連載
» 2018年09月17日 06時00分 公開

本田雅一のクロスオーバーデジタル:「iPhone XS/XR」でハッキリした“進化の道筋” Appleは何をやりたいのか (4/4)

[本田雅一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

iPhone XS/XS Max/XRのファーストインプレッション

 最後に、今年も米カリフォルニア州クパチーノのApple Special Eventを現地で取材し、実際に端末に触れた感想も率直に述べておきたい。いや、上記に関しても実際に端末に触れた上で、新しい体験をもたらす背景を想像しつつ書いたものだが、もう少し“商品としてのスマホ”にフォーカスしてみよう。

 今年はオリジナルiPhoneの後継機種はなく、iPhone Xの後継とバリエーションが広がっただけなのだが、XS/XS Maxは、それぞれ“完成したX”という印象だ。XS MaxはiPhone 8 Plusとほぼ同じ大きさだが、実際に手にしてみるとなじみやすく、より使いやすい。

 価格は高いが、筆者が選ぶならばiPhone XS Maxの方だろう。画面の額縁は同じでも、全体の面積が広い分「全画面感」はiPhone XSよりXS Maxの方が高い。バッテリーの持ちがいいのもプラス要因だ。

iPhone XS/XS Max 左がiPhone XS、右がiPhone XS Max。背面のデザインは共通だ
iPhone XS Max ボディーの側面。フレームはステンレススチール製
iPhone XS Max 全画面感を味わうなら6.5型のiPhone XS Max

 なお512GBのストレージ容量は、ストリーミング音楽サービスなどの契約があるならば、あまり必要ないのではないだろうか。特にiCloudの契約を持っているならばなおさらだ。「Apple Music」と「iCloud Drive」(200GB)を契約している筆者は、256GBを選ぶかもしれない。本来なら128GBでもいいのだが、ストレージ容量の選択肢は64GB、256GB、512GBの3択だからだ。

 とはいえ、iCloudの価格は一般的なクラウドストレージサービスに比べ割高な印象は拭えない。macOSでもiCloud Driveの積極的な利用が進められているが、それならば単価はもう少し下げた上で、より幅広い容量の選択肢が欲しいところだ。この辺り、やりたいことは分かるのだが消費者に対する配慮もほしい。

 と製品から話が離れたが、コストパフォーマンスという意味では、iPhone XRは間違いなく良い。iPhone XSの廉価版という位置付けながら、ディスプレイの質はスペックの数字ほど違わず、体験の質も同等といっていい。コンピュータとしての基本能力は同等なので、何が何でも最高級にこだわるのでなければ、iPhone XRも上位モデル級の魅力がある。

 もし筆者がこの仕事をしていなければiPhone XRを選んだだろう。“ベストバイ”という意味では、3つのモデルのうち最も勧めやすい。

iPhone XR 新モデルの中ではコストパフォーマンスの良いiPhone XR

 このコラムではさまざまなことを書いたが、実際に利用する際に一番重視したいのはカメラだと思う。

 そのカメラに関して、本格的な一眼レフや高級コンパクトを思わせる画質を目指し、それ以上に“好ましい絵”を表現しようとしているiPhoneのカメラは、幻想的な、しかし時折目の覚めるような美しい写真を出すHuaweiの「P20 Pro」よりも“当たり”の頻度が高く、また不自然な色合いにならないリアリティーのある絵を出すように見受けられた。

 この辺りは、実機を掘り下げてレポートできるようになれば、もっと確定的なことがいえるだろう。

取材協力:アップルジャパン

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう