レビュー
» 2009年06月03日 01時00分 公開

写真と動画で解説する「HT-03A」(ソフトウェア編) (3/4)

[memn0ck,ITmedia]

Webkit採用のWebブラウザ、地磁気センサーと連動したストリートビュー

 WebブラウザはiPhoneと同じレンダリングエンジン「Webkit」を採用しており、タッチ操作によるスムーズなスクロールやタブブラウジングが可能だ。読み込めるページサイズや開けるタブの数は、空きメモリの容量に左右される。

 Webサイトのリンクを指先でタップするiPhone 3Gと違い、HT-03Aは画面内のポインターをトラックボールで移動させクリックする。iPhone 3GではWebページを全体表示したときなど、細かなリンクをタップできないことがあるが、HT-03Aは細かな画面でもポインティングデバイスを使ってPCのように操作できる。ただ、iPhone 3Gのようにマルチタッチ操作には対応していないので、拡大縮小を行うには、一度画面をタップして虫眼鏡マークを表示させる必要がある。

photo Webブラウザは、iPhoneのモバイルSafariと同じレンダリングエンジン「Webkit」を利用している。スタイルシートやCookie、JavaScript、Ajaxには対応しているが、FLASHには対応していない。重力センサーによって本体を傾けると自動的にブラウザ画面も横表示になる
photophotophotophoto Webブラウザはタブブラウジングが可能。内蔵メモリの容量がいっぱいになるまでページを開ける。拡大縮小は、一度、画面をタップすると虫眼鏡マークが出るので、拡大するには「+」、縮小するには「−」ボタンをタップすることになる。また、メニューからテキスト選択を行って文字列のコピーが行える
photophotophotophoto Webブラウザの設定画面。ポップアップウィンドウやページの自動調整、ホームページの設定、バックグラウンド動作、セキュリティ警告などのほか、画像やJavaScript、Cookieなどを利用するかどうかといったことが設定できる。設定項目はケータイよりもむしろPCに近い

WebブラウザやモバイルGoogle Mapsでスムーズにスクロールしたり、拡大縮小をしているムービー。また、ハードウェアキーの右端にある検索ボタンを押すと、対応しているアプリケーションで手軽に検索が行えるという

(ムービーはこちらからでも参照できます)

 地図機能として「マップ(モバイルGoogleマップ)」も搭載されており、Webブラウザと同じように操作できるほか、GPSによる現在地取得やストリートビューにも対応しており便利に利用できる。特に、まだAndroidケータイしか対応していない重力センサーを使ったストリートビュー機能は注目だ。

photophotophotophoto モバイルGoogleマップにも対応している。画面をタッチすることで自由に上下左右に地図を動かすことが可能だ。拡大縮小はブラウザと同じく虫眼鏡マークで行う。メニューから地図モードを選択すると、航空写真やストリートビューも利用できる。
photophoto 重力センサーを生かすアプリとして「HT-03A」にプリセットされているのが「羅針盤」。見ている方向にあるランドマークや星座を表示できる

モバイルGoogle Mapsのストリートビューを利用しているムービー。Androidを搭載したはじめてのデバイス「T-Mobile G1」でも良く動画で紹介されていたが、地磁気センサーと加速度センサーを使って自分の向きを変えると画面も合わせて変わるという機能は注目

(ムービーはこちらからでも参照できます)

羅針盤を利用しているムービー。ストリートビューと同じように自分の向きを変えると画面も合わせて変わっていく。星座は詳しくなくても手軽に見つかられるかもしれないということで、非常にわかりやすい機能だ

(ムービーはこちらからでも参照できます)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう