ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「法律」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!法律→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で法律関連の質問をチェック

「虎に翼」、ある人物の表情に視聴者の注目集める 「気付いてるかな…」「灯台下暗しになってる」
法律と向き合える時間に没頭する寅子でしたが……。(2024/7/2)

Signal社長、EUのアップロードモデレーション計画はプライバシーを脅かすと批判
E2EEメッセージングアプリ「Signal」を運営するSignal Messengerのプレジデント、メレディス・ウィテカー氏は、EUで提案されている児童性的虐待コンテンツ(CSAM)対策法案について、E2EEを弱体化するものだと批判した。(2024/6/19)

上司に「不満がない」はわずか2割、最も多い不満は?
上司を理由に退職したいと思ったことがある人は66.7%──そんな調査結果を、法律相談サイト「ベンナビ労働問題」を運営するアシロ(東京都新宿区)が発表した。上司への不満について「全くない」と回答した人は、約2割にとどまる結果となった。(2024/6/19)

アプリストア独占など、巨大IT企業を規制する「スマホソフトウェア競争促進法」が成立 Appleの反応は
公正取引委員会が所管する「スマートフォンにおいて利用される特定ソフトウェアにかかわる競争の促進に関する法律案」が、6月12日の参議院本会議で可決・成立した。この法案可決に関して、Appleの広報に質問した。(2024/6/13)

能動的サイバー防御、早期の法案取りまとめ指示 首相「急を要する」 有識者会議初会合
政府は6月7日、サイバー攻撃に先手を打って被害を未然に防ぐ「能動的サイバー防御」に関する有識者会議の初会合を首相官邸で開いた。岸田文雄首相は「サイバー対応能力の向上は、ますます急を要する課題だ」と述べ、早期に関連法案を取りまとめるよう河野太郎デジタル相に指示した。政府は早ければ秋の臨時国会への法案提出も視野に入れる。(2024/6/7)

AI規制と企業戦略【後編】
「AIが及ぼす影響」の評価を求める法案も 各国で進む“AI規制”
生成AIの利用が急速に広がっていることを受けて、AI技術に関する政策や規制の整備が世界各国で進んでいる。欧米をはじめとする主要各国のAI技術に対する向き合い方とは。(2024/6/7)

サイバー攻撃、先手で無害化 能動的防御導入へ、臨時国会で法整備検討 月内に有識者会議
政府は、サイバー攻撃に先手を打ち被害を未然に防ぐ「能動的サイバー防御」の導入に向けた検討を本格化させる。月内にも有識者会議を設置し、法整備に向けた課題を整理した上で秋の臨時国会への関連法案提出を目指す。政府機関や民間の重要インフラに対するサイバー攻撃の脅威が増す中、防衛体制の強化が急務となっている。(2024/5/14)

日本の高速道路は高い 「400円」走り放題はどうか、元トヨタ副社長らが提言
都市と地方の双方に生活拠点を持つ「二地域居住」を促進する初の法案が今国会で審議される中、双方を行き来する際の交通費の負担が課題となっている。(2024/5/12)

TikTok、米連邦政府を「憲法違反」で提訴 数百万人の言論弾圧
中国ByteDanceと傘下のTikTokは、米連邦政府を憲法違反で提訴した。TikTokを売却しなければ米国でのサービスを禁止するという法律は修正第1条に違反すると主張している。(2024/5/8)

セキュリティニュースアラート:
英国政府が新法を施行 スマートデバイスで脆弱なデフォルトパスワードを禁止
英国政府はスマートデバイスのサイバーセキュリティ基準を義務化する新法を施行した。この法律は製品メーカーに対してセキュリティ基準の実装を義務付け、脆弱なデフォルトパスワードの使用を禁止する内容を含んでいる。(2024/5/1)

GAFAを狙い打ち? 巨大IT企業を規制する「スマホソフトウェア競争促進法(案)」が閣議で決定 国会で審議へ
公正取引委員会が主管する「スマホソフトウェア競争促進法(案)」が閣議決定された。スマートフォンを巡る巨大プラットフォーマーを事前に規制する法律案で、今後国会で審議が行われる。(2024/4/27)

広がる巨大IT企業の寡占防止 “包囲網” EUは規制法運用、米はGAFA全て提訴対象に
政府が4月26日閣議決定した「スマホ特定ソフトウエア競争促進法案スマホ新法)」は、巨大IT企業への規制を強化し、アプリストアや決済システムの運営を競合他社に解放することなどを義務付ける内容だ。同様の規制はEUが先行しており、自社サービスの優遇を禁じる「デジタル市場法」を3月に全面適用している。(2024/4/26)

Social Media Today:
「TikTok禁止法案」に米大統領が署名 気になるこれからにまつわる5つの疑問
米連邦上院が、安全保障上の理由からTikTokの米国事業の売却を要求する法案を可決し、バイデン大統領はこれに署名した。9カ月以内に売却できなければ米政府は米国内での配信を禁止できる。気になるこれからについて、5つの疑問に答える。(2024/4/26)

TikTok禁止法案にバイデン大統領が署名 「ユーザーのために法廷で闘う」とチュウCEO
バイデン米大統領は、中国ByteDanceが傘下のTikTokを1年以内に売却できなかった場合、米国内でのTikTok利用を禁止する項目を含む法案に署名した。TikTokのチュウCEOは「法廷で闘う」とTikTokに投稿した。(2024/4/25)

「改正NTT法」が国会で成立 KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが「強い懸念」表明
通常国会に提出されていた「日本電信電話株式会社等に関する法律の一部を改正する法律案」が参議院で可決され、成立した。4月18日に施行されることになった日本電信電話株式会社等に関する法律の一部を改正する法律(改正NTT法)について、NTTとKDDI/ソフトバンク/楽天モバイルがそれぞれコメントを寄せた。(2024/4/17)

改正NTT法成立 KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが連名で「強い懸念」表明
17日に国会で成立した改正NTT法に対し、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの通信3社が連名で見解を公開、「強い懸念」を表明した。問題視したのは法律そのものではなく、“附則”だ。(2024/4/17)

セキュリティー・クリアランス法案 立民・杉尾秀哉氏「米大統領への手土産か」 首相は否定
経済安全保障上の機密情報へのアクセスを官民の有資格者に限る「セキュリティー・クリアランス(SC、適格性評価)」制度を創設する「重要経済安保情報保護・活用法案」が4月17日、参院本会議で審議入りし、論戦が始まった。(2024/4/17)

楽天モバイルが「最強家族プログラム」の条件を緩和 同一名字でなくても対象に
楽天モバイルが4月10日、「最強家族プログラム」の条件を緩和することを発表した。法律上の結婚のみならず、離れて暮らす家族や親戚、事実婚や同性パートナーなども対象とする。20回線まで月額110円を割り引く。(2024/4/10)

Marketing Dive:
現実味を帯びる「TikTok禁止」で得をするのは誰?
米国でTikTokの売却を迫る法案が可決された場合、売却先候補のリストに影響を与える可能性がある。(2024/4/4)

モビリティサービス:
国交省の「新モビリティサービス事業」で九州全域のMaaSなどが認定
国土交通省は地域公共交通の活性化及び再生に関する法律に基づく「新モビリティサービス事業計画」について認定を行った。(2024/4/2)

Computer Weekly日本語版+セレクション
「ChatGPT」で無意識に法律違反? “危ない使い方”とは
「ChatGPT」の活用が急速に拡大している。ChatGPTは便利なツールである一方で、利用環境を整備し、特徴を理解して活用しないとコンプライアンス違反を招くこともある。法に反しかねない危険な使い方とは。(2024/4/1)

フリーランスへの発注ルールが変わる 24年秋施行の新法を解説
2024年秋に「フリーランス新法」の施行が予定されている。これにより仕事を発注する企業はどのような影響を受けるのだろうか。またそもそもなぜこのような法律が生まれたのだろうか。新法のポイントと、それがもたらす影響についてランサーズ 曽根氏に話を聞いた。(2024/3/26)

“制作者あるある”集めたトラブル事例集「クリエイター六法」発売 27ページの抜粋版も無料公開
翔泳社は、書籍「クリエイター六法 受注から制作、納品までに潜むトラブル対策55」を発売した。実際にあった法律相談をもとに、トラブル対策法をまとめたクリエイター向けの1冊。(2024/3/21)

セキュリティー・クリアランス法案が審議入り 恣意的規制や不利益防止が焦点に
経済安全保障上の機密情報へのアクセスを官民の有資格者に限る「セキュリティー・クリアランス(SC、適格性評価)」制度を創設する「重要経済安保情報保護・活用法案」が衆院本会議で審議入りした。(2024/3/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
ようやく制度化「セキュリティ・クリアランス」とは? 民間企業にどう影響するのか
閣議決定されたセキュリティ・クリアランス法案は、民間企業の従業員も無関係ではない。先端技術分野も機密情報となり、情報を扱うための適性評価の対象が民間にも広がるからだ。プライバシーの懸念も出ているが、国の安全と発展のために不可欠な制度だといえる。(2024/3/15)

日本の企業は「TikTok」禁止法案可決でどう動く? 専門家の声
米下院本会議は13日、中国系動画投稿アプリ「TikTok」について、運営側が米国での事業を売却しなければ、全米でのアプリ配信を禁じる法案を可決した。今後、上院で審議される。中国政府の情報収集や世論操作に利用される可能性など安全保障上の脅威だとの懸念が強まったとして超党派の支持が集まった。(2024/3/14)

米下院、中国ByteDanceにTikTok売却を要求する法案を承認
米下院は「外国の敵対者による規制アプリから米国民を守る法」(H.R.7521)を賛成多数で承認した。ByteDanceにTikTokの売却を要求するもので、拒否されればTikTokの米国での提供を禁止する。(2024/3/14)

欧州議会、AI規制法「AI Act」可決 完全適用は2年以内
欧州議会は、包括的なAI規制法案「EU AI Act」を可決したと発表した。数十日後に発効し、発効後2年で完全に適用される。LLMなどのトレーニングに使うデータについての透明性確保を求めるなど厳しい内容だ。(2024/3/14)

仏、中国激安ファッション「SHEIN」を規制する罰則を検討
フランスの与党議員らが、中国のファストファッションブランド「SHEIN」(シーイン)を念頭に、販売価格の最大50%の罰則を課す法案を提出した。ファストファッション産業は多くの温室効果ガスを排出するため、環境への影響を埋め合わせる狙いがある。(2024/3/7)

「なぜ野鳥のヒナを拾ってはいけない?」「野生生物にエサをあげちゃだめ?」 法律&マナーを漫画で学ぶ『いきものづきあいルールブック』3月6日発売
マンガと解説ページで紹介。(2024/2/29)

セキュリティー・クリアランス制度導入に防衛関連企業などは歓迎 共同開発の機会拡大
国が保有する経済安保情報の取り扱いを有資格者に限定する「セキュリティー・クリアランス」(SC)制度の創設を盛り込んだ新法案「重要経済安保情報保護・活用法案」が2月27日に閣議決定された。SCの重要性を認識する防衛関連事業を展開する企業を中心に、法整備を歓迎する声は多い。(2024/2/27)

日テレ、「セクシー田中さん」問題調査開始 社内特別調査チームのメンバー明らかに
ドラマ「半沢直樹」の法律監修を担当した弁護士も参加。(2024/2/27)

夢の「週休3日制」実現への道【後編】
「週4日勤務」はなぜ実現しない? 導入に後ろ向きな企業の本音
企業の週4日勤務制勤務導入に向けて、米国の複数の州議会で法案が提出された。導入への機運は高まっているように見えるが、実施には至っていない。週4日勤務制の実施で生じるメリットとデメリットを整理する。(2024/2/26)

環境負荷の削減など課題は山積:
「CHIPS法」だけでは不十分、米国の半導体政策
米国は、半導体製造の“自国回帰”を強化している。半導体関連政策に520億米ドルを投資する「CHIPS and Science Act」(CHIPS法)は、それを後押しする重要な法律だが、これだけでは十分とはいえない。環境負荷の削減など、より広い意味での持続可能性を持つアプローチを検討する必要がある。(2024/2/19)

夢の「週休3日制」実現への道【前編】
“週休3日制”の導入に積極的な米国の州議会 その“切実な理由”
米国の複数の州議会で企業の週休3日制(週4日勤務制)勤務を導入する法案が提出された。米国の各州議会議員が、週4日勤務制の導入に期待するのはなぜか。(2024/2/19)

機密漏えい、罰則2段階 政府のセキュリティー・クリアランス制度 懲役10年か拘禁5年
経済安全保障上の機密情報へのアクセスを官民の有資格者に限る「セキュリティー・クリアランス(SC、適格性評価)」制度の創設に向けた法案が、自民党の会合で示された。機密情報の重要度に応じ、漏洩した場合の罰則を2段階で設けるのが柱。(2024/2/8)

米セレブ300人が“AIフェイク規制”法案を支持 1月にはテイラー・スウィフトの偽ポルノで騒然「ディープフェイクから人権を守る」
カーディ・Bやスティーヴン・タイラーも。(2024/2/7)

事例で学ぶAIガバナンス:
AIガバナンスの“コスト”はどのくらいかかる? EUのAI法案、影響を試算 「利益が4割減る」などの意見
2023年12月9日、EUの「AI法案」について、暫定的な政治合意に達したことを発表した。この規制が施行された場合の影響について、さまざまな角度から分析が行われており、AIガバナンスを実施する際にかかるコストの計算も進んでいる。(2024/1/23)

Appleのサイドローディング問題、独占制限の新法は誰のための法案か
2023年は、AppleやGoogleなどのアプリストアに関する「サイドローディング」問題の動きが継続的に話題に上った。その最新の動向を林信行氏がまとめた。(2023/12/28)

事例で学ぶAIガバナンス:
「AIガバナンス」の提供ツールは逆効果? 米調査団体「多くのガバナンスツールに欠陥がある」と指摘
EUの閣僚理事会と欧州議会は、AI法案の暫定的な政治合意に達したと発表した。AIリスクの管理が容易になると期待される一方、こうしたガバナンス方法の提案は「本当に社会にとってプラスになっているのか」と疑問を投げかけるリポートが注目を集めている。(2023/12/26)

石川温のスマホ業界新聞:
自民党がNTT法のあり方を検討する組織を格上げ ――次の衆院選を乗り切り、NTT法廃止にこぎ着けられるか
自民党内の「『日本電信電話株式会社等に関する法律』の在り方に関するプロジェクトチーム」が、特命委員会に格上げされるという報道が一部でなされている。甘利明衆議院議員が旗振り役のようだが、もくろみ通りNTT法を廃止できるかは、今後の自民党の情勢次第となりそうだ。(2023/12/24)

石川温のスマホ業界新聞:
NTT法のあり方は「廃止ありき」の自民党から情報通信審議会へ ――オープンな議論で、国民の関心を引くことはできるか
自民党の政務調査会傘下のプロジェクトチームが「日本電信電話株式会社等に関する法律(NTT法)の在り方に関する提言」を取りまとめた。NTT法の廃止に反対する他の通信事業者への配慮を見せつつも、廃止ありきの提言になっている。総務省よりも経済産業省の意向が見え隠れするという話もあるが、拙速に議論を進めることにこそ懸念がある。(2023/12/17)

EU、AI規制法案で暫定合意 「世界初」と欧州委員会委員長
欧州連合のEU理事会と欧州議会は、6月に欧州議会が可決した「EU AI Act」で暫定合意に達したと発表した。これから技術レベルの作業に入る。(2023/12/10)

石川温のスマホ業界新聞:
自民党のプロジェクトチームが「NTT法は廃止」と提言まとめる――IOWNは本当にGAFAに対抗できるものなのか
自由民主党内に設置された「日本電信電話株式会社等に関する法律の在り方に関するプロジェクトチーム」が、NTT(日本電信電話)を2025年をめどに完全民営化すべきという提言をまとめた。当初の「防衛財源の確保」から「国際競争力の強化」に目的が入れ替わってしまっているが、果たして「NTTをGAFAに対抗する」存在に位置付けることは正しいのだろうか。(2023/12/10)

今日のリサーチ:
「AI規制法案」を日本のマーケターの87%が注視、サードパーティーCookie廃止後もAI活用に期待――Criteo調査
Criteoが発表した「デジタル広告業界における日本のマーケターのAI活用とその影響に関する意識調査」の結果です。(2023/12/8)

KDDIやソフトバンク、楽天モバイルなど181者が「NTT法の見直しに関する意見」を表明
自由民主党の「『日本電信電話株式会社等に関する法律』の在り方に関するプロジェクトチーム」によりNTT法に関する提言案が議論されたことを受けて。(2023/12/4)

おとなの六法:
有給を申請したら却下されました。これってどうなんですか?
上司に有給を申請したけれど、却下された――。この場合、法律的に……。(2023/11/27)

おとなの六法:
残業代ってどうやって計算するんですか?
「会社から残業代をもらえない」という声をたまに聞きますが、これは法律的にどうなのでしょうか?(2023/11/23)

弁護士が解説! VTuberの法律:
VTuberは人間か? キャラクターか? 止まらない誹謗中傷との戦い方 ポイントは「中の人」の存在
後を絶たないインターネット上での誹謗中傷。その矛先は、バーチャルYouTuber(VTuber)にも向けられている。この記事では、VTuberの誹謗中傷における法的見解をシティライツ法律事務所の前野孝太朗弁護士に解説してもらう。(2023/11/1)

規制:
「口コミ高評価で値引きします」は法律違反 「ステマ規制」を弁護士が解説
10月から景品表示法にいわゆる「ステマ規制」が追加されました。今後、「口コミ高評価で値引きします」は法律違反になる可能性があります。(2023/10/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。