ワイヤレス充電対応の「AQUOS PHONE f SH-13C」、8月6日に発売SIMが「miniUIM」に

» 2011年07月28日 16時06分 公開
[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは、シャープ製のスマートフォン「AQUOS PHONE f SH-13C」を8月6日から販売する。

photophoto シャープ製の「AQUOS PHONE f SH-13C」。ボディカラーはWHITE、BLACK、PINK

 SH-13Cはワイヤレス充電に対応したバッテリーを搭載したスマートフォン。同梱の「ワイヤレスチャージャー SH01」に端末やバッテリーパックを置くだけで充電できる。幅約60ミリ、厚さ約10.9ミリのコンパクトなボディに3.7インチQHD(540×960ピクセル)の液晶や800万画素CMOSカメラを装備。IPX5/IPX7、IP5Xの防水と防塵性能もサポートしている。

 AQUOS連携に対応しており、SH-13Cで撮影した写真をDLNA対応のAQUOSに表示して閲覧したり、AQUOSブルーレイで録画した番組をSH-13Cで視聴したりできる。ワンセグは利用できないが、赤外線通信、おサイフケータイ、下り最大14Mbpsの高速通信に対応する。SH-13CをモバイルWi-Fiルーターとして使えるテザリングも利用でき、最大5台の機器を接続できる。

 なお、SH-13CではSIMカードに「ドコモminiUIMカード」を採用しており、従来のドコモUIMカード(FOMAカード)は利用できないので注意したい。

 SH-13Cは7月28日から全国のドコモショップで予約を受け付けている。

「AQUOS PHONE f SH-13C」の主な仕様
機種名 AQUOS PHONE f SH-13C
OS Android 2.3
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約60×119×10.9(最厚部約11.5)ミリ
重さ 約121グラム
連続通話時間 3G:約280分/GSM:約310分
連続待受時間 3G:約500時間/GSM:約400時間
アウトカメラ 有効800万画素CMOS AF/顔認識、手ブレ補正対応
インカメラ
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
メインディスプレイ 約3.7インチQHD(540×960ピクセル) NewモバイルASV液晶 26万2144色
サブディスプレイ
主な機能 HSDPA(最大14Mbps)/HSUPA、GPS/海外GPS、Wi-Fi(802.11b/g/n)、Bluetooth、spモード、ドコモマーケット、WORLD WING(3G+GSM)、おサイフケータイ、赤外線通信 ほか
ボディカラー PINK、BLACK、WHITE

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月24日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. Xiaomiが「POCO F6 Pro」を発売 Snapdragon 8 Gen 2搭載で6万9980円から、ゲーミング要素は控えめに (2024年05月23日)
  3. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  4. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  5. データで振り返る“スマホシェア”の5年間、Google躍進で国内メーカーに衝撃 (2024年05月24日)
  6. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  7. USB Type-C接続のインイヤーオープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」発売 (2024年05月23日)
  8. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  9. ポケモンGOのAR撮影が“誰でも簡単に”楽しめるよう大幅進化 Nianticの狙い、遊んで感心したこと (2024年05月23日)
  10. POCOブランド初のタブレット「POCO Pad」、4万4800円で6月中旬以降に発売 (2024年05月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年