ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「外食」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「外食」に関する情報が集まったページです。

値上げラッシュで「ワンコイン」昼食はどうなる? 松屋は500円ランチの提供時間延長、セブンは399円弁当拡充 狙いを探る
大手外食チェーンやコンビニのワンコインランチを巡る戦略、状況を調べた。(2024/4/15)

「290円」朝食を巡る競争が激化!? 松屋は新作「丼」を一部店舗で投入、なか卯は提供時間を拡大
大手外食チェーン各社が卵を軸とした格安朝食を提供しているが、最新の動向はどうなっているのか。(2024/3/24)

サイゼリヤの注文方法が進化してる!? カギは「客のストレス減」「効率化」 大手外食チェーンで起きているDXの正体
飲食店で注文方法の変化が起こり始めている。主要チェーンの注文方法を、実際に行って確かめるとともに背景を探っていく。(2024/2/26)

「今でも恨んでいる」 アニメ、ゲーム、漫画、外食、お泊り…… あらゆるものを親から禁止され育った現在の思い
これはきつい。(2024/2/21)

1000人に聞いた:
プチ贅沢、コスパ……朝食市場が伸長、ニーズはどこに?
仕事がある平日に朝食を外食すること(以下、朝外食)について、「する」とした人は15.0%に上ったことがリクルート(東京都千代田区)の外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」による調査で明らかとなった。ビジネスパーソンが朝外食に求めていることとは。(2024/2/10)

「寿司」「焼き鳥」「天丼」に注目集まる 高級立ち食い店のトレンド調査
ホットペッパーグルメ外食総研が「高級立ち食い店」に関する調査結果を発表した。(2024/2/3)

日本ハム、マグロそっくりの食品を発売 本物に近い食感・風味を再現 狙いは?
日本ハムが、本物のマグロそっくりなプラントベース(植物由来)の食品を開発した。当面の販売先は外食産業やホテルなどとしているが、今後は一般消費者に提供する可能性もあるとしている。(2024/1/28)

ママが産後2年たち、初めてゆっくり外食してきたら…… 驚く格好のパパと姉妹に「パパの理想の姿」「愛情も深まる」と称賛の声
愛の形だ……。(2024/1/15)

年齢とともに苦手になった食べ物 「ステーキ」「とんかつ」を抑えた1位は?
リクルート(東京都千代田区)の外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」が「年齢とともに苦手になった」と感じる食べ物について調査を実施した。(2024/1/6)

山形と新潟で1位めぐりラーメンバトルがヒートアップ 
外食時のラーメンへの世帯支出額で全国1位の座を山形市と激しく争う新潟市。昨年、首位の座を山形市に奪われたのをきっかけに、新潟市などのラーメン店がタッグを組み、1位奪還プロジェクトに取り組んでいる。(2024/1/5)

遠野なぎこ、「これも“摂食障害のリアル”」 写真を添えて体重&外食事情に言及 SNSでは昼飲み投稿も
「外食も大好きだけど、やっぱり自分の料理が1番落ち着く」(2024/1/4)

多角化進めるニトリ 2年前に始めた「レストラン」は今、どうなっているのか
2021年にニトリが始めた外食事業。発表から2年以上が経過しており、店舗数は6つまで増えている。一方で、業態は現在3つを展開する。どのような狙いがあるのか。(2023/12/30)

2024年の飲食店トレンド 経営者は「どの街」に注目?
「街と食トレンド」に関するアンケート調査を実施した。飲食店経営者・運営者に調査したところ、2024年の注目すべきグルメタウンや、外食トレンドが見えてきた。(2023/12/25)

値上げラッシュでもなぜ「値下げ」? 幸楽苑・ガスト・なか卯、それぞれの戦略
値上げラッシュが続く中でも値下げに踏み切る外食チェーンは少なくない。なか卯・幸楽苑・ガスト、それぞれの懐事情と狙いを分析する。(2023/12/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ハンバーガーはゼンショーの悲願? 新業態・ゼッテリアで注目すべき「価格」と「商品」
ゼンショーがゼッテリア攻勢を進める。同社のポートフォリオを見れば、ハンバーガーは「悲願」の立ち位置にある業態といえるだろう。中でも注目はどこなのか。外食に詳しい筆者が解説する。(2023/11/7)

「今年も」値上げ、前年から16社減 外食企業の価格戦略は
外食主要100社のうち23年も値上げを実施・表明した企業は4割となり、前年から16社減少したことが、帝国データバンクによる調査で明らかとなった。(2023/10/30)

秋に食べたくなる食材 3位「梨」、2位「栗」、1位は?
飽きに食べたくなる食材は何か。ぐるなびが調査した。外食に容認できる「値上げ」の範囲についても調査している。(2023/10/22)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
日高屋が「390円そば」価格を死守したのに、史上最高売上を叩き出したワケ
日高屋を運営するハイデイ日高は過去最高売上を達成するなど絶好調だ。看板メニューである390円の「中華そば」は価格を据え置くなど、値上げが相次ぐ外食業界においては価格転嫁に消極的な部類の企業だが、なぜ好調なのか。(2023/10/13)

米移住のたむらけんじ、1カ月の家計簿に思わず「Oh my God」 ファンからは「収入がそれ以上でしょう」の声も
外食代、高っ!(2023/10/11)

お金をかけるのを我慢しているもの 3位「衣料品」、2位「外食」、1位は?
相次ぐ物価高騰は、消費意識にどのような影響を与えたのか。マイボイスコム(東京都千代田区)は「消費意識に関する調査」を実施した。(2023/10/11)

帝国データバンク調べ:
焼肉店の倒産が急増 外食産業の「勝ち組」を苦しめる3つの要因とは?
焼肉店の倒産が急増している。帝国データバンクの調査によると、1〜8月に発生した焼肉店の倒産は16件。1〜8月の累計としては過去10年間で最多ペースに迫るほどだという。(2023/9/19)

宮崎麗果&元「EXILE」黒木啓司がお宮参りへ 家族そろって“初めて”の外食ランチも「わちゃわちゃ」
素敵な家族の記録。(2023/8/10)

「沖縄は特に深刻」 店舗の人手不足、ブルーシールはどう解決したのか?
外食業界の人手不足が深刻化している。沖縄県内は特に人手不足が顕著で、人気のアイスブランド「ブルーシール」の運営企業も例外なく採用難に苦しんでいる。そんな中、同社が頼ったのがITの力だ。どんな改革を行ったのか?(2023/8/10)

友だちと外食して帰りたい高1娘の“お伺いLINE”がていねいすぎて和む 「ご飯もう用意されてますか?」
これは許しちゃう。(2023/8/3)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
そば大衆店はどこに行く? コロナで駅そば苦戦 大戸屋やすかいらーくがロードサイドに続々出店
外食大手が郊外ロードサイドに日本そば専門店を続々出店している。駅前や駅中のそばは苦戦している。そば大衆店の最新動向をまとめた。(2023/7/31)

やっぱり「コメダ」は強かった 外食が苦戦する中、好調が続くワケ
(2023/7/25)

宮迫博之、初の家族3ショットも芸人息子の一言に撃沈 「外食したのいつぐらいや?」→「やらかす前でしょ」
心当たりがありすぎる。(2023/7/18)

ぐるなび調べ:
7月の3連休に行きたい外食 3位「居酒屋」、2位「ファミレス」、1位は?
ぐるなび(東京都千代田区)は、7月の3連休の過ごし方について調査を実施した。3連休の予定を聞いたところ、昨年に引き続き「外食」(46.9%)が最多となった。(2023/7/12)

上場企業の業績を分析:
コロナ前より業績上回るケースも “勝ち組”外食企業の共通点とは
飲食業大手42社の業績推移を分析する。筆者はマックとコメダが勝ち組になると分析する。その共通点とは?(2023/7/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
韓国料理なら何でも流行る!? 若者で連日満席の店も 外食大手が熱視線を送るワケ
大手外食が韓国料理に商機を見いだしている。スンドゥブ専門店や韓国屋台など次々と出店。どういった店が支持されているのか。(2023/7/4)

スピン経済の歩き方:
天下一品も参入? ラーメン×カレーの“二刀流”を実現する外食チェーンはどこか
ラーメンチェーン「天下一品」がレトルトカレーを販売している。商品名は「こってりカレー」。お世辞にも「主力商品」とは言えないが、ひょっとしたらひょっとして人気商品になるかもしれない。というのも天一のスープはこってりしていて……。(2023/6/20)

「感動ホームパーティ」を標ぼう:
JTB、ホームパーティで新規事業 社内公募のアイデアで実証実験
JTBが、新規事業としてホームパーティサービスの実証実験を開始する。外食でしか味わえなかったような体験を自宅に提供する「感動ホームパーティ」を銘打つ。アイデアは2021年度に社内公募制度で最優秀賞となったもの。(2023/6/12)

飲んだ後の「〆グルメ」人気ランキング 3位「アイス」、2位「お茶漬け」 1位は?
ホットペッパーグルメ外食総研が「〆グルメ」に関する調査結果を発表した。飲んだ後の〆として人気のメニューがランキング形式で明らかになった。(2023/6/7)

スピン経済の歩き方:
幸楽苑の“低迷”はどうなる 「安くてうまいものを提供する」ビジネスの行方
幸楽苑ホールディングスの業績が低迷している。コロナ禍で苦戦していた外食産業は多いが、ライバルの日高屋は黒字化。このほかにも復活しつつある店が増えている中で、幸楽苑はどのような手を打てばいいのだろうか。(2023/5/30)

発想の転換が必要:
好立地の「吉野家」が採用難で休業・時短! 「時給」アップでは限界 どう乗り切る?
小売りや外食の人手不足が深刻化している。都心の吉野家でも営業時間短縮や休業を強いられている。「時給高い」「近い」「融通がきく」では限界だ。(2023/5/29)

