ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「映画館」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

映画館各社、チケットの事前販売を一部休止 緊急事態宣言を受け1都3県で
TOHOシネマズ、ユナイテッド・シネマ、イオンシネマなどが発表。(2021/1/5)

コロナ対策:
全座席間に飛沫対策パーテーション イオンシネマの「実験劇場」がリニューアルオープン
イオンエンターテイメントは全座席間に飛沫対策のパーテーションを設置した映画館をリニューアルオープンする。安心して映画を鑑賞してもらうのが狙い。(2020/12/23)

映画「鬼滅の刃」、興収歴代1位が目前で遠のいた背景に映画館への“ジブリの恩返し”
東宝は12月15日、国内興行収入歴代1位のアニメ映画「千と千尋の神隠し」の興行収入をこれまでの308億円から316億8000万円に更新した。(2020/12/16)

ワーナー・ブラザース、2021年公開予定の全映画を劇場と「HBO Max」で同時公開へ
Warner Bros. Pictures Groupは、コロナ禍対策として、2021年公開予定の17本の映画を米国では映画館と定額動画サービス「HBO Max」で同時公開すると発表した。(2020/12/4)

「映画上映中、電源オフではなくマナーモードに」 コロナ対策「COCOA」稼働で
映画館の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインが12月1日に改定され、映画上映中は、携帯電話の電源をオフにするのではなく、マナーモードに設定するよう求めることになった。(2020/12/4)

映画館の感染防止ガイドラインが12月から改訂 上映中のスマホは電源オフではなく「マナーモードに設定」を周知へ
映画館側が講じるべき対策として提唱しています。(2020/12/3)

「シン・エヴァ」公開前に「序」「破」「Q」を再上映 全国373館で
東映は「シン・エヴァ劇場版」公開前に過去3作を再上映すると発表した。映画館の要望もあり新作以外では異例の全国373館という規模に。(2020/11/24)

「映画館で見てよかった」 劇場版「鬼滅の刃」、クライマックスで聞こえた小さな声援に涙した実話漫画
映画館だからこそ得られる体験がある。(2020/11/24)

劇場版「鬼滅の刃」の上映回数に元映写係が心配の声 かつての「映画館の裏側」を描く漫画が意外な結末に
フィルムを落とすと大変なことになる……!(2020/10/27)

映画館も“全集中” 劇場版「鬼滅の刃」が3日間で342万人を動員
東宝とアニプレックスは、映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」が公開から3日間で342万人を動員し、興行収入は46億円を超えたと発表した。(2020/10/19)

今日のリサーチ:
シネアド(映画館上映CM)は1回接触でテレビCMやデジタル動画広告を超えるブランドリフト――シネブリッジ調査
統合的なメディアプラニングにおけるシネアド(映画館上映CM)の役割と重要性について。(2020/10/7)

映画館とネットの配信公開に悩む映画界 コロナ禍で「劇場」同時公開が実現
映画業界で日本映画史始まって以来の革命が起きている。ネットでの映像配信は、これまで映画館での公開から半年以上後に行っていたが、新型コロナの影響で映画館とネットで同時に公開する取り組みが始まったのだ。(2020/9/25)

【漫画】秘めたパワーのくまだよ:映画館に行ったあとって、いつもよりキビキビしたりビクビクしたりしちゃう
映画館のパワ〜。(2020/9/21)

オフラインに近い体験を実現:
松竹とLINEがコンソーシアム設立 映画館や劇場のデジタル化推進
松竹とLINE、エンターテインメント事業などを手掛けるSprootの3社は「松竹DXコンソーシアム」を設立すると発表。新型コロナウイルスの影響で映画などの興行が厳しさを増す中、デジタル技術を活用した事業の推進を図る目的。(2020/9/11)

映画館でコメント弾幕、声を出さない「応援上映」 TOHOシネマズ池袋で実施
TOHOシネマズが、観客が映画の鑑賞中にPCやスマートフォンを使って投稿したコメントを、映画館のスクリーンに“弾幕”として表示する「超・応援上映」を行うと発表。コロナ禍で「応援上映」が難しい中、新しい映画の楽しみ方を提供する。(2020/9/8)

映画館で換気実験「スモークが20分でほぼ消える」 コロナ禍でのマイナスイメージ払拭のため
約20分に1回換気が完了。おしゃべりもなく飛沫も飛びにくいので、マスクさえすれば罹患(りかん)する可能性は低いとのことです。(2020/8/4)

ユニバーサル映画の名作で紡ぐ「リターン・トゥ・シネマ」が上映決定 映画館でしか体験できないあの感動をもう一度
そうだ、映画館に行こう。(2020/7/16)

小林麻耶、誕生日は映画館デート “新型コロナ”対策もばっちり「ポップコーンは持参したスプーンで食べました」
しっかり対策して映画を楽しんだ小林さん。(2020/7/13)

映画館のトレイって「そこに刺さるの……?」 ポップコーンを乗せるトレイの“便利な使い方”に衝撃を受ける声
知らなかった人の声、知ってた人の声、どちらも同じくらい寄せられています。(2020/7/9)

Walmart、全米160店舗の駐車場をドライブインシアターに
米小売り大手のWalmartが、全米160店舗の駐車場でドライブインシアターを仮設する。新型コロナ対策で映画館に行けない家族も、大画面で映画を楽しめる。(2020/7/3)

「ナウシカ」「もののけ姫」などジブリ4作品が映画館で上映決定 宮崎駿、鈴木Pの快諾でプロジェクト実現
一生に一度は、映画館でジブリを。(2020/6/18)

池袋最大級オフィスも:
「ハレザ池袋」が全体オープンへ シネコンとオフィスが開業、“8つの劇場”がそろう
東京・池袋の複合施設「Hareza(ハレザ)池袋」が7月1日にグランドオープンする。オフィスとシネマコンプレックスが入る「ハレザタワー」が開業。商業施設の集客が難しい状況が続く中で本格稼働となる。(2020/6/18)

東京・渋谷のミニシアター「シネクイント」が涙のクラウドファンディング 「映画館を存続させるため」
リターンは「お得な映画鑑賞チケット」など。(2020/6/14)

台湾の映画館にセーラームーンのかわいすぎるドリンクカップとバッグが登場 テーマパークみたいで上映前からテンション上がりそう
ドリンクカップ、飲みにくそうだけどそこがいい。(2020/6/11)

TOHOシネマズにソフトバンクのAI検温システム導入 感染症対策で
ソフトバンクは感染症対策として、TOHOシネマズの映画館に顔認識AI搭載の検温システムを納入すると発表した。(2020/6/3)

中国アニメ『羅小黒戦記』ヒットの舞台裏:
異例のロングランヒット、中国アニメ『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』の舞台裏に迫る
『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』というタイトルのアニメ映画が、東京都内のミニシアターで、2019年9月から劇場を替えつつロングランとなっていた。首都圏だけでなく、大阪、名古屋、札幌など日本各地のミニシアターでも順次上映されており、日本での総観客数はすでに3万人を超えている。ディズニー以外の海外製アニメ、なかでも中国製のアニメ映画が、日本の映画館でこのようなロングランヒットになった例は、これまでにあまり聞いたことがない。日本配給を手掛けた白金氏にヒットの舞台裏を聞いた。(2020/5/21)

Apple、トム・ハンクス主演映画「Greyhound」のApple TV+配信権を獲得
コロナ禍の影響で映画館での上映ができない大作が、Apple TV+で配信される。(2020/5/21)

全92劇場で臨時休業中:
イオンシネマ、16県で営業再開 5月18日から27劇場で
イオンエンターテイメントは、臨時休業中の映画館「イオンシネマ」について、5月18日から16県の27劇場で営業を再開すると発表。検温などの感染防止対策を徹底しながら営業する。(2020/5/13)

ライブハウス、映画館、書店、劇場……窮地に立つ文化施設 「民間で支援しよう」に残る問題点とは?
文化施設に継続的な公的資金援助を!(2020/4/28)

君はAmazonプライムビデオに溢れる“謎映画”を知っているか?
映画館に行けないなら家で映画をディグろう。(2020/4/17)

TOHOシネマズ、東京・神奈川の映画館を3月28〜29日に休止に 外出自粛要請を受け
シネマサンシャインも一部劇場を休業に。(2020/3/26)

サクッと読める!テレワークしぐさ:
ネットフリックスパーティーやるから遊びにこない?
外出も自粛。映画館にも行けない。ならば、オンラインで映画も楽しみたい。(2020/3/26)

米映画館チェーン、チケットの販売数を座席数の50%に 観客間の距離をあける新型コロナ対策
座席数500を超える劇場では、チケットの販売数は最大250枚に。(2020/3/14)

「素敵なアイデア」 GLAY・TERU、新型コロナで休校になった子どもたちのため“映画館”を手作り
「さすが器用なTERUさん」「優しさ発想力」と反響。(2020/3/13)

映画館やそばのサブスクも! 東急グループが「東急線・東急バス サブスクパス」の実証実験を開始
電車・バスの乗り放題に、好きなサービスが追加できる。(2020/1/16)

立体音響技術「THX Spatial Audio」搭載スマホ「ZMBIZI」登場 389ドルのミッドレンジ機
映画に関わる音響技術などを提供するTHXとモバイルブランドZMBIZIは、米国ラスベガスで開催中のCES 2020で、立体音響技術「THX Spatial Audio」を搭載したAndroidスマートフォンを発表した。THX Spatial Audioは、左右正面や斜め後ろなど、最大7チャンネルの音を聞き分けられる。ヘッドフォンに関係なく、映画館のような臨場感のあるサウンドを実現できるという。(2020/1/10)

「パラサイト 半地下の家族」ネタバレなし全力レビュー 可及的速やかに映画館に行ってくださいと懇願するしかない5つの理由
ネタバレ厳禁の大傑作韓国映画「パラサイト 半地下の家族」の面白さがどこにあるのか、全力で解説しよう。(2020/1/10)

コンテンツは「PCで見る」時代:
「定額制動画配信サービス利用率」が「DVD・BDレンタル、販売」超え 映画館との相互利用は拡大
日本在住の15〜69歳の男女1万9914人を対象に調査した「動画配信/放送/ビデオソフト市場 ユーザー分析レポート」が発表された。DVD・BD(Blu-ray Disc)のレンタルや、販売を目的に制作されたセルなどの利用率が縮小している一方で、定額制動画配信サービスの利用率が伸びている。その具体的内容は?(2019/12/10)

インディーズ映画の月額制見放題サイト「DOKUSO映画館」始動 無名の良作に巡り会えるかも
2020年1月オープン。今のところ配信作品や料金は未公開。(2019/12/3)

京都・新風館に映画館「アップリンク京都」開業 2020年春オープン
4スクリーンのミニシアタ−・コンプレックス。(2019/10/23)

米映画館チェーン、子どもを映画「ジョーカー」から遠ざけるよう保護者に警告
銃乱射事件の不安から、マスクやおもちゃの銃も禁止に。(2019/10/4)

なまら待ってたよ! 「水曜どうでしょう」最新作ついに完成、「水曜どうでしょう祭2019」と映画館で先行上映
来たか……!(2019/9/3)

京アニ映画を「特集上映」 「新宿ピカデリー」「MOVIX京都」で
放火事件で多数の犠牲者が出た京都アニメーションの一連の作品を映画館で放映する「特集上映」が、「新宿ピカデリー」(新宿区)と「MOVIX京都」(京都市)で行われる。(2019/8/19)

新宿・歌舞伎町に225メートルの高層ビル 新宿ミラノ座跡地に22年度開業  映画館、劇場、ライブホールも
新宿ミラノ座が生まれ変わって新たなランドマークに。(2019/8/5)

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」2020年6月公開決定! 映画館では新たな特報映像も
これまでは“2020年公開”とされていました。(2019/7/19)

「予告だけで鳥肌」 トム・クルーズ主演「トップガン」続編の予告が公開、前作を上回る迫力にファン大興奮
「トップガン」を映画館で見られる日が来るとは。(2019/7/19)

映画館「シネマサンシャイン池袋」閉館 34年の歴史に幕
新しいシネコン「グランドシネマサンシャイン」が間もなくオープン。(2019/7/13)

映画館の「ひじかけ争奪戦」問題を解決? ひじかけを仕切って“はんぶんこ”できるアタッチメントが登場
それはそれでもめる可能性もあるので、とりあえず仲間内で使うほうがいいかも。(2019/7/10)

スマホを見る人、ひじかけ死守人…… 普通の人がSSRの「映画館となりの席ガチャ」が悲しみのあるある
映画鑑賞マナーを守る“ふつうの人”になりましょう。(2019/6/29)

28業種を対象に調査:
経済産業省が「平成30年特定サービス産業実態調査」の速報発表 従業者数と年間売上高、正社員比率ともにソフトウェア業がトップ
経済産業省が発表した「平成30年特定サービス産業実態調査」の速報結果によると、ソフトウェア業が、従業者数と年間売上高、正社員比率のいずれも最も高かった。パートやアルバイトの比率が高い業種は、映画館や学習塾、遊園地・テーマパークだった。(2019/6/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。