ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「ユーキャン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ユーキャン」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

新語・流行語大賞候補の「おむすびころりんクレーター」って何?
語感がかわいい。(2019/11/6)

どれだけ知っている?:
新語・流行語大賞候補が発表 ビジネス分野でノミネートされたのは?
新語・流行語大賞候補が発表された。「闇営業」や「上級国民」などがノミネート。ビジネス分野で選ばれたのは?(2019/11/6)

「○○ペイ」「タピる」「ドラクエウォーク」 新語・流行語大賞にノミネート
今年話題になった言葉を選ぶ「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語が11月6日に発表された。2019年は「○○ペイ」「タピる」「ドラクエウォーク」などがノミネート。(2019/11/6)

「新語・流行語大賞」ノミネート30語を発表 「上級国民」「タピる」「KuToo」なども候補に
「令和」に勝てるワードはあるのか……?(2019/11/6)

睡眠不足のニッポン:
「経営者はまず1週間、従業員を眠らせるべき」 “睡眠負債”の第一人者が語る睡眠と仕事の関係
日本では睡眠不足によって、年間約15兆6000億円の経済損失があるらしい。(2019/11/1)

動画の世紀:
ニュースプラットフォームとしてのTikTok
注目のショート動画SNS「TikTok」は、もはやおもしろ動画だけではない。(2019/6/26)

NHK「みんなで筋肉体操」が出演者を募集中 「★筋肉募集★」というマッチョな求人文言も
武田真治さんや小林航太さんなどと一緒に黙々と筋肉を動かすチャンス……!(2019/5/13)

「壁ドン」は知ってるけど「肩ズン」「耳つぶ」「NHK」って何? 分からない人には全く分からない“恋愛用語”
「壁ドン」「床ドン」あたりは別の意味が浮かんでしまう……。(2019/4/13)

Appleが新CMで伝えたい「iPhoneのプライバシー」
Appleの新しいテレビCMはプライバシーに関するもの。彼らが伝えたいメッセージとは?(2019/4/3)

動画の世紀:
TikTokはなぜ「位置」を集めるのか? ユーザー動画と位置情報が融合するとき
若者を中心に人気のTikTokは、単なるショートムービーSNSではない。その目指すところは?(2019/3/31)

「待ってました!」「50回は観に行きます」 劇場版「おっさんずラブ」、公開日決定で早くもファンのテンションが振り切れる
熱い夏になりそうだ。(2019/3/25)

「カメ止め」クレジット問題、和田氏と上田監督が和解 互いのオリジナル性を尊重し「共同原作」で両名を表記
今後の関連プロジェクトでも協力し合っていくと報告しています。(2019/2/27)

「金曜ロードSHOW!」で「カメラを止めるな!」放送決定 テレビ初
CM入れる箇所ですごく迷いそう。(2019/1/11)

本当に脅威なのか:
AI・ロボットに仕事を奪われないためのスキルとは?
10年後、あなたの仕事はAIに奪われる? ユーキャンが20〜40代のビジネスパーソン約300人を対象にした意識調査を行った。(2019/1/9)

今日のリサーチ:
日本のテレビCMはグーグルで年を越しユーキャンで新年を迎える――サイカ調査
年末年始にテレビCMの出稿が増える企業とは?(2018/12/28)

平成最後の顔! Twitterで2018年最も使われたアカウント&ハッシュタグが「おっさんずラブ」「新しい地図」に染まる
強い。(2018/12/5)

流行語大賞、2018年大賞は「そだねー」 トップテンには「eスポーツ」「#MeToo」など
そだねー。(2018/12/3)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(123:特別編):
Windows 10 October 2018 Update騒動を振り返る
2018年のユーキャン新語・流行語大賞のノミネート語に、ITプラットフォーム企業の巨人を示す「GAFA」(Google、Apple、Facebook、Amazonの頭文字)が選出されましたが、MicrosoftもまたIT業界に長く君臨してきた巨人です。その巨人がWindows 10 October 2018 Updateのロールアウト問題(現在は再開)について、1カ月以上の長きにわたって沈黙を続けました。(2018/11/16)

流行語大賞がパッとしないからいっそ「流行してない語大賞」決めようぜ! Twitterで謎の盛り上がり、「ヌスヌッポル」ってなんだよ!
本家「流行語大賞」の候補が、あまり流行してないのでは? という皮肉からスタート。(2018/11/10)

18年はスポーツの年?:
新語・流行語大賞候補に「そだねー」「半端ないって」「悪質タックル」など選出
「2018ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が選出。「そだねー」「半端ないって」「翔タイム」などスポーツ分野の用語が多く選ばれた。「U.S.A.」「TikTok」なども候補に挙がった。(2018/11/7)

流行語大賞候補に「eスポーツ」「仮想通貨」「TikTok」
その年に話題になった言葉から選ばれる「ユーキャン新語・流行語大賞」の2018年のノミネート語が発表。IT関連では「eスポーツ」や「TikTok」、「仮想通貨/ダークウェブ」などが入った。(2018/11/7)

「筋肉は裏切らない」「カメ止め」「おっさんずラブ」 平成最後のユーキャン流行語大賞、候補30語発表
「(大迫)半端ないって」「ボーッと生きてんじゃねーよ!」「#MeToo」などなど、トレンドで見かけたおなじみの言葉が散見。(2018/11/7)

【マンガ】「激辛メニュー」の元祖はラーメンでもカレーでもない、って知ってた?
「激辛」はもともと商品名だったとか。(2018/10/25)

「草食男子」「イクメン」「カリスマ○○」、いつ流行ったか覚えてる? 現在でも使われる“元流行語”
定着し過ぎて、逆に思い出せない。(2018/8/27)

ドライアイス問題を解決:
葬儀業界に新風 ドウシシャの遺体冷却安置台は何がすごいのか?
葬儀業界の“常識”が変わろうとしている。現在、遺体冷却の80%以上をドライアイスに頼っていると言われているが、ドウシシャが発売する吸熱式遺体冷却安置台「メモリアルベッド」ではペルチェ素子によって冷却できるのだという。(2018/7/6)

今日のリサーチ:
和洋菓子・デザート類2兆円市場、成長の原動力はインスタ映え――矢野経済研究所調べ
スイーツ市場における成長のポイントはどこにあるのでしょうか。(2018/6/21)

うつ病からの脱出描いた田中圭一『うつヌケ』が実写ドラマ化 主演・田中直樹で2018年秋にネット配信
アシスタントのカネコ役は、女優の大後寿々花さん。(2018/5/23)

学研やユーキャンとも連携:
メルカリがスキルシェアサービス「teacha」開始
フリマアプリを運営するメルカリは4月25日、知識やスキルを教えたい人と学びたい人をつなぐスキルシェアサービス「teacha」のiOS版とWeb版の提供を始めた。(2018/4/25)

メルカリ子会社、「教える人」と「学ぶ人」つなぐ“学びのフリマアプリ”「teacha」公開
勉強や趣味などのレッスンをユーザーが登録し、学びたい人が購入・受講できるアプリ「teacha」をメルカリ子会社が公開。メルカリアカウントで利用できる。(2018/4/25)

楽しんご、新コンビ“おいなりさん”結成 「コンビを組むならこの人しかいない」
みんなおいなりさん大好きだな!(2018/3/30)

「お客様の現在の努力では」―― 10年超続くメイドカフェの投稿が物議 担当者が語る「旧来型メイドカフェが淘汰されつつある秋葉原の今」
2004年にオープンした「ミアカフェ」東京店に取材しました。 ※2月26日追記(2018/2/10)

からかい上手の佐々木さん 「ユーキャン」で勉強する佐々木希が、勉強が手に付かなくなるかわいさ
見事合格したようです。(2018/1/23)

「好きな人に絶対見られたくない写真」 渡辺直美の初“インスタ萎え”写真が笑いしかない
「インスタ萎え」のトレンドが来ている……!(2018/1/6)

流行語大賞「インスタ映え」とは何だったのか 2017年を振り返る
2017年の流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれた。世代を問わず注目を集めた言葉だが、実際にはどのようなことが起きていたのか。(2017/12/27)

データで振り返るInstagramマーケティングの2017年【前編】:
「インスタ映え」企業アカウントの2017年、共感される投稿のポイントは?――小売&自動車業界
2017年は若者を中心にInstagramが大ブレイク。企業のマーケティング利用も進みました。年の瀬の総まとめとして、Instagramで人気のある企業の最もエンゲージメント数が多い投稿をピックアップして紹介します。(2017/12/27)

めでたい忖度があってもいいじゃない 関西土産「忖度まんじゅう」に紅白バージョンが仲間入り
パッケージもおめでたい感じです。(2017/12/25)

どうぶつタワーバトルで勝つ方法、物理学的に教えます キーワードは「トルクをゼロにせよ」
レートを上げて、物理(学)で積めばいい。(2017/12/22)

ブラック企業大賞にノミネートされた企業って、その後どうなるんです? 運営委員会に聞いてみた
「弊社もノミネートされたらいいのに」と思っている人もいそうですが……。(2017/12/17)

「スマスピ」おしゃべり広場:
今年の“顔”のスマートスピーカー 冬ボで買うならどれ?
今年はスマートスピーカーが熱かった。冬ボでスマスピデビューはいかがだろうか。(2017/12/8)

三省堂「今年の新語2017」、「忖度」が大賞に 上位に「インフルエンサー」「パワーワード」など
女学生の間で流行した「卍」も、選外ながら講評に挙がっています。(2017/12/4)

2017年ユーキャン新語・流行語大賞「インスタ映え」「忖度」に決定 トップ10は「ひふみん」「35億」等
インスタユーザー以外にも、撮影時に幅広く使われる言葉となりました。(2017/12/1)

ユーキャンの流行語大賞、「インスタ映え」「忖度」が大賞に
「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞が発表され、「インスタ映え」「忖度」が大賞に選ばれた。(2017/12/1)

納得の結果?:
2017年流行語大賞は「インスタ映え」「忖度」ダブル受賞
2017年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞は「インスタ映え」と「忖度(そんたく)」のダブル受賞。(2017/12/1)

今年の流行語大賞はデータで分かる? NTTが検索ログから予想
NTTレゾナントが、2017年の流行語大賞を予想。gooやdメニューの利用動向から、あの“SNS用語”が大賞になりそうだという。(2017/11/28)

常見陽平のサラリーマン研究所:
物事には全て「副作用」がある
クスリだけではなく、物事には必ず副作用(デメリット)がある。これはビジネス界でも同じだ。ある施策によって、社内外にめいわくをかけてしまうこと、士気を下げてしまうことなど、さまざまな副作用がある。(2017/11/17)

2017年流行語大賞に「けものフレンズ」がノミネート 他「刀剣乱舞」「ハンドスピナー」「ひふみん」など
「新しい地図」は入らず。(2017/11/9)

「ちーがーうーだーろー!」も:
流行語大賞候補を発表 「うんこ漢字ドリル」など30語
「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補となる30語がノミネート。「うんこ漢字ドリル」「ちーがーうーだーろー!」などが含まれた。(2017/11/9)

新語・流行語大賞ノミネート、2017年は「インスタ映え」「AIスピーカー」など
「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」には「インスタ映え」「ユーチューバー」「AIスピーカー」などがノミネートされた。(2017/11/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「ちゃんとした会社」ほど新規事業を生み出せないジレンマ〜社内で企画案を通すための3つのコツ〜
合理的な経営システムは事業環境に変化がない場合は有効だが、大きく変化する中で新たな価値を生み出すには逆に作用してしまうことも多い。いかにして既存の枠組みを超えて新規事業を創出するか。(2017/4/20)

「最近の若いヤツが考えることは分からん」、しかし……
「デジタルネイティブは異質」は本当か? 「さとり世代」の生みの親、原田曜平さんに聞く
優秀な若者をより多く採用し、活躍してもらうにはどのような環境が必要なのか――。博報堂ブランドデザイン 若者研究所リーダーの原田曜平さんに今の若者と企業変革の鍵を聞いた。(記事内容を一部更新しました)(2017/6/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。