外食大手で増える「卵メニュー休止」、対応は「二極化」
帝国データバンク(東京都港区)は、上場する外食大手100社の卵メニューの提供状況を調査した。5月8日時点で約3割の29社が提供を休止しており、3月の18社、4月の28社に対し、増え続けていることが分かった。(2023/5/16)

日本食ニーズ高く:
すかいらーく、台湾で出店強化 「武蔵野森珈琲」など3ブランドオープン 台北に新工場も
外食大手のすかいらーくホールディングス(HD)が台湾で新規出店を強化している。4月27日、台湾1号店となる「武蔵野森珈琲」を始め、3ブランドを同時オープン。さらなる事業展開を見据え、5月中旬には台北で最新設備を導入した新工場を稼働させる。(2023/5/9)

シンガポール在住の鈴木ちなみ、1歳息子と2ショット「外食も以前より気軽に」 もうすぐ移住から1年
息子の成長を報告。(2023/5/3)

「すき焼き」と同じ源流?:
「吉野家」の看板メニュー「牛丼」誕生秘話 120年の歴史で具材も変化
国内で約1200店舗を展開する外食チェーン「吉野家」の代表的メニュー「牛丼」。誕生の経緯を広報に聞いた。(2023/5/14)

担当者に聞いた:
ロイホ、人気「朝食」メニューの特徴は? 強みは「店内調理」「グループのホテルでビュッフェ」
コロナ禍の影響でモーニング需要が高まっている。外食大手のロイヤルホストではどういった朝食を提供しているのか。グループのシナジーや店内調理の強みを生かしている。(2023/4/30)

コロナが落ち着いて:
平日のランチ、働く男女はどんな「食べ方」をしているのか
ビジネスパーソンは平日のランチ、どのような食べ方をしているのだろうか。リクルートが運営する「ホットペッパーグルメ外食総研」が調査したところ……。(2023/4/28)

今日のリサーチ:
2023年のゴールデンウイークの予算は前年比1.7倍――インテージ調査
行動制限大幅緩和で買い物、外食、旅行が復調しつつあるようです。(2023/4/24)

1035人に聞く:
白米に合わないメニュー 3位「うどん」、2位「お好み焼き」、1位は?
日本の主食・白米に合わないメニューとは? リクルートが運営するホットペッパーグルメ外食総研が調査を実施した。(2023/4/24)

外食が増加:
働く人の平日ランチはいくら? 過去4年で最高額に
リクルートが運営する外食市場の研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、働く人の平日のランチ事情を調査し、その結果を発表した。(2023/4/23)

外食主要100社を調査:
「エッグショック」影響止まらず 外食大手の3割が「卵メニュー」休止へ
鳥インフルエンザの拡大で鶏卵の供給が不足・価格高騰していることを受け、外食産業では「卵メニュー」の休止・制限が相次いでいる。帝国データバンクの調査によると、2023年に入り卵メニューの休止・休売に踏み切った企業は28社(4月5日時点)だった。(2023/4/19)

本田圭佑、“金沢つながり”で有名カレーチェーンに出資 外食産業は初 「僕の方からオファーをして実現」
本田さん「ゴーゴーカレーグループの一員として関われることを嬉しく思います」(2023/4/17)

ビジネスハックラボ:
牛丼(並)より110円安い! 働く若者に「すき家」「松屋」の朝食がおススメなワケ
若いビジネスパーソンは少しでもお金を節約したいが、その一方でお腹いっぱいになりたいと考えている。外食チェーンで値上げが相次ぐ中で、牛丼チェーンの朝食がありがたい理由とは?(2023/3/31)

小売・流通アナリストの視点:
くら寿司やスシローに残る、迷惑動画の爪痕 SNS運営に責任はないのか?
コロナ禍で病み上がりの外食業界に、物価高騰が追い打ちを掛けている。ファミレス、ファストフード、居酒屋、回転寿司などの業績は、どのくらい復活したのか? そして回転寿司業界に残る、迷惑動画の爪痕は? 流通・小売りアナリストが解説する。(2023/3/30)

朝食メニューは370円から:
やよい軒が“ロボ化”してまで死守した「ご飯おかわり自由」
コロナ禍でライフスタイルが変容する中、大手外食チェーンが「朝食」の時間帯を狙った戦略を展開する。やよい軒では、2006年の創業時から朝食メニューを提供している。メニューの開発経緯や戦略について運営企業に取材した。(2023/3/19)

回復は1年先か:
「ポムの樹」も苦渋の決断……ファミレスを悩ます卵不足、なぜ起きた?
鳥インフルエンザの流行で鶏卵の確保が追い付かず、ファミリーレストランなどでは卵商品の販売休止が相次ぐ。価格も高騰する中、供給の回復には半年〜1年ほどを要するとも指摘され、外食産業各社は頭を悩ませている。(2023/3/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。