのあり方が変化している昨今、上司と部下の関係性はどのように変化しているのか。ライボ(東京都渋谷区)の調査機関「Job総研」が調査を実施した。(2024/2/22)

仕事を楽しむための「セルフリーダーシップ」入門(3):
早く上司に相談した方がいいのに――「頭では分かっていても、できない」のは、なぜ?
働く上で「頭では分かっていても、思い通りにできないこと」はあふれています。「分かっているけどできない」のは、なぜでしょうか? 何が影響しているのでしょうか?(2024/2/28)

マネジメント力を科学する:
第23回:部下に自己決定感を持たせることの大事さと、その具体的な方法
自己決定感が担保できるとモチベーションが高まる」という法則がある。同じ決定内容でも、上司など他の人が決めたことには反発し、自分が決めたことには同意する。人間の心理とはそういったもの。(2024/2/20)

それ、時短ハラスメントかも……「残業するな」と指導する上司に欠けている視点
(2024/2/15)

従業員が納得できる人事評価のこつ
従業員も上司も満足できる人事評価実施の“5つのヒント”
従業員が前向きな気持ちで人事評価に臨めるようにする――そのために上司ができることは何だろうか。専門家の意見を基に、5つの行動例を紹介する。(2024/2/14)

営業コミュニケーション大解剖:
営業不振な状態で、上司の「進捗どう?」 ガッカリ部下にならないための返答は
営業成績が振るわないときほど上司は「進捗どう?」と聞いてくるものです。ガッカリ部下にならないために、どのような返答が好ましいでしょうか?(2024/2/9)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ドラッカーに学ぶ「部下に成果を上げさせるために、上司が果たすべき2つの責任」とは?
著書『マネジメント』などで知られ、国内外の多くの経営者やリーダー層に影響を与えてきた経営学者のピーター・ドラッカー。このドラッカーの理論で経営チームのコンサルティングを行う山下淳一郎氏に、ドラッカーの教えに基づいた部下に成果をあげさせるための方法を学ぶ。(2024/2/7)

キャリアニュース:
男性上司より女性上司のいる管理職の方が「今の仕事が好き」の割合が高い
JTBコミュニケーションデザインが「女性管理職の本音とマネジメント行動に関する調査」の結果を発表した。男性上司よりも女性上司がいる管理職の方が「今の仕事が好きである」の回答割合が高かった。(2024/1/26)

「心理的安全性」におびえる上司が今すぐ見直すべきコト
(2024/1/22)

管理職をイヤがる女性部下 上司に必要な「5つの働きかけ」
女性は管理職になるに当たって多くの不安を抱えている。上司はどのように向き合い、働きかけるべきなのか。(2024/1/16)

QA「売れない営業」から脱出:
営業は「報連相」が命なのに……何も相談してこない部下、上司はどうやって育成する?
(2024/1/12)

その作業ムダムダ:
“きまぐれ上司”への対処法 思い付きで説明してはいけない。ポイントは5つ
前提条件や経緯を全く理解していないのに、思い付きで質問や指示をしてくる上司や偉い人がいます。どのように対応すればよいでしょうか。(2024/1/7)

優秀なのに「部下を育てられない」 原因は上司のある“思い込み”【マネジメントのヒントになる記事3選】
人材育成が難しい。「パワハラにならないように」と気を付けると、どうしてもコミュニケーションに消極的になってしまう。他責思考の部下とやりとりするのに骨が折れる……。多くのマネジャーが、部下への接し方に悩みを抱えていることでしょう。(2024/1/6)

働き方の「今」を知る:
「あの頃、必死で働いたから今がある」「今の若者はヌルい」と考える上司へ
働き方改革が進む一方で「とはいえ、ハードワークで成長してきた」「今の若者はヌルい」と考えたことがある人が多いのではないだろうか。変わりゆく働き方の中で、上司や経営者はこのギャップをどのように捉えてマネジメントすべきなのか。(2024/1/4)

クリスマスにやってきたサンタさんの正体は…… 上司の粋な計らいに「優しい世界」「最高のクリスマス」とほっこり
サンタ役を買って出た優しい上司。(2023/12/25)

マネジメント力を科学する:
第21回:超多忙なマネジャーを救う、メンバーの「納得」と「主体性」を引き出すコミュニケーション術
コロナ以降、「部下が何を考えているのか分かりにくくなった」という相談が増えてきた。部下が自立して、いきいきと働いてもらうために、上司として何ができるのか。(2023/12/19)

会議中、上司が恥ずかしい読み間違い → 指摘できず“気まずい瞬間”が生じた意外な理由に「難易度高すぎw」の声
部下が困るやつ……!(2023/12/18)

「同じ場所でデートするのがイヤで恋人に飽きてしまう」 “モテる上司の悩み”を描いたマンガに「大事な人なのに飽きる?」「この感覚分かる」とさまざまな声
「同じ女性とずっと一緒って……正直飽きませんか?」(2023/12/19)

「やりたい仕事だけ」しか頑張らない若手 それでも叱ってはいけない?
Z世代の部下が、仕事によってやる気にムラがある。こんなとき、上司としてどのように関わるべきなのでしょうか。(2023/12/14)

DX推進の鍵となる上司のソフトスキル【後編】
部下を活躍させたい上司に求められる「共感力」とあのスキルとは?
DXを率いるリーダーにとって重要なのが、ソフトスキルを駆使してメンバーを支援することだ。「試行錯誤」を許容する力と、「共感力」がなぜ大事なのか。ITコンサルティング企業のプレジデントに聞いた。(2023/12/12)

営業コミュニケーション大解剖:
「結果重視・感覚派タイプ」の営業上司、どうコミュニケーション取る? 4タイプ別に解説
営業上司とはどのようにコミュニケーションを取るのが効率的・効果的でしょうか? 本記事では、上司のタイプを4つに分けてタイプ別の最適なコミュニケーションを探っていきます。(2023/12/11)

Cybersecurity Dive:
CISOを目指すなら「信頼」を積み上げろ 上司と部下から信頼を集める秘訣
CISOを目指すのなら、漠然とした目標を並べるのではなく、リーダーや同僚、チームという3つの重要な関係者に対して「信頼」を提供することに注力すべきだ。信頼を積み上げることでどのようなメリットがあるのだろうか。(2023/12/10)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
若者こそ「忘年会したい!」 それでも昭和の上司が勘違いしてはいけないワケ
「忘年会に参加したい派」の割合が最も多いのは20代──そんな驚きの結果が、Job総研の調査で明らかになった。コロナ禍の影響で「人と会って話したい」欲望を持つ若者が増えているようだ。しかし、何のためにどのような忘年会をやるのか、部下とどのようにコミュニケーションすべきかについて、気を付けるべきこともあって……。(2023/12/8)

DX推進の鍵となる上司のソフトスキル【前編】
DXを推進する上司に求められるソフトスキル3選、「共感力」の他は?
DXを推進するチームメンバーをまとめ、チームメンバーが活躍できる環境を作るために、リーダーにはどのような能力が求められるのか。ITコンサルティング企業のプレジデントに聞いた。(2023/12/5)

おとなの六法:
会社を辞めたいのに上司がしつこく引きとめてきます。どうすればいい?
会社を辞めたいのに、上司がしつこく引きとめてきて。どうすればいいのか……。(2023/12/1)

働き方の見取り図:
「今何してる?」束縛系上司がどんどん時代遅れになるワケ
人口減少が進み、職場環境も大きな変容を遂げている。経営者や管理職はこれからの会社組織を率いていくために、どんなマネジメントが求められるのか。(2023/11/28)

おとなの六法:
有給を申請したら却下されました。これってどうなんですか?
上司に有給を申請したけれど、却下された――。この場合、法律的に……。(2023/11/27)

若手技術者に向けたアドバイス6選【後編】
会議では「的外れだけど“あえて質問”」はOK? 若手が意識したい処世術
経験の浅い若手技術者は、職場でさまざまな悩みを抱えがちだ。その一部は、コミュニケーションのこつを押さえることで解決できることがある。会議中の質問や、上司への相談におけるアドバイスを紹介する。(2023/11/25)

嫌われる上司の「デスク爆弾」 ストレスフリーな雑談は、どうすれば生まれる?
オフィスでデスクワークをしていて、不意に上司や同僚から声をかけられる――。「デスク爆弾」との造語も生まれているのだとか。ストレスのかからない「ちょうどいい雑談」はどうすれば生まれるのか。(2023/11/24)

働き方の「今」を知る:
「きっちりやれ」と指示する上司が、若手から嫌われるワケ
労働環境が変わる中、社員たちが上司に求める理想や常識も変化してきている。では、昨今の若手社員の就労意識は、上司世代と比してどのように変わったのだろうか。(2023/11/22)

社員が課題に感じていること、3位「上司とのコミュニケーション」 同率1位は?
グロービスの調査「学習実態や仕事への課題」から、正社員の約6割が「将来のキャリア目標がない」(59.0%)ことが分かった。社員が抱える課題についてはどのような回答が見られたのか?(2023/11/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。