レビュー
» 2017年01月13日 13時45分 公開

G'zOne TYPE-Xとの比較も:写真と動画で解説する 折りたたみ型タフネスケータイ「TORQUE X01」 (2/4)

[青山祐介,ITmedia]

「MIL-STD-810G」18項目に準拠

 タフネス性能は、米国防総省が定める耐久試験「MIL-STD-810G」の、防水(風雨、浸漬、雨滴)、防塵、耐衝撃(落下、衝撃)、温度耐久(高温動作、高温保管、低温動作、低温保管、温度衝撃)、耐振動、耐氷結(氷・低温雨、凍結-融解)、防湿、耐日射、低圧対応(低圧動作、低圧保管)の18項目に準拠した耐久試験をクリア。中でも落下試験は、「TORQUE G02」が「高さ1.5mからラワン材の合板への落下」なのに対して、「高さ1.8mからの鉄板・コンクリートへの落下」と、さらに厳しい条件にも耐えられるものに進化している。

 各部のつくりでもアウトドアユースを想定した工夫がちりばめられている。例えば、テンキー直下の前面に配置されたデュアルスピーカーは、100dBという大音量を発生。フロントパネルを閉じてもスピーカーを完全には覆わないデザインも相まって、強い風や雨の中、周囲の騒音が大きいような環境でも、音が聞き取りやすい。また、カーソルキーやテンキーなどのハードキーは大きく、突起したデザインとなっていて、グローブをはめた手でも操作しやすくなっている。

TORQUE X01 キーの下にデュアルスピーカーを搭載
TORQUE X01 フロントパネルはリアパネルよりやや短く、閉じた際にリアパネル下端のスピーカーが現れる。これにより、閉じた状態でもスピーカーの音が聞こえやすくなる。このデザインは京セラの北米向け携帯電話「Dura」シリーズにも相通じるスタイルだ。
TORQUE X01
TORQUE X01 約0.5mmという凸量を持つ大型のテンキーとカーソルキー。キーの間にスペースを設けることで、グローブをはめた手でも操作しやすくなっている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう