日本通信、月1638円で音声+200kbpsのデータ通信がセットのSIMカード発表

» 2013年11月13日 14時23分 公開
[平賀洋一,ITmedia]

 日本通信は11月13日、音声サービスの基本料のみでデータ通信が無料というSIMカード「スマホ電話SIM フリーData」を発表した。11月23日に同社直販サイト、イオン、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jpで同時に発売する。

photo 「スマホ電話SIM フリーData」

 スマホ電話SIM フリーDataは月額1638円で音声通話と最大200kbpsのデータ通信が利用できるサービス。通話料金は21円/30秒の完全従量制で、データ通信は使い放題となっている。速度制限なしで使いたい場合は月額1638円で3Gバイトまでの高速通信オプションを付けられるほか、一時的に高速データ通信が利用できる「Turbo Charge」にも対応する。Turbo Chargeの料金は100Mバイト/315円か500Mバイト/1260円(ともに有効期間は90日)。

photo

 NTTドコモのXi/FOMA回線を利用したMVNOサービスであり、ドコモやSIMロックフリーのスマートフォンで利用できる。SIMカードは標準サイズのほかMicro SIMとNano SIMの3種類を用意した。パッケージ料金は初期手数料相応の3150円。同社サイトのb-mobile WEBサイトから申し込む場合は、MNPも利用できる。なお最低利用期間は5カ月で、期間内に解約した場合は8000円の解約金が発生する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月21日 更新
  1. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  2. ドコモが「dポイントクラブ」を改定する真の狙い “d払い併用”でも損する場合あり (2024年05月18日)
  3. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
  4. なぜ? ドコモのスマホから消えた「docomo」ロゴ その理由を聞いた (2024年05月17日)
  5. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  6. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  7. 「Xperia 1 VI」が大きな変貌を遂げたワケ 実機に触れて感じた「進化」と「足りないところ」 (2024年05月18日)
  8. ダイソーで110円の「スマートフォンレンズセット」を半信半疑で試してみる 「魚眼」は実用可能 (2024年05月19日)
  9. 「Galaxy S24 Ultra」のカメラを徹底検証 2億画素の10倍ズームは常用できるレベル AIやSペンを駆使した機能も秀逸 (2024年05月20日)
  10. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年