ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「保育所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「保育所」に関する情報が集まったページです。

耐震:
木造耐震設計建築システム「耐震構法SE構法」に韓国の施工店が海外初登録
エヌ・シー・エヌは、韓国のヘガシップ建築を自社が提供する木造耐震設計建築システム「耐震構法SE構法」の登録施工店としたと発表した。海外初の登録施工店だ。(2019/7/17)

参院選にデータ活用 統計と地図組み合わせ、住民の所得層推計も
令和初の国政選挙となる参院選では、その選挙活動でも最新の手法の導入が本格化しそうだ。家族構成から推計所得まで、有権者のデータを分布として地図上に落とし込み、選挙区内の状況を分かりやすく視覚化。地区ごとのニーズを的確に分析し、よりピンポイントにエリアに応じた政策を訴える手法だ。(2019/7/4)

LINE CONFERENCE 2019:
朝起きてから寝るまでをサポート LINEが目指す“Life on LINE”戦略
LINEが6月27日、最新のテクノロジーやサービスを披露する「LINE CONFERENCE 2019」を開催した。同社は「Life on LINE」という戦略を掲げ、ユーザーの1日をサポートできるよう、多彩なサービスを展開する。キーになる技術は「オフライン」「フィンテック」「AI」の3つだ。(2019/6/28)

LINE、グループトーク機能を拡張した「OpenChat」発表 友人以外も追加可、トークごとにプロフィール設定可能
LINEアプリのグループトーク機能を拡張した「OpenChat」(オープンチャット)が発表。19年夏に提供予定。(2019/6/27)

マキタスポーツ、息子が先天性内反足の手術を終えたことを報告 ファンからは安堵の声「早くギプスが取れるといいね」
無事終わって良かった。(2019/6/20)

「改正派遣法」が派遣社員を守っていない:
「無期雇用はお勧めできません」――ある派遣社員が法改正に翻弄された現実
ある30代の派遣社員女性に突き付けられた現実――。派遣社員を守るために設けられたはずの「改正派遣法」が、当事者を望まない方向に追い込んでいた実態が浮かび上がる。(2019/6/19)

「無制限の有休」は奏功しなかった:
ピアプレッシャーという“病巣”――「休暇制度の充実」だけでは働き方改革を実現できない
4月から施行された働き方改革関連法案によって有休が義務化されるなど「休暇制度の充実」が進んだ。一方、米国では期待されていた施策である「無期限の有休制度」が廃止されつつある。その背景にあるのは、同僚からの圧力「ピアプレッシャー」だ。(2019/6/18)

大企業にもイクメンの波:
製薬世界トップ3の日本社長が育休を!? 「ノバルティスファーマ社長」の子育て術
仕事をしながらの子育てで大事なことは――ノバルティスファーマ社長の綱場一成氏の子育て術とは?(2019/6/18)

吹田市が拳銃強奪事件の対応発表 16日の全行事を中止、検挙されなければ学校も休業に
千里山交番付近を徘徊していた不審者の写真をSNSとサイト上で公開。【更新】(2019/6/16)

LUNA SEAライブに託児所 ファン「とても助かった」 利用増えるライブの臨時託児サービス、実態は
“ライブ会場の出張託児所”をどのような経緯でやることになったのか。ベビーシッター請負事業所・あいねを取材しました。(2019/6/14)

AIで児童虐待の深刻度や再発リスク予測 今月から実証実験
親などによる虐待で幼い命が失われる痛ましい事件が後を絶たない。児童相談所が虐待に気付いていたのに、事件を防げなかったケースもある。背景には、深刻さの度合いを周囲が把握することの難しさや人手不足がある。こうした状況を改善しようと、人工知能(AI)を活用して、子供たちの命を守る実証実験が今月から始まる。(2019/6/10)

子供たちの命:
AIで児童虐待の深刻度や再発リスク予測 今月から実証実験
親などによる虐待で幼い命が失われる痛ましい事件が後を絶たない。児童相談所が虐待に気付いていたのに、事件を防げなかったケースもある。こうした状況を改善しようと、人工知能(AI)を活用して、子供たちの命を守る実証実験が今月から始まる。(2019/6/10)

「とうちゃんきょうおそい」「はやくかえってきてほしい」―― 毎日父の帰りを待つ5歳児のLINEが泣ける
父親の帰りが早いときの反応がまた、うれしそうで泣ける。(2019/6/8)

子どもをほめるときにどうしたらいい? 「しっくりきた」ほめ方描いた漫画に反響
できたことを具体的に認めるのが大事。(2019/6/8)

ポケモン、イラスト138点を教育・保育用に無償配布 教材やおゆうぎ会に非営利・施設内ならOK
プリントにゼニガメをあしらったり、おゆうぎ会でピカチュウのお面を着けたり、いろんな場面でポケモンを!(2019/6/5)

日本IBM・山口新社長が抱負語る 「今はまだ通過点。日本社会のデジタル変革をもっと加速させる」
日本IBMの山口明夫新社長が会見を開催。体制のビジョンと注力分野を説明した。今後は「あらゆる枠を超える」をビジョンに掲げ、ITソリューションの展開や、外部との共同研究を推進。社会全体のデジタル変革を目指すという。(2019/6/5)

会社の勧めで育休取得→職場復帰直後に転勤宣告されたというツイートが物議 カネカに「パタハラ」疑惑について聞いた
(2019/6/4)

職場には子どもが過ごせる環境がない 親の意識調査から見る「子連れ出勤」の壁
子連れの通勤電車はとても大変。(2019/5/30)

倉科カナ熱演「緊急取調室」 6話は子どもたちに愛を注ぐ保育士へのエール
「幼稚園や保育園の先生のこと、どれだけ覚えてますか?」たしかに忘れてしまう、だけど!(2019/5/30)

千葉・星虹保育園でQRコード決済が可能に、職員の負担軽減も見込む
NIPPON Platformと社会福祉法人ありがとうは、事業連携協定を締結。これにより、ありがとうが運営する星虹保育園、星虹第二保育園でスマートフォンを使ったQRコード決済が可能となる。既にクレジットカードによる支払いも行っており、キャッシュレス決済がさらに保育園職員の負担軽減になると見込んでいる。(2019/5/20)

ネットでは分からない“発達障害者の小学校の探し方” 育児漫画「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」インタビュー(4)
「どの学校に支援クラスがあるかもネットに書いてない自治体が多いんです」。(2019/6/22)

かっこよくて楽しそう! クロスバイクとけん引ベビーカーをセットにした「保育園幼稚園 通園自転車セット」が登場
お子さま喜びそう。休日のお出かけにも楽しそう! 【更新 Q&Aを追加】(2019/5/13)

「保育園の散歩は大事なコト」 過度の自粛を懸念したエッセイ漫画で知る、たかが散歩 されど散歩
子ども心身の成長に大きくかかわる「お散歩」。(2019/5/11)

ハッシュタグ「保育士さんありがとう」に感謝と理解を呼びかける声集まる 大津市での園児死亡事故を受けて
一部報道への反感が広がっています。(2019/5/9)

つるの剛士、園児死亡事故の記者会見に言及 現役保育士から感謝の声「すごい救われます」
つらい記者会見だった。(2019/5/9)

原田知世×田中圭「あなたの番です」初回からの大量登場人物とストーリーを完璧整理、交換殺人の真相に迫るポイントを推理してみた
誰も信じられないマンション住民たちをまとめてみました。(2019/4/21)

木口亜矢、2018年夏から保育士に転身していた 同年5月には夫の逮捕を経験、「元気そう」とファン安堵
美人先生の誕生。(2019/4/19)

「10連休 預け先無し 金も無し」 「働くパパママ川柳」入賞作が切ないやら微笑ましいやら
みなさん大変です。(2019/4/15)

離れて暮らすおばあちゃんへの思いを描いた漫画に涙する人が続出 「たったの4ページで2回泣いた」
大切な人との時間を大切に生きたい。(2019/4/13)

カレー入りのどら焼きだと……? インド英雄神と同じ名を持つどら焼き「インドラ」を食べてみた!
カレー入りのどら焼きって、どんな味?(2019/4/7)

危機管理の盲点とは?:
会社の花見で救急車 おじさんだからこそ味わった「飲みすぎ」の代償と注意点
会社の花見でお酒を飲みすぎた38歳の筆者は救急車で病院に搬送された。「おじさん」が倒れると上司や同僚にどんな迷惑をかけるのか。実体験をもとに、ビジネスパーソンとお酒の関係を考える。(2019/4/6)

「令和」をイメージしたクッキーに絶賛の声 和を感じる色使いの“雅なクッキー”に「美しい」「感動した」
アイシングクッキーのすごさを改めて感じる作品でもあります。(2019/4/4)

鹿島らのプラネタリウムを併設した高層オフィスビル「横濱ゲートタワー」、横浜MM21で始動
鹿島建設ら3社が共同で、みなとみらい21(MM21)中央地区で計画を進めている高層オフィスビルの名称が「横濱ゲートタワー」に決まり、本格始動する。「横浜」駅から徒歩6分のロケーションで、2021年秋の完成を目指し、21階建ての大規模オフィスビルを建設する。(2019/4/4)

「首都機能マヒ」が日本を止める:
リスクだらけの首都・東京 在京企業が本社移転を考えるべき深刻な理由
魔物のような魅力を持つ「虚大都市」東京。しかしあらゆるものが一極集中し過ぎた首都は、重大なリスクをはらんでいる――。(2019/4/2)

プロジェクト:
国内分譲マンションで“最高層235m”の「西新宿三丁目再開発」が始動、初台駅と歩行者デッキで接続
野村不動産や住友商事、東京建物、前田建設工業らが、京王線「初台」駅すぐそばの西新宿三丁目で計画中の再開発プロジェクトが本格的に始動した。建物高さ235mと65階建ては、日本の分譲マンションでは最高層・最高階数となる見込み。工事は2029年度の完成を目指し、2022年度に着工する予定。(2019/3/22)

国民よ立て! 徒歩移動をミニベロに変えて、立てよ! 国民! 自転車を電車に乗せて「輪行」するのだ!
あなたを沼へ引きずり込みます。(2019/3/21)

「ペイペイ使えます」 30円の釣り堀がある街、【曳舟】に残る“昭和”
「名前しか知らないあの街」に自転車で行ってみる。(2019/3/12)

イノベーター列伝:
「赤ちゃん、泣いてもいいよ!」 その一言に救われるママ・パパたちにエールを――エキサイト石上有理氏と村井麻衣子氏
エキサイト メディアサービス本部Womanメディア部の石上有理氏と村井麻衣子氏に話を聞きました。(2019/2/28)

通勤ラッシュに“子育て応援車両”を―― 「満員電車にベビーカーで乗車」問題で市民団体が小池都知事に要望
子どもにとって安全とは言いがたい満員電車。どう変えていくべきなのか?(2019/2/26)

『通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー』書籍化 主婦や店員にも助言する優しい世界
ギャップ萌えで人気の漫画がついに書籍化(2019/2/22)

IBM Think 2019:
ハンディは一切なし、IBM製AIと人間が“討論”でガチ対決 20分間の激論を制したのは?
IBMが手掛けたディベート(討論)用AI「Project Debater」が、実際にディベート大会で優勝経験もある人間と、数百人の前で本気の対決を繰り広げた。その実際の模様と、開発の意外な目的とは。(2019/2/15)

イノベーター列伝:
「最高のギフトを贈りたい」 パーティースタイリストという新領域を開拓――Tokyo Flamingo 久林紘子氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2019/2/14)

制度よりも環境が重要:
約9割の女性が「結婚・出産後も働きたい」 その理由は……?
女性の87%が「結婚・出産後も働きたい」と考えていることがエン・ジャパンの調査で判明。「家庭に入る」は7%にとどまった。女性が「働き続けたい」と考える理由は……?(2019/2/13)

「建設業界を女性が活躍できる業界に」半数以上の塗装職人が女性の会社 アート塗装が好評で予約3カ月待ち
とっても華やかで、ユニークな塗装がステキ。(2019/2/12)

親「保育園増やして!」→国「子連れ出勤を支援します」 希望と政策のすれ違いを嘆く風刺漫画が話題に
う〜ん……。(2019/2/12)

メーカー各社に聞いた:
インフル猛威の裏で「季節外れ」のある商品が売れている、なぜ?
猛威を振るうインフルエンザ。対策が急がれる中、本来は夏向けのある商品が売れている。(2019/2/8)

「日本の首都なのか? と驚くほどの不自由さ」 大谷みつほ、育児専念のため事務所退所 少子化対策に嘆きも
あくまで休業であることを伝えています。(2019/2/7)

全国で閉演相次ぐ:
お城の動物園は「絶滅危惧種」か 姫路城のケース
世界遺産・姫路城(兵庫県姫路市)内にある姫路市立動物園など、城跡に立地する「お城の動物園」が岐路に立たされている。国の特別史跡に立地することから敷地の拡張や獣舎の増築などが難しく、施設のリニューアルが進みにくい。平成23年策定の「姫路城整備基本計画」では、将来的な城外移転を前提に32年度までに具体的な検討を進めるとしたが、移転先や時期などは白紙のままだ。全国の「お城の動物園」も同様の問題を抱えており、閉園や移転が相次いでいる。(荒木利宏)(2019/2/6)

店長は「本来やるべき業務」に集中:
PR:吉野家が「空前の人手不足」にAIで仕掛けた“次の一手”とは
吉野家はいかにして空前の人手不足を乗り越えようとしているのか。吉野家の未来創造研究所 未来施設・設計担当の廣橋誠さんに話を聞いた。(2019/2/1)

転職バーのハルカさん(12):
PR:感化しちゃうぞ☆――ブラックもホワイトもあっという間に慣れるもの
「ブラックだ」とウワサの「クロクロソフトサービス」にお試し就業した「シュウヘイ」。毎日竹刀で脅かされて、営業ノルマを課せられて――「エンジニアの転職」がテーマの連載なのに、妙な方向に爆走中!!!(2019/1/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。