ニュース
» 2018年09月04日 18時14分 公開

ドコモ、東京五輪WPBでプリペイドSIM「Japan Welcome SIM」を配布

NTTドコモは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のWPB(World Press Briefing)参加者へ外国人旅行者向けプリペイドSIMサービス「Japan Welcome SIM」を配布。料金プランには広告モデル「Plan 0」を活用し、無償での利用を検討している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、9月4日から9月7日に開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会WPBで外国人旅行者向けプリペイドSIMサービス「Japan Welcome SIM」を配布すると発表した。

 WPB(World Press Briefing)は、東京2020組織委員会が国内外の記者・カメラマンへ準備状況のプレゼンテーションや意見交換などを行う会議。海外から来訪する記者などに配布する。

 同社は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ゴールドパートナー(通信サービス)として、来訪する外国人旅行者への通信環境の無償提供を検討中。広告動画閲覧やアンケート回答などを行うとデータ通信量をチャージできる広告モデル「Plan 0」の仕組みを活用し、訪日前に大会関連情報などを確認すれば無償で利用できる特別プランを予定している。

Japan Welcome SIM サービスイメージ

 「Japan Welcome SIM」は英語/中国語(繁体字・簡体字)/韓国語/日本語に対応し、NTTドコモの4G/LTEエリアと3G利用可能エリアで使用できる。プランは「Plan 0」をはじめ、高速データ通信量のない「Plan S」が1080円(税込、以下同)、600MBの「Plan M」が1836円、1.2GBの「Plan L」が2376円。高速データ通信時は下り最大788Mbps、上り最大50Mbpsで、128Kbpsでのデータ通信は無制限で利用できる。利用可能期間は利用開始から15日間で、追加リチャージは100MBが216円、500MBが756円、1GBが1296円。

Japan Welcome SIM 「Japan Welcome SIM」のパッケージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